Luna✩ともに生きるピア・カウンセラー さん プロフィール

  •  
Luna✩ともに生きるピア・カウンセラーさん: ソウウツ嬢Lunaのともに生きるピア・カウンセリング
ハンドル名Luna✩ともに生きるピア・カウンセラー さん
ブログタイトルソウウツ嬢Lunaのともに生きるピア・カウンセリング
ブログURLhttp://ameblo.jp/luna-soutsu/
サイト紹介文躁うつ病の私とうつ病の夫と発達障害で不登校中の息子との機能不全家族な日々。Lunaの想いを綴ります。
自由文Lunaは躁うつ病または非定型うつ病歴19年です。いじめ、恋愛依存、パニック発作、摂食障害、自傷、自殺未遂などを経て、今はうつ病の夫と発達障害(自閉症スペクトラム+ADHD+LD)で不登校中の息子と暮らしてます。
ピア・カウンセリングは、仲間同士、当事者同士のカウンセリングで、同じ病気の方々、同じ悩みや痛みを抱えた方々と、お互いに想いを共有して、支え合い、癒し合い、ともに幸せを目指して生きていけたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/10/01 01:01

Luna✩ともに生きるピア・カウンセラー さんのブログ記事

  • 再びスポットライトの中に立つ
  • おはようございます。Lunaです。 家庭の状況がバタバタしていて大変な毎日ですが、先週末、市民参加型のミュージカルに参加してきました主役とかそういうのはない舞台で、その他大勢よりはちょっと出番の多い役をいただき、歌って踊って楽しんできました 普段、私はかなりのあがり症ですが、何故か舞台に立ってスポットライトに照らされると、何も怖くなくなるのです 今回は、昔から敬愛する演出家の方と、30人超の [続きを読む]
  • 母と息子と私の相克、その顛末と現在の心境
  • こんばんは。Lunaです。ゴールデンウィークも残り少なくなりましたね。 以前のブログで、ちょっぴり母との確執を書きましたが、その母が、グループホームに入居が決まり、先日、やっと入居しました。実は3ヶ月ほど前から、私と息子は実家を出て、知人に部屋を借りて2人で住んでいました。母と息子の間のバトルが限界を超え、もうとても同居できる状態ではなかったのです。 母は息子を受け入れられず、息子も母を受け入れ [続きを読む]
  • 美しい硝子の薔薇ー「傷み」から生まれる歌
  • さっき、Mステで『X』の「紅」を聴いて、号泣してしまいました。私は『X』のファンではないので、以下は超私見です。ファンの方、気を悪くされたらごめんなさい。 私が初めて『X』の曲をまともに聴いたのは、高校の時だった。友達で『X』大ファンの子がいて、その子に勧められたのだ。その子は、中学の時に体育の先生に暴行されたとかで、男性不信で男嫌いだった。その彼女が、『X』にのめりこんでいるという。中学の時 [続きを読む]
  • 「ピア」(当事者)であることの意味
  • こんばんは。Lunaです。 何と今年最初の投稿ですが、今回はとても書きたいことがあるので、今年の展望は次回に譲ります。 先の土日、私はある研究会に参加しました。そこで、精神障害・発達障害の方の支援に携わっておられる方々のお話をたくさん聞きました。どの方もみんな、「当事者」の「主体性」を尊重して、「対等」な関係を築こうと努力しておられました。それは素晴らしいと思いながら、でもどこかでチクリと違和 [続きを読む]
  • 40代、新たなる地平へ
  • こんばんは。Lunaです。今日10月19日、私は40歳の誕生日を迎えました。21歳の時に発病して19年間、躁うつ病者として生きてきました。『妻』という役割を得てからは13年半。『母』という役割を担うようになってからは12年半です。20年前、まだ発病してはいませんでしたが、今よりずっとつらかった気がします。『自己肯定感』の「自」の字もわからず、恋愛に翻弄され、自分は全く中身のない「誰か」に合わせた外面だけの多面体だと思 [続きを読む]
  • 1学期の登校状況
  • こんばんは。Lunaです。 今回は、1学期の息子の状況について、学校に関する側面をお伝えしていきたいと思います。 4月末までの状況は「1学期、ゆっくりスタート〜」http://ameblo.jp/luna-soutsu/entry-12153685631.htmlでもお伝えしましたが、息子は、4月の頭は頑張っていたものの、4月末頃から、徐々に登校しない日が増え始め、ゴールデンウィーク明けは、2日行っただけで、後はずっとお休みしてしまいました。やっぱ [続きを読む]
  • 夏休みの過ごし方〜介護の勉強編
  • こんにちは。Lunaです。 ずーっと、全然ブログを書けませんでした。毎日を回すのに精いっぱいで、『書く』モードに入れなかったのです。そのあたりのことは、また次の機会に譲るとして。 今は夏休みで、息子と一緒に、夫のいる家に帰ってきてます。息子も私も、もういっぱいいっぱい状態で実家を後にして、ここではのんびり休養を取りながら、海や山や川に出かけて、自然を満喫しています そして。私はひたすら認知 [続きを読む]
  • 母の娘で、息子の母で
  • おはようございます。Lunaです。 実の母と息子と3人の生活を始めてから、もうすぐ2ヶ月になります。なのにまだ、家に息子の部屋を作ってあげられていません 息子は思春期。しかも男の子。そして発達の特性もあり、安心して独りになれるスペースが、どうしても必要です。今は2階の私と同じ部屋で寝ており、しかもその部屋は、母が自分の部屋に行く時の通り道になっています。睡眠の浅い息子は、母が通るたびに起きてしま [続きを読む]
  • 1学期、ゆっくりスタート♪〜キーワードは『安心』
  • おはようございます。Lunaです。早いもので、新学期が始まってもう3週間が経ちました。息子はというと、まともに始業時間に行ったのは、最初の2日間だけ。後は遅刻と欠席の繰り返しでしたでも、息子の学校では、それは全然なんです!校長先生は、子どもにも親にも繰り返し、「遅れても休んでも大丈夫。午後からとか、2,3時間だけとか、週2,3日でもOKだから、自分のペースで通うことが大事」と仰っていたし、担任や他の先生も、遅刻 [続きを読む]
  • 息子、晴れて中学生に!
  • おはようございます。Lunaです。 昨日は、息子の入学式でした。 この学校では『はじまりの会』といいますが、すごく素敵でした。会場は、紅白幕とかじゃなく、生徒たちの手作りの飾りつけ。時間になると、突然、軽快な洋楽に載せて、前にある2台の大型ディスプレイからかなり完成度の高い映像が流れ出し、司会の3年生の声が響いて、校長登場国旗国歌もなく、来賓挨拶もなく、祝辞の電報も1通だけ。校長挨拶は、子どもた [続きを読む]
  • 住み慣れた土地に別れを告げ…新しい生活への第一歩
  • おはようございます Lunaです。 我が家の庭で、早咲きの桜が満開を迎えた頃、私と息子はついに住み慣れた土地に別れを告げ、懐かしい実家に移ってきました 引っ越し前の一週間くらいはもうドタバタで、その中でも一つ一つ、息子や私がお世話になった人や機関に別れを告げてきました。息子とともに3年通った心の教育センター、私が12年近く通った病院、7年間苦楽をともにした電話相談の仲間たち…。息子が通えなかった学 [続きを読む]
  • 息子、第二志望に合格!!
  • こんばんは。Lunaです。最近では珍しく夜更かししてます(^^;)今朝、息子の第二志望の中学から、通知が来ました。おそるおそる開けてみると・・・合格 でした!!私と息子は飛び上がって喜び、夫も安堵のため息。ちょうど電話をかけてきた母も、大喜びしてくれました。実は面接の感触があまり良くなかったというか…親子面接だったのですが、息子ばかりか私まで、緊張し過ぎてホワイトアウトしてしまい、もし私のせいで落ちた [続きを読む]
  • 息子の受験その後…そして誕生日
  • こんばんは。Lunaです。今回はいろんな想いが溢れて超長文になってしまいました息子の第一志望の受験が、やっと終わりました。結果は、残念ながら不合格でした同じ中学を2回受験したのですが、初日は緊張が酷くて、頭が真っ白になったり、面接でしどろもどろになったり…。それでも発表に自分の番号がなかったときは、声もかけられないくらい落ち込んでいました そこを何とか発破をかけて、2回目の受験。学科はさらにできなかった [続きを読む]
  • 驚き!目の前で算数の文章題を次々解く息子
  • こんばんは。Lunaです。夫が息子に算数を教え始めて、早1週間。分数のたし算ひき算に始まった勉強は、もの凄い早さで進み、分数のかけ算わり算を終え、割合と百分率から『相当算』をマスターし、今日は『消去算』というのをやっていました。この『相当算』とか『消去算』とかになると、情けないことに、私のアタマはちんぷんかんぷんになります 小学校6年の時に、『〜算』のせいで算数に挫折してしまった私には、夫に教わりながら [続きを読む]
  • 夫に謝罪
  • 今日は、夫と一緒に過ごせる残り少ない休日だったのに、しかも夫とドライブに行く約束もしてたのに、何故か気分が塞いで、1人で寝室に閉じこもってぐだぐだと過ごしてしまった。夫は、全く私を責めず、「具合悪いんだろうからと思って、声かけなかった」と言ってくれたけど、やっぱりどこか淋し気で、時間は巻き戻せないとわかっていても、激しく後悔している。本当に申し訳ないことをしてしまった。何か一言でも謝らないと、どう [続きを読む]
  • 役割交代♪
  • こんばんは。Lunaです。近頃では珍しく眠れないので、夜中に書いてます この前のブログで、やっと「父子授業」が始まったと書きました。その間、私が何をしているかというと・・・なんと!自ら進んで家事をしているのです ・・・そんなの普通だろ、って思われるでしょうが、今までは反対だったんです。私が息子の勉強を見ている間に、夫が家事をしてくれる。皿洗い、米とぎ、お茶やポットの補給、掃除まで、全て夫がしてくれていた [続きを読む]
  • 息子の勉強にまつわる、親子それぞれの想いの交錯
  • おはようございます。Lunaです。息子の受験まで、あと3週間を切りましたが、この局面になって、初めて父子の授業が成立しています! 今までは、私が国語算数ともに見ていましたが、だんだん算数のレベルが上がってきて、教えるのがキツくなってきたので、『機が熟した』とみて、一昨日から夫にバトンタッチ 今のところ、1日1時間、まだほんの3時間ですが、息子は「父ちゃんと勉強するの、思ったより嫌じゃなかった」と言い、夫は「 [続きを読む]
  • 13年を共に生きた夫婦の絆
  • 昨日は、息子の友達が遊びに来てくれたので、久しぶりに夫と二人で出かけた。気持ちのよい青空が広がる中、海沿いをドライブしつつ、いろんなことを話した。中でも、夫が仕事のことを話してくれたのが嬉しかった。仕事が今どういう状況なのか、どんな悩みがあるのか、どんなことがしんどくて、どうしたいと思っているのか。夫の方から、そんなことを話してもらえると、信頼に足る相手だ、と思ってもらえてるように感じられて、とて [続きを読む]
  • 2016年、どう生きるか
  • おはようございます。Lunaです。大変遅ればせながら、  明けましておめでとうございます 旧年中、ブログを読んでくださった皆様、コメントをくださった皆様、読者になってくださってる皆様、いつも『いいね』をくださる皆様、本当にありがとうございました。心からの感謝を捧げます。未熟な私の拙いブログではありますが、本年もどうぞよろしくお付き合いいただけますよう、お願い申し上げます。年が明けてから、何だか光陰矢 [続きを読む]
  • ヘンな初夢(?)その2〜羽生結弦選手と仲良しに!?
  • おはようございます。Lunaです。今日は、1月3日の夜に見た夢のお話です。もう初夢とは言えないかなぁ・・・私は、フィギュアスケートの羽生結弦選手の大ファンです。彼の演技にはいつも圧倒され、心を掴まれ、涙が出ます。夢では、その羽生選手と、何故か親しくなります。経緯は覚えていませんが、なんか、親戚のお姉さんみたいな感じ。彼も私ももっと若くて、彼は高校生くらいでしょうか。私は、いつもリンク袖で彼の練習を見てい [続きを読む]
  • ヘンな初夢(?)その1〜ナチスドイツ核実験の秘密!?
  • おはようございます。Lunaです。少し日が過ぎましたが、1月2日の夜、見た夢です。初夢というんでしょうかね?内容はめちゃくちゃですが、あくまでも『夢』ですので!(^^;)時は第2次大戦末期、日本ではない、どこか外国の、高い山の上に、女子ばかりの工場がありました。そこがそもそも、どこかの国の武器を秘密裏に作っていたみたいです。女子のみの世界にありがちですが、ある女子がいじめられていて、何かものを隠されてしまい [続きを読む]
  • 今の自分でOK♪未来志向で生きたい
  • おはようございます。Lunaです。最近、息子がよく言うことがあります。「もし、時を止められたらなぁ」「もし、時を操れたらなぁ」「もし、あの時に戻れたらなぁ」うん、気持ちはよくわかります。私も若い頃はよくクヨクヨと悩んでましたから もしあの時、こうしていたら・・・もしあの時、こっちを選んでいたら・・・もしあの時、こうだったら・・・もしあの時、こうしなかったとしたら・・・あの時、どうしてああしなかったんだ [続きを読む]
  • 息子と私の挑戦!
  • こんにちは。Lunaです。以前、「息子の東京での進学を阻んでいるのは、私が朝起きれないかららしいので、死ぬ気で頑張る」ということを書きました。そして、ここ2週間、日曜と夜中に母から電話があった翌日を除いて、毎朝7時台に起きてます! 前はどんなに頑張ってもどうしても起きられなかった朝。今も7時台に起きてもその後2時間ほど仮眠をとる感じですが、何はともあれ、夫が出勤する8時より前に起きている、ということが重要で [続きを読む]
  • 『子どもを守る』ということ
  • 今朝、シャワーを浴びている時、何故か思い出したことがある。息子が幼稚園の時の話だ。息子には年長から、空手を習わせていた。私としては、心身ともに強くなってほしい、という願いからだったのだが、哀しいかな、息子は全くやる気がなかった。強くなりたいとも、上手くなりたいとも、全く思っていないようだった。そんなある日、息子が年長の3学期だっただろうか、私は突然幼稚園に呼び出された。息子が同級生の女の子に暴力そ [続きを読む]
  • 朝起きの試み〜「私の問題」ならば
  • おはようございます。Lunaです。息子の東京での進学を心配してくれていた夫と叔父が、一番心配していたのは、実は息子の方ではなく、私の方だったのだと知りました。「息子は子どもらしい柔軟さで、新しい環境にも学校にも適応していけるだろう。だが、母親(私)の方が、今のままでは朝起きて息子を起こし、朝食を作って食べさせ、学校に送り出すのは無理だ」=東京での進学・生活は厳しい。そう思っているようなのです。そんなバカ [続きを読む]