この道の者 さん プロフィール

  •  
この道の者さん: ヤウェのマニュアル(ヘブライ語原典バイブル)
ハンドル名この道の者 さん
ブログタイトルヤウェのマニュアル(ヘブライ語原典バイブル)
ブログURLhttp://yahshua-no-deshi.blogspot.jp/
サイト紹介文<ヘブライ語原典バイブル>から創造者ヤウェが被造物人間に望まれる有意義な人生の意義と永遠を考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/09/23 13:39

この道の者 さんのブログ記事

  • 重度のトランス(恍惚)状態
  • 実は、筆者は一昨日、隣県のある病院に呼ばれ、1時間ほど講演して来ました。出席者は半分患者、半分市民。事前に何科の病院かネットで調べもしなかったのですが、着いてみれば精神病院。 一番印象に残ったのは、院長先生の目が飛んでいた事⁉ そう言えば、精神科医は意外と元精神病患者が多いと聞いた事がありましたが、どうやらそのケの様でした。今日の精神疾患は拒食症も含め、、単なる人間関係やストレスの場合もあるでしょうが、占いや [続きを読む]
  • トランス(恍惚)状態研究家の思い出(ミシュレイ?箴22:3)
  • もう、17,8年前でしょうか? 世界の未開民族のトランス(恍惚)状態を研究していると言う、旅行中の日本人に会いました。ヤバいと思った筆者は、過去の個人的体験を踏まえ、深入りしませんでした。 要するに、未開民族が太鼓をタムタムと叩きながら、段々悪霊憑きが高揚して行き、シャーマンが占いや癒しを行う、あれですが、本人はまさか悪霊絡みとは露知らず、単なる学問として捉えている様でした。悪霊絡みを単なる学問として捉えれば、悪霊 [続きを読む]
  • イェヘズケル/エゼキエル47【やがて死海は生命を育む】
  • 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.40.41.42.43.44.45.46.
    47:8 彼は私に言った。「この水は東の地域に向かって流れ、続いてアラバに下り、海(死海)に入
    るや、海の澱んだ水は真新しくなる。47:8 彼は私に言った。「この水は東の地域に流れ、アラバに
    下り、海にはいる。海に注ぎ込むとそこの水は良くなる。 47:9 かく起こる時、この流れの溢れる
    所はどこ [続きを読む]
  • イースターの偽りは2泊3日(金〜日)
  • 本日日曜日はイースター(復活祭)だそうです。 プロテスタント教会は、筆者の経験からですが、この日曜復活は高らかにラッパを吹き鳴らす反面、イエス・キリストの金曜受難は、少なくとも筆者は聞いた覚えがありません。その点、カトリック教会はこの金曜受難と日曜復活のローマの教義を発明した自負があるのか、この双方を強調します。しかし、これでは2泊3日(金〜日)であり、主ヤシュアの仰せられた3日3晩に激しく反しますし、ご覧の様に [続きを読む]
  • 同性愛も猿になる
  • ハ・サタンはマイケル何とかと全く同じゾンビダンスをクリスチャン、仏教徒、そして、イスラム教徒にも踊らせ、サタン音楽&悪霊ダンスで世界三大宗教をもエキュメニカルしつつある現実を見ました(前々回&前回記事)。 オカルトや魔術や偶像礼拝と同じこれらに踊り狂えば、当然、激しく自然の用が歪みます(ロミヤフ1:23-28)。すると、人によって症状は違いますが、既にご紹介した、悪霊の声を聞いたり、影を見たり、或は、突如、悪霊の声を発する(筆 [続きを読む]
  • 仏教系アイドルがあるなら、何でキリスト教系アイドルがないんだ?
  • 10日前の記事、牧師と坊さんのジョイントコンサートでエキュメニカルを裏付けるかの様な、一昨日の朝日新聞の仏教系アイドル「いったん往生します」寺で卒業ライブの記事を見た方も多いでしょう。どうやら、偶然タイムリーなのではなく、こうしたお寺での音楽活動は、日本ではかなり広まっている様です。この辺の事は筆者より、読者の方が詳しいかも知れません。そこで、Upしたくなかったのですが、捜すとありました。左です。説明は要りま [続きを読む]
  • 本日"日曜安息"は常軌を逸したローマの安息日
  • 前々回の記事で、人間様の常軌を逸するの常軌は極めて流動的ですが、時空を超えて不動のヤウェのトラーこそ、[書]的な常軌である事を見ました。 移り行くもの、ましてや、人間社会の常軌の如く、劣化して行くものは常軌に非ず。不動ではないからです。ところで、今日は日曜日です。学校もお役所も、多くの職場も休みです。当り前じゃないか? と圧倒的大多数の読者は言うでしょう。当り前とは常軌の別の定義とも言えますが、土曜安息が十の [続きを読む]
  • 常軌を逸した昨日のニュース2つ
  • まず、5歳長男をフライパンで殴る…顔にノコギリ,虐待か。フライパンはともかく、ノコギリ!? 2つ目は男性カップルが里親に,大阪市,全国初の認定か。ノコギリには絶句しても、パパとパパの里親には絶句どころか、大賛成の読者もいるのではありませんか?例えば、幼稚園児から髪を染め、95%の日本女性が創造者ヤウェから頂いた黒髪を憂い、これを染める事が常識となってしまった現代日本は、とっくの昔に常軌を逸していますが、今日、そう絶句 [続きを読む]
  • 人は皆、御民イスラエルかエキュメニカルの何れかに感極まる(総括)
  • [書]は最初から最後まで、イスラエルvsバビロンの構図です。 言い換えれば、御民イスラエルの集会(?教会)vs反イスラエル世界連合(ローマ法王を軸とするエキュメニカル)であり、親トラーvs反トラーです。これが人類の歴史の[書]的縮図です。この両極の歴史が正に感極まりつつあるのが今です。中間はありません。読者はどちらに感極まりますか?読者は、創造者ヤウェご自身が人と成られた主ヤシュアの無償の福音を信じ、散々足蹴にして来 [続きを読む]
  • トラーを奇異に感じる読者は反トラー同盟にエキュメニカルされる(ホシェア8:11-12)
  • 日々ローカルに暮らせば、地球の自転に無頓着な如く、人類は既にエキュメニカルの電車道に乗せらている事に、圧倒的大多数は無知です。 それはヤウェのトラーを無視・軽視・度外視・敵視・白眼視する以上、気付かなくて当然です。前回記事で見た様に、より正確なエキュメニカルの [書]的定義は[イスラエルの掟トラーを否定する反イスラエル世界連合、反トラー同盟]だからです。もし、読者がこれを奇異に感じるなら、それは余りにトラーと [続きを読む]
  • 対エキュメニカル最終回答(1)
  • 国や宗教でイエスや仏やアラーなど、様々な神の呼び名はあるが、結局、皆同じ神を信じているのだから、何教でもいいじゃないか、と言われれば(前回記事)、確かに万人受け(もまた、エキュメニカルの定義)します。しかも、優柔不断に和を尊ぶ日本人にはピッタリです。 真理を頑として譲らないよりも、優柔不断の方が、ある意味、世渡りは上手なのかも知れませんが、あれも仏、これも仏(もまた、エキュメニカルの定義)とは、何も日本人に限った事で [続きを読む]
  • 牧師と坊さんのジョイントコンサートでエキュメニカル
  • 筆者の地元は田舎ですが、一度会った事のある寺の住職は結構若く、最近はミュージシャンを招いて、自らチケットを売り捌き、結構コンサートをやっています。もちろん、本堂や境内でです。 これを聞いた筆者は、そう言えば2、3年前にキリスト教の牧師と寺の坊さんがジョイントコンサートをやった記事があったと思い出し、捜してみるとありました(各自click)。文字通り、エキュメニカルです。これ以上の説明は不要です。確かに終末の今、ハ・ [続きを読む]
  • ハ・サタンはサタン音楽と悪霊ダンスでエキュメニカル
  • エキュメニカルは総てを包括します。非イスラエルの総てをです。従って、何もローマ法王の統一世界宗教だけではありません。 世界中で銀行や商社、スーパーに至るまで合併が進んでいるなら、それは経済界のエキュメニカルと言えます。最後はこれを獣がクッと握ります。こうして、世の総ての面で現在進行形のエキュメニカルの潤滑油の働きをするのがサタン音楽とダンスです。これなら世界中の無神論者や宗教離れの青少年をも釣れます。 [続きを読む]
  • 現ローマ法王は同性愛と離婚に極めて寛容エキュメニカル
  • ローマ法王にエキュメニカルされると言っても、僕も私も宗教に興味はないし…。 日本同様、冠婚葬祭以外は教会に行かないキリスト教国の圧倒的過半数の若者にも、ローマ法王の人気は絶大で、何か集会でもあろうものなら、超人気アイドル以上の集客力です。これは日本に居ると実感出来ませんが、宗教離れの若者にさえ大人気なのは、現ローマ法王は同性愛と離婚に極めて寛容だからです。これは何もキリスト教世界に限った事ではありません [続きを読む]
  • エキュメニカルし終えた大淫婦を殺す獣(黙17:16)
  • もし、読者が極悪人なら、子分は利用するだけ利用して、ノルマを達成させたら、後は血も涙もなく、殺しませんか? 少しニュアンスは違いますが、大和朝廷の東北戦略の蝦夷は蝦夷で打つ。自らの手を汚さず、まず、インディアン同士の紛争を煽り、濡れ手に泡で原住民を制圧したアメリカの白人支配にも通じます。従って、今後、世界の紛争や経済危機を一時的局地的に解決し、政治的にも発言力を増し、エキュメニカルの音頭を取って行くローマ法王も [続きを読む]