風の遊子 さん プロフィール

  •  
風の遊子さん: 風の遊子の楽がきノート
ハンドル名風の遊子 さん
ブログタイトル風の遊子の楽がきノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kyuukazan
サイト紹介文定年から10年余。趣味のお絵かきや街歩き、仲間たちとのふれあいの成果を、水彩画やエッセーで。
自由文水彩画を趣味にしたのは、子供のころ苦手だったことに挑戦してやろう、が動機。カルチャーセンターの教室に通ったり、出会った多士済々の仲間たちとの「課外研究」を楽しんでいます。雑記は70代の目線で、エッセー風に。
ブログタイトルの「風の遊子の楽がきノート」は、旅人を意味する「遊子」のように気ままに書き、描いていこうというわけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/10/01 15:42

風の遊子 さんのブログ記事

  • 楽書き雑記「名古屋の寺の境内に咲く『桐の花』を見てきました」
  • 500円硬貨の図柄にも使われているほど身近な存在なのに、意外と知られていない花と言えば? そう、桐の花です。名古屋の徳源寺(東区新出来町)という古刹で見てきました。 徳川園にほど近い徳源寺の境内にある桐は2本。いずれも、幹の太さは子どもだと2人の両手でやっと抱けるぐらい。10?以上はありそうな高さで、境内を覆うように広がり、釣り鐘状の花をびっしり付けた房が強い芳香を放って咲いています。 桐は成長が早く、軽 [続きを読む]
  • 楽描き水彩画「名古屋・堀川運河の五条橋」
  • 名古屋市内を南北に縦断する堀川運河に架かる五条橋の一隅を描きました。 「五条橋って京都じゃないの?童謡『牛若丸』の歌詞にも『京の五条の橋の上』ってあるでしょ」。 こんな声が聞こえそうですが、名古屋市民にとっては、堀川運河にある33の橋(上流の黒川の部分をあわせれば57橋)の中で、五条橋はその歴史とともに知名度の高い橋のひとつなのです。 名古屋の五条橋は1610年代、徳川家康の命で現在の清須市にあった清洲 [続きを読む]
  • 楽描き水彩画「川面に届かんばかりに咲く桜を描きました」
  • 名古屋の桜も満開へ。そこで1枚、絵にしました。 先に掲載した名古屋のスケッチグループ「かこう会」の作品展を、名古屋市博物館ギャラリーで見た帰りに、近くのさくら名所100選のひとつ、山崎川堤防に立ち寄ってきました。 桜のシーズンには例年、この山崎川を含めて何カ所か出かけます。でも、花を描くのは苦手なのと、描こうとした時にはシーズンが終わってしまい、作品にしたのは数枚しかありません。しかし、この日は「かこ [続きを読む]