淋しくて さん プロフィール

  •  
淋しくてさん: 淋しくて隠れ家日記
ハンドル名淋しくて さん
ブログタイトル淋しくて隠れ家日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ha3e
サイト紹介文酒に読書にサッカー観戦、家内と二人で道の駅、昼はうどんかラーメンか、回るお寿司も炭水化物!。
自由文昔の青春歌謡が大好きとです。
今、流行の歌は全然知らんとです。

それでも♪潮騒のメモリーだけは知っているとです。
ばってん上手く歌えんとです。
歌っても誰も聴く人がおりません。

最近口ずさむ歌は♪東京五輪音頭が多いとです。
7年後ば先取りしておるとです。
ばってんその時生きているかどうか不安とです。
考えると淋しくなるけん前向きに生きて行くとです。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/10/01 17:01

淋しくて さんのブログ記事

  • あらすじ・内容 読メより砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ?でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる 脇役たちに焦点を当て、人生の見方まで変えてしまう連作集。*********************************万城 [続きを読む]
  • 推理作家「有栖川有栖」と犯罪学者「火村英生」のコンビで事件ば謎解きする「火村シリーズ」です。怪しい店の名前は「みみや」と言いいます。その店の女主人が何者かに殺されました。人の話を黙って聞くだけの店の「みみや」で・・・・・。日常に潜む5話のミステリでございました。どんでん返しは無いばってん優しく気軽な軽いミステリでした。 [続きを読む]
  • 臨床心理士の美帆は人の声が色になって見え、その色で相手の感情が分かると言う青年ば担当するとです。青年は同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺ば施設長に殺されたと言うとばってん当然、誰にも信じてもらえんとです。ばってん美帆は青年の能力ば信じ青年の治療のためにも、調査ば始めるとです。やがて明かされる驚くべき事実とは・・・・・・・・・。オイはこの本読んだ気がするとです。ばってん読メでは記録に残っておらん [続きを読む]
  • 内容紹介  読メより浅草・酉の市でイカサマ賭博に巻き込まれた、脚本家の「おれ」まるでサイコロの目に導かれるように、流れ流され辿り着いた先は、地方のさびれた温泉街。「おれ」はなぜか、そこのひなびたヌード劇場で前説をする羽目になってしまう。三味線弾きのルリ婆さんと、その孫のリッちゃん、現実感のないまま三人での奇妙な共同生活が続いてゆくが…******************************** [続きを読む]
  • 青春スポーツミステリーだそうです。体操界期待の新星・結城幸市の妹が階段から転落して意識不明の重体となりその後、幸市の家族は不幸な出来事が続くとばってん幸市は選手権大会に向けて・・・・・最後に仕組みと謎解きが分かっても読後感は  あんまし ・・・・・・・。さぁ次は  戌井さんで気分転換?(笑)。  [続きを読む]
  • あらすじ・内容  読メより生きることにつきまとうやるせなさをあぶりだす傑作ブラックファンタジー!*********************************久しぶりの恒川光太郎さんの新刊ですデビュー作で日本ホラー大賞「夜市」ば思い出してしまう妖しく切ない異世界の不思議な6作の短編集ばってんブラックファンタジーとかホラーとかで一括りには出来ないのが恒川ワールドと思うとです。「だけんそのワールド [続きを読む]
  • 読  
  • 久しぶりに家内と新幹線なら30分位で行ける熊本に90分以上かかる鈍行で行ったとです。理由は車窓から見える早春の風景をゆっくり楽しむ・・・・・為では無く乗車料金が半額だったからの理由・・・・・・・。ばってん半分の差額料金はアーケード街の地下にあった飲み屋さんであっさり吹き飛んだとです。だけん結局帰りの列車も鈍行で・・・・・・。ほろ酔いで窓辺の車内で読んだ本は今年1月に広島駅構内のコンビニで買った文庫 [続きを読む]
  • すんませんまた  戌井さんの本です。今回の本もやっぱ オイには面白かったです。だからと言って ドナタニモおすすめとは言えません、念のため(^_-)-☆)息子が家に帰ったらまずいスープば作って待っていた父ちゃんが急にサウナに行くと言ったきり行方不明になる。ん?主婦が住むマンション一階の庭先に鮒(フナ)を入れたバケツを持っている男が立っていた。男は主婦に「この鮒はあなたのことを好きだった松風ひろしげ君です」 [続きを読む]
  • お馴染みの山本一力さんが描く江戸を舞台にした人情時代小説が江戸からニューヨークになった本ばってんすんませんアメリカ人情話はオイにはたいして響いては来んやったとです。ニューヨークで働く移民の家族や夫婦たちの心温まるよか話の短編集ばってんオイはやっぱ山本さんの江戸の時代小説が一番好いとると思ったとです。 [続きを読む]
  • 戌井さんの本は薄い いぬいはうすい。だから短時間で読めるとです。前作の「どろにやいと」続いて「すっぽん心中」も小心で善人でおバカで可笑しく哀れでゆるい男の話です。それでも芥川賞候補作品です。分厚い大長編小説ばかり書く作家さん、さぞかしムッとするやろな(笑)。 [続きを読む]
  • 200mでオリンピックば目指していた沙良が自動車事故に巻き込まれ片足を失います。事故を起こしたのは隣に住む幼馴染の泰輔でした。その彼が何者かに自室で殺されたとです・・・・・・アスリート作品とミステリーが絡み最後まで一気に読ませてもろいました。200m走ば見る目も変わりました。 [続きを読む]
  • もうすぐ三十路の真美はフリーマーケットで偶然購入した青色のスーツケースで、旦那の反対を押し切って初めての海外旅行ニューヨークへ青色のスーツケースでひとり旅経つとです・・・・・そのスーツケースは真美の友人たちから友人たちへと手渡されて行くとです。やがて青いスーツケースは皆から「幸運のスーツケース」と呼ばれるようになったとです。某所である本ば男子向き書かれておったばってん(^_-)-☆この本は女子向きの本だ [続きを読む]
  • 物語は題名のまんまです。夜明け前、交番勤務で部下のミニバイクが路上に放置され本人は行方不明の謎 。そして、その日は地元出身でアイドルの一日署長のイベントの日やがてマスコミが殺到し追っかけ達のどんちゃん騒ぎの中アイドルに薬物疑惑発生の謎!署内の派閥抗争で操作が妨害されたと思える数年前の事件の謎。脇坂副署長は謎の連続に走り回ります。脇坂副署長がとにかくカッコよかしスピード感溢れる展開は読み応えがあった [続きを読む]
  • 以前、作曲家「船村 徹」さんが弾き語りで歌った自身の曲「♪別れの一本杉」を聴いた時の衝撃が今でも蘇ります。切々と歌われる歌詞の風景がメロディーのせられ胸に伝わって来た事を思い浮かぶのです。歌は私たちの生き方に寄り添いながら糧となり生き続けていくのだと思います。それが流行歌の力だとも思います。船村さんが残した唄はこれからも歌われていきます。心よりご冥福をお祈りいたします。 [続きを読む]
  • 帯に書かれていた「私、学校教育が太陽としたら、塾は月のような存在になると思うのです」の理念を胸に昭和36年学習塾を立ちげた夫婦と親子三世代の家族物語です。感動の涙が何回も・・・・・・・。2017年 本屋大賞ノミネート作品だそうです。納得です。 [続きを読む]
  • 1年ぐらい前かいな図書館近くのスーパーの前の駐輪場で分厚いダウンば着こみ自転車に乗って来た御婦人お二人が大きな声で立ち話しをされていたとです。ギャハハハとお互いの肩を叩いて笑われるお二人はどこのスーパーでも見られる光景ばってんおひとりの自転車の前のかごには図書館で借りて来たと思われる本が数冊、無造作に積み上げられていたとです。その本の一番上にこの本があったとです。「刑事のまなざし」薬丸 岳が・・・ [続きを読む]
  • あなたのブログと関連するかも?とgooさんが紹介されていたけんそりゃご親切にそげな事ならと して覗いたらそこにはひょっとしたら♪さんがさらばブログ村したあのブログじゃ無かろうかとオイは推察したとです。何故ならそのブログのコメント欄には75もの書き込みがあるとです。その内容は言うた!言わん!まぁまぁ冷静に・・・・・スンマセン読みよってオイ面白かったです。そして今更ながらばってん分かったとです、オ [続きを読む]
  • 父ちゃんがアメリカ人で母ちゃんが日本人の夫婦にシリア人の赤ちゃん「アイ」は養女としてアメリカで育てられるとです。そして高校一年生の時、父ちゃんの仕事の事情で日本に来るとです。アイは初めての日本で生涯の友と出会い・・・・・最初、特殊な生い立ちで育った幼児期のアイのあまりにも繊細すぎる言葉が胸に響き思春期を迎えた健気なアイの生き方に感動もするとばってん時々「そこまで考え込まんでもよかろうもん」とアイ [続きを読む]
  • 前回読んだ「奇跡の人」からガラリと変わり奥田さんのこの本です。小さな町に噂の女がおります。名前は糸井美幸です。悪い噂は本当か嘘か・・・・・・・。ばってん、そげな事よりもオイは糸井美幸ば取り囲む人々が面白かったです。いつも奥田さんの本に出てくる多くの人物設定には感心してしまうとばってん今回も笑ってしまう程、その登場人物の個性が見事に描かれていたとです。 [続きを読む]
  • 今朝、孫が宿題しとる机の上に白色の左右に分かれとるヘッドホンがあったけんオイのパソコンに付けとったテレビ用の5メートルもある黒色のイヤフォンば外してその白色ヘッドホンで舟木一夫の「♪渚のお嬢さん」ば聴いたとです。驚いたとです。当時の舟木一夫の声が鮮やかに蘇り聴こえるとです。音楽も迫力のステレオで聴こえるとです。知らんかったイヤフォンでこげんも音が変わるとは・・・・・・・。耳からうろこ・・・・・・・ [続きを読む]
  • 内容紹介(読メより)盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女が青森の弘前にいるという。明治二十年、教育係として招かれた去場安は、その少女、介良れんに出会った――。大きな苦難を背負った少女と、人間の可能性を信じて彼女の教育に献身する女教師が、奇跡を起こす。*********************************日本版ヘレン・ケラー「奇跡の人」でした。昔読んだ伝記物語で分かっていても原田さんの [続きを読む]
  • ラジオで面白かですよと紹介されとりました。戦後間もない広島での暴力団抗争に立ち向かう所轄でやくざとの癒着ば噂されておるハチャムチャなベテラン刑事「ガミさん」と新米刑事「日岡」との掛け合いがよかったです。女性作家さんの本とは思えん力ば感じる本でした。 [続きを読む]
  • 芸能人の顔と名前が分からない。今どきの言葉も分からない。カテゴリー(勝て!ゴリぃー)チョイス (あぁ〜チョイスチョイス)コンセプト (コンパクト)トラックバッグ (トラック?)コンセンサス (混線です)アバター (あばたもえくぼ)コンプライアンス (こんぴらアイス)ガバナンス (カバなんです)・・・・・としか浮かんで来ないとです。 [続きを読む]
  • いつ頃からじゃろか?生番組のテレビ放送中に出演者たちの顔が画面の隅っこにチラチラ出てくるようになったとは・・・。笑っている顔、驚く顔、もらい泣きする顔、深刻な顔、怒っている顔、呆れている顔同意し頷く顔・・・・・・・等々それらが?っぽく思うオイはひねくれものかもしれんばってんショー番組なら仕方無かたいねと納得もしとるとです(笑)。そこでテレビ局さんへ国会中継でも、抜き打ちに議員先生たちの素顔ば映して [続きを読む]
  • かつて炭鉱で栄え現在は経済破綻した北海道のある街で細々と理髪店を営む向田康彦53歳は通りに人が歩いていなくても今日もひとりで客を待っている・・・・・・・・。取り残された老人たちと町の復興に動き回る僅かばかり町に残っている若者たちとの日々が康彦の優しい視点で描かれております。よか本でした。勝利を信じろ。足袋作り100年の老舗がランニングシューズに挑む!!と帯に書いてありました。もうこれだけで下町ロケ [続きを読む]