宮崎オヤジ さん プロフィール

  •  
宮崎オヤジさん: 宮崎移住でぼちぼちブログ
ハンドル名宮崎オヤジ さん
ブログタイトル宮崎移住でぼちぼちブログ
ブログURLhttp://miyazakioyaji.blog.fc2.com/
サイト紹介文思いつくまま気の向くままに、ぼちぼちと・・・趣味は木彫りとアーチェリー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/09/24 10:51

宮崎オヤジ さんのブログ記事

  • 風邪
  • 同窓会の観光でお伊勢さん参りをするはずだったが、当日、風邪で発熱。出席を諦めざるを得ず、急いで幹事に電話した。幹事の努力でどうにかキャンセル料は免れたが、お伊勢さん参りを愉しみにしていたのでガッカリ。おまけに4日目の今日になっても風邪がまだ治らない。老化による抵抗力低下か。嫌だなあ。 [続きを読む]
  • 1/3経過
  • 今年も1/3が過ぎた。早かったような、そうでなかったような。一月は往く、二月は逃げる、3月は去る、という。たしかにそこまではそうだった。だが、4月は?『3月までそういうのが出来ているなら、そのあとも続けましょうよ』という人が居て、4月は しんどい というのだそうだ。なるほど。私の実感とピッタリだ。小の月だというのに、いやに長かった。さて、5月が終わったとき、どんな感じかな? [続きを読む]
  • ネタ不足
  • 世間では大型連休入りで大賑わいのようだが、年金生活の身には無関係。ネタ不足で困っている。昨日は四半的の日だったが、段階的が41点で辛うじて合格点に達したのみ。連休明けの同総会でのお伊勢さん参りまでネタ待ちということになりそうだ。 [続きを読む]
  • 移住8年目
  • 横浜から宮崎へ移住してから8年目になる。今年は桜が不出来だったせいか、いっぺの花の黄色が一層鮮やかに感じられる。最初の頃は、都会的な景色に溶け込んだ南国的な風景画珍しくて、よく撮ったものだ。8年目ともなると散歩道に広がるこういう景色も、見慣れたものになってしまった。 [続きを読む]
  • サピエンス全史
  • 現生人類ホモサピエンスが、いかにして地球上の覇者として繁栄を極めるに至ったかが書かれている。遺伝子の変化に頼らず、文明の進歩によって爆発的進化を達成するきっかけが道具作成と使用によるのではなく、言語の獲得であったというのが興味深かった。人間の脳の中で言語でストーリーとしてに組み立てて初めて、思考・想像・意志などが形成されるというのである。もう一つ面白かったのは、狩猟採集民であった頃に比べて、『人類 [続きを読む]
  • ライオン
  • 動物を彫るなら何はさておきライオンだが、彫り始めた頃に日本橋三越前の坐像を写真に撮って模して彫っただけだった。やっぱり立ち姿が欲しい。粗彫り仕上がり木が堅くて木目が強いので、苦労した。それにしても、干支に獅子がないのはなぜだろう。 いちばんサマになるんだがなあ。中国にいないからかな? [続きを読む]
  • 進化論
  • 遺伝子がランダムになんの方向性も持たずに変化して、あとは環境に適応したものだけが子孫を残す『自然選択』だけによる、というダーウインの説が、基本的にはそのまま通用している。ゲノム解析など新技術が続々と出てきても進化論に活用されていないようなのが、不思議というより、不満でしようがなくて、目新しい本を見つける度に読んでいる。『数学で解く』とはどういうことかと、早速読んでみたが、解らなかった。というより、 [続きを読む]
  • 今日もまた雨
  • 今年は桜を見ぬままに、『梅雨寒』に突入してしまったようだ。温暖化しすぎて、『冬の寒かるべき時期に寒くなかったから桜が開かない』そうだ。だとすれば、ここはやっぱり、温帯地方から落ちこぼれて、亜熱帯地方になったのか。わざわざ暖かいところを選んで移住してきたのだから、それはそれで良しとするか。 [続きを読む]
  • 動きが速い
  • 米中首脳会談の直前に北朝鮮がミサイル実験をやる、シリアが化学兵器を使う、米中会談の真っ最中にアメリカがシリアにミサイルを撃つ、ロシアが激怒する、その間にもロシアで、ヨーロッパでテロが発生する。世界の動きは速い。国際的な大事件続発で、新聞にもテレビにも籠池のカの字も見えなくなった。たしかに、ここは外交上手の安倍さんに頑張ってもらわねばならない。ではあるが、安倍一強で調子に乗って、独裁者になってもらっ [続きを読む]
  • 月例会
  • 月例会に初出場し、銀賞(2位)をとった。それより嬉しかったのは金的賞。的の中心直径1寸の範囲に、30射中11射を入れた。もう一人いたので同点決勝。中心1寸5分の範囲に2人とも入れたが、私がやや中心に近く、金的賞獲得。窮屈な対外試合には出ないのだが、気楽にやれるクラブの月例会だから出てみた。勝てばそれなりに嬉しい。 [続きを読む]
  • 流鏑馬
  • 観光とは言っても歩いて10分ほどの宮崎神宮。流鏑馬。動画では画面が小さくなる場合があるものの、タイミングを外すことはない。だが静止画で撮ろうとすると、どうしても遅れる。射手退場騎乗馬退場 勝手知ったる神宮だから、一部始終を撮ることができた。 [続きを読む]
  • 終活(1)
  • 昨年3月にゴルフをやっていて股関節を痛めた。医者から、この状況だと、近いうちに人工股関節手術が必要になると言われて、目の前に車椅子生活がちらついた。一挙に落ち込んでうつ状態。3ヶ月近くも引きこもり老人になった。別の医者にみてもらったら、骨に異常なし、軽い肉離れなのでリハビリで治ると言われて息を吹き返した。その後町内会で和太鼓の練習会に参加中、練習している仲間が練習中に倒れた。すぐに救急車を呼んだが [続きを読む]
  • 森友学園問題
  • 新聞記事からもテレビワイドショーからもすっかり『森友学園問題』消滅して、ついに安倍独裁政権による尻尾切りと押さえ込みは成立したのかと思っていたが、まだまだ幕引きとはいかないらしい。『総理夫人は公人ではない』という総理の言が、なんと国会での発言だけでなく、『閣議決定』までされていたそうだ。おかげで、首相の海外出張に同行する夫人のために外交旅券を発給するのに、 「政府は、総理大臣夫人について、公務員と [続きを読む]
  • 忖度のなれの果て
  • 『パン屋は、日本国の教科書としては望ましくない』 と文部省の下っ端役人が言ったとかで、パン屋が消されて和菓子屋に変わったそうだ。今の時代の話とはとても思えない。『日本を取り戻す』 という安倍さんの意思が、役人達の末端にまで浸透してこういう馬鹿げた 『忖度』 が横行している。役人の人事権を首相官邸が握って、役人達がビビって忖度を競っているが透けて見える。ましてや、安部総理がわざわざ大阪まで行って、財 [続きを読む]
  • 忖度
  • 『忖度』というのが、今年の流行語大賞の有力候補になった。忖度といえば、なにやら高級なことをしているように聞こえる。自民党議員の安倍擁護発言やら、発言こそしないが黙り込んでいる様子は、まぎれもなく安倍さんを忖度してのことだろう。その忖度に乗って悠々としている安倍さんの姿も見苦しい。まるで裸の王様だ。忖度なんて、そんな御大層なものではなく、ただの『へつらい』にすぎない。役人がへつらい、議員がへつらい、 [続きを読む]
  • 籠池尋問
  • 注目の籠池訊問が始まった。与党議員の尋問は初めからトカゲの尻尾切りが目的だろうと思っていたが、籠池氏自身が『トカゲの尻尾切り』という言葉を言ったのと、学園の財政状態ばかりを話す質問者に、『ここは国有地の払い下げ問題を議論する場ではなかったのか?』と切り返したのが傑作だった。野党銀の質問が始まったが、あとでゆっくり見るために録画しておくことにした。夕方には、外国人記者との会見をするそうだが、それにも [続きを読む]
  • トカゲの尻尾(2)
  • 申請取り下げで上手く切ったはずのトカゲの尻尾が阿部さんから100万円などと言い始めて、切った方のトカゲが大慌て。役人と一緒に参考人招致を要求した野党を飛び越えて、一挙に籠池氏一人の証人喚問にした。尻尾だけを切り離して叩きたい腹が見え見え。ついでに、誰がトカゲの頭なのかも見え見えになった。今頃になって、首相と籠家ごときを対等に扱うマスコミはけしからんなどと喚く提灯持ちの評論家が馬脚を現すなど、大騒動 [続きを読む]
  • トカゲの尻尾
  • 『森友学園問題は、松井知事の3月14日期限切りによってトカゲのしっぽきり決着を狙っているようだが、切られそうなしっぽが反撃の構え。』だったのだが、あっさり切られることに同意したらしい。同意どころか、身を引いた。トカゲ本体はさぞほっとしたことだろう。あれだけ騒いだマスコミも誰も一言も『日本会議』を持ち出さなかった。よっぽど怖いところらしい。もっとも、『日本会議と安倍さんの関係など公知の事実』だから、 [続きを読む]
  • 混迷
  • 森友学園問題は、松井知事の3月14日期限切りによってトカゲのしっぽきり決着を狙っているようだが、切られそうなしっぽが反撃の構え。豊洲市場は、『最後の検査だけ都庁の支持により従来と変えた』と業者説明。そのときのデータだけが従来より極端に高かったのが移転延期の口実。どっちももめそうな話ばかりで、目が離せない。 [続きを読む]
  • 安倍さんおかしいんじゃないの?
  • 『安倍さんおかしいじゃないの』という同じ題で2015年6月25日このブログに、以下のように書いた。『昨日百田直樹なんて跳ねっ返りを招いて自民党の青年部とやらが勉強会をやった。『マスコミを黙らせるには広告費を干し上げるのが一番。経団連にやらせよう』なんて馬鹿なことを喋った。谷垣さんが陳謝して青年部長を『言論の自由を抑圧するような暴言を吐いた』として更迭処分にした。一方安倍さんは、『言論の自由を尊重す [続きを読む]
  • 延岡の河津桜
  • 2月25日延岡の河津桜を見に行った。さすがは南国の河津桜、すでにややさかりを過ぎつつあるが、菜の花とのコラボは綺麗だった。昨年植えたばかりで小さかったがのが物足りなかったが駅から往復徒歩1時間30分はウオーキングにちょうど良い距離だった。熊本地震のへの配慮もあり、会場ではチェーンソウアートの実演展示もあった。自衛隊のレンジャー部隊がチェーンソウアートまでやるとは驚きだった。 [続きを読む]
  • 近頃聞かなくなった米国の銃撃事件
  • アメリカであれほど頻発していた学校や公共の場での銃の乱射事件、白人警官による黒人への過剰取締と射殺事件、はては黒人から白人警官隊への発砲射殺事件。トランプさんが選挙に勝って以来一件も聞かない。不思議だ。本当に起きなくなっているのなら何故?起きているが報道されなくなったのか、それとも本当に事件そのものが起きていないのか?アメリカの新聞が報道規制しているのか、日本のマスコミが自主規制しているのか?自主 [続きを読む]
  • 警察庁長官とヤクザの大親分
  • オバマさんとトランプさんを比べてみると、警察庁長官とヤクザの大親分に似ているという気がする。いちばん象徴的な事例はフィリピンのドテルテ大統領の対応だ。『俺が命を張って麻薬屋共をやっつけているのに、オバマはホワイトハウスにじっとしていて、”麻薬屋共のやっつけ方が悪”いといちゃもんをつける』『トランプなら、”お前のシマのことはお前に任せる”』と言うだろう。というところだろう。警察庁長官なら、どこで起き [続きを読む]
  • 生き馬の目を抜く
  • トランプさんが安倍さんを盛大に歓待するとみるや、すぐに電話会談を申し込んで、二つの中国論を引っ込めさせる習近平。それを平気で呑んで安倍さんに直接言うトランプ大統領。その習さんが密かに目配せをしたのかどうか、弾道ミサイルを日本海に撃つ金正恩。おかげで夕食会の席は大忙しだったらしい。何人もの事務官が安倍さん、トランプさんの席に書類を持ち込む。暗くしてある食卓の椅子で、両者それぞれが懐中電灯で書類を読み [続きを読む]
  • どっちも大物
  • トランプさんも安倍さんも大物だ。大国のトップだから当然かもしれないが。安倍さんと日米同盟の話をする前にちゃんと習近平に仁義を切った。最初にゆさぶりをかけた『2つの中国論』を引っ込めたトランプさんは懐が深い。特に、『日本国内に米軍を置かせてくれてありがとう。日本国民に感謝する』と言った。こんなことを言った米国大統領は初めてではないか。とかく、属国呼ばわりされる日本にとって、『土地を借りているのであっ [続きを読む]