otoya さん プロフィール

  •  
otoyaさん: FP独立成功術<独立への軌跡>
ハンドル名otoya さん
ブログタイトルFP独立成功術<独立への軌跡>
ブログURLhttp://ameblo.jp/profpjapan/
サイト紹介文ファイナンシャルプランナーで独立を目指す方に、会社員から独立18年のFPが実体験を語ります。
自由文私は社会人としては劣等生であり、独立してからも決して順調にきたわけではありません。「独立成功術」というタイトルとはほど遠いとは思いますが、これから独立を目指される方に少しでもお役に立てる内容にできればと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/09/27 21:02

otoya さんのブログ記事

  • 落とし穴<その7>
  • 仕事に慣れてきて、緊張感の欠如により致命的な失敗をする。これは本人は悪気はありません。しかし、自らそれを招くような行動を取る人間がいます。いわゆる手抜きという行為です。なぜ仕事の手抜きをするのかといえば、自分がやった仕事の出来によって報酬がいただけるという感覚を持たない、すなわち業務委託や請負の仕事を甘く見ているということに他なりません。これはそれまでの社会人としての生き方によるところが大きいで [続きを読む]
  • 落とし穴<その6>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!まもなく締め切り! ☆★☆ たいていの方には経験があると思いますが、ミスや間違いというものは、仕事に慣れてきた時に起こりやすいものです。そして、忙しい時ではなく、暇な時に起こることが多いです。これは緊張感の欠如が原因で、精神的に弛緩している状態では、隙が生じやすいことによるものです。多人数での共同作業であれば、周囲に迷惑をかける程度で済むことも [続きを読む]
  • 落とし穴<その5>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!全国で2名の募集です ☆★☆ 「朱に交われば赤くなる」という諺があり、また「孟母三遷の教え」という故事もあります。独立当初あるいは独立準備の段階でマイナス効果しかない連中と徒党を組むことは、失敗に向けての大きな落とし穴になります。マイナス効果しかない連中というのは、自分では独立もしていないのに、能書きばかり達者な人たちです。こういった連中と付き [続きを読む]
  • 落とし穴<その4>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!全国で4名の募集です ☆★☆ 独立後は、サラリーマンと違って上司・部下の関係はなくなります。会社の方針・指示・命令といったものは存在せず、契約によって対等の関係で仕事をすることになります。仕事を依頼する側も、当然、こちらをプロであると考えて依頼をします。それなりの報酬をいただくのであればこれは当たり前です。つまり、 相手は一定レベル以上の仕事を期 [続きを読む]
  • 落とし穴<その3>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!全国で5名の募集です ☆★☆ 独立当初は仕事がほとんどないのが普通です。時間だけはたっぷりありますから、たまに入った仕事もゆっくりこなしていくことができます。ところがこれが後になって「落とし穴」になることが多いのです。それは、ゆっくり仕事を処理する癖がついてしまうことです。例えば、1ヵ月に1つか2つぐらいしか仕事がなければ、何もあわてて準備する [続きを読む]
  • 落とし穴<その2>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!募集を開始しました ☆★☆ 独立した瞬間はそのようなことはないのですが、しばらくして仕事が少し入るようになると突如として傲慢になる人がいます。これは独立以前から独立後まで継続して観察している私のような立場ですと、すぐにわかります。仕事の依頼への対応や、メールや電話でのやりとり、すべてが一変してしまうのです。ただし、それは本人はまったく自覚してい [続きを読む]
  • 落とし穴<その1>
  • ☆★☆ 自宅にいながら講師スキルを学べる講師通信講座!募集を開始しました ☆★☆ これまで井戸の中の世界しか知らなかった人が、いきなり大海に出ても荒波を乗り切っていくことは難しいのです。そこにはさまざまな落とし穴が待ち構えているからです。会社員から起業して成功する人が非常に少ないと言われるのは、ほとんどの人がこの落とし穴にはまってしまうからだと私は思います。これはすべて自らにその原因があり、自分以 [続きを読む]
  • 容易な考え
  • 会社員として現在の立場・実績・評価を得るために、いったい何年ぐらいかかったのでしょうか?1年や2年では無理なことは当然であり、5年、10年あるいは何十年もかかっているはずです。最初はよちよち歩きで何もできず、上司や先輩のお荷物だった自分が、どうやら一人前になったといえるようになるのは、相当な年単位の時間がかかるということですね。これはまともな仕事であれば当然のことであり、一足飛びに到達するという [続きを読む]
  • 選択
  • 前回お話ししたような3つの条件のうち、2つを満たすものを見つけることは、それほど難しくないと思います。 「少量の仕事でも問題がなく、年齢に関係なくできる仕事」または「時間単価が高く、年齢に関係なくできる仕事」のいずれかです。例えば、「少量の仕事でも問題がなく、年齢に関係なくできる仕事」に欠けている部分、「時間単価が高い」については、最初の時点では難しくても、一定の過程を経て経験を積んで上達してい [続きを読む]
  • 3つの条件
  • 以前お話しした生涯現役であるための3つの条件について、もう一度考えてみたいと思います。1.少量の仕事でも問題がないこと。2.時間単価が高いこと。3.年齢に関係なくできる仕事。この条件は、1つ1つをとってみるとありそうですが、総合して考えるとなかなか難しいと思います。1.少量の仕事でも問題がないといえば、パート・アルバイトの類になるでしょうが、2,3の条件を満たすことは難しいでしょう。2.時間単価 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その10>
  • 私は、木村若友師匠99歳の生涯現役の姿に深い感銘を受けました。そして自らも、できるかできないかわからないが少なくともこの人生の大先輩の姿勢を見習うようにしようと心に誓ったのでした。しかし、これが私が木村若友師匠の浪曲を聴くことができた最後の機会になってしまったのです。これから先は人から聞いた話になりますが、師匠はその後、第45回吉川英治文化賞を受賞され、その年の5月に東京・国立演芸場での「100 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その9>
  • 今から数年前になりますが、たまたま都内の仕事が続いた時期があり、平日にオフができた時がありました。特にすることはなく、家にしても仕方がないので、というよりも家にいないほうが平和ですから(笑)、たまには仕事ではなく都心に遊びに行くことにしたのです。休日の東京は人ばかりですから、人を見に行くようなことになり、かえってストレスになってしまいます。平日はお昼時さえ気をつければゆっくりできてリフレッシュで [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その8>
  • 木村若友師匠の浪曲を聴いてから、私は本業が非常に忙しくなり、ドサ回りも多くなって浅草に行く機会もなくなってしまいました。仕事が多くなるというのは、本当にありがたいことであり、特に地方からの依頼が増えるのは講師冥利に尽きるというものです。講師料以外に多額の交通費や宿泊費を負担してまで指名していただくわけですから。これは実際にそういった経験をした人であればわかると思いますが、たいした力もない自分に声 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その7>
  • 私はお話ししたように、講師の勉強のために「講談」を聴こうと考えて、浪曲の定席に行くようになったわけですが、数多くの浪曲を聴くにつれて、講師の商売との共通点が非常に多くあることに気づくようになりました。・声の良し悪し・発声が仕事に大きく影響すること。(講師も話を聴いてもらうためには声の要素が重要です)・お目当ての浪曲師の演目を聴きにくるリピーターが多いこと。(講師もこれがなければ食べていかれません [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その6>
  • 前回の続きになります。講師の勉強をするために、「講談」を聴きにいくことにしたわけですが、目当ての講談は1日1席か2席でした。入場料は1日2,000円以下だったと思いますので、映画などよりもはるかに安いのです。しかし、講談だけを聴くのが目的ならば、これは高い料金になってしまいます。したがって、必然的に目的外の「浪曲」も聴くことになったわけです。正直、浪曲というものには、あまり良い印象をもっていません [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その5>
  • 私は講師を商売にしている関係で、「話を聴いてもらってお金をいただく」といった職業をお手本として勉強させていただくことが多いです。「話をしてお金をいただく」のではなく、「話を聴いてもらってお金をいただく」というのが大切な点です。自分の話を良いと思ってもらえれば、お客様も来てくれる、自分にお呼びがかかるというわけです。話を聴いてもらう職業にはどのようなものがあるでしょうか。まず思いつくのが落語やお笑 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その4>
  • 7月8日(土)東京のFP継続研修は、当社の土井健司講師(1943年生まれ)が担当します。経歴はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://www.pfj.ne.jp/k-doi/本人のブログはこちらです↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ameblo.jp/pfjdoi/7月8日(土)東京「FPが注目〜Fin Techとビットコインの仕組と最新事情〜」(金融6単位) 将棋の加藤一二三九段が現役を引退しましたが、生涯現役で仕事をするという点では、まさにお手本ともいうべ [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その3>
  • 当社の「万年青年」、土井健司講師 1943年生まれ)が7月8日(土)に東京赤坂で継続教育「Fin Techとビットコインの仕組と最新事情」を担当します。経歴はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://www.pfj.ne.jp/k-doi/本人のブログはこちらです↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ameblo.jp/pfjdoi/7月8日(土)東京「FPが注目〜Fin Techとビットコインの仕組と最新事情〜」(金融6単位) 生涯現役のライフスタイルを考えるなら、体を酷 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その2>
  • 当社の「生涯現役」のFP講師(土井健司講師 1943年生まれ)が7月8日(土)に東京赤坂で「Fin Techとビットコインの仕組と最新事情」というテーマで講義をします。年齢を感じさせない講義をぜひご自身の参考になさってください(FP以外の一般の方も受講可能です)。経歴はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://www.pfj.ne.jp/k-doi/本人のブログはこちらです↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ameblo.jp/pfjdoi/7月8日(土)東京「 [続きを読む]
  • 生涯現役の仕事<その1>
  • 当社には、「生涯現役」、「万年青年」というべき講師がいます(土井健司講師 1943年生まれ)。7月8日(土)に東京赤坂で「Fin Techとビットコインの仕組と最新事情」について講義をします。すでに残席わずかとなったため、大きな会場に変更しました。お早めにお申込みください!経歴はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://www.pfj.ne.jp/k-doi/本人のブログはこちらです↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ameblo.jp/pfjdoi/7月8日( [続きを読む]
  • 生涯現役のライフスタイル
  • 当社には、「生涯現役」のお手本となる現役講師がいます(土井健司講師 1943年生まれ)。7月8日(土)に東京赤坂で「Fin Techとビットコインの仕組と最新事情」について講義をします。すでに残席わずかとなったため、大きな会場に変更しました。お早めにお申込みください!経歴はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://www.pfj.ne.jp/k-doi/本人のブログはこちらです↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ameblo.jp/pfjdoi/7月15日(土) [続きを読む]
  • 生涯現役
  • 7月最初のFP継続研修は、「副業」がテーマです。大手電機メーカー社員から独立を果たし、足かけ10年になる当社ベテラン講師が担当します。安定した集団を飛び出して、自力で食べていかれるようになった私の教え子の一人です。7月1日(土)東京「副業で税金はどうなる?副業別FPサポートのポイント!」(タックス6単位) 一生を通じて、自分の自由に使える時間をいかに稼ぐか。そして、仮に長生きをしてしまった場合でも [続きを読む]
  • 老後について
  • 7月最初のFP継続研修は、「副業」がテーマです。大手電機メーカー社員から独立を果たし、足かけ10年になる当社ベテラン講師が担当します。単なる知識ではなく、実体験を踏まえた話には重みがあります。7月1日(土)東京「副業で税金はどうなる?副業別FPサポートのポイント!」(タックス6単位) 前回、収入は高くなくても短い時間だけ働いて終わり、という仕事が理想であるというお話をしました。しかし、ここに一つ [続きを読む]
  • 時間を稼ぐ
  • 講師スキルを無期限で学んでいくことができる制度です。欠員が出ましたので臨時募集します。(残席2名、先着順にて受付中) 肉体的に長生きしても、そのほとんどを自分のために使うことができなければ意味がありません。お金を稼ぐために懸命になり、自分の好きなことをやる時間がなくなってしまえば、何のための人生だったかということにもなりかねませんね。人間は寿命で死ぬのは避けられませんが、それまでの間、大部分をお [続きを読む]
  • 自分の時間
  • 講師スキルを無期限で学んでいくことができる制度です。欠員が3名出ましたので臨時募集します(先着順にて受付)。 私がサラリーマンをやっていた頃、よく感じたのが、「時間がない」ということでした。現実の「時間」がないわけではありません。「自分の時間」がないのです。朝起きて顔を洗って食事をする。この時点ですでに拘束されているのです。会社というものに。時間までに出社しなければならない。決められた時間までは [続きを読む]