atsumi さん プロフィール

  •  
atsumiさん: atsumi一家のひとつ屋根の下
ハンドル名atsumi さん
ブログタイトルatsumi一家のひとつ屋根の下
ブログURLhttp://ameblo.jp/atsumi-ikka/
サイト紹介文舅は転倒骨折の約2年後94歳で他界。前期高齢者の夫は同時期発病入院。姑90歳は今年3月老健入所。
自由文一人娘が嫁いだ後定年退職した夫と2012年の暮れに夫の故郷(田舎)に戻り年老いた舅姑と平屋で介護同居生活していました。その後舅を見送ったり夫の発病やらで毎日バタバタ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/10/01 13:00

atsumi さんのブログ記事

  • 姑の区分変更通知書
  • 3月に要介護状態の区分変更申請をし4月に認定調査があった姑の変更通知書が届いた。結果は、、要介護1→要介護2に。 そうだねぇ、そんなものだと思う。異議なし!(笑) 先日、老健に面会に行くと姑は広間に居た。ちょうどおやつを食べ終わったところのようだ。この日のおやつは羊羹(だったらしい)とお茶。姑「やっと来んから(長い間来ないから)どうしちゃったのかと思った」私「あらっ?!そ〜う?」   やっ [続きを読む]
  • ダンナの不調
  • 来客のあった土曜日の夜「明日、老健に面会に行こう」とダンナと話していた。 で日曜の朝、なんだかダンナの調子が良くない。 土曜日、散歩にちょっと遠くまで足をのばしたからかそれとも来客時張り切りすぎて横になることもしないで長時間座っていたからか。 来客時の昼食用に私もはりきって(笑)寿司を作った。で、日曜日ダンナは朝食後(食欲もない様子)すぐソファーでぐったりしているのでベッドで休む [続きを読む]
  • いつかきっと!
  • ダンナがレンタルしている福祉用具はベッド&ベッド柵&マットレス四点杖リフトアップチェア自立支援テーブル  そしてもうひとつ、ケアマネージャーにお願いしていた用具が一昨日届いた。 それは歩行車。(歩行器だと思っていたのだけれど歩行車と言うんですね) 早速その日の夕方、ダンナはそれを押して散歩。杖を突いて歩くよりも足運びもスムーズ。やはり両手でハンドルを持つから安定感があるようだ。翌日も田 [続きを読む]
  • 目があった
  • ダンナが入院中、多くの人が見舞いに来てくださったけれどそれは退院してからもかわることなく、今週も連日の来客。昨日は地元の友人と関西からの来訪者との二組が朝から夕方まで。。明日も関西からの友人が二人。感謝!! だけど、、、私としては正直疲れる。。 あちこちで田植えが行われているけれど我が家はもう少し先。 今月初めに届いた苗の水やりは私の担当。 5月7日 朝昼夕に時間をかけてたっぷ [続きを読む]
  • 揉めたくないよ
  • 今夜、ダンナの弟や妹たちに我が家に来てもらい、いろいろ話し合った。 ダンナが入院中だった舅の通夜や葬儀、そして49日法要のとき義弟たちが精一杯動いてくれたことへのダンナからのねぎらいと感謝の言葉からスタート。 そして、自分の病気の話。それから本題の初盆法要の話。その後相続の話も。 舅名義の土地に関しては舅存命中に口にしていた通り男三人で。 「土地は要らない」と言う義妹には「すでにお金 [続きを読む]
  • 義次弟の変化
  • ダンナの病気が発覚後義次弟がずいぶん協力的になった。 舅が老健で世話になっていた当時面会は数か月に一度程度しか足を運ばなかった義次弟。今は週に一度程度は姑の面会に行くようになったようだ。その都度、我が家に連絡もしてくれ「衣類など持っていくものはないか」と声をかけてくれるようになった。 なので私が面会に行く回数も減り大助かり。先週は「明日おふくろのところに行こうと思う」と連絡があったとき「〇 [続きを読む]
  • 野菜畑が花畑に
  • 元気なころのダンナは毎日畑仕事に精を出し、作った野菜を市場に出荷していた。ところが今回の病で畑仕事ができなくなり畑には収穫待ち&出荷予定の野菜がたくさん残ることになった。 白菜、里芋、大根、かぶ、キャベツ、ねぎ、ブロッコリーその他いろいろ。 舅の葬儀&諸手続きダンナの通院&入院姑のショートや施設入所などで走り回っていた私はそれらの野菜を収穫し出荷する時間がなかった。。 少しは収穫して隣 [続きを読む]
  • 外来受診
  • 一昨日はダンナ退院後二度目の外来受診だった。先週の一度目は整形外科、そして今回は主治医の居る血〇内科。 ダンナの運転免許証は入院中に切れていて今は無免許だし服用している薬の関係で運転自体止められているためダンナは助手席に乗り、私が運転して病院へ。 長い距離を歩くのはまだ無理なので病院では車椅子での移動。まず、採血室へ。採血は受診の一時間前にと指示されていたのは血液検査の結果が出るまで時間が [続きを読む]
  • 電話野郎?我が家は訪問野郎
  • いきなり電話してくる人を「電話野郎」と呼ぶ人がいるらしい。 いきなり電話するのは失礼だと考え電話をかける前にメールやラインで「電話しても大丈夫」かどうか確認する人が多くなっているんですって。 その時間は仕事中かもしれないし電車の中かもしれないし相手の状況を気遣ってのことかもね。 いきなり電話してくる人を「電話野郎」ということはいきなり訪問してくる人は「訪問野郎」か?!(笑)昨夜七時半ご [続きを読む]
  • 遠路はるばる
  • G.W.の初めにダンナが退院し、、、、そしてG.W.が昨日終わった。 退院したと言っても、この10日間ダンナは何をしていたワケではない。レンタルのソファーに時々座って新聞を読んだりしていたけれど食事、トイレ、お風呂以外はほとんどベッドで眠っていた。眠るのは痛み止め薬の副作用のようだ。 「自宅で入院」している状態、、、と言えるかも。(泣笑) どなたかが見舞いに来てくださったときには起きて話したり [続きを読む]
  • 長寿保険課
  • 舅の葬儀から二か月が過ぎた。 二か月経っても未だに手を付けてない雑務がたくさんある。でも、ブログに書き残す時間はなかったけれどひとつずつ片付けてはいる。(汗) 三月初めの葬儀が終わった後も毎週の法要があったし激痛に苦しむダンナの世話もあったし姑のこともあってしばらくバタバタしていたけれど区役所に行く時間はなんとか作ることができた。 長寿保険課に行き医療保険者証と介護保険者証の返却をした [続きを読む]
  • 4人のケアマネさん
  • 我が家のケアマネさんは、数えると今現在4人目。 最初は舅と姑が要支援の頃からお世話になっていたIさん。Iさんは多少強引なところもあるベテランさんだった。そのIさんがケアマネをやめ看護師の仕事に戻られることになったのは今から4年ほど前のこと。。 その少し前、介護認定調査に来てくれた調査員さんがとっても好印象だった。置いて行ってくれた名刺を見ると「介護福祉士」と「ケアマネージャー」と書いてあった [続きを読む]
  • 独り暮らしのお隣さんは90歳
  • 我が家の隣には一人暮らしの高齢女性Tさんが住んでいる。姑と一つ違いなのでそろそろ90歳になるはず。 姑がこのTさんのことを口にするのは悪口ばかりでそれまであまり付き合いはしていなかった。 私とダンナがこの地に来てからはそれなりのご近所付き合いをさせてもらうようになった。 畑でとれた野菜や手作りジャムをおすそワケしたりTさんが次に回すべき回覧板をかわりに回したり。家の前で立ち話をすること [続きを読む]
  • ダンナ、退院の日
  • 一か月前の退院時、ダンナは寝たきり状態だったのでストレッチャーに乗ったまま、介護タクシーを使っての帰宅だった。杖を使って少しなら歩けるほどによくなっている今回は私が運転する車での帰宅。最初の入院直後のあの状態からは想像できなかったこと。 義妹や義末弟夫婦が「大変でしょう?一緒に行こうか。」声をかけてくれたけれど「私一人で大丈夫!いつも気にかけてくれてありがとう!」と辞退した。義次弟夫婦からの言 [続きを読む]
  • ソファーをレンタル
  • 明日からいよいよG.W.ですね。 今年はどこにも行けないけれど去年のG.W.には一人旅を楽しみました。こちら今思えば、あのとき行ってよかった♪ダンナが単身で海外赴任中には娘と二人で雪の大谷にも行きました。 来年のG.W.にはどこか行けるといいなぁ。。。 ダンナの退院が決まりこの週末に自宅に帰ってくることになりました。前回の二泊三日の退院とはちがい今回は本格的な(笑)退院。 で、福祉用 [続きを読む]
  • N-NOSE
  • がん検診にもいろいろあるけれど国が推奨するがん検診(肺がん、大腸がん、胃がん、子宮頸がん、乳がん、前立腺がん)を受けてたってそれ以外のがんもあるワケで。。1滴の尿で10種類(胃、肺、大腸、すい臓、食道など)のがんが見つかるとか。 N-NOSE 90%以上の確率ですって!すごい!!こういうのを待っていた!実用は2年後?! 見つかるがんの種類がほかの方法でももっともっと増えるといいなぁ。。日常に [続きを読む]
  • 老健で担当者会議
  • 姑の介護認定調査があったのは先週の木曜日。 その翌日の金曜日、同じ老健で今度は担当者会議。「同じ日にしてほしい」とお願いしたけれどダメでした。(涙) 老健での担当者会議は3か月に1度開かれるのだけれど今回は姑が入所してからはじめての会議。 同じ話を繰り返し話したり箪笥の引き出しに汚れたリハパンなどを入れるのはあいかわらず。平日毎日行われる個人リハビリは嫌がらずに参加。 食事は柔らか [続きを読む]
  • 遅くなった認定調査
  • 姑(90歳)の介護認定の区分変更申請は3月に出していた。そこの地域(住所地ではなくその時点での居場所=今回は姑が居る老健がある地域)は申請者が多いということで調査日がずいぶん遅れ(私の都合もあわなかった)先日の木曜日にやっと老健で行われた。姑のことで気づいたあれこれをA4用紙に打ち出して調査員さんに手渡し先に目を通してもらった。(調査員さんから指示されていることではないけれど、紙に書き出すのは恒例 [続きを読む]
  • 夜のお届け物はタケノコ
  • この春から楽しみのひとつは桑田佳祐さんや中島みゆきさんの歌を毎日聞けること。桑田佳祐さんは朝ドラの主題歌、中島みゆきさんは昼のドラマ!(録画)超豪華〜♪ 以前は夜の訪問者(義妹夫婦)があり夜7時半ごろから9時や10時まで喋って帰ることが月に何度もあった。 舅の葬儀のあとは毎週夜の法要で皆が揃ったしそれ以外の日の夜は私がダンナの居る病院から帰ってくるのが遅いというのもあって「最近、義妹夫婦だ [続きを読む]
  • ダンナの介護認定調査結果
  • 先月行われたダンナの介護認定調査の結果が届いた。 予想通り「要介護4」 調査時は寝たきり状態だったからねぇ。。 その後急きょ手術が決まり、その後徐々に回復。といっても食欲はいまだに戻らず。体重は15キロほど減のまま。 今もほとんど横になっているけれど食事時やリハビリの時間には柵を持って起き上がりベッドに腰掛けることができるようになってはいる。 今日はリハビリスタッフさんに支えて [続きを読む]
  • 忌明け法要
  • バタバタしていて観ることができなかった土曜月曜の朝ドラ。今朝やっと観て涙涙涙。。ひょっこりひょうだん島の歌詞にも涙腺が緩む。 この週末は舅の四十九日法要と納骨。お墓まわりは事前に義次弟が掃除してくれたり老健に居る姑の送迎は義末弟が引き受けてくれたりお寺にいろいろ運び込んだり、、お礼の品々をお願いしたり、、皆で手分けして準備。 お寺では座布団だけではなく椅子も準備してくださっていて助かった。 [続きを読む]
  • ベッド上で洗髪
  • 2月末に入院してからというものダンナがお風呂に入ったのはほんの数回。入院当初自分で入れるときは2日続けてお風呂に入ったこともあったけれど激痛がはじまってからはお風呂どころではなかった。 そんななか看護師さんはタイミング(痛みの具合)を見つけ身体清拭は行ってくれていたようだけれど洗髪は皆無。 娘が帰省した際に見かねて病院で2度ほど洗髪してくれた。 ベッドが濡れないよう上部にゴミ袋などを広 [続きを読む]
  • 5か所めの病室
  • 今回ダンナが手術したのは整形外科。 手術前に居たのは別の病棟で、そこから転科してからの手術となった。 事前にある程度荷物はまとめておいたので引っ越し(?)そのものは看護師さんらにお任せ。 転科した日の夕方、荷物の整理のため病室に入ると同じ個室でも以前の血〇内科の部屋より広い。おまけにシャワー室までついている。 思わずダンナに言ってしまった。「シャワーは使わないから要らないしこんなに [続きを読む]
  • アメーバ他ブログのSSL化
  • 拙ブログにお越しくださり記事下のブログ村のバナーを してくださった皆様。ごめんなさい。 ここ数日の はほとんど数字に表れていなかったようです。 折角 してくださったのに失礼いたしました。 難しいことはわからないけれどアメーバブログのSSL化に伴いブログ村バナーの修正があったようです。知らなかった。。。 ここ数日の記事内のバナーを先ほど貼りなおしました。ご迷惑をおか [続きを読む]
  • 衣類の汚れもの
  • 老健での舅の洗濯物は私が持ち帰り自宅で洗濯していた。今お世話になっている姑の洗濯物も同様にしている。 老健にお任せするとなると業者洗濯とのことで月に6000円〜7000円かかるらしい。出す衣類によっても違いがあるようだ。(ちなみに特養の場合は利用料の中に含まれるところが多いようだ) 衣類が尿や便で汚れた場合スタッフさんがその汚れは洗い落としてくれているので自宅に持ち帰ってもそのまま洗濯機に [続きを読む]