デ某 さん プロフィール

  •  
デ某さん: デ某の「ひょっこりポンポン山」
ハンドル名デ某 さん
ブログタイトルデ某の「ひょっこりポンポン山」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/00003193
サイト紹介文2017年に術後6年目を迎えた「腎がんのメモリー」ほか「吾輩も猫である」、海外旅行記、閑話休題など。
自由文「腎ガンのメモリー」・・・2011.7.27手術(T1aながら悪性度G3)。告知〜術後検診の記録、がん情報など。「吾輩も猫である」・・・漱石さんを真似て?愛猫シマジローがアレコレ気ままに書いています。旅行記・・・リタイア記念のトルコ紀行(2012.5)、バルト三国の旅(2013.5)など。「閑話休題」・・・折にふれ世相について所感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/09/26 11:43

デ某 さんのブログ記事

  • 或るブログの再開 (かんわきゅうだい67)
  •  閉じられた或るブログが再開されたと知りお訪ねしました。すでに3月に再開されていて この月に19回も更新されています。その19回、ブログと旅を追いかけました。お名前は ここでは仮に「Sound Of Silence」にちなみ「サウンドさん」と呼ばせていただきます。        ※ 写真はすべてトルコ旅行(2013.5.28〜6.6)にて・・・本文とは関係ありません。                       パムッカレ〜コンヤのシ [続きを読む]
  • ブログをはじめて・・・
  •  ブログを始めて3年8月、短いとも長いとも言い難い年月です。様々な人々に出遭い触れあい驚き歓び時に哀しみ・・・まるで「月日は百代の過客(芭蕉)」のようです。 更新314回、閲覧数41万、訪問者15万。この世界では多い数ではありません。しかしその一つ一つ、お一人お一人が私には過分にして貴重・・・感謝にたえません。 ブログ村など「ランキング」サイトで、存在表示?がわりに「腎がん」カテゴリーに登録しています。 [続きを読む]
  • 夏場所
  •  kumaさん! 大相撲見てられますか? 大相撲夏場所もいよいよ終盤戦へ。昨夏、旅立たれた腎がん友の kumaさん はラグビーと大相撲が大好きで、琴奨菊が横綱に挑戦した頃は大いに盛り上っておられました。私も大相撲ファン、中でも幕下、十両、幕内下位の野心に満ちたお相撲さんが好きです。   幕下西50枚目巨東(おおあずま:上左)。マゲが結えなくならないかと心配ですが、まだ27才です。同じく心配な幕下東14枚目嵯牙司(さが [続きを読む]
  • 久留米豊(吾輩も猫である145)
  •  主人のブロ友のさるお方が吾輩について「貫録が出た」とコメント。むっ・・・。だからキャット・イヤーは厭なのだ。止むを得ん。PCのタイムマシン処理で2年若返った姿でUPさせていただく。まだ貫録がある!と? まっ、好きに思ってくださいましまし。 先夜、細君が急に具合が悪くなった。どっしりしているようで実は小心者の主人、慌てふためき「きゅ、救急車、呼ぶか?」。冷静な細君は「暫く様子を見て、酷くなるようなら呼 [続きを読む]
  • 喪失
  •                    ボンボン山(678m 高槻市)より北摂連山を眺む どこが芥川賞?  庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」が芥川賞を受賞したのは私の学生時代。早速!読んだ感想は「なに?これ!」「どこが芥川賞?」でした。賞のイメージにその前年の丸谷才一「年の残り」、更に数年前の柴田翔「されど我らが日々」のイメージがありました。 この人は大成しない・・・ 書店に平積みされ映画化され、「芥川 [続きを読む]
  • バラが咲いた(かんわきゅうだい66)
  •  バラが咲いたバラが咲いた真っ赤なバラが・・・和製フォークソング!として一世を風靡しましたが、これがフォークソング?の感を否めませんでした。なにがちがうの?って言われれば困ります。でも敢えて言わせて貰えば「そこにメッセージがない」って感じ。 バラを漢字で書けば「薔薇」。PCでは簡単に変換できますが、手書きでは容易ではありません。画数は各々16画、2文字で32画、クサカンムリを4画に数えれば1画ずつ増 [続きを読む]
  • むかし海のむこうから・・・(吾輩も猫である144)
  •    学生時代、主人が所属したサークルには地方出身者が多く夏休みには一斉に帰省した。その中の一人、沖縄出身の学生は、飛行機に乗るのが稀な時代にいつも飛行機を利用していた。その旅程と旅費ゆえかは兎も角、他の地方出身者ほどには帰省しなかった。 主人のゼミにも沖縄出身の学生がいた。前記サークルの仲間もそうだが、すぐ沖縄出身!とわかる姓だった由。いずれも「眼がキラキラ輝いていて綺麗!」が第一印象。言葉に沖 [続きを読む]
  • 幸福のスイッチ (かんわきゅうだい65)
  • 『懇意にしているクリーニング店のシャッターが半ば閉まっていた。洗濯物を手に戸惑っていると奥さんが出てこられ、ご主人が入院されていたと・・・。出来上がりを取りに来るお客さんの為に半分だけシャッターを開けられた由。店は続けるとのことで、持ってきた洗濯物は “こちらでさせて下さい” と受けとって下さった』(或るブログより「要旨」) 銀座デパートの閉店 かつて私の住む町にオシャレなスーパーが来ました。十数店か [続きを読む]
  • 死者の贈り物(腎がんのメモリー37)
  • 「死ぬ」ということを「永眠」と…。生きている身体は眠ることを求めますから、死ぬことが眠ることであるなら 死ぬことは生きることでもあります。永眠とは「二度と目覚めない眠り」だとしても、哀しいことでも 淋しいことでも まして怖いことでもありますまい。                                Painted by QP つい一日前にブログを記されていた方のそのブログに、おつれあいが「終わりました [続きを読む]
  • 旅立ち (腎がんのメモリー36)
  • きょう また ひとり 旅立った苦しい旅立ちではなかったと つたえられたそれでも 苦しくないわけはなく 淋しくないわけはなく 悔しくないわけはなく  きっと 生きたくて 生きたくて もっと生きたかったにちがいない ひと足はやく旅立った りりィが往年の面影きざしつつ なんとまあ淡々と あるいは晴れやかに うたう 『あなたの仕合わせ ねがっているわ 私だけは いつまでも・・・』とリフレインしさいごに とびきり明る [続きを読む]
  • 変!(吾輩も猫である143)
  •                               Simajirou painted by QP. 理不尽と言えば理不尽 主人の郷里の実家近くに、実家の倍ほどの土地がある。一帯は元々松林だったが、ここ十数年次々住宅が建った。台風で枝が飛び、陽当たりも悪いとのご近所の苦情に、数年前すべて伐採。固定資産税は数倍に増え、ご近所が駐車場がわりに自由に使ってはる。 はじめに改正ありき! さて、現政権は3年後の新憲法施行を [続きを読む]
  • 目次⑦ - 2 吾輩も猫である141〜
  • 【 カテゴリー・・・吾輩も猫である 】  2017.3.3〜2017.5.15141.如何にも覇気がない (2017-3-03)   主人の例月の介護帰省に同行したが、主人にさっぱり覇気がない。何かとこころ乱れる3月かなぁ・・・3月のQPカレンダーをUPする。   <コメント> リーのママさん、Anneさん、風のフェリシアさん      http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/319f001d19e90179854137813f11c143142.シマジロウ訳「般若心経」 ( [続きを読む]
  • 5月のカレンダー(by QP)
  •     (上)春がきた春がきたよ (下)コロンビア奥地に棲息する世界一美しい鳥「ケツァール」                  ※ コメント欄はいましばらく閉じさせていただいています。   【過去ログ目次一覧】かんわきゅうだい(57〜) http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/20297d22fcd28bacdddc1cf81778d34bかんわきゅうだい(〜56) http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/a0b140d3616d89f2b5ea42346a7d80f0閑話休題 htt [続きを読む]
  • 雨の京都御所(かんわきゅうだい64)
  •  腎がんの術後5年半検診を終えバス停に行くと間一髪!乗れませんでした。シャク!だったのでバスはパスして御所へ。迎賓館は昨秋見学したので未だ!の大宮御所(仙洞御所)に向かいました。が、残念! 受付11時〜(その時まだ10時前)、見学13時半〜のため断念、紫宸殿など内裏の見学に向かいました。     2年前の京都御所内裏への出入口「清所門」。この頃は未だ春秋の限定公開でした。 京都御所は、紫宸殿などの [続きを読む]
  • 腎がんのメモリー 35(JIN-chan倶楽部と術後5年半検診)
  •      4.11 浪速JIN-chan倶楽部「花見会」 in 八幡屋公園(後景は大阪中央体育館)      9日は関西の腎がんキャリアの「浪速JIN-chan倶楽部」に参加、11日は腎がんの術後5年半検診に。 それらについてはやっぱり報告しなければなりませんね。 検診の後は小雨降る中、京都御所に。それについても書きたかったのですが、息切れ・・・また明日! 広がる腎がん仲間の輪 一昨年11月の「キャンサーフォーラム※」の [続きを読む]
  • 4月のカレンダー(by QP)
  •      4.11 浪速JIN-chan倶楽部「花見会」 in 八幡屋公園(後景は大阪中央体育館)      9日は関西の腎がんキャリアの「浪速JIN-chan倶楽部」に参加、11日は腎がんの術後5年半検診に。 それらについてはやっぱり報告しなければなりませんね。 検診の後は小雨降る中、京都御所に。それについても書きたかったのですが、息切れ・・・また明日! 広がる腎がん仲間の輪 一昨年11月の「キャンサーフォーラム※」の [続きを読む]
  • 喝采
  •  ※3週間程前に削除した記事ですが、履歴は残り落着かず、以下再掲します 喝采の中・・・姿を消す ちあきなおみさん。1970年代初めに「喝采」でレコード大賞に輝きました。歌い始めるや瞬く間に彼女の歌の世界に魅きこまれる素晴らしい歌手でした。しかし1990年代初め(おつれあいが亡くなるのと時を同じくして)突然!その世界から姿を消されました。 いつものように幕が開き/恋の歌うたう私に/届いたしらせは/黒いふ [続きを読む]
  • シマジロウ訳「般ニャ心経」(吾輩も猫である142)
  •                   ブログの鮮度が落ちたことを痛感・・・休載します。 葬式などでお坊さんとともに「はんにゃ〜は〜ら〜みた(般若波羅蜜多)」と一斉に唱える光景をしばしば目にする。これがかの「般若心経」。「無」とも「空」とも言われる大乗仏教の教えのエッセンス(真髄)が僅か漢字262文字に集約されている。 吾輩も主人の亡父の法事でこっそり般若心経を唱えたところ、「なかなか心地よい響きやなぁ [続きを読む]
  • 春はボケモノ(かんわきゅうだい 63)
  •  びみょ〜な季節 3月4日は妻の誕生日。その日は、シビア&タフな課題をかかえ仕事に出たので、お祝いは今日5日・・・ドライブがてら和知(京都府)の自然食レストラン「菓歩菓歩」に行きました。冬は過ぎた感がありますが、春爛漫にはまだ早いびみょ〜な季節ではありました。 由良川は冬枯れでも・・・ 写真上は「安寿と厨子王」の舞台となった由良川。冬枯れ!と言うのでしょうか、なんとも味気ない風景です。しかし「菓歩菓歩」 [続きを読む]
  • 如何にも覇気がない(吾輩も猫である141)
  •  春3月。いったい主人には何度目の春三月なるや...。 錦を飾るでもなく 終の棲家とするでもなく ただ郷里の海に立ち山を見る。 そんな主人に寄り添うのも...悪くない と言っておこう。    1年ほど前は、バスに乗り遅れたからと3〜4kmを歩いて帰った主人の母。 その後 怪我をして入院、いわゆる「サ高住」を経て 主人の父のいるGホームへ。 10月、主人の父が亡くなり Gホームでは『何もすることがない。一日が長い [続きを読む]
  • デ某占い 「鑑定」 (かんわきゅうだい 62)
  •  占いのオファー 謹んでお受けいたしました! 23日午後8時の締切までに9件のオファーをいただきました。この企画はSORAマネ!によるもので、そのSORAさんからも予めオファーをいただき、また当ブログ御用達?画家QPからも同様にいただいていますので、全部で11件の占いオファーとなりました。 QPからのメールをご紹介します! 『占いとピエロ、怪しげな雰囲気が皆さんの深層心理をソソッておるようで続々と怖いもの見た [続きを読む]
  • デ某占い(かんわきゅうだい 61)
  •  ブログ友のSORAさんに刺戟され「占い」をUPすることにしました。またまた「SORAマネかい?」と言われそうですが、はい!SORAマネにございます。なお以前にも『驚異的な占い』をUP(※)したことがありますので、まあ「三番煎じ」と言えなくもなし ※「閑話休題(驚異的な占い)」http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/6984c8586c4c99a15013f404ef3273c5   では心に浮かんだ動物を「必ず!浮かんだ順に三つ」記して下さい 貴方 [続きを読む]
  • コメント拾遺集(かんわきゅうだい 60)
  • 私がブログを始めたキッカケは「SORAの腎臓癌日記」でした。その最新の日記は「元気・勇気が出る言葉・名言」集からのご紹介。ひたすらSORAさんの後を歩くデ某としては ささやかに 拙ブログに今年頂いたコメントから幾つかご紹介します。SORAマネ? かも・・・。    ※ コメントは全文ではなく一部をトリミングしています。   ※「猫のいる風景」以下12点・・・ All painted by QP 【SORAさん】ラグビーといえばkumaさんを思い [続きを読む]
  • 目次④-3 「かんわきゅうだい」 57〜62
  • 1. 「カテゴリー」の中に各々「目次」をつくりました。2. 各々にリンク(URL)が貼ってありますので ワン で行けます。3. コメントいただいた方のHNを各々の項に記しています。【 カテゴリー・・・かんわきゅうだい 】 2017.1.16〜2017.2.2457.「初雪に蝋梅」 (2017-1-16)   三好達治の詩「雪」。わが街の雪景色と拙庭の蝋梅。岩崎宏美「雪の降る街を」   <コメント> 讃岐さん、うら [続きを読む]
  • 杞憂(かんわきゅうだい59)
  •       今冬、関西に三度の積雪がありました。郷里鳥取には記録的な積雪が二度ありました。雪の降る日、幼い頃なら炬燵に入り貸本屋さんの漫画を読み、若い頃はスキー場に想いを馳せる至福の時。しかし大人になれば、あれこれ悪いことばかりに想いが至ります。 杞憂。あれこれ想像を巡らせ心配する。英語で Imaginary fears、杞憂に終わる ⇒ Prove unfounded。お会いしたこともなければ、しばしば本名もメルアドも知らない [続きを読む]