taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 伊達将棋連盟会員
ハンドル名taka さん
ブログタイトル伊達将棋連盟会員
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taka11281/
サイト紹介文北海道伊達地区の情報を中心に将棋関係の情報などをお伝えします。
自由文将棋ニュースのほか、将棋初心者、中級者の方の参考になる記事も書ければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供404回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2013/09/26 10:56

taka さんのブログ記事

  • 実戦の詰将棋(252)
  •  図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲3二金△同玉▲4四桂△2二玉▲3一角成△3三玉▲4二馬△2二玉▲3二馬△1二玉▲2二金までの11手詰 [続きを読む]
  • 先後同形矢倉戦での珍形
  •  2図は、第18期新人王戦、羽生善治四段対島朗六段戦(S62.8.17)の中盤の局面です。 先手の右銀と後手玉の位置が変ですが誤植ではありません。 実は2図の9手前の局面が1図です。 1図は同形矢倉から互いに敵陣に角を打ち込んだところです。ここから先手は▲5七銀、▲6八銀、▲5九銀、▲5八銀と、後手は△3一玉、△4一玉、△5一玉とそれぞれ打ち込まれた角を取りに行き、取り切った局面が2図の局面だったのです。  [続きを読む]
  • 例会(3月19日)の結果
  •  3月19日の例会には4名の参加があり総当たりの駒落ち戦で優勝を争い、その後は、時間の許す方々は自由対局を楽しみました。 例会の結果は次のとおりです。 1位:菅原さん [続きを読む]
  • 実戦の次の一手(5)
  •  1図は第75期順位戦C級1組、福崎文吾九段対千葉幸生六段戦(H29.2.7)の終盤の局面です。 既に先手が優勢のようなので色々な手があるのでしょうが、ここで先手の福崎九段が指した一手をお考えください。 正解は … … … ▲7二同飛成でした。 以下、△7二同玉▲6四歩△7八飛成▲6三歩成〜以下、128手で先手の福崎九段が勝利しました。 [続きを読む]
  • ネット将棋の観戦
  •  将棋の勉強法は色々あると思いますが、最近効果があるのではと思うのがネット将棋の観戦です。 例えば、将棋倶楽部24の対局の観戦です。 24の対局は一手30秒以内での対局が主流のようです。したがって、スムーズに対局が進むので観戦が苦痛ではありません。 自分のお勧めは2,3級上の方の対局の観戦です。とても上の方の将棋観戦も勉強にはなると思いますが、「えっ!?」、「その手はとても浮かばない」、というよう [続きを読む]
  • 伊達こども将棋教室(2017年3月)の結果
  •  3月18日(土)14時から伊達こども将棋教室が山下町会館(伊達市山下町116)で開催され、K君(小6)とY君(小1)の参加がありました。 講師は井上でした。 Y君は2月の小中学生将棋大会(伊達)に参加後、教室には初めての参加でした。 Y君の棋力がよく分かりませんでしたので、初めにK君と二枚落ちを指してもらいました。 その後、その将棋の感想戦をしました。 次にK君には講師とY君相手に二面指しをお願 [続きを読む]
  • 仕掛けの時期〜第66回NHK杯、糸谷八段対渡辺竜王戦から
  •  1図は第66回NHK杯2回戦、糸谷哲郎八段対渡辺明竜王戦(2016.9.4放送)の中盤の局面です。 ここから先手の糸谷八段は3五歩と3筋の歩を切りに行きました。感想戦で糸谷八段は「まあ、行きますよね。」とこの手は当然と言う感じで話されていましたが、渡辺竜王は「ここでくるとは思わなかった」と意外と言う感じで話されていました。 ここのところのやり取りはお二人の大局観の違いが表れていて面白かったです。 1図から [続きを読む]
  • 実戦の次の一手(4)
  •  1図は第28期竜王戦6組、香川愛生女流王将対西川慶二七段戦(H27.1.9)の終盤の局面です。 先手の香川女流王将が角の利きを使って3五銀と打ったところです。 既に後手が優勢のようですが、ここで後手の西川七段が指した鮮やかな次の一手をお考えください。 正解は … … … △5七歩でした。 これに対して、▲同角以外は3五銀が只となります。 本譜は▲5七同角以下、△5六歩▲同飛△4五金(投了図)で後手の西川 [続きを読む]
  • 伊達こども将棋教室(H29年3月)の開催
  •  次のとおり「こども将棋教室」(伊達将棋連盟主催)を開催しますので、お気軽にご参加ください。日  時 : 平成29年3月18日(土) 午後2時〜4時    場  所 : 山下町会館 2階 (伊達市山下町116)対象者 : 伊達市、伊達市近郊の小・中学生       (全くの初心者、級位者など棋力を問いません。)会  費 : 200円(初回の方は無料)その他 : (1)参加申し込みは随時受け付けており [続きを読む]
  • 実戦の詰将棋(248)
  •  図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲1一角成△同玉▲1三香△2二玉▲1二香成△3一玉▲4三桂△同金▲2二成香△4一玉▲3二成香までの11手詰 [続きを読む]
  • 8、9割方取ってはいけない歩〜NHK杯での山崎八段の解説
  •  第66回NHK杯2回戦船江恒平五段対千田翔太五段戦(2016.8.28放送)の録画を見ました。 1図は後手の千田五段が7五歩と突いたところです。この局面での山崎隆之八段の解説が「この手の歩は8割、9割方取ってはいけない」と言うものでした。 この手の歩とは、たぶん腰掛け腰での同様の歩の突き捨てなどが含まれるのかなと思います。 なお、1図の場合は10割方取ってはいけない歩で、もし、ついうっかり▲7五同歩と取りま [続きを読む]
  • 横山さんが第40回朝日アマ将棋名人戦全国大会優勝
  • ※ 以下、朝日新聞DIGITAL(2017.3.12)からの転載です。 第40回朝日アマチュア将棋名人戦全国大会(朝日新聞社主催、日本将棋連盟後援、日本アマチュア将棋連盟協力)の2日目が12日、東京都港区のチサンホテル浜松町で行われた。決勝で、札幌市白石区、会社員横山大樹選手(26)=北海道ブロック=が埼玉県和光市、会社員清水上(しみずがみ)徹選手(37)=招待=に勝ち、初優勝を果たした。 横山選手は他の [続きを読む]
  • 実戦の次の一手(3)
  •  1図は第75期順位戦C級1組、青嶋未来五段対高崎一生六段戦(H29.2.7)の終盤の局面です。 既に先手の青嶋五段が優勢のようですので色々な指し方があるのかもしれませんが、ここでの先手、青嶋五段の次の一手をお考えください。 正解は … … … ▲7五桂でした。 これに対して、△同歩は▲7四桂があるとのことです。 本譜は▲7五桂以下、△同銀▲4一角△2二飛〜と進み113手で青嶋五段が勝利しました。 [続きを読む]
  • 懐かしい感じ〜映画「本能寺ホテル」
  •  映画「本能寺ホテル」を見ました。 京都は高校の修学旅行で一度行っただけでよく知らない町なのですが、映画の中で現代と安土桃山時代を交差しながら京都の町が美しく映し出されおり、なぜか懐かしい思いがしました。 まるで、天野宗歩の棋譜を並べながらふと江戸時代を思い、なぜか懐かしくまた愛おしく感じる気持ちと似ているような。 主な出演者は綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、風間杜夫、近藤正臣などです。「くすっ」とす [続きを読む]
  • 珍しい局面〜飛車先を切らない
  •  1図は、第75期順位戦C級2組10回戦、中座七段対西尾六段戦(2017.2.2)の序盤の局面です。 先手の次の1手は当然▲2四歩だと思っていましたが、本譜は▲3八銀△7二銀▲5八玉と進みました。 名人戦棋譜速報の解説によりますと、昨年から増えている指し方で、2図の局面は15局の前例があり先手の10勝5敗とのことです。 [続きを読む]