ぽけんた さん プロフィール

  •  
ぽけんたさん: これが僕のHIVとの生き方
ハンドル名ぽけんた さん
ブログタイトルこれが僕のHIVとの生き方
ブログURLhttp://koreboku.blog.jp
サイト紹介文2013年8月にAIDSを発症。僕なりの闘病を書いています。
自由文30代のゲイでHIV感染者です。2013年8月15日にAIDSを発症しHIVの宣告を受ける。まだまだ奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/09/28 23:29

ぽけんた さんのブログ記事

  • 事故りました、追突されました
  • 事故りました。信号で停車中に追突されました。相手は脇見をしてたようでブレーキの踏みが甘かったみたい。若い子で彼女乗せてたからちょっと浮かれていたのかな。こちらも急ブレーキ気味だったから。相手がどう出るか?わからなかったもので示談にするのか、事故証明を作って修理代を保険を通すのかどうするの?と聞いたら『”示談”って何ですか?』と言われたのでイケると睨みあーだこーだ説明後にこちらのペースで通常処理をし [続きを読む]
  • HIV闘病開始から5年目
  • 「はっ!五年目!」夜の暇つぶしでYouTubeで動画を漁りながら色々と考えていたところにはっと僕は思い出した。HIV闘病から四年が過ぎ五年目に入っていた。去年の記事を改めて読み返すと五年目、十年目と過ごすのだろうなと記事を記していた。しかしながら五年目に入る時はまさかの忘れかけるとは。十年目に入る頃はそれを越してきっと気づかないだろう。“HIV”の認識そのものが僕の中で変化している。今考えるべき問題を的確に捉 [続きを読む]
  • 皮膚科と心療内科の受診
  • 今日は皮膚科、心療内科の通院日。通院に通院が重なったのと盆明けの混み具合で帰りは遅くなってしまった。皮膚科はなんとか弱レベルのステロイド軟膏と保湿剤を混ぜ薄めたものでしのげている。しかし全身が痒い。前回からは若干改善されたもののまだ全身が痒い為に軟膏は現状維持で多めを全身に塗る。心療内科は前回の悶々としない状況は相変わらず変化はないと医師に伝えた。表情や話し方を見る限り悪くはなさそうだけどなんだろ [続きを読む]
  • 葛藤し過ぎて、何が葛藤かさえわからない
  • 今日でお盆休みが終わり明日からまた仕事。初盆のお参りも含めて今年は予定を毎日入れ今日は天候予想ができなかった為に何も予定を入れなかった。お盆明けになると年末まで仕事は後半戦といったところであろうか。『次のステップが見られるようになったのではないか?』と心理カンセラーの先生に言われたのを内面が不明確になりそうな時にいつも思い出す。肝炎治療や抗ウイルス薬の変更を経て状態が落ち着いたからこそ見えなかった [続きを読む]
  • 叔母の初盆と自分自身の影
  • 自分がどこで詰まっているのか。何を求めているのか?わかってはいる。しかしながら視界に霧がかってくるようによくわからなくなってくる。“命”“病気”“本来の自分”の問いを延々と繰り返してしまうのだ。今日は叔母の初盆の為に親戚宅へ伺った。寝不足もあったもので昼頃にお参りに伺い雑談を交わしながら夕方に一足早く姉達と帰宅。昨日の寝不足の為に一時仮眠を取り姉から誘われた花火大会へと向かった。甥っ子や姪っ子達と [続きを読む]
  • ただ風に吹かれよう
  • "自分に何が足りないか"僕にはもう、わかっているんだ。HIVもゲイも自分の一部であって隠し続けるのは自分が自分であって自分ではないような感覚だ。ずっと自分ではない何かを演じ続けるのは以前からそうであったしこれからもそうだし些細な負担だ。微細ながらも負担には変わりはなく顔を洗った後の鏡の中の自分を見つめるとあれは自分ではなかったとその都度実感するんだ。自分であれる時間を作らなけばならない。田舎だからこそ [続きを読む]
  • 通院と自分自身
  • 今日は通院日。消化器内科は血液数値は問題なし。感染症科も血液数値は順調である。CD4は500前後のままである。朝の出発が遅れてしまったのと想定外に病院が混んでいた為時間に遅れてしまった。その為に、心理カウンセリングが短時間になってしまった。混沌とした今の心理状況を手短に話した。転院の話が固まってきた。厚生労働省よりHIV拠点病院としての認可は降りていないが更生医療の審査は通ったようだ。その為に転院をしても [続きを読む]
  • 自然とHIVとの狭間で
  • "ハグロトンボ"というトンボがいる。漢字だと"羽黒蜻蛉"と書き幻想的なのだが別名"神様トンボ"というようだ。オニヤンマ等のトンボと異なる飛び方をする。ひらひらと曲線を描くように舞う。留まった姿も美しい。羽を開いたり閉じたりするのだが四枚の羽を一枚に重ねそこからまた四枚の羽に開く。神秘的で田舎ならではの巡り合わせである。職場で、このトンボを見かけるようになれば夏が来たんだなと実感する。澄んだ空気にヒグラシ [続きを読む]
  • 全身が汗で痒い痒い痒い
  • 痒い痒い痒い。先日は皮膚科の受診であった。このところ順調に時間をかけてステロイド軟膏の強さを弱めてきたのだがここにきて全身が痒い。医師に相談したところ背中の部分だけを診ると順調ではあるようだ。背中に塗っていたロコイドと保湿剤とを合わせた軟膏の量を増やし全身に塗るようにした。これで経過観察をする。『夏場の人?冬場の人?』と前回の診察で問われた。夏に汗に反応するタイプなのか冬に乾燥に反応するタイプなの [続きを読む]
  • 放置で綴りたい内容が多々あり長文へ
  • 今日は叔母の49日。綴りたい内容は多々あれども更新に至るまでの気分でなく今日まで放置した。今日は残しておきたいと感じる為文字同士を繋げ書くに至った。残す内容は三つあり”母に対して””心療内科受診””叔母の49日法要”である。”母に対して”先日、母の誕生日祝いと共に母が骨折をしていたための兄弟揃って快気祝いをした。母との問題以来母の誕生日を祝うのは実は三年ぶりである。三年前、僕は誕生日を忘れられた。両親 [続きを読む]
  • 体調不良でまた欠勤
  • 今朝は起床時に38.4℃。この時点で出勤は無理だろうと欠勤の連絡を入れて休んだ。咳が酷く、頭痛、悪寒。無理矢理バナナを口にしカロナールを服薬。解熱ができてくると今度は発汗で蒸し暑い。その繰り返しで解熱ができてもしんどい。このところ発熱が多く不調が長引く。 [続きを読む]
  • また発熱
  • 今日は日中酷く咳が出る。咳し過ぎて肺が痛い程。調子が今ひとつだなと感じカロナールを朝、昼、夕と服薬し調子を整えた。脂汗のような変な汗が出る。調子が悪い。熱っぽいと先程検温したら38.2℃。夕飯もあまり喉を通らない。通常の半分はなんとか食べた。こういう時程健常者が羨ましい。健常者に扮してそれ以上の働きをしようと自分の体にムチ打っても中身が違う。体がついていかない現状に地に落とされる気分だ。誰かに愚痴でも [続きを読む]
  • 昨日は発熱で不調の一日であった
  • 昨日は38.4℃の発熱。朝から寒気があった熱っぽいと感じ体温を計測すると案の定、熱があった。恐らく前日にきちんと眠れてなかったのと寒いと感じながらもパジャマを着ず、上掛けもかけてなかったからだろう。先月は拗らせたばかりで今回も拗らせなければと考えながらカロナールで解熱し様子を見た。カロナールが切れた頃にまた調子が悪くなり発熱。そしてカロナールで解熱といった状態であった。今日はいつもの習慣を崩すと調子が [続きを読む]
  • 眠剤増量の効果がテキメン
  • 眠剤の効果が覿面に出ている。ルネスタを2mgから3mgに増やした。疲れの取れ具合が違いこちらはぐっすり眠れているようだ。結局、途中起床はするのだがそれも朦朧としておりまた深い眠りに落ちる。以前は、途中起床をしてしまうと起床の心配がありそこからの眠りが浅かった。ルネスタ2mgを服薬しても眠れない日もあり追加でゾルピデムを飲んだ時もあった。精神的にも順調で徐々に落ち着いてきている。反面、口の中の苦々しい感じも [続きを読む]
  • 心療内科受診と眠剤の増量
  • 今日は心療内科へ。前回は風邪の為に具合が悪く短時間の診察であった。今日はいつも通りの診察。前回は医師に抗不安薬の半錠を服薬すると告げていた。その結果の報告と挫折した旨を伝えた。四日か五日経過したあたりに叔母が亡くなりその後も続けたのだけれども一週間で挫折してしまった。非日常の行事で何かが安定しないのだろう。その点も医師に伝えた。睡眠状況を問われた。11時過ぎに服薬をしベットでゴロゴロとする。12時頃に [続きを読む]
  • 心療内科受診と眠剤の増量
  • 今日は心療内科へ。 前回は風邪の為に具合が悪く短時間の診察であった。 今日はいつも通りの診察。 前回は医師に抗不安薬の半錠を服薬すると告げていた。 その結果の報告と挫折した旨を伝えた。 四日か五日経過したあたりに叔母が亡くなりその後も続けたのだけれども一週間で挫折してしまった。 非日常の行事で何かが安定しないのだろう。その点も医師に伝えた。 睡眠状況を問われた。 11 [続きを読む]
  • 家族との程よい距離感
  • 今日は部屋の大掃除。献体登録を家族へ説明。叔母の三七日。外食。一見関係ないような内容だけれども僕の中では一筋につながっている。今日は部屋の大掃除をした。東京に住んでいた頃は5年間も掃除を相方に任せていた。合わせて現在は掃除をすると他の内容に注意がそれてしまうし今何をするんだったのか途中で忘れたりもする。掃除が苦手で汚部屋だ。昔のこまめに掃除していた自分が今となると嘘のようだ。結局のところ母に手伝っ [続きを読む]
  • 抗不安薬の減薬断念
  • 先日、抗不安薬の減薬の記事を記載した。頑張れ、頑張れと自分を鼓舞する為もあった。精神的に安定しない感じがあり昨日から一錠に戻して今日も一錠服薬をした。一錠服薬をすると調子が良い。エンジンをふかし始めの感覚。二、三日経つと、すこぶる元気で機嫌が良い感じになるだろう。意外にも変化に僕は弱いようだ。叔母の死から叔父や叔父家族を考える。そこから亡き父と遺族となった僕達家族を考える。父への気持ちは消化できて [続きを読む]
  • 抗不安薬の減薬
  • 実は抗不安薬のロフラゼプを半錠に割って服薬し続けている。ゲンボイヤの副作用に慣れたのかロフラゼプの助けがあり精神面が安定している。早々と断薬をしようと心療内科の医師に相談したところ安定してきたようだから自分のタイミングでいいからね。との返答を受けた。先日の風邪が治ってから半錠の服薬を続けている。一錠の服薬と半錠とはやはり差がある。身をかわせるもののポツリポツリと嫌な感情が湧く。心理面を崩すと厄介だ [続きを読む]
  • 叔母の初七日であった
  • 今日は叔母の初七日であった。自宅で経を唱えその後は精進料理を食し親戚同士で談を交わした。分家であるが故に何をどうするかが不明確であった。母が供養や作法を説明すると共に後世代を考え、墓をどうするか寺に団家として入るか否かを考える必要がある。葬儀が終わったばかりの初七日で49日、その後の初盆と慌ただしくなる。叔母の介護ベットや道具が片付けられていたもののまだ叔母の写真などは生前のまま残されている。叔父は [続きを読む]
  • 叔母の葬儀が終わった
  • 叔母の葬儀が終わった。これから初七日49日、一周忌、三周忌と法事を迎える。初盆も。世代が変わったんだなと実感する時が増えた。もう年齢が年齢だからそれはそうだ。叔母の人生はどうだったろうか。弔問客から叔母の知らなかった一面を聞かされる。僕達家族が受け付けを担当したのだけれども来客に関しては母が詳しい為あの人はどの関係かと聞かされた。そんな一面もあったんだなとその都度、僕達は知る。人が集まる度に自分自身 [続きを読む]
  • 叔母の死と私達家族
  • 昨晩、叔母の訃報を受けた。これから入眠剤を飲もうとしていたところに母から呼ばれ、僕は知った。それから叔母方へ向かった。半身不随で体が不自由だった叔母。腰の痛みから詳細を調べたところ全身に癌が転移しており末期の状態であった。今月の初旬にお見舞いに向かった時は不随が幸いしてか痛みもなく食事も摂れていた。数日前から血圧が低くなり食事が摂れなくなっていたようだ。昨晩は眠っていたのを確認し叔父が寝ようと寝室 [続きを読む]
  • HIVを僕がどう捉えているか
  • ”HIVは過程でしかない”twitterに投稿したHIVに関する僕の考えが時間差で共感されている。文字制限の中で何度も文字制限を越えてしまい消しては書きを繰り返しあの言葉選びでツイートした。今日はHIVに対する考えを記載しておこうと文字を綴っている。HIV感染がわかってしばらく経った頃HIV患者をサポートしているジャンププラスという団体である元代表の長谷川さんの文章に触れた。“HIVと自己の尊厳”について綴られた文章であ [続きを読む]
  • 解熱、普通の風邪でよかった
  • やっと解熱した。長かったー。昨日は出勤した。体温計と解熱剤を持参しいざという時には服薬できるよう準備をして行った。病み上がりの為体が重い重い。昼頃、調子が悪くなり寒気があった為計温したところ微熱。車の車内で休憩をとり横になっていたところ暑さで汗が出たおかげか自然と解熱。夕飯の量は仕事をしたせいか増えてて子供の食事量程度食べられた。今日は休みで休息。解熱剤を服薬しないせいか胃の重さも軽くなり食事量も [続きを読む]
  • 発熱で調子が悪い
  • 昨日の午後から調子が悪い。体調が変だなと仕事しつつ様子を見ていた。帰宅時間には悪寒と熱っぽさがあり家までの帰途の途中で休憩をして帰った。帰宅して熱を計ると38.4℃帰宅前に服薬したカロナール500が効いてない?服薬して頃には39.8℃。寝つきも悪くゾルピデムを追加服薬。途中で起きた際に熱を計ったたら38.0。解熱鎮痛剤のトラムセットも効いてない。今日は会社を休んで最寄りの内科へ。節々も痛いしインフルエンザチェッ [続きを読む]