宮崎オヤジ さん プロフィール

  •  
宮崎オヤジさん: 宮崎移住でぼちぼちブログ
ハンドル名宮崎オヤジ さん
ブログタイトル宮崎移住でぼちぼちブログ
ブログURLhttp://miyazakioyaji.blog.fc2.com/
サイト紹介文思いつくまま気の向くままに、ぼちぼちと・・・趣味は木彫りとアーチェリー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/09/24 10:51

宮崎オヤジ さんのブログ記事

  • トカゲの尻尾(2)
  • 申請取り下げで上手く切ったはずのトカゲの尻尾が阿部さんから100万円などと言い始めて、切った方のトカゲが大慌て。役人と一緒に参考人招致を要求した野党を飛び越えて、一挙に籠池氏一人の証人喚問にした。尻尾だけを切り離して叩きたい腹が見え見え。ついでに、誰がトカゲの頭なのかも見え見えになった。今頃になって、首相と籠家ごときを対等に扱うマスコミはけしからんなどと喚く提灯持ちの評論家が馬脚を現すなど、大騒動 [続きを読む]
  • トカゲの尻尾
  • 『森友学園問題は、松井知事の3月14日期限切りによってトカゲのしっぽきり決着を狙っているようだが、切られそうなしっぽが反撃の構え。』だったのだが、あっさり切られることに同意したらしい。同意どころか、身を引いた。トカゲ本体はさぞほっとしたことだろう。あれだけ騒いだマスコミも誰も一言も『日本会議』を持ち出さなかった。よっぽど怖いところらしい。もっとも、『日本会議と安倍さんの関係など公知の事実』だから、 [続きを読む]
  • 混迷
  • 森友学園問題は、松井知事の3月14日期限切りによってトカゲのしっぽきり決着を狙っているようだが、切られそうなしっぽが反撃の構え。豊洲市場は、『最後の検査だけ都庁の支持により従来と変えた』と業者説明。そのときのデータだけが従来より極端に高かったのが移転延期の口実。どっちももめそうな話ばかりで、目が離せない。 [続きを読む]
  • 安倍さんおかしいんじゃないの?
  • 『安倍さんおかしいじゃないの』という同じ題で2015年6月25日このブログに、以下のように書いた。『昨日百田直樹なんて跳ねっ返りを招いて自民党の青年部とやらが勉強会をやった。『マスコミを黙らせるには広告費を干し上げるのが一番。経団連にやらせよう』なんて馬鹿なことを喋った。谷垣さんが陳謝して青年部長を『言論の自由を抑圧するような暴言を吐いた』として更迭処分にした。一方安倍さんは、『言論の自由を尊重す [続きを読む]
  • 延岡の河津桜
  • 2月25日延岡の河津桜を見に行った。さすがは南国の河津桜、すでにややさかりを過ぎつつあるが、菜の花とのコラボは綺麗だった。昨年植えたばかりで小さかったがのが物足りなかったが駅から往復徒歩1時間30分はウオーキングにちょうど良い距離だった。熊本地震のへの配慮もあり、会場ではチェーンソウアートの実演展示もあった。自衛隊のレンジャー部隊がチェーンソウアートまでやるとは驚きだった。 [続きを読む]
  • 近頃聞かなくなった米国の銃撃事件
  • アメリカであれほど頻発していた学校や公共の場での銃の乱射事件、白人警官による黒人への過剰取締と射殺事件、はては黒人から白人警官隊への発砲射殺事件。トランプさんが選挙に勝って以来一件も聞かない。不思議だ。本当に起きなくなっているのなら何故?起きているが報道されなくなったのか、それとも本当に事件そのものが起きていないのか?アメリカの新聞が報道規制しているのか、日本のマスコミが自主規制しているのか?自主 [続きを読む]
  • 警察庁長官とヤクザの大親分
  • オバマさんとトランプさんを比べてみると、警察庁長官とヤクザの大親分に似ているという気がする。いちばん象徴的な事例はフィリピンのドテルテ大統領の対応だ。『俺が命を張って麻薬屋共をやっつけているのに、オバマはホワイトハウスにじっとしていて、”麻薬屋共のやっつけ方が悪”いといちゃもんをつける』『トランプなら、”お前のシマのことはお前に任せる”』と言うだろう。というところだろう。警察庁長官なら、どこで起き [続きを読む]
  • 生き馬の目を抜く
  • トランプさんが安倍さんを盛大に歓待するとみるや、すぐに電話会談を申し込んで、二つの中国論を引っ込めさせる習近平。それを平気で呑んで安倍さんに直接言うトランプ大統領。その習さんが密かに目配せをしたのかどうか、弾道ミサイルを日本海に撃つ金正恩。おかげで夕食会の席は大忙しだったらしい。何人もの事務官が安倍さん、トランプさんの席に書類を持ち込む。暗くしてある食卓の椅子で、両者それぞれが懐中電灯で書類を読み [続きを読む]
  • どっちも大物
  • トランプさんも安倍さんも大物だ。大国のトップだから当然かもしれないが。安倍さんと日米同盟の話をする前にちゃんと習近平に仁義を切った。最初にゆさぶりをかけた『2つの中国論』を引っ込めたトランプさんは懐が深い。特に、『日本国内に米軍を置かせてくれてありがとう。日本国民に感謝する』と言った。こんなことを言った米国大統領は初めてではないか。とかく、属国呼ばわりされる日本にとって、『土地を借りているのであっ [続きを読む]
  • 独裁者
  • 米国トランプ大統領の言動がいよいよ独裁者の色彩を強めてきた。『国家安全保障に益することなら大統領は何をしても良いのだ』という発言は、『国家安全保障に益する』と大統領は何をしても良いと言っているに等しい。これはヒットラーが『ユダヤ人がドイツの安全を脅かしている』と思ったから、強制収容所に押し込めたのとなんら変わらない。大統領ともあろうものが、自分の娘のブランドを販売中止にしたデパートを非難するなどと [続きを読む]
  • そっちに構うならこっちに構え
  • トランプが強引な大統領命令を連発して大騒ぎになっているが、支持者も結構居るらしい。どんな人がトランプを当選させたのか? 『そっちに構うならこっちに構え』という人が結構たくさん居て、彼らの票がトランプに集まったのだという説があった。『そっち』というのは、いわゆる弱者、マイノリティを指し、『こっち』というのは工場流出による失業者や、海外から流入した低賃金労働者に職を奪われた失業者を指すのだそうだ。本来 [続きを読む]
  • 四半的3
  • このところ風邪の後遺症で調子が出ない。10射パンチアウトも出ないありさま。今日やっと段階的5射で40点越えを果たしたが時間がかかりすぎ。今頃はとっくに20射パンチアウトをクリアして、30射パンチアウトを狙っているはずだったのに。たかが風邪だが、年を取ると回復に時間がかかるようだ。 [続きを読む]
  • トランプ待ちが続く
  • トランプ大統領は、次々と大統領令にサインしまくり、世界の首脳はトランプの娘婿に電話会議の順番を委ねて門前市を成なしている。なにやら、世界の殿様ににお目通りを願って先を争っている庄屋のように見える。でも、そうではあるまい。庄屋のようには見えても、それぞれが大国の中でライバルを抑えて首脳になり得ている強者ぞろいのはず。殿様が庄屋をあしらうようなわけにはいくまい。まだまだ前哨戦。これからが楽しみだ。考え [続きを読む]
  • 天皇退位
  • 陛下が 『老齢により象徴としての務めを果たせなくなりそうだから退位したい』と仰っているのに、『有識者』と称する有象無象の年寄りどもが、辞めさせないと息巻いている。『何もできなくても神棚の前で寝たきりでも天皇を務めろ』などという馬鹿なおばさんもいる。『辞めたくなったら、手続きを踏んで辞める』のが基本的人権を有する国民の筈だ。ましてや、その象徴たる天皇は堂々とその権利を行使できてこその象徴ではないか。 [続きを読む]
  • トランプ待ち
  • 今や世界中の国や企業の首脳たちが固唾を飲んで、次に手元に配られてくるトランプを待っている。一方のトランプ大統領は、就任式の出席者を過少報道したとか言ってメディアに喧嘩を売ったり、就任式のテレビ視聴者がオバマより多かったと報じた調査会社を褒めてみたり、一見諸外国の首脳をからかっているかのようだ。誠に得体が知れない。国内では何百万もの反対者がデモをしている。それでいて、世界の首脳たちに固唾を飲むほどの [続きを読む]
  • インフルエンザ
  • 先日までほとんどの寒波からこぼれ落ちて、ぽかぽかと暖かかった。ほとんど亜熱帯仕様に変わった身体に、寒波襲来。たちまちインフルエンザでダウン。歳のせいでなかなか回復せず。ここも長らく中断してしまった。しかし安倍さんはタフでマメだねえ。一体どれくらいの距離を飛んだんだろうね、年が明けてから。今まで警察官のつもりで部屋を貸していた相手がいきなりヤクザに変身したんだ。誰だって困るよ。これからも、身体に気を [続きを読む]
  • ほんとに冬か?
  • 今朝の早朝(6時20分〜)の散歩には、耳覆いのニット帽は要らぬし、昼頃の雲はまるで夏の入道雲。この分だとこのミニツアーもキャンセルだな。今年は崖っぷちに追い詰められているという日本最南端の五ヶ瀬スキー場もオシマイだろうなー。 [続きを読む]
  • 遺産相続
  • 去年のピケティさん以来、強欲資本主義、所得格差拡大など、資本主義が諸悪の根源のように言われている。私は資本主義がわるいのではなく、遺産相続こそが悪いのだと思っている。遺産相続さえ許さなければ、人間1代で稼げる財産などたかが知れている。多少格差があってもそれは才覚格差でもあるわけだし、問題はない。稼いだ当人が死ねば、墓場へ持っていこうと、国なりどこへ成り寄付しようと勝手にすればよい。だが、子に与える [続きを読む]
  • 高齢者
  • 正月は孫の相手で忙しくブログ、新聞とご無沙汰だった。その隙にではあるまいが、老人学会とやらが突然言い出した。『65歳以上を準高齢者、75歳以上を高齢者と呼ぶ事にしよう』と。今年から『後期高齢者の仲間入り』なんて賀状に書いたばかりなので驚いた。言ったのか言わされたのか定かではないが、総活躍にふさわしいのだそうだ。まあ、『後期』なんてとっぱらってもらう方がすっきりはするが、準をくっつけられた方は、『年 [続きを読む]
  • 気に食わない
  • あの、史上最も似つかわしくない防衛大臣が、ノコノコと安倍さんについて行った上、真珠湾から帰ったその足で靖国神社に参拝した。『国を守って命を落とした英霊に詣でるのは当然』と、シレーっとして決まり文句を記者団に言ったそうだ。ゴルフ場でコメントを求められた安倍さんはノーコメント。真珠湾での八方に神経の行き届いた見事なスピーチは何だったのか?あの戦争で、米国と中国は友軍だったのだ。今回の靖国参拝で、アメリ [続きを読む]
  • 宮崎は本土からはじき出されたのか
  • 天気予報が口を揃えて寒くなる、寒くなると言うので、今朝の散歩は、厚着をして、耳を覆うためのニット帽という冬装備で出かけた。ところがどうも、北風は吹かず、耳の覆いをとっても冷たくない。例年今頃になると、さすがに耳が痛い程度には寒い。温暖化が毎年感じれるような速さで進むとは信じられないのだが、今年は確かに寒くない。地上交通と電波では、『陸の孤島』を認識しているが、温帯にある日本本土からまで切り離されて [続きを読む]
  • スピーチライター
  • 安倍さんは腕の良いスピーチライターをお持ちのようだ。日曜日朝の乗員が乗っていない軍艦を、手違いとは言え宣戦布告より先に爆撃した真珠湾を訪れてどんなスピーチをするのかと、正直いってハラハラして見ていた。それを 『深く誠を以て哀悼の意を表し』で切り上げ、『手厚い援助のミルクで命を繋ぎ』という感謝で繋ぎ、『長く続く堅い同盟で』で結ぶ。どこからもイチャモンのつけようがない。イチャモンのつけようがないという [続きを読む]
  • 砂上の安心網
  • 日経新聞の連載特集4までを見ると、『高齢化による医療費支出増大、年金支出増大』がメインテーマの様だ。『保育園落ちた日本死ね』ふうに言えば、『長生き増えた老人死ね』といった趣だ。かてて加えて、日経小説大賞に選んだ作品が『姥捨て山繁盛記』である。支出増大を憂えるなら、その支出を収入として受け取る側の収入も増大しているはず。確かに、老齢年金は削る方向へ動いているようだが、『医療費を収入とする側』に何か手 [続きを読む]