sion77dog さん プロフィール

  •  
sion77dogさん: 77歳を生きている
ハンドル名sion77dog さん
ブログタイトル77歳を生きている
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sion77dog
サイト紹介文晩年の生と死を見つめようというブログです。
自由文この歳になると死ぬことを嫌でも考えざるをえない。そこで死をどうやって受け入れるか考えてみたい。
と同時に、生きることがますます大切に思えるので、ああ精一杯生きたと思えるように、日々楽しみや喜びを拾って行きたい。
花、鳥、俳句、畑、ご近所レジャー、旅行、星などなど楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/09/26 19:59

sion77dog さんのブログ記事

  • 不安、いらいらをしずめる方法・・ 二人の自分を作る
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )幸せになるためには、不安や心配、いらいらをうまく躱さなくてはならない。このために自分を二つに分ける考え方は昔からあった。1 精神と肉体 もっとも古典的で、肉欲という欲望を精神で統御する考え。2 理性と感情 感情を理性で抑える。3 自分の中にある真我(アートマン) 真我は自分を越えて宇宙(神)と一体と考えた。禅宗でいう真人も似ている。この考え方によれ [続きを読む]
  • 健康寿命のための5条件 テレビより
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )先日テレビで「人間とはなんだ」という番組で、健康寿命のための5条件というのをやっていた。各条件ごとに医学者の裏付けがあったからまあ信じてもいいだろう。1 見た目が年齢より若いこと2 人より早く歩くこと3 よく笑うこと4 ライフ・スペースが広いこと5 珈琲を4杯くらい飲むことわが身を振り返ってみると、1については、かなり老顔になったけれども、5,6歳は若 [続きを読む]
  • 野際陽子の気丈な闘病 高瀬樹里談 女性自身
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )野際陽子は強い人だとは思っていたが、この記事を読んで改めて感心した。14年 「花嫁のれん」撮影中に肺腺癌発見手術   12月に手術し、正月にはスキー旅行にいっている。15年再発 抗がん剤がよく効く16年再再発で手術 この時も手術後スキー旅行にいっている。 いずれの時も休んだのは手術後1週間だけ17年 肺炎 入院前述まで「やすらぎの郷」の撮影。入院中も冗談を言っ [続きを読む]
  • いらいらをしずめ、元気になる即効的テクニック
  • にほんブログ村 その他日記ブログへ(文字を )ほとんど毎日ご機嫌で過ごしているつもりだが、時々は空しくなったり、イライラしたりする。そういう小さな心の波をしずめる方法をいろいろ考えたり、探したりしている。最近知った即効力のある方法を記して置く。割り箸を横に咥える。そうすると口角が上がって笑ったような顔になる。嫌でもなる。これを1分から3分やると小さなクヨクヨは消える。笑い顔でいいのだが、これだと [続きを読む]
  • 寂聴さん、頑張っていますね  朝日残されて日々から
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )朝日の連載ではこの寂聴さん95歳と日野原さん105歳で逝去のエッセイは毎回読んでいる。今でも十分楽しいのだが、もっと良い生き方があるのではないかと思ってみている。いつ死ぬのかなという興味もあるのだが。寂聴さんの生きがいは書くこと、未練がましいと思われようと「人がどう思おうと勝手に思え、死期の近い私には、もうこれしか愉しみはないのだからと開き直っている」* [続きを読む]
  • クラッシックギター村治佳織、実に魅力的な顔になった
  • Kaori Muraji - 村冶佳織 - Notturno n.2 Chopinサワコの朝の村治佳織を見たが、実に素敵な顔になっていた。もともと写真集を出すくらいだから、いい顔をしているのだが、大病を経て、ほっそりして穏やかないい顔になった。川井郁子もそうだが、音楽が聴きたくて見ているのだか、顔を見たくて見ているのだか分からない。人間の顔というのは、もちろんその人の全体を含めての話だが、魅力のあるものだ。女性のタレントでは、新垣結 [続きを読む]
  • 29年夏ドラ 「ひよっこ」ひどい脚本?その他
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )暗い要素があるドラマを見なくなったせいか、見ているドラマは少なくなった。「ひよっこ」 岡田恵和の脚本は大好きで、この人の脚本なら面白いと思っているが、「ひよっこ」に関しては信じられないストリーである。先週からの記憶喪失の父親の話は無理がありすぎる。有名女優が、見ず知らずの男性(父親)を引き取って同棲するという話も非現実的だし、2年も同棲しながら、噂 [続きを読む]
  • 日野原さんの最期の様子 NHK番組から
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )日野原さんの最期の様子で感銘を受け、学ばせていただいたのは次のことである。主治医の福井院長が延命について聞いたところ、はつきりと人工的な栄養補給や胃ろうは望まないといった。いのちの制限を明確にしたのだと福井院長は語っている。いのちの制限を覚悟したのはやはりすごい。しかもこれは3月20日で、5月には多少回復したので、早々にいのちに見切りをつけたといえるだ [続きを読む]
  • 我が家の花暦 29・8・1
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )写真は、向日葵2種・ジャスミン・メドウセージ。今年は、向日葵は失敗作。間引きしないで群生させようと思ったのが失敗。ひょるひょろと1メートルくらいで咲いてしまった。小さな向日葵も駄目。一番がっかりしたのは花もちが悪い。今咲いているのは、そのほかに、槿・ランタナ・萩・リョウゼン、桔梗。マリーゴールド、マーガレットコスモス、コスモス、黄花のコスモス、コレオ [続きを読む]
  • 体力測定と転倒予測
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )週刊朝日の記事。横浜市立大教授の中村さんによると、開眼片足立ち(立ちやすい足でいい)の持続時間の測定で言えるのは、10秒以下 80代以上(1か月以内に転倒の恐れあり)1分未満 70代以上。シニアの平均値1分以上 60代以下 合格点転倒予測をしているのは初めて見た。私は1分30秒以上は大丈夫なので、60代と嬉しい。ところが、閉眼片足立ちは15秒前後が50代30 [続きを読む]
  • 日野原重明の尊厳死と美智子さま
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )女性セブンの記事から。日野原さんは、最後は在宅を選び、胃ろうなどの無理な人工的な栄養摂取を断り、そのまま亡くなった。詳細は分からないのだが、自説の通りいわゆる延命治療はしなかったらしい。日野原さんは、延命よりその人の尊厳を守る医療を長い間実践してきた。美智子様の母上様の時も延命治療はしないで看取ったという。美智子様の婚約の際の健康診断書は日野原さん [続きを読む]
  • 日野原さん、100歳から始めたこと 特に俳句について
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )日野原さんは、高齢者も「創めよう」というのがスローガンだったが、100歳前後から始めたものは、98歳 俳句101歳 マンハッタン上空を飛んで高所恐怖症を克服102歳 イベントで切れの良いダンスを披歴103歳 死ぬ思いで乗馬に挑戦仕事ではいろいろ挑戦しているはずだから、遊びの中で創めたものだろう。私は運動系では78歳で卓球を始めたくらい。ダンスは若い頃断念したし、乗 [続きを読む]
  • 1億円が10万円、高橋英樹の断捨離 モノの価値の没落
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )ネットで見たのだが、高橋英樹が断捨離をおこなったところ、1億円で買ったものが10万円になったということだ。処分費が100万円かかったというので、1億円がマイナス90万円になったわけだ。実は先日、大手の買い取り業者に買い取りを頼んだところ、これまで買い取っていた、洋服、電気製品などは買い取らなくなったということである。とてもショックだった。使ってもら [続きを読む]
  • 卵の見直し 食生活改善
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )今日はかかりつけ医の定期健診。看取りまで含めていろいろ話してくる。そのせいもあって食のチェックをしてみた。まず、卵・・・コレストロールを増やすという古い観念があって、あまり食べなかったが、1日1個は食べることにした。週刊朝日の日比野(女医)の話だが、卵には、必須アミノ酸のトリプトファンというのがあって、体内でセロトニンに変化し、さらに15時間後に [続きを読む]
  • 日野原重明の言葉 海老蔵の医療不信
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )日野原さんの本は2冊持っているが、「生き方上手」から。私の好きな言葉(少しアレンジ)。・誰もが幸福を望むが、それを実感することにおいてきわめて鈍感です。 *自分の不幸には敏感すぎるとも言っているがその通り。心の計器盤は、不幸を計るアラームしかないのかと時々思う。・希望があればどんな不幸にも耐えることができる。ひとえに希望のなせるわざです。 *手術後の [続きを読む]
  • 日野原さん死去 死に方上手だったろうな
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )享年105歳。呼吸不全というから、苦しまない大往生だったろう。スーパー老人だからあまり生き方の参考にはならなかったが、「いくつになっても創(はじめる)ことを忘れないこと」という言葉は、胸に落ちた。この言葉に刺激されて、去年の末から五行歌を始めた。80歳で死ぬとしても30くらいはできる。今年の春から野草の会にも入った。すぐに忘れるので記憶している雑草の名はな [続きを読む]
  • 麻央さんのブログ、その後 摩耶、海老蔵など
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )麻央さんのブログは英訳して世界に向けて出版するという話だが、過去記事の英訳版が今書かれている。いい英訳だと思う。優しい英語なので、私なりに翻訳して麻央さんの原文と比べて見たが、以前書いたように麻央さんの言葉は詩になっている。私のは駄目だった。(ちなみに、アーカイブで過去記事と対照できるが、日にちが間違っているようだ)。コメントは、いまだ100余りのせら [続きを読む]
  • 生かされているという安心感 板橋興宗
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )最近毎朝、父母の日記を読むことにしている。父の日記を見ていたら、「生物は自分では生きれない。生かされてもらっているのであって、生かす力を神となずけるのなら、人間は神の分身である」と書いている。この考えは、最近感心している板橋興宗の考えとかなり近い。父は、人間の誕生にしても、呼吸、血液の循環、身体を守る白血球の働きにしても、何一つ人間の意志ではなく自 [続きを読む]
  • 奇跡の86歳 八千草 薫
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )中野翠が週刊誌に「奇跡の86歳八千草 薫」と書いていた。とても同感した。やすらぎの郷は、ほとんど見ていないが、そこでの八千草が可愛らしく,しかも芝居が実にうまいということで容姿と衰えぬ才能を絶賛している。私は才能は分からないが、実にいい老人の顔になったと思う。野際陽子みたいにあまり若さを失わないで歳を重ねる人は多いが、老人らしくしかも魅力的な容姿を保 [続きを読む]
  • 終末期医療について 会田東大教授の話から
  • にほんブログ村 その他日記ブログへ(文字を )胃ろうや点滴(水の)などの延命治療はしないことに決めており、家族へも伝言しているが、一抹の迷いはある。それは、医学の進歩により、苦痛を伴わない延命治療が可能になるかもしれないということである。抗がん剤などは、この典型的なケース。副作用の少ない抗がん剤の開発や、副作用を緩和する薬などの発展により、なにがなんでも抗がん剤拒否は現実にそぐわなくなってきた [続きを読む]
  • 花と断捨離
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )母親は、物には精神が宿るというアニミズム的な傾向が強かったので、私も影響を受けて、生け花もかなり枯れるまでは可哀そうでなかなか捨てれない。地植えの花もそう。パンジーなどは、最近長持ちして貧弱にはなるが6月でも花を持っている。なかなか捨てにくい。それで考えたのが花塚。日本人はアニミズムから、なんでも供養してきた。筆塚はもちろん石のための供養塔まである [続きを読む]
  • 生かされているというのはこういうことか 板橋興宗の言葉
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )生かされているという感覚は、大小さまざまな困難が付きまとう「生きる」ことにとても大切な感覚だが、なかなか心に落ちないでいた。興宗の本を読んでいて、少しつかめた。こういう。「息をしようとする前に息をしているのです。見ようとする前に見えているのです。これは私の力ではありません。・・・名前は何でもいいのです。とにかく私が生きようとする前に生かされているの [続きを読む]
  • 最期の言葉は「愛している」か「愛されていた」か、どちらがいい?
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )先日、五行歌の会があって、確かこのブログでも書いた五行歌麻央さんの言葉は夫にだけ向けられたのではないだろう三十四年の自分の人生すべてに向かっていったのではないか「愛している」を出した。歌としての評価は低かったが、いろいろな話が聞けた。その中である方が、夫の最期の言葉は「私は愛されていた」だといわれた。「愛している」よりいい言葉かもしれないと思った。 [続きを読む]
  • 我が家の花暦 29・7・1
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )写真に映したのは、アガパンサツ、アジサイ、ミモザ、ランタナ、萩、槿、コスモス、ジャスミン、ゼラニウム、西洋キンセンカ?3種、メドウセージ、カスミソウ、ミソハギ。他に咲いているのは、タチアオイ、ラベンダー、ガウラ、マーガレット、グラジオラス、チェリーセージ、アリッサム、その他名前の知らない小花3種、インパティエンス、カーネーション、マリーゴール [続きを読む]
  • 生きている(呼吸している)それだけでいい 板橋興宗
  • にほんブログ村 その他日記ブログへ(文字を )今のところは嫌なことがないから、毎日楽しく暮らしているが、ちょっとでも問題が生じると暗い気持ちになり、楽しい日常が楽しめなくなる。カラーがモノトーンになってしまう。さてどうするか。この場合問題に対処することがもちろん必要だが、自分の拠り所をどこに置くかはとても大切である。問題によって揺り動かない自分の原点みたいなものである。これがないと自分の全否定 [続きを読む]