ぴえーる太田 さん プロフィール

  •  
ぴえーる太田さん: データ重視で堅実FX投資 | 40代50代60代からのFX投資
ハンドル名ぴえーる太田 さん
ブログタイトルデータ重視で堅実FX投資 | 40代50代60代からのFX投資
ブログURLhttp://fxtyouja.blogspot.com/
サイト紹介文FXに細かな分析は不要です。大きな流れの中で取れる利益を取っていきます。
自由文基本方針は
1.IMM通貨ポジションをチェックする。
2.1時間足+一目均衡表+RCI
3.儲かっている人の情報を参考にする。
4.周りの空気(=ヘッジファンドの向き)に乗っかる。
5.マクロ経済に注意する。
としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/09/24 21:12

ぴえーる太田 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 12/15/2015 CFTC建玉チェック | CFTC
  • 日足が限界値に達していたと見えたところにECBで大きく反転してようやくEURUSDのEUR買い玉解消へと進みつつあるようにみえ、明日12月16日に予定されているFOMCの利上げについても日足の雲下限を目処にした反落からの反転買いがあるのでは無いかと見ている。NZDUSDは、売り玉が上昇をして買い玉を逆転しているが、買い玉があまり減少していない。上昇のスピードと総数から考えると一度反落をした後に反転上昇を狙いたい。(Fig:01) [続きを読む]
  • 10/27/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • NZDUSDはついに売買の建玉が反転した。(Fig:01)ただし建玉数は大きく無い為、まだこれから売玉を増加させていく方向に向かう可能性が高いと考えている。チャート日足では9月24日からNZD買いに流れが変わっており、0.627から0.6845まであげている。チャート4時間足では逆にNZD売りの雰囲気が出ている為、短期的な下落も考えられるが、基本的には押し目買い方向と考えている。売玉の上昇スピードから0.7200付近が目安と考えてい [続きを読む]
  • 10/19/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 先週の後半でのチャートの動きが反映されていない為、次週レポートが重要であるのだが、おおよその予測を元に考えてみたい。NZDUSDは買玉が減少し、売玉が微減となっている。先週末にかけてのNZD買いを加味すれば、買玉は大部分が消化されている可能性が高いと考えられる。また、日足の目標としての0.6840は達成して、金曜日には下げている。下げの玉数が揃っているかは現時点では不明なのだが、売玉の上昇は必須と考えているので [続きを読む]
  • 10/14/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 先週のウェッジ・フォーメーションは発生せず、EURUSDは上昇となっている。日足のトレンドラインを突き抜けており買玉消化を行いながらダブルボトムを形成する可能性が高い。EURUSDは後述する。NZDUSDの売玉数が買玉数に近づいておりこのまま上昇して売玉増加させていく可能性が出てきている。(Fig:01)USD INDEXは売玉数が多いので動きとしてはこのドル売りに素直についていっているように見える。日足の上限は0.6840付近であるの [続きを読む]
  • 10/08/2015 EURUSDのウェッジ・フォーメーション
  • 押し目買いで長めの回転をしていたが、昨日読んだ記事と上値更新が出来てない事から一旦買いを止め、戻り売りを行っている。読んだ記事はこちら → 『ユーロ/ドル:投資家筋、マーケットに再登場か』(インヴァスト証券)『これは、先週10月2日から昨日までの、1時間足の動きです。 特に10月2日は、1.3000前後で、長いヒゲが3本も出ています。 これは、投資家のコールオーダーでの取引によって発生する形状だと思います。』( [続きを読む]
  • 10/06/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 買玉の上昇が示した通り、週明けに0.6500に到達した。(Fig:01)併せて、日足のトレンドラインをブレイクしたようにも見える為、売玉上昇を伴ってNZD買いがもう少し続くとみている。どこまで続くのかは分からないが直近のターゲットは0.66付近とみている。Fig:01NEZ ZEALAND DOLLARUSDCHFは買玉が増えていたのだが、大きくさげていない。(Fig:02)USD売りの流れにもまだ乗れていないのだが、日足でみると直近でダブルトップに見え、さ [続きを読む]
  • 09/28/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 先々週、買玉の数を大きく減らしたNZDUSDだが、先週末のレポートを見ると、微増となっている。(Fig:01)日足を見てみると0.625付近をサポートラインとして下げ渋っている。このサポートラインを日足で下抜けるようであればさらに下値を切り下げていくと思われるのだが、次のサポートは0.6000付近でこれは月足でのサポートなのでかなり強いと考えられる。急落するようであれば、0.6000付近での押し目買いから0.64付近までの短期上昇 [続きを読む]
  • 09/25/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • シルバーウィーク中も相変わらずのボラティリティーでチャート上を行ったり来たりしているが、IMM通過ポジションをみると面白い結果が見えてきていた。今週末(明日未明)のレポート次第ではあるが、先週末のレポートを見てのポジションおよびレートチェックを行いたいと思う。NZDUSDは0.6500を下抜けした後は0.6500を達成していないがポジションを確認すると買玉が半分以下に減少してしまっている。(Fig:01)他方、売玉が増えてい [続きを読む]
  • 09/18/2015 FOMC結果について
  • 本日未明、利上げが実施されるか否かで注目されていたFOMCであったが、ゴールドマンサックスの情報の通りで利上げは実施されなかった。金融環境の引き締まりを考慮すると、FRBの次の行動は政策の引き締めでなく緩和が妥当だと強調した。 ハチウス氏は「最も簡単な方法は、市場が現在織り込んでいるより遅い時期の利上げを示唆することだろう。これに対し、FOMC委員の多くは、金融環境の引き締まりは急に変化する可能性があり、こ [続きを読む]
  • 09/15/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 今回のNZDUSDでは3週間連続で買玉が増加しており、年初来の最大数となりそうである。(Fig:01)そのため、NZD買いの反転がそろそろ起こる可能性が高いと考えている。とは言え、引き続きの利下げがあると言われている為、買玉の解消が終われば売玉の積み上げも終わっていると考えられるので、戻り売りのスタンスで待つのが良いと思っている。Fig:01NEW ZEALAND DOLLARUSDCHFについてみてみると、CHF買玉が微増となっている。(Fig: [続きを読む]
  • 09/07/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • まずはNZDUSDからチェックする。先々週の揉み合い後先週頭にNZD売りとなり、それに対応する形で買玉が上昇した。(Fig:01)日足を見てみるとRCIが反転しており、一旦のNZD売りが収まりそうな気配となっている。現時点では1時間足もダイバージェンスを形成している雰囲気があるので売り下がりには注意が必要と考えている。Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR次にUSDCHFをみてみる。先週はUSD買いが継続であったが、売買玉はそこまで増減して [続きを読む]
  • 08/31/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 先日足でのトレンドラインを超えた後に0.6500を割れ、そのまま週明けたNZDUSDは買玉が週を追うごとに減少している。(Fig:01)しかし、反対側の売玉が増加しているようにも見えない為、買いに転換しても大きく上がらずに下げを続けるのかもしれない。NZDUSDを追いかけてきたが、次の動きがあるまで様子見となりそうである。Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR次に、USDCHFであるが、下落後の反発によって日足の雲上限を超えている。建玉はあ [続きを読む]
  • 08/24/2015 NZDUSDレートチェック | NZDUSD
  • 08/05記事から(IMMデータでの)3週間後のNZDUSDを見てみると、08/05の0.6500近辺がサポートラインと見られ、何度か下値トライをしたものの反発し上昇の気配が感じられる。NZDUSDのポジションを確認してみると(Fig:01)Longが縮小を始め、Shortが徐々に増えてきている。08/24現在は反転下落して0.6600付近まで落ちてきているが、0.6500を切らない限りはこのまま再上昇してLong建玉を消化しに動くとみている。USD買いの反転と、NEW Z [続きを読む]
  • 08/05/2015 NZDUSDのレートチェック | NZDUSD
  • 2週間空けた間にNZDUSDは底を打ってようやく反転した先週末のIMMレポートでは買い玉が減少を続けている中、売り玉が上昇し始めている。(Fig:01)Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR先日、オーストラリアは利下げを休止する発言で反発したが、ニュージーランドはまだその発言を行っていない。建玉構成からはニュージーランドも利下げ休止の発言が飛び出してくるかもしれない。再度下がってはいるが、反発要因には要注意が良いと考えている。U [続きを読む]
  • 07/13/2015 NZDUSDのレートチェック | NZDUSD
  • 先週0.665を下抜け0.663付近から約100pips反発したところでのIMMレポートがどのように変化したかをみてみた。今週末のレポートを確認する必要があるが、NZDUSDの買い玉は増えていなかった。まだまだ下がるのであれば買い玉が増えても良いと思うが増えておらずこの辺りが底値の可能性が高いとみている。(Fig:01)Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR建玉の総数は若干の現象ではあるが大きく変化していない。また、売り玉も変化が無い事から売 [続きを読む]
  • 07/10/2015 イエレン議長講演
  • 昨日から始まった調整はこのまま反転となるのかただの調整となるのかが難しいところ。本日25:30からはイエレン議長講演があるのだが、おそらくこれまでと同じことしか話さないと思っている。理由としては、・アメリカの景気は持ち直しているが、雇用関係はまだ力強くない・ギリシャだけではなく、中国も震源となっている中で利上げ(=ドル高)を匂わせると資金が一気に動いてしまう。がなんとなく思いつく理由だが、一つ目につい [続きを読む]
  • 07/06/2015 4時間足ダイバージェンスの失敗 | NZDUSD
  • 先週は4時間足でのRCIダイバージェンスが発生したとみられたが、反転後に反落しなかなか反転とならない。また先週末発表のIMMポジションを確認してみると、引き続きコマーシャルの買い玉が増加しているが、トータルでは微増であった。(Fig.01)Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR06/30/2015現在のチャートでは0.665あたりがサポートラインと考えられ、0.670をトライ中となっている。(07/06 19:00現在)引き続きNZDUSDは0.68越えを確認した [続きを読む]
  • 07/01/2015 4時間足ダイバージェンス | NZDUSD
  • 反転後の0.690達成が出来ずに、6月30日のギリシャ債務返済不履行に引っ張られて急落したNZDUSDは現在再度の反転中となっている。4時間足RCIでみるとダイバージェンスが発生しているが、下落トレンドラインにぶつかっているところでもある為、再度の反落が発生にも注意したい。0.6840−0.6850を超えて来れば反転がトレンドの上抜けになるとみている。USDCHF(チャートの見方がここ2週間逆だった・・・)は、上昇が一服して、CH [続きを読む]
  • 06/29/2015 NZDUSDのレートチェック
  • 先週に引き続きNZDUSDの建玉を確認してみると過去のデータと照らしてもほぼ玉数が上限にきていると考えられる。IMMポジションを見てみると総数が40,000を超えており、且つShortが増えずにLongが増えている。(Fig:01)Fig:01NEW ZEALAND DOLLAR06/23/2015チャートの下値を0.6800と仮定して今週この辺りを抜けずに反転した場合は、IMMポジションの買い玉解消に向かうと考えている。ギリシャ問題次第だが、4時間足ではRCIが反転の兆 [続きを読む]
  • 06/24/2015 NZDUSDの下落と建玉の推移から今後の展開を考える
  • 先週末のIMMポジションレポートを確認したところ、06/17(水)の反発上昇時にショート玉がほぼ解消され、ロング玉の1/4が解消されていた。(Fig.01)Fig.01NEW ZEALAND DOLLAR06/17/2015先週の反発で下落が完了したとみていたのだが、この後本日まで下落を継続している。上ロング玉の方が大きいのでいずれは上昇となるのだが、タイミングが難しく日足または4時間足などでのトレンドラインの突き抜けタイミングを待った方が良いと [続きを読む]
  • 過去の記事 …