sion77dog さん プロフィール

  •  
sion77dogさん: 77歳を生きている
ハンドル名sion77dog さん
ブログタイトル77歳を生きている
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/sion77dog
サイト紹介文晩年の生と死を見つめようというブログです。
自由文この歳になると死ぬことを嫌でも考えざるをえない。そこで死をどうやって受け入れるか考えてみたい。
と同時に、生きることがますます大切に思えるので、ああ精一杯生きたと思えるように、日々楽しみや喜びを拾って行きたい。
花、鳥、俳句、畑、ご近所レジャー、旅行、星などなど楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/09/26 19:59

sion77dog さんのブログ記事

  • ああ石原慎太郎!
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ証人喚問?を終えてよたよたと退場する石原慎太郎を見て、あああの颯爽とした慎太郎がと思うと、いろいろな思いがこみ上げてきた。慎太郎は書いた「どんなドラマでも最後の幕が一番実があり、感動的なものだ」(老いてこそ人生』)。この本を書いたのは、だいたい70歳くらいだろう。「老いてゆく姿ほど味わい深い」とも書いた。「脳梗塞で海馬をやられ、ひらがなさえ忘れ、絵も描けなくなった」 [続きを読む]
  • 78歳今が楽しい
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )今日の朝日に「趣味はある?」という記事があった。趣味はその他を除くと7項目に分かれている。その項目に私の趣味を当てはめてみると、一つを除いて他はすべて満たすではないか。そう思うと嬉しくなった。毎日が楽しいはずだ。下記の通り。問題はすべてに浅い趣味であることだが。括弧の中の数字は調査のパーセント)運動系(21)・・・ジムで筋トレ、卓球、簡単なダンス系 [続きを読む]
  • 思い出は過去のものではなく現在の物である
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )柳田邦男の本を読んでいたら、詩人の長田弘はこんなことを書いているそうだ。記憶は、過去のものでない。それはすでに過ぎ去ったもののことではなく、むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。また、精神科医の中井久夫は「過去は現在の中にしかない」と同じようなことを述べているという。二人の言葉からは離れてしまうが、私は思い出が晩年に持つ意味を考えた。過去にすがって生 [続きを読む]
  • 困難に対する気持ちの持ち方 アドラー
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )アドラーは困難に出会ったとき、よいか、悪いか、正しいか正しくないかで判断しがちだが、そうではなく建設的かそれとも非建設的かで判断しろと言っている。ユースフル、ユースレスという言葉を使っている。これは、判断基準で言っているが、気持ちの持ち方まで拡大できるのではないか。例えば将来の不安をあれこれ悩むとき、「悩んでも仕方がない」という言葉は使うが「悩むこ [続きを読む]
  • 死を嫌がるのはおかしい  池田晶子
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )池田晶子はこんなことを書いている。「死ぬのが嫌だと思っているのは、死んだら、したいこと、したかったことが、もうできなくなるという理由によるようだ。しかし、これは、おかしい。なぜなら、死んだら、したいことができないと悔やんでいるところの主体も無いはずだからである」この考えはいろんな人が前からいっている。だけど、池田の本を読んですとんと腹に落ちるものが [続きを読む]
  • 佐藤愛子の心霊対談(女性自身より)
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )霊の現象と言われているものは脳内現象であると私は思っているが、この手の話は嫌いではない。それに、佐藤愛子さん、霊はないですよと言えるのは、私の死ぬことの楽しみの一つである。霊どころか神様はいないと確証できることは楽しみの一つである。佐藤愛子の霊的体験は北海道の別荘から始まる。屋根の上を歩く音、段ボールなどが頻繁になくなるという現象が起こった。それで [続きを読む]
  • 29・3・7の病気・健康備忘録
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )体重 63キロ (BMI 24) *鎌田實は26まで可と言っている)。65キロ(BMI 24.37)血圧 143−82 *70歳代150−90降圧目標 80歳代169−90 日本高血圧学会。   ハンドグリップ・減塩しているが効果のほどは不明。眼  矯正視力 0.9、1.2 と変わらず。目薬も変わらず。眼精疲労もかなり改善。頭痛 かなり改善*頭痛緩和体操とコヒ [続きを読む]
  • 曽野綾子の看取りの共感と違和感
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )曽野綾子の週刊現代の連載記事はいつも興味深く読んでいる。曽野綾子が日野原さんから教えてもらった、延命のタブー、胃ろう・気管切開・大量の点滴を朱門に守れたのは良かった。点滴以外は機会もなかったわけだが。この点は、まったく同感する。私もそうしてもらいたい。ただ、二つほど違和感を感じた個所がある。一つは、「人間の定めとして一度は完全な負け戦を体験するのだ [続きを読む]
  • 病気・健康情報の真偽?
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )ネットにも週刊誌にも病気や健康情報が氾濫している。この中で医学の素人が真偽を判断するのは、ほとんど考え方(美学や人生観)とか観とかに頼るしかない。医学的に判断することなどできないのだから。前立腺がんの治療にはこの問題に突き当たった。担当医は、手術を再三すすめた。私は近藤誠の放置療法はじめさまざまの情報を集めて、放射線治療を選択した。この選択が正しか [続きを読む]
  • 佐藤愛子、なかにし礼のこころに残った話(徹子の部屋から)
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )『90歳なにがめぜたい』の佐藤愛子。愛読者だが、本のイメージと違って、とても上品な印象。おとなしいというか。内容は本の方が面白いが、「変身年賀状」というのは感心した。お孫さんと一緒に90歳の佐藤愛子がセーラー服を着たり、さらし首の変装をしたりした写真を年賀状にしたもの。この遊び心には感心してしまった。歳をとるとこういうアホナ真似はなかなかでき [続きを読む]
  • わが庭の花暦 29・3・1
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )三月だ。なんども引用した大好きな山尾三省の詩をまず。何度読んでも心に響く。三月一日が 巡ってくる限り生命に完全な絶望というものはないたとえ死の床にあったとしてもその床においてああ今日から三月であると三月一日であると わたくしは喜ぶであろう今の庭の主役は、クリスマスローズと雪柳それに椿だが、写真は毎日が楽しみな庭のひと隅のワイルドフラワー。名前が分か [続きを読む]
  • 人に嫌われる勇気   アドラー読んで
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )アドラーばやりの風潮に乗って、アドラーぱらぱら読む。アドラーの思想(心理学というより)を一言でいえば、「人間は自分自身の人生を描く画家である」ということになるのだろう。私の好きな実存主義ではこれを「人間は自ら作ったものになる」といい、主体性を強調した。人に嫌われまいとすると(人に認めてもらいたいと思うと)、「人の人生を生きてしまうことになる」という [続きを読む]
  • 宇宙生命体の可能性高まる・・・壮大なロマンだ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )下は、ネットからの転載記事【ワシントン=三井誠】地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、米国や欧州などの国際チームが発表した。すべての惑星の表面に液体の水が存在する可能性があり、一部には海があるかもしれない。一つの恒星の周りに、生命が存在しうる惑星が7個も見つかったのは [続きを読む]
  • 朱門に水を飲ますことができなかった曽野綾子
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )週刊現代の記事によると、末期症状の朱門が、水を飲みたいと訴えるので、曽野綾子が持参していた水を飲ませようとしたが、検査後医者から止められてしまった。医者の批判はしていないが、原爆の時でも最後に人間が訴えたのは渇きだったから、飲ませたかったというニュアンスの書き方をしている。まして、夫婦で延命治療はしないと誓い合っていたので、水を飲んだのが原因で死ん [続きを読む]
  • 小さな悩みや辛さなどを緩和する方法 認知療法
  •      毎日ほぼご機嫌に過ごしてはいるが、どうしても多少の波風は立つ。腹が立ったり、不快感を感じたり、ストレスになったり、むなしさを感じたりすることだ。それで、以前から、ストレスが生まれた時の解消方法は考えてきた。音楽、瞑想、散歩などでほとんど解消できる。サンデー毎日を読んでいたら、簡易認知療法の記事が出ていた。上の表はその記事からの転載である。(サンデー毎日2.26号、136頁より転載)。この [続きを読む]
  • 思い残すことはないか・・・78歳誕生日
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )昨日で78歳になった。サンデー毎日の記事によれば、一般論として、男性の場合80歳で円が完結する。その意味では,完結(死)もまじかい。2年前の誕生日で残生は1年余りと考えると書いたが、今年もあと1年は大丈夫そうだ。ありがたいことだ。上のサンデー毎日の記事では、後悔のない人生を送るには「やり直しリストを作れ」と書いている。これは、すでに20年前くらいから [続きを読む]
  • 語りかける風景   熱海梅園で
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )昨日は曽我の梅林、今日は熱海の梅園に行ってきた。曾我の梅林は、はじめて。見晴らし台に上がってみると、一面が梅。見事といえるが、起伏がない梅畑の感じだから、一本一本は奇麗だが、全体の美しさはあまり感じられなかった。近くで有名な常立寺のしだれ梅など問題にならない見事なしだれ梅が何本もあった。熱海の梅園は、三度目だが、庭園をなして起伏があるのと、なんとい [続きを読む]
  • 三浦朱門の死・・・曽野綾子の寄稿
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )週刊現代に夫の介護を連載中の死であった。2頁しかないので、まだ途中だが、1月17日?に緊急入院した時に、看護師さんから「あと3,4時間で会話ができなくなりますよ」と言われた時、不謹慎だが少し笑って「十分話し合ってきたから」と答えたということだ。私もこの気持ちはすごくわかる。私も死については、うんざりするほど話し合ってきたし、遺言の形で書き残しても来 [続きを読む]
  • フラメンコを見に行く
  • Tormenta De Fuego - Flamenco フラメンコギター(今日の演奏会とは無関係)今日は80歳になる知人が、最後のダンスになるかもしれないから、見に来てくれと招待券を貰ったのでライブハウスに出かける。さすがに、足の強さがなくなっているが、動きはなかなかのものだ。フラメンコはかなり動きが激しいから、よく10分くらいの踊りに耐えたものだと思う。隣の人と少し話したが、まだ少しでも向上しようと努力しているので [続きを読む]
  • 麻央さんのブログのコメントを読んで
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )麻央さんは退院して明るい写真をアップしている。多くの人を元気づけているだろう。私も元気がでる。時々、多数寄せられるコメントを読んでいるが、実に心のこもったコメントばかりで、これも読んでいて嬉しくなる。人間は支えられたり支えたりして生きて行くのだとつくづく思う。心を動かされるコメントも多い。一部変更。今日のコメントから。「麻央ちゃんが退院した次の日に [続きを読む]
  • よい眠りをえる方法 週刊現代より
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )6年前の手術の夜にもらった睡眠導入剤(マイスリー)を6年くらい常用していたが、睡眠導入剤の副作用がいわれ、お医者さんもやめた方がよいというので、1年以上前からやめた。なれるまで悪戦苦闘。知る限りの方法を試み、ようやく薬から抜けた。ただし、夢の見つづけで浅い睡眠しかとれない。それで、よく眠る方法には関心がある。週刊現代に、知らなかった方法などが書いて [続きを読む]
  • 健康に老いる食習慣 週刊朝日より
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )週刊朝日の正確なタイトルは「美しく老いる30の秘訣」だが、美しくというのは要するに健康に老いるということなのでタイトルを変えた。それに食べ物関連だけに限定した。1 食の黄金比率は朝5.昼3・夜2 特に朝良質なたんぱく質が必要。*分かっているが実行が難しい。2 食べ物順 サラダ・汁物から食べる *これは実行中3 1日2回の間食でドカ食い防止 *実行中 [続きを読む]
  • 健康常識を疑え
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )もう2月で78歳になるから、健康で長生きのうち、長生きはあまり考えないが、健康でいたいので、それなりに注意している。最も注意して毎日計っているのが、体重と血圧。この体重だが、BMIでいうと22が一番いいといわれていたし、今でも言われている。しかし、最近、小太りの方がいい、BMIでいうと25くらいがいいといわれだした。免疫力、感染抵抗力がある、癌にかかりに [続きを読む]
  • わが家の花暦 29・2・1
  • [http://senior.blogmura.com/senior_over70/ranking.html ]2月1日のわが庭は寂しい。咲いているのは水仙(これはまだまだ盛ん)、桜草、それに細々とゼラニウム、花ソバ、狂い花の雪柳程度。昨秋蒔いたワイルドフラワーの中からわずかだがネモフィラ(写真)、ノースボール、スイートアリッサムが咲いている。クリスマスローズは開花まで3日間は必要そう。移植した菜の花は、わずかだが、まだ咲いている。この時期花が少ないの [続きを読む]
  • 褒められたかったら、五行歌の会
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )外山という人が「老人は褒められることが必要」と書いている。人は人から認められたり、褒められたりすることは絶対必要。生きる喜びのかなりの部分は、そこにある。それはピグマリオン効果(褒めると作業効率が上がる?)で証明されている。俳句をやってきたが、表現に制約があるので去年から五行歌の会に入った。自己表現を広げたかったのだが、自己表現はともかく五行歌の会 [続きを読む]