Eiko さん プロフィール

  •  
Eikoさん: はしもとさんちの暮らしと家計簿。
ハンドル名Eiko さん
ブログタイトルはしもとさんちの暮らしと家計簿。
ブログURLhttp://hashimotokakeibo.blog.fc2.com/
サイト紹介文夫は給与大幅カット 楽ではないけど、お金で得られない幸福もあるはず。楽しい毎日見つけたい。
自由文家計管理の記事をベースに、
片づけ、健康、美容関連記事や、
家族や周囲の人との関わりについてなど、
毎日の暮らしの中で、
思ったことをつれづれに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/09/24 09:33

Eiko さんのブログ記事

  • しばらくお休みします。
  • 私はもともとブログの更新がかなり不定期です。毎日はとても無理だけど、週に2回くらいはと死守してきましたが、ときどき力尽きてしまいます。辛いわけでは決してないけど、いろんな原因で書くことが難しくなるのです。なので少しお休みしますね。ブログ村は退会しませんが、ランキングは外しました。解放感みたいなものがあるのは確かです。でも何食わぬ顔でまた復帰する予定です。このブログで続けたい気持ちはあります。でもそ [続きを読む]
  • 第558回 スマホ、プチ断食実施中
  • 「スマホ断食」や「デジタルデトックス」という言葉があります。数日間、ネット依存、あるいはスマホ依存から脱却して、自分の時間を取り戻そうといった趣旨かと思われます。電車に乗れば今やほとんどの人が、皆一様にスマホに顔を向けています。歩きスマホならまだかわいいもので、中には自転車や自動車の運転をしながらスマホをいじってるつわもだっています。最近は下火になったようですが、かつてポケモンGOでは大きな事故も [続きを読む]
  • 第557回 年金受け取りが71歳以上に拡大?
  • 最初、このニュースを耳にしたとき、年金受け取り開始年齢が、ついに将来的に71歳からになるのかと勘違いしましたが、よくよく聞いてみれば、現在60〜70歳の間で受け取る時期を選択できるけど、その年齢を71歳以上も選択できるように制度を見直すということでした。受給開始時期を繰り上げれば、減額されますし、逆に繰り下げれば増額された金額を一生貰うことになります。概算では、65歳を中心に、60歳から受け取れば30%減額され [続きを読む]
  • 第556回 夫には友達がいない
  • 夫の現在の職場は女の園でして、別の部署に行けばもちろん男性もいるんですが、同じ場所で働くのは女性ばかりらしいです。だから、というわけでは決してないのですが、私の夫には友達がいません。以前の職場にいた頃は、夫の友人が家に遊びに来たり、どこかに出かけたりということもありましたが、少なくともここ10年、友達といえる関係の人は彼の周囲にはいません。あったとしても年賀状だけのつきあいです。彼自身も別にその状態 [続きを読む]
  • 第555回 プロのカラーリングに揺れる50代
  • 先日カットに行ったことはここでも書きました。(せっかく得したのに、その後無駄遣い大王になったという…)で、そのとき久々にカラーリングをしてもらったのです。私、カラーを美容院ですることはめったにないんです。市販の毛染め剤かヘナをずっと使用していました。理由はやはり高いのと時間がかかること。ヘナは髪にはとてもいいので、今後も続けるつもりです。ただ、時間がかかるわりにはムラになってしまうこともあります。な [続きを読む]
  • 第553回 この一カ月で一番嬉しかったこと
  • GWはいかがお過ごしでしたか。多い人では9連休という話を聞きますが、私は仕事が半分以上でした。数日の休みには、映画を2本(「美女と野獣」と「ラ・ラ・ランド」です)そしてハイキングと野菜苗の植え付けをして過ごしました。ハイキングには小高い山を登ったのですが、暑くなりはじめで湿気が高く、目的地に着いた頃には、汗が吹き出し少し吐き気がしました。幸い数分で収まりましたが、これが無理すると熱中症になるのだなと。 [続きを読む]
  • 第552回 得したのもつかの間。休日無駄遣い日記
  • 朝から晩まで仕事に行ってると、物理的にお買い物に行く時間が取れなくて、無駄使いがなくなります。でもその反動なのか、お休みになるとついつい予定外の物まで買ってしまいます。先日の休日は、とても良い天気の一日でした。11時半からカットの予約をしていたので、駅前の美容院まで、20分ほどの道のりをぶらぶらと歩いていくことにしました。今までずっと通っていた美容院は、なんと経営がおもわしくなくて潰れたしまったのです [続きを読む]
  • 第550回 再び始めた習い事
  • 5年ほど前に、ヨガを習っていた時期があります。週1回、2時間で1000円ほどでした。なんだかんだと4年くらいは続けました。当時はけっうなヨガブームでしたので、生徒がどんどん増えていきました。そのうち、さほど広くない教室で場所の取り合いのような感じになっていき、 手足を伸ばすのも遠慮しなくてはならなくなりました。ゆったりとした気持ちでレッスンを受けたかった私は、仕事が忙しくてなかなか行けなくなったことも手伝 [続きを読む]
  • 第549回 不幸のほとんどは自分が作っている
  • この4月から新社会人となった次男は、学生時代、かなり愚痴っぽいところがありました。特に対人関係がウイークポイントで、友人や先輩、先生との関わりや、バイト先でも同僚たちとどう接していいかわからないとこぼすのが常でした。長男は就職と同時に一人で暮らし始めたのですが、次男は当面、実家から仕事に通うことになっています。それは別にいいのですが、何よりすぐにネガティブなことを口にする彼のことです。働き出したら [続きを読む]
  • 第548回 くだらない理由の喧嘩
  • 昨日の夜は、家族間でちょっとした喧嘩をしてしまい、嫌な雰囲気のまま1日を終えました。ほんとーーにくだらない理由で、くだらなすぎてあきれられるくらいです。我が家はただいま、私たち夫婦と社会人の次男の3人家族です。(あと犬とか鳥とか…)普段はわりに仲の良い方だと思います。今は夫が朝いちばん早く出て、その次が次男。私は3番目に出て、職場が近いということもあって一番早く帰宅します。でも、その日はたまたま私が夜 [続きを読む]
  • 第547回 60歳で仕事を辞めた人の毎日
  • 年上の知人や友人の中には、還暦を迎えた人もちらほら出てきました。私自身が50代半ばにもうすぐさしかかろうとしてますから、不思議な話ではないです。パートであったりフルタイムであったりと働き方は様々ですが、60歳を一応の区切りとする人も少なくありません。私の姉などもそうですし、つい先日お会いした知人も同じくです。この両者はフルタイムで働いていたので、そのときには一応満足して辞めたのですが、やはり今の60歳な [続きを読む]
  • 第546回 幸せそうに生きる
  • 春なのに、なんとなく気持ちが塞いでしまって、しばらくネットからも遠ざかっていました。私はとても見栄っ張りで、本当の私を誰も知らないこんな場所ですら、弱音を吐くことがなかなかできません。人からの評価だけでなく、自分自身の心の中でも、満足のいかない、不幸せな自分という状況にいるのが嫌なのです。もちろん、何が幸不幸なのかはその人の価値観です。他の人にはわかりにくくて説明しにくい考えかたなのかもしれないな [続きを読む]
  • 第545回 間違えられの星をもってるワタシ
  • 先日訪れて感激したホテルでは、実は一点だけ残念だったことがありました。朝食で選択できるジュースは三種類あって、私が選んだのはグレープフルーツジュース。でもテーブルに届いたのはトマトジュースでした。もちろんすぐに取り換えてくれたのですが、こういうコマい間違えられぶりが、ここ一週間、半端なかった私なのです。この旅行から帰宅したとき、玄関先には見知らぬ荷物が置いてありました。ときたま懸賞に当たることがあ [続きを読む]
  • 第543回 神戸旅行記 その1 異人館巡りの旅
  • 今年はたくさん旅行するつもりでいます。できないかもしれないけど、そのつもりでいます。貧乏旅行からちょっとリッチなものまで、そして近場から遠方まで、どこへでも元気に出かけられて、何でもおいしく食べられる。それが私の目標です。行けるときに、行きたいところに、できる限り行くようにしたいのです。こういう事リアルで言うと、遊んでばかりでいい身分ね、なんて言うような人もいますが、私にもそれなりにいろいろあるし [続きを読む]
  • 第542回 「不要な靴はありませんか?」
  • 夕方の忙しい時間に電話がかかってきました。最近、我が家の固定電話が音を鳴らすのは、ほぼ営業コールです。でも万一そうではなくて、知ってる人ならば困るので、一応こちらもよそいきの声で受話器を取ります。…で、まあ案の定だったのですが。でもこの日の電話は面白いというか、不思議というか。聞き慣れない社名を名乗ったかと思うと、開口一番「不要な靴はお宅にありませんか?」と電話の向こうの女性が言うのです。「…くつ [続きを読む]
  • 第541回 ご近所とは特別仲良しでなくてもいい。
  • 少し前から気になっていることがあります。隣家の木の枝が伸びていて、我が家の敷地にかなり空中侵入(?)している状況です。日がさえぎられるし、こちらに向かって無遠慮に張り出してくる様がなんともうっとうしいのです。そのお宅からは裏手になるので、おそらく気づいていないのではとも思うのですが、他の方はこういう場合どうされているのでしょう?切ってくれと頼みに行きますか?もうあまりにもひどい状態になったら、さすが [続きを読む]
  • 第540回 2日出ないと不安になる
  • 何が出ないの?と全く思い当たらない方は、今日の記事は読まなくてもいいかもです(笑)。なんせきれいな話ではございません。さて。私は5年日記 というのを付けています。一ページが同じ日付で5等分されていて、去年、2年前、3年前、4年前の今日、自分が何を書いたのかが、すぐにわかります。今書いてる日記は、今年でちょうど5年目なんですが、だいたい今頃の三寒四温の時期というのは、毎年体調があまり良くないのだと、読みかえ [続きを読む]
  • 第539回 子どもの受験、失敗… その三
  • 前回、前々回からの続きです。長男は中学校までは成績は中の下あたり。友達はなぜか秀才ぞろいで、そろってトップクラスの公立に進学しました。そのこともたぶん大きなコンプレックスだったのかもしれないです。母親である私もね。二次募集で受けた高校には合格できて、ようやく進路が決まりました。他の地域でもそうなのかもしれませんが、公立高校というのは、このあたりでは完全に輪切りです。中学で同じような成績の生徒たちが [続きを読む]
  • 第538回 子どもの受験、失敗…。その二
  • 前回記事の続きです。学年で不合格になったのはごく数名ほどらしく、私が帰宅した頃には、すでに担任の女性の先生が家にまで来てくれていました。クラスではもう一人ダメだった子がいたそうです。で、既に合格していた滑り止めの私立高に行けば、事態はすんなりといったのですが、長男、ここにきて、その私立には行きたくないと言い出しました。(じゃあなぜ受けたーーっ)先生の前で公立の二次募集を受けたいと言い出したのです。ど [続きを読む]
  • 第537回 子どもの受験、失敗…。その一
  • さらさらと砂時計のように流れていく日々を過ごしています。今年はヨガを再び習いたいという欲があったのですが、職場の異動などもあり、なかなか難しいかもしれないのです。ブログも滞りがちなんですが、無理せず書けるときに書いていきますね。さて、受験シーズンですね。大学受験はすでに終盤なのでしょうが、高校受験はまだこれからが本番というご家庭も多いことでしょう。実は我が家は、高校受験では痛い目にあっています。長 [続きを読む]
  • 第536回 子離れしても寂しくない人生を
  • ご無沙汰しています。2月も今日で終わり、明日からはいよいよ3月。ついこの前、年が明けたと思っていたのに、早いものです。NHKの朝ドラ「べっぴんさん」を楽しみに見ています。朝早く出てしまうとどうしても見られなくて、ときどき話がわからなくなるのですが、何日かぶりに見たら、さくらがキアリスに入社してました。あらあら。先々週くらいになるのかなあ、主人公すみれの一人娘・さくらが進学のため家を出ることになったの [続きを読む]
  • 第535回 風邪っぴき
  • 仕事に出ていた日のことです。昼食を食べた後くらいから、ちょっと喉が痛いわと思っていたら、その後痛みは気のせいなどではなくどんどんひどくなり、咳も出始めました。その状態がまず約3日続きました。その後、喉の症状とバトンタッチのごとく現れだしたのが、滝のように流れ落ちる鼻水(←汚い)ほんっとに、ティッシュが片時も手放せないくらいで、常にダーダー((゚∀゚)私ってばもしかして花粉症なのか疑惑も、チラリと脳裏を [続きを読む]