ぽけんた さん プロフィール

  •  
ぽけんたさん: これが僕のHIVとの生き方
ハンドル名ぽけんた さん
ブログタイトルこれが僕のHIVとの生き方
ブログURLhttp://koreboku.blog.jp
サイト紹介文2013年8月にAIDSを発症。僕なりの闘病を書いています。
自由文30代のゲイでHIV感染者です。2013年8月15日にAIDSを発症しHIVの宣告を受ける。まだまだ奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/09/28 23:29

ぽけんた さんのブログ記事

  • 解熱、普通の風邪でよかった
  • やっと解熱した。長かったー。昨日は出勤した。体温計と解熱剤を持参しいざという時には服薬できるよう準備をして行った。病み上がりの為体が重い重い。昼頃、調子が悪くなり寒気があった為計温したところ微熱。車の車内で休憩をとり横になっていたところ暑さで汗が出たおかげか自然と解熱。夕飯の量は仕事をしたせいか増えてて子供の食事量程度食べられた。今日は休みで休息。解熱剤を服薬しないせいか胃の重さも軽くなり食事量も [続きを読む]
  • 発熱で調子が悪い
  • 昨日の午後から調子が悪い。体調が変だなと仕事しつつ様子を見ていた。帰宅時間には悪寒と熱っぽさがあり家までの帰途の途中で休憩をして帰った。帰宅して熱を計ると38.4℃帰宅前に服薬したカロナール500が効いてない?服薬して頃には39.8℃。寝つきも悪くゾルピデムを追加服薬。途中で起きた際に熱を計ったたら38.0。解熱鎮痛剤のトラムセットも効いてない。今日は会社を休んで最寄りの内科へ。節々も痛いしインフルエンザチェッ [続きを読む]
  • 通院と順調な検査結果
  • 今日は通院日。消化器内科と感染症科といつもの流れ。その前に採血後、エコー検査。前回エコー検査を受けたのだが今回は詳細のエコー検査を受けた。前回のエコー検査で肝臓に影があった。詳細を見るために造影剤を使ったエコー検査を受けた。造影剤を使っても影が消えなかった。消えていた場合、腫瘍なのだがたまたまその部分だけ脂肪がついていないだけのようだ。脂肪肝にはよくある症状らしい。その後は消化器内科の診察。血液の [続きを読む]
  • 会社に障がい者だとバレそうになった
  • 『○○さん、役所から通知届いてます!』先日、住民税の通知が総務から手渡された。「んん?」という内心で僕は受け取った。平成26年、27年の障がい者の控除を更生の申告で税務署で”4月”に手続きした。もっとよく調べるべきだった。住民税は年度換算で源泉徴収は年の換算。かつ住民税は6月から始まり翌5月に払い終わる。そして前年度の収入を元に5月ごろ通知が届く。平成27年は平成29年の5月以降に更生の申告をすべきでありもう [続きを読む]
  • 執念と怨念を頂きましたっ!
  • livedoorアカウント越しにメッセージが届きましてしゅ、しゅ、しゅごい執念と怨念。――――――――――――――――差出人sineyakora受信日時2017.04.29 07:45:45件名HIVの特効薬できましたよ!(詳細のURLおいときます!)騙された?ばーかw!んなもんねーよw残念〜〜wwwwwなんだお前、書き込みやつぶやきで過去にエイズ隠したり、嘘付いたりしたって…ゴミじゃん、さっさと死ねよエイズ野郎なんぞ間違いなく関わりたく [続きを読む]
  • "夫婦"としての遺族、"HIV患者"としての遺族
  • 春の風が吹くようになった。桜は散り去り若緑の新芽を出している。ツバメが飛び交い玄関口に巣を作り始めた。これからも春が来るたびに僕は父がいなくなってから何度目かと数えるのだろうか。姉の仔犬が骨折をした。術前の説明と容態確認が姉の出張と重なった為先日、僕が病院へ連れて行った。その後は母がかかりっきりで姉の家で仔犬の面倒を見ている。実家では月に一度か二度程度しか母と僕は顔を合わせない。生活時間帯が異なる [続きを読む]
  • 食生活の改善
  • 生活リズムを変えないまま無理せず”食生活”を変える方法を考えた結果朝スムージーを始めるに至った。今日はamazonで注文したパーソナルブレンダーが届いた。明日からスムージー生活を始める。下からパッションフルーツストロベリーアボカドパイナップル今更ながらグリーンスムージー生活。アボカドがグリーン?とは思ったのだが明日は外さないメニューをチョイスした。もともと朝は果物だけという生活をしていたのだがグラノーラ [続きを読む]
  • 障害者控除の手続きをしてきた
  • ”障害者控除”批判されるゆえにこの内容には今まで触れて来なかった。今日は税務署へ足を運んだ。所得税もろもろに関する障害者控除を受ける為だ。平成26年、平成27年分の源泉徴収は障害者控除を受けていない。それを障害者控除を受ける”更生の請求”?とやらを提出してきた。平成25年分を障害控除し平成26年に入社した。会社に手帳を持っている事実は隠せているゆえに平成28年分を修正しても差し支えないのかなとも考えてはいる [続きを読む]
  • 現状の体調
  • ”皮膚”皮膚状況は改善傾向にある。エイズ発症前頃から急にアトピー性皮膚炎と診断された。痒みが強くかきむしり一時は肌が見るからに痒そうな荒れた状態であった。抗ヒスタミン薬を切らさず飲むようにして順調に改善している。中強度のステロイドから初めて中度に落とし、弱のロコイドにしていた。しかし、再び悪化して強めのステロイドから初め直すという負のスパイラルが続いていた。ゲンボイヤに切り替えてからこのところ順調 [続きを読む]
  • 癌なんてなくなれば良いのに
  • 後悔しない逝かせ方ってどんな向き合い方なのだろうか?患者と家族。故人と遺族。先日、叔母が癌であると知らされた。精密検査の結果多臓器転移をしており余命の宣告も恐らく受けているのだろう。状態が良い時に会っておこうと今日は自宅にお伺いをした。顔色が良いまではいかなかったが元気であった。食事もできるようだし痛みも落ち着いているようだ。退院後でもあり先客もあったようで長居をせず帰宅した。僕は乳児の頃母の乳の [続きを読む]
  • セルフネグレクト気味
  • 気分が晴れない。無気力が続く。食事にも影響がある。食欲はあるのだがスーパーを歩いてもこれが食べたいという欲求がない。腹が減るから仕方なく何かを食べるだけでチューブで食事が摂れるならばそれで良い気分だ。心の不調は食欲に現れるようだ。食欲はあるが食べるのが面倒というのは何だろうか。セルフネグレクト気味。 [続きを読む]
  • 無気力、無感情
  • 無表情。ロフラゼプの服薬の結果不安感が緩んだ。その反面の無感情。昨日は会社のボーリング大会があった。社員は任意参加であり家族も参加できる。その為、子供を連れて来ている社員もいた。僕のチームの隣のレーンが子供連れであった。小学生低学年程の女の子がいた。ボール投げるにも迷いはないし投球後の笑顔も”楽しんでいる”無垢な感情だ。無感情や無気力ながら笑顔を演じる僕とは天と地ほどの表情の違いである。無気力に無 [続きを読む]
  • 心療内科の受診、薬は継続
  • 今日は心療内科の通院日。抗不安薬のロフラゼプが慣れてきたせいか嫌な考えがポツポツと出てくるようになった。睡眠は起床は相変わらず40分時間がかかるものの入眠がすんなりとでき睡眠時間の確保ができるようになった。途中起床はあるものの睡眠の質は上がっている。日によっては抗不安薬でリラックスできるせいかそのまま眠ってしまう。上記の旨を担当医に申告し次回の診察は四週後と引き伸ばした。やる気が全く起きないもののま [続きを読む]
  • 通院と制度の壁
  • 結論から書くと僕の三度目の転院は”制度”の落とし穴にはまり結局流れた。今日は通院日。”転院するか否か””そもそもゲンボイヤを継続するのかどうか”一ヶ月考える時間をもらった。結果を出す期限が今日の通院である。抗不安薬のロフラゼプを服薬し精神状態は安定している。しかしながら薬での安定と満たされる感情との違いを痛感し始めている。越えない壁は壁であり満たされないものは結局変わらないからだ。院内ではHIV患者 [続きを読む]
  • 抗不安薬、入眠剤は継続のまま
  • 今日は心療内科の診察日。ルネスタを服薬し始めて入眠は順調である。しかし、抜けが悪い。鮮明だった夢はぼけているのだが決まって5時に目がさめる。ゲンボイヤの副作用でいつも悪い夢だ。その旨を医師に伝えた。ハルシオンに変える案も打診があったのだけれども依存性がある為おすすめはできないようだ。僕も継続をしたい為経過観察するようになった。無気力感は緊張の解れがそう感じさせるかもなのだと。食欲減退を聞かれたのだ [続きを読む]
  • やる気が起きない
  • やる気が起きない。何もかも。今日は皮膚科。アレルギーを抑えるオロパタジンが切れると皮膚状態が悪く痒くて仕方なくなる。そして診察。『うん、いいね』の背中を見せた後のいつもの返答。そして個人病院が診療報酬を稼ぐための意味のない処置。皮膚科はよくやる。いつもの薬を受け取り帰宅。時間のルーティンでただただ過ごしている感覚がある。ここでは結婚して子供を育むのが幸せでありそれ以外が幸せだとは誰も信じようとはし [続きを読む]
  • 毎日が"寝る"と"起きる"の格闘
  • 一昨日は抗不安薬であるロフラゼプを夕飯後に服薬したところゆっくりした眠気があった。次の日の準備をしつつうとうとと寝入ってしまった。起きたら0時。ルネスタの半減期を考えると血中濃度が上がる時間で寝て半減期を考えると起床での抜けは間に合う。ゾルピデムの方が確実だけれどもルネスタを服薬した。次の日の準備をしていたら1時を回り血中濃度も上がったのか眠気が襲い就寝した。ここ一週間程就寝時間を長くする努力をして [続きを読む]
  • 口の中が苦々しい
  • 入眠剤であるルネスタの副作用での味覚障害で口が苦々しい。夕方にかけて徐々に弱くなるものの苦い。水は特にわかりやすくゴーヤの絞り汁を数滴入れて飲んでるような味だ。甘みがあるはずの冷茶も出すぎたお茶の味がする。水よりはましだからしばらく冷茶を飲むようにしよう。睡眠は途中覚醒はあったものの夢はぼやけている感じだ。しかしながら朝の眠気の残りが強い。とはいえ体調が軌道に乗れば頭がすっきりとしたかと思えば夕方 [続きを読む]
  • 入眠剤の変更
  • 今日は心療内科の通院日。月曜は皮膚科。水曜は感染症科と消化器内科。そして今日は心療内科。診察、診察の一週間。心療内科の診察では抗不安薬のロフラゼプが時々、頭が真っ白になる時があるが好調な旨伝えた。日中の眠気はあるが差支える程ではない。現状の睡眠状況を伝えた。入眠がうまくいかず不安定であり中途覚醒が毎日あると。夢が鮮明であり匂いも味もある。とはいえ0時に就寝し6時起床。7時に家を出て職場までの運転を [続きを読む]
  • 通院とクソクラエ
  • ゲンボイヤを継続するか。転院をどうするか?どうしようか。今日は通院日。今回は肝臓のエコー検査を受けた。C型肝炎の服薬終了から半年が過ぎた。その為のエコーであった。診察ではエコー検査の結果を踏まえ説明があった。黒い所見があった為恐らく脂肪肝が原因だろうが肥大していないかの確認の為次回はさらに詳細を見るエコー検査の予定と経過観察をする。ソバルディとリバビリンの治療の場合服薬終了と共に太る患者さんが多い [続きを読む]
  • 父と僕とHIV
  • 昨晩は父の夢を見た。父は自分の葬儀にも関わらず喪主のように先頭で喪服を着て佇んでいた。姿や佇まいははっきりと鮮明ではあるが霊であるのはわかった。いつかは消えてしまうのだ。ではそれはいつだろうか?疑問に感じながら父の姿を追う。葬儀は終盤に差し掛かり出棺の時間になった。棺桶を霊柩車にこれから乗せようかとしたところで僕は目が覚めた。睡眠障害と副作用の恩恵で希望した夢であれば眠ると続きを見られるのだが起床 [続きを読む]
  • 入眠不調と途中覚醒
  • 睡眠がうまくいかない。よくよく考えると”中途覚醒”が原因じゃないか?朝方、起きられない日々が続く。車の中で食べるおにぎりを作り弁当を詰めるのが日課だったが最近はもっぱら起床するのが精一杯だ。アラームを鳴らして30分格闘し起床。起床後は10分ヒーターの前でうとうとしながら過ごす。寝ぼけたままシャワーを浴び着替え定刻の十分遅れで家を出る。連日この繰り返しだ。前回、心療内科に入眠も悪いが目覚めが悪いと相談し [続きを読む]
  • 転院を具体的に考え始める
  • “転院”を考えている。転院を具体的に決め始めているというのが言葉としては今の僕の心境に近い。前回の診察の際に担当看護師から“転院”の打診があった。通いやすさを考えて○○病院へ移ったらどうか。医師は元々この病院にいた方で信頼もおけるし先方も引き受けると言っているという打診内容であった。大病院は患者の状態に合わせ他院を紹介する。HIV患者でも同じだ。近隣の病院は大病院とはいえ担当看護師制度はなくチーム医 [続きを読む]
  • 地元の心療内科の受診
  • 今日は寝坊した。仕事のスケジュールは来週まで余裕があるので仮病で会社を休んだ。iPhone、iPadのアラームに加えApple Warchの手首の振動で起きるようにしているのだが昨日はApple Watchをつけ忘れてしまった為に寝坊するに至った。一度、Apple Warchをつけてでも起床時間を過ぎていた時もあった。遅かれ早かれの寝坊なのだろう。入眠がうまくいかず睡眠も途中起床。朝は眠気を持ち越し日中は昼寝を挟む。ゲンボイヤに切り替えて [続きを読む]
  • ゲンボイヤを継続するか止めるのか
  • 患者は生活を基盤に考える。社会生活の上では薬と生活のバランスをとる必要がある。前回の通院から僕は考えている。生活の基盤を崩す服薬ならばいっそ、この薬をやめて生活基盤を維持すべきではないか?当たり前を当たり前だと考える反面新薬にこだわる自分がいるからこの問題はやっかいなんだ。『半月はゲンボイヤを飲んで後の期間は前の薬を飲んだら?この薬をやめたとしても次から次に新薬は出てくるよ』病院の待合室で前回の通 [続きを読む]