不倫問題研究家 さん プロフィール

  •  
不倫問題研究家さん: きっと不倫の恋も恋だから  不倫の作法
ハンドル名不倫問題研究家 さん
ブログタイトルきっと不倫の恋も恋だから  不倫の作法
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukioabe6195/
サイト紹介文不倫には避けようとしても避けられない時がある。そんな不倫を正面から見据え前向きに語るブログです。
自由文女性だけを不幸にしない不倫を本気で考えるブログです。誰しもが、夫や妻が嫌いで不倫に堕ちて行くわけでもありません。人生と言う大海原を航海していたら、飛び魚が突然飛ん来て貴方の心と言う甲板にポンッと落ちて来たんですよね。そんな突然訪れた道ならぬ恋を前向きに考えましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/09/27 09:50

不倫問題研究家 さんのブログ記事

  • 50代男性が考える理想的な「女の性」
  • 一般的に、若い頃の性というものは、繰り返されるたびに新鮮さは失われ、快感その ものも、新鮮さに引きずられように衰えていくものだ。しかも、それは下半身のみで しか営まれない。 しかし、男も50歳を過ぎ体力も衰え始めた頃に、自分でも驚くほど性技も己の快感 も多様化してくるのだ。若い頃には想像もつかなかったような、快感や技巧に目覚め 高まるのである。当然、攻める場所も方法も、そして強弱も変わってくる。 「 [続きを読む]
  • 空に星があるように
  • 僕の青春時代にヒットした様々な歌謡曲を聴いているうちに、自然と涙がこぼれてき ました。人生の終盤に「忘れかけた恋心」を沸き立たせてくれるような女性と出会い 「今」という時間を、大切にして生きています。 しかし「時の流れ」は残酷なもので、この恋もいずれ「終わり」を迎えるでしょう。 そんな日が来た時に「自分」がどうなるのか、「想い」を巡らしてみました。 小道に コスモスが 咲いているように 湖畔に 小さく [続きを読む]
  • 己の存在の「証し」
  • 中年を過ぎた男性は、その婚外に於いて好きになってしまった女が、如何に嘘つきで あろうと、悪女であろうと、手を焼かせる女だろうと、我儘であろうが、あまり意に 介しないものだ。 なぜなら、このくらいの年齢になると家庭も社会的立場もおおかた安定して、余裕も でき、女という情愛の対象のなかには、女の本然的な性愛しか求めなくなるからだ。 だから平気で、その女の前では、年甲斐もなくヘラヘラと「無様・ぶさま」になれ [続きを読む]
  • 不倫の終焉とその「喪失感」について
  • 石川啄木の詩集の中に、こんなものを見つけた。    猫を飼はば その猫がまた 争ひの 種となるらむ かなしき我が家 別れが近くなると、待ち合わせの遅刻、LINEの返事の有無、メールの内容、それぞれ 他人が聞くと他愛のないものが、二人の間では、憎しみ、罵り合うきっかけになる。 しかも、なにが、いつ、争いの原因になるか、当の二人にさえ予測がつかなくなる。 そして、結果的にその未来のない恋愛を呪うことになる。   [続きを読む]
  • 「生きること・愛すること」に 疲れるということ
  • 愛すること、或いは、生きることに疲れた貴女は真面目に生きてきた。貴女は真面目 であることが望ましいことと思い、「真面目」を信じて生きてきた。 しかしその間、真面目な自分の「心の底」に何が堆積されているのか、注意を払わな かった。 よく人は「人生に疲れた」と言う。「愛することに疲れた」と言う。 しかし、人生に疲れたのではない、愛することにも疲れたのではない。正確には、己 に内包する「憎しみ」を「抑圧する [続きを読む]
  • 不倫で悩む「中年男」の胸の内
  • 結婚は牢獄ではない。身は家庭に囚われていても、「母」という機能を内在する女性 と比較すれば、男の心は自由だ。 不倫の恋は「堕ちるもの」と言われるが、真面目な男は、その官能的な恋に堕ちてし まったら、もがけばもがくほど深みにはまってしまう。 特に、家庭と恋人の間でもがく働き盛りの中高年男性たちには、更に、仕事上の様々 なストレスと、不倫には避けて通れない、経済的な行き詰まりが加わり、自らの心の 行き場を [続きを読む]
  • 「子供を持つ女性」の不倫と その光と影 
  • 一般的に男性の不倫は、相手との関係性より、先ず「性欲」ありきで、偶然であれ なんであれ、出会いとタイミングさえ合えば、簡単に女性に手を出す。「夫」として の責任と役割の重さに「男」という性を失い窒息しそうな男性が、その「性」を取り 戻すために「淫靡(いんび)な性」を婚外に求める。 したがって、その「淫靡さ」が満たされれば、精神的にも落ち着くので、不倫にあま り深入りすることもなく、比較的容易に足を洗え [続きを読む]
  • 男って「女々しい」と言うけれど ....
  • 「逢うは別れの始めなり」という言葉があるように、出会いがあれば、いずれ別れの ときが訪れるもので、この「別れ」に対して、「どうせ別れるなら、きれいに別れた い」と多くの人は思う。 「美しい別れ」とか「別れの美学」とかいう言葉は耳触りがいいが、どこか、きれい ごと過ぎて信用できない。 とくに深い性的関係があり、男は単に「新鮮な肌」を求め、女はそれを「愛」と勘違 いしている「不倫」に於いての「別れ」は、決 [続きを読む]
  • スピンオフ編・「都合のいいオヤジの本音」
  • この記事は確か2〜3年前に書いもので、誰が昨日「いいね」してくれ、改めて読み直しみると、当時と気持ちが全く変わっていないのに我ながら驚いた。現在は、事が終わるとチッシュ・ペーパーを僕の顔にかけて手を合わせる。そして「倫太郎は、逝って、イッてしまたァ〜♪♪」と清水アキラ風に歌いながら微笑んでくれてます。彼女にとっての「都合のいいオヤジ」の本音が書かれているので、スピンオフ編として再投稿しました。先日 [続きを読む]
  • 50代以上の男の心構え・「都合のいいオヤジ」
  • こうしてみると「女々しい」という漢字は、「男々しい」と書くべきだと最近、本気 でそう思うようになった。 ・ なんで、僕みたいなオヤジと付き合ってくれるの? 彼女は「なんとなく倫太郎が好きなだけ、理由なんてないよ」と言う。家庭を壊す気 もなく夫も大切で、でも「恋愛ごっこ」と「お金」はもっと好きな「彼女」とっては 野暮な質問をする僕は、「チョー・ウザい」存在に違いないが、それ以上に「都合の オヤジ」なのだ [続きを読む]
  • 指輪・マリッジ リング の 幻影
  • 不倫をする既婚男性は、一般的に「妻」よりも彼女の方に気持ちが向いてる。でも それは「愛」と呼ぶべきものとは程遠いもので、むしろ新鮮な女の肌への「好奇心」 と称した方が適切だと思う。 真っ当な男の軸足は、常に「妻」が守る家庭にあり、彼が本当に「女性として」愛 し、尊敬しているのは「妻」である。 では、なぜ「男」は大切な妻に「深慮な沈黙」と「優しい嘘」をもってしても、新鮮 な女の肌を求めずにはいられないの [続きを読む]
  • 「妻のいる男」に溺れない為の心理学
  • 信頼できる恋人と出会っていても、誠実な夫に恵まれていても、その人が信じること ができず、「遊び」だけが目的のような不誠実な男に走ってしまう女性がよくいる。 彼女は自分も信じられないが、相手の誠実さも信じないのである、いや、信じる能力 が欠如しているのである。 それは、親がナルシスト(自己陶酔型の人・うぬぼれや)で「自分の現実」と「他人 の現実」が「違う」ということが分からなかったり、他人を愛する能力 [続きを読む]
  • 女性の不倫心の裏側にあるもの
  • 生きていくと言う事は、ある意味、幼児期に親によって歪められた心の有り様を自分 自身の力で直していく事だと思う。 数年前あるTV番組を観ていると、六本木で、ボランティア活動の一環として夜回りを してる人々がいるのを知った。話を聞いてみると、徘徊する女の子のそのほとんどが 「親」に問題ありというが、特段に感じるところもなく「だろうなッ」くらいしか思 わなかった。 しかし、画面が変わって「不倫をする独身女性」 [続きを読む]
  • 男と女のこと・「結婚と不倫」
  • 近頃では、脳の内部のメカニズムがさまざまに形で解明されてきて「男と女のこと」 が脳の働きによっても説明がつくようになってきた。 愛には寿命があると主張したある脳科学者は、脳内物質を細かに調べてみた結果、脳 内に分泌される物質は変化というか劣化していき、愛や同じ相手に対する欲望は色あ せていくことが分かった。 永遠の愛とは、科学的には存在し得ないものであって、おそらく「観念的」というか 「哲学」の分野で [続きを読む]
  • ボルドー・ルージュ の 嘘
  • 恋に燃え、恋に全てを投げ出した女性ほど魅力的なものはない。ある意味では、女性 の最も美しい瞬間かも知れない。しかし、それは「一人の男」のなかに、二人以上の 女を同時に棲まわせる空間が存在することを知っていないと、その美しさはもっとも 哀れな姿に変貌する。 裕美が品川駅の真正面に扇を広げたように建つホテルに着いたのは、八時を少しまわ っていた。第一京浜沿いにその白い建物はお伽話の城のように建っていた。 [続きを読む]
  • 男の不倫は「泥だらけの純情」
  • 不倫は、良い意味でも、悪い意味でも「泥だらけの純情」だと言えるかも知れない。 男も女もお互いに知らない様々なところで「泥」をかぶっているし、泥をかぶれない ようでは不倫などしてはいけない。 既婚であろうが、なかろうが「男」は、その女性が多少嫌いでも、一緒に飯くらい は食えるし、酒の勢いで抱くこともできる。 しかし、既婚女性の論理では、嫌いな男とは最初から食事をしないし、する必要もな い。ましてや情を交 [続きを読む]
  • 少し愛して。ながく愛して......
  • 若い頃は、このウイスキーのCMで流れた女優・大原麗子の言葉の意味が、上辺だけし か理解出来なかったが、年齢相応に人生経験を積んだ今、改めてこの言葉の「重み」 が身に沁みる。 やはり、妻であれ、不倫相手あれ「100% 」の愛は「男」にとっては、重すぎのでは ないだろうか。どんな愛にしろ、ある程度の「糊代」は必要だ。 男も不倫をすれば、相手を本気で好きになるし、好きになって欲しいとも思う。でも だからといって、 [続きを読む]
  • 神経症的愛情欲求の犠牲者・船越英一郎の憂鬱
  • 男には、真梨子という「愛人」がいる。彼女とは8年付き合っており、自分にとって は最後の恋愛になるのではないかと予感している。事実、一度「真梨子の若さを僕の ために無駄にしてはいけない」と別れ話を切り出したが「私が、最後の女って言って くれたじゃない」と泣かれ今日に至る。真梨子との性愛は確かに充実しているが性愛 の時が過ぎさり、気だるい時が訪れた瞬間、男は「家庭」のことを考える。妻との間 では、もう「性 [続きを読む]
  • W不倫は「魂の行為」
  • ある程度の年齢になっても、男も女も、心のどこかで、いつか「何か」あるんじゃな いかと思っている。 既婚女性だって、男性のように露骨ではないが「いつか、なにかあるんじゃないか」 と化粧したり、エステに行ったり、流行の服を買ったりする。それはやはり、いい男 と恋愛したい、このままでは終わりたくない、もう一度くらい「好いた男」と素晴ら しいエロスの世界を味わってみたいと期待している。しかし今の、この気ぜわ [続きを読む]
  • 不倫の情景 スピンオフ編・倫太郎、社員を叱る
  • 社長、社内不倫が発覚した営業第三課の神保部長代理を連れて参りました。 分かった。ここに通しなさい。 失礼します。この度は大変申し訳けありませんでした。心から反省しております。 うん、そこに掛けたまえ。で、君、名前は はい、神保太です。 なにィ、人棒太しだとッ、如何にもって名前だな。僕への当てつけかッ。 いえ、すみません、営業第三課の神保太と申します。 あ〜、あの神保君か、久しぶりだな。今、営業第三課か [続きを読む]
  • 不倫の情景
  • 不倫には「情景」というものがある。そして、それは、傍目(はため)にも美しくな ければならない。 その「美なるもの」を得るには、その二人には「緊張感」がなければならない。様々 な意味で「甘え」があってはならない。男が「甘えてもいいよ」と言うは、それは 女の品性を試しているからだ。 「不倫」は、倫理に抗う分だけ、二人の間に、他を圧倒するだけの「美なるもの」が 存在しなければならない。 男にとって、彼方に [続きを読む]
  • 不倫に向く女、向かない女(ひと)
  • 最近、二人の仲が「うまくいかないなァ」と思いながら何もしない女性が多い。 何もしないと言うより「何をしていいのか分からない」のかも知れない。うまくいか ないのには、うまくいかない原因がある筈だ。その原因を見て見ないふりをしている からそれが、徐々に発酵して、さらに苦しくなる。 この関係をもし「やめたい」と思うなら、ここが「賞味期限」なので、スパッと相手 の男を切るべきだ。 不倫の仲と言えども「続けたい [続きを読む]
  • 「不埒さ」を装う・女の不倫道
  • 既婚者の恋愛は、倫理的な呪縛に縛られている人々からは「不埒な行為」として恰好 な非難の的になるのは確かだ。でも一応、言ってることは正しいので、気にはかけて も、人は、他人の与り知らない様々な事情を抱えて生きているのだからそれに振り回 されたりする必要などない。もともと「不埒もの」というのは、これはこれで立派な才能で、それを批判し、ケチ をつけるのは、そういう事をしたくても出来ない、必要に以上に常識や [続きを読む]
  • 昼顔「沼のような男」
  • 平成生まれの彼女の映画「昼顔」を観に行こうと誘われたが、即答で断った。あんな 映画は絶対観たくないと思っていたからだ。第一、斎藤工が嫌いだ。彼に出会った女 は、誰だって恋に堕ちる決まっている。だた「そこに居るだけでモてる男」は、僕は 大嫌いだ。 更に言えば、一緒に映画に観て、その後で、彼女が僕を観たら「ウザッ、キモッ」と 一発で失望されるに違いないからだ。 世の中には「沼のような男」が居る。女をヅルヅ [続きを読む]
  • 50代男が求める「秘せねど花」
  • 世阿弥の「秘すれば花」については、前にも書いて、僕もなんとなく分かった気にな っているが、「秘すれば花」があるなら、「秘せねど花」というのは存在しないしな いのか。 己の欲望を隠さず、「女」そのものを、ファッションでも、立ち振る舞いにおいても 惜しみなく披露して「エロス」を感じさせなお、「品格」を失わない女はいないのか 女の手のうちをすべて観せてなお、「男を魅了する女性」はいないのか。いや、存在 する [続きを読む]