otoya さん プロフィール

  •  
otoyaさん: FP独立成功術<独立への軌跡>
ハンドル名otoya さん
ブログタイトルFP独立成功術<独立への軌跡>
ブログURLhttp://ameblo.jp/profpjapan/
サイト紹介文ファイナンシャルプランナーで独立を目指す方に、会社員から独立18年のFPが実体験を語ります。
自由文私は社会人としては劣等生であり、独立してからも決して順調にきたわけではありません。「独立成功術」というタイトルとはほど遠いとは思いますが、これから独立を目指される方に少しでもお役に立てる内容にできればと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/09/27 21:02

otoya さんのブログ記事

  • 精神力<その3>
  • 今週土曜日に、東京で当社講師が下記のFP継続研修を担当します(残席まだあり)。6月3日(土)「不動産を住宅・投資・相続の切り口で解説!FP向け不動産講座」(不動産6単位) 自分は悪くないのに、なぜ他人のしでかした不始末の責任の一端を背負わなければならないのか。このように考える人も多いのではないかと思います。これはその人その人の考え方の違いによるものでしょうが、何を至上のものとしているかに起因する [続きを読む]
  • 精神力<その2>
  • 6月の第一土曜日に、東京で当社講師が下記のFP継続研修を担当します。6月3日(土)「不動産を住宅・投資・相続の切り口で解説!FP向け不動産講座」(不動産6単位) 前回お話ししたように、自分にまったく非がなくても、その責任の一端を自らが負わなければならないことはあります。これに近いことは、サラリーマンでもあるでしょう。例えば、自分の部下が不始末をして、その責任を取らされて処分されるというようなこと [続きを読む]
  • 精神力<その1>
  • 6月17日(土)に7年ぶりに大阪で「FP独立成功術」を開催します。 FPで独立を目指す人は、圧倒的にサラリーマンが多いです。本人はサラリーマンではなくても、配偶者がサラリーマンであるようなケースがほとんどです。サラリーマンでない人は、自営業あるいは自由業ですから、元々独立しているわけです。あえて独立しようと考えることは普通はありません。新しい業務として、FP業務を行っていこうというような感覚にな [続きを読む]
  • 言葉を選ぶ訓練<その5>
  • 5月27日(土)東京開催「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 講師養成では、読書以外にも言葉を選ぶ訓練を行います。必ずやるのは、「用語集」を作るということがあります。社会人として仕事をしてきたのであれば、必ず得意分野があるはずです。どんな仕事であっても、1年もやれば素人とは差がつくのは当然です。その得意分野の用語に解説をつけて100程度の用語集を完成させるというも [続きを読む]
  • 言葉を選ぶ訓練<その4>
  • 5月27日(土)東京開催「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 読書をすることによって、言葉の適切な使い方ができるようになることは、FP業務において非常に有用です。表現するのにふさわしい言葉を選ぶことができれば、それなりの人が聴く耳を持ってくれるからです。商売として考えた場合、それなりの人を相手にすれば非常に効率が良くなるというのはおわかりになると思います。「それな [続きを読む]
  • 言葉を選ぶ訓練<その3>
  • 今週土曜日に、当社のベテラン講師が相談業務の基本についてFP継続研修を担当します。ブログでも、「相談業務」をテーマに記事を書いています。せひご覧ください。セカンドライフの独立FP成功戦略〜生涯現役を目指して〜 土井健司5月27日(土)東京開催「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 自分の頭でリアルタイムに考えて、言葉を選んでいくためには、まず言葉を知らなければなりませ [続きを読む]
  • 言葉を選ぶ訓練<その2>
  • 今週土曜日に、当社のベテラン講師が相談業務についてお話しします。ブログでも、「相談業務」をテーマに記事を書いています。せひご覧ください。セカンドライフの独立FP成功戦略〜生涯現役を目指して〜 土井健司5月27日(土)東京開催「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 当社で行っている講師養成の指導では、言葉を選ぶ訓練を行います。いかに簡潔にわかりやすい言葉を選び、多くの受 [続きを読む]
  • 言葉を選ぶ訓練
  • 相談業務のベテランがPCを操作しながら、ライフプラン相談のノウハウをお伝えします。5月27日(土)東京開催「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 人間は仕事としてある事をやり続けると、その道に関しては一般の人よりも知識が深くなり、経験も多くなります。「商売は道によって賢し」ということわざにもあるとおりです。1つの仕事を続けていれば当たり前のことではありますが、その事 [続きを読む]
  • 教わろうとする
  • 6月17日(土)7年ぶりに大阪で「FP独立成功術」を開催します。独立の基本を5時間で学べます。 私のように能力的に優秀でない人間は、何をやらせても上手くいかないので、必然的にどうしたら上手くいくのかということを考えるようになります。そして、考えてみたことを実際にやってみて、大抵は失敗しますから、そこでまた考えるということになります。さらにそれを実行に移し、また失敗する。これを続けていくことになり [続きを読む]
  • 三重苦
  • 6月17日(土)に7年ぶりに大阪で「FP独立成功術」を開催します。 コミッション収入を得ないでFPとしてやっていこうとするならば、「相談」「執筆」「講師」の3つが基本的な業務になります。その他の特殊な業務を除けば、この3つの業務の組み合わせあるいは選択によって稼いでいくというのが普通です。そして、前回お話ししたように、この3つは根っこの部分が同じ、すなわち自分の頭で考え、その考えた内容を表現する [続きを読む]
  • 言葉<その9>
  • 相談業務が上達したい方必見です。今月は相談をテーマに以下の2つの研修を開催します。相談業務のコツや基本を習得されたい方はぜひご参加ください(東京赤坂開催です)。5月20日(土)「FPとして知っておきたい!顧客の理解を深める相談業務のコツ」(倫理6単位)5月27日(土)「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 制限が設けられている限られた時間の中で、効果的な言葉を発して [続きを読む]
  • 言葉<その8>
  • 相談業務はやはり経験がものをいいます。今月下旬は相談をテーマに2開催実施します。相談業務のコツや基本を習得されたい方はぜひご参加ください(東京赤坂開催です)。5月20日(土)「FPとして知っておきたい!顧客の理解を深める相談業務のコツ」(倫理6単位)5月27日(土)「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 講師業務をやる場合に、必ず守らなければならない基本動作として時間 [続きを読む]
  • 言葉<その7>
  • 相談業務においても、単に知識や情報を提供するだけでは次につながりません。相談業務のコツや基本を習得されたい方はぜひご参加ください(東京赤坂開催になります)。5月20日(土)「FPとして知っておきたい!顧客の理解を深める相談業務のコツ」(倫理6単位)5月27日(土)「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 言葉はその人の教養に裏打ちされたものであり、その人が発する言葉によ [続きを読む]
  • 言葉<その6>
  • 今月下旬は、東京で2つの相談業務がテーマのFP継続教育研修があります。担当する講師は2人とも、独立FPとして相当な相談実績を持っています。相談業務の実務について勉強されたい方は、ぜひこの機会にご参加ください。5月20日(土)「FPとして知っておきたい!顧客の理解を深める相談業務のコツ」(倫理6単位)5月27日(土)「FP相談の実力に繋がる!ライフプラン相談の基本知識」(ライフ6単位) 「教養」があれ [続きを読む]
  • 言葉<その5>
  • FPのように他人の相談に乗るような商売では、「教養がない」と思われてしまうのは致命的です。これは比較感の問題であることが多く、自分より「教養がない」人からアドバイスを受けようという気にはならないからです。また仮にアドバイスを受けたとしても、相手に対して信頼感がなければ、それを実行しようとは思わないのが普通です。「教養がない」と思われてしまうと、「信頼感」ができづらいといえます。ここでいう「教養」 [続きを読む]
  • 言葉<その4>
  • 5月20日(土)東京開催で当社講師が「顧客の理解(FP実務と倫理)」について講義をします。 頭脳労働者としての商売上で明らかに損をする言葉遣いに、「ら抜き言葉」があります。大きなマイナスポイントになることをまったく認識しないで使っている人が多い代表例です。「ら抜き言葉」とは一般に以下のような言葉遣いを指します。(  )内は、デレビのテロップで修正される言い方です。「食べれる」(食べられる)「出れ [続きを読む]
  • 言葉<その3>
  • 5月20日(土)東京で私の教え子が「相談業務のコツ」についてお話しします(FP実務と倫理)。 その言葉を使うことが正しいのか、日本語として間違っていないのかといった議論は意味がありません。そんなことはどうでもいいのです。大切なのは、その言葉を使うことがマイナスポイントにつながらないかということです。その言葉を聞いた人が不快感や違和感を感じる割合が高いならば、その言葉は使うべきではありません。ここ [続きを読む]
  • 言葉<その2>
  • 5月20日(土)東京では、「相談業務のコツ(FP実務と倫理)」について弊社講師がお話しします。 人間は見た目も大切ですが、前回申し上げたように聴覚によって意思疎通をはかるのが基本ですから、その発する言葉次第で仕事の展開が大きく変わることも十分ありえます。「最近は敬語が使えない人が多い」などと言われますが、他人に使われている立場では敬語が正しく使えなかったとしても、致命的な事態にはつながりません。 [続きを読む]
  • 言葉<その1>
  • FPという商売は人間を相手にするものであり、さらに表面的ではなく、その相手の人生にまで深く関わらなければならない仕事です。したがって、相手の立場になれば、信頼できるFPなのかどうかということが重要になってきます。人間が信頼できるかどうかということは、実際には時間をかけて付き合ってみなければわかりません。けれども、初対面の段階では時間をかけて判断することはありません。感覚的にかなりアバウトに信用で [続きを読む]
  • 不安
  • ----------------------------------------------------------------------------- 独立前にぜひ身につけておきたい講師スキルを、実戦を通じて学ぶことができる講座です。-----------------------------------------------------------------------------独りで立てない人が複数集まっても、立てる道理がないというのが私の考えです。まずは自分が立つことを考えるのが先決であり、よちよち歩きでもいいので何とか歩けるようにな [続きを読む]
  • 仲間
  • ----------------------------------------------------------------------------- 研修講師として舞台に立てなかった場合には、「受講料全額返金保証制度」がある講座です。-----------------------------------------------------------------------------それまで会社員だった人が独立しようと決意して、その準備に取りかかる時に、まず「仲間」を作ろうとすることが多いものです。なぜ「仲間」を作ろうとするのかという理由は [続きを読む]
  • 適性
  • ----------------------------------------------------------------------------- 実習手当(受講料一部返金)の制度により、廉価で講師実務(講師経験・実績)を学べる講座です。-----------------------------------------------------------------------------進化論で有名なダーウィンの言葉に、「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」 [続きを読む]
  • 「目的」
  • ↑↑↑↑↑ ほとんどの人が研修講師として舞台に立つことができる講座です。資格を取得することそのものが目標であり、それを活用することをまったく考えずに試験勉強をする人は結構多いと思います。資格試験に合格すれば、「何かいい事がある」と思っているわけです。しかし、実際には「何かいい事」などはありません(笑)。厳密に言えば、「履歴書」に記載することができるとか、「名刺に記載して自慢できる」などということ [続きを読む]
  • 順序
  • FPに限らず、世の中にはさまざまな資格というものがあり、多くの人がその中の複数の資格を保有していると思います。その数が多ければ、独立が容易になるかというと、そんなことはありません。実際に独立している人を見ると、逆に保有資格は少ないことが多いのです。いたずらに保有資格が多くても、それらを活用していくのは難しく、「死蔵」しているというケースがほとんどではないかと思うのです。業として行うのであれば、そ [続きを読む]
  • 理屈っぽい
  • ↑↑↑↑↑ 当社の新しい講座の募集を開始しました ↑↑↑↑↑理屈っぽい人間は嫌われるといいます。人の好き嫌いは、個人によってかなり差がありますが、「理屈っぽい人間は嫌われる」という言葉にはかなりの人が 肯定するのではないかと思います。私が申し上げたいのは、理屈っぽい人間がダメだということではありません。優秀であるから理屈っぽくなるのかもしれませんし、知能レベルが低い人間から見ると理屈っぽく感じる [続きを読む]