ブック さん プロフィール

  •  
ブックさん: 長く地道な米国株で配当金投資
ハンドル名ブック さん
ブログタイトル長く地道な米国株で配当金投資
ブログURLhttp://dream-bridge-investment.blogspot.jp/
サイト紹介文米国株投資。連続増配、再投資、ドルコスト平均法、分散投資が基本です。
自由文米国株に投資しています。基本は米国株優良銘柄で連続増配銘柄に分散投資しています。配当は再投資です。買い付け方法はドルコスト平均法です。米国市場連動型のETFにも投資中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/10/03 13:44

ブック さんのブログ記事

  • P&G。物言う株主の登場で面白くなってきた。
  • P&Gに物言う株主が乗り込んできました。P&G:トライアンが委任状争奪戦、ペルツ氏取締役就任を要求(ブルームバーグ)物言う投資家ペルツ氏、P&Gと委任状争奪戦へ(日経)物言う株主登場。今年の2月くらいから話題になっていましたが、ここにきて表面化してきました。ペルツ氏率いるトライアン・ファンド・マネジメントとP&Gは、4か月間ほど話し合ってきたようですが、話し合いに決着はつかなかったようです。で、ペルツさんが「バ [続きを読む]
  • やっぱり相場の先行きは分からない。
  • ジェレミーシーゲル教授の「株式投資」を見ると、FRBの利上げと株価のパフォーマンスの関係の章が出てきます。これによると、1900年くらいから2006年までの間、FRBが利上げをすると株価は下がる傾向があるようです。逆に利下げをすると株価は上がる傾向にあるようです。1990年以降、この相関は見られない。しかし1900~2006年までの期間をもう少し細かく区切っていくと、その相関関係があるのは1990年までです。1990年以降になると [続きを読む]
  • 米国株・ディフェンシブな銘柄への逆境。がやはりBuy &Hold .
  • 青チャート:S&P500指数  赤チャート:生活必需品セクター  黄色チャート:通信セクター最近どうも私の保有するディフェンシブ銘柄は動きがピリッとしません。S&P500指数は過去最高値を更新し続けているようですが、私のポートフォリオは上がっている気配がありません。ディフェンシブな銘柄は高配当の銘柄が多いです。現在のような利上げ局面では、利回りの上がる国債を買おうするので高配当銘柄は売られるという傾向が [続きを読む]
  • 連続増配年数33年のAT&Tは5.4%の配当利回り。
  • 連続増配年数33年のAT&Tの配当利回りは現在、5.4%です。5.4%。NISA口座で1割税金が取られたとしても4.86%です。10万円投資すれば4860円が年間でやすやすと手元に入ってくることになってしまいます。連続増配を33年も続けてきた会社がねえ、、、。評判は悪い。この数値、私からすればとてもおいしい数値だと思います。しかし米国での評価など評判がよろしくないのはよくわかっています。まあ主な原因は通信業界の競争激化という [続きを読む]
  • 微妙なウェルズファーゴ(WFC)2017第2四半期決算。
  • ウェルズファーゴ(WFC)の2017・第2四半期決算の発表がありました。結果は上記の表の通りです(数値や情報はすべてマネックス証券を参照しています)。EPSは『1.01ドル→1.07ドル』とアナリスト予想を上回っていますが、総収入は『224億7000万ドル→221億7000万ドル』とアナリスト予想を下回っています。この発表を受けて株価は1.1%下落しました。結果は???まあ結果は???な感じでしょうか。EPSはあがっても、EPSの基本的な [続きを読む]
  • 予想配当利回りは少し上昇!2017.7.14の予想配当利回り。
  • 定期的に予想配当利回りの計算をしています。理由は投資の目的に「配当利回りの最大化」を掲げているからです。今回の予想配当利回りは3.2476%でした。前回が3.2178%でしたので、少し上昇しています。少しですが上昇しているのは嬉しいです。株価の方は自分ではまったくコントロールできませんが、配当利回りの方は連続増配銘柄を保有していると、ある程度は先行きを予測できます。こちらはしっかりと数値管理をしていければいい [続きを読む]
  • 高配当銘柄に逆風。FRBの利上げは長くなりそう。
  • イエレンFRB議長の米国議会での証言がありました。利上げを急がないし、米国経済も緩やかに上昇するであろう、と言われておりました。この発言を受けて、米国株は大幅に上昇しました。NYダウ 21409→21532(+123.+0.57%)ディフェンシブ(高配当)銘柄には逆風だろうね、、、。イエレンさんはついでに、「当局は向こう数年間にわたり利上げを継続する論拠を支える」(ブルームバーグより)とも言われています。まあ順当にい [続きを読む]
  • ペプシの好決算。米国の健康志向はどうなった?
  • マネックス証券より作成米国の決算が今週から本格化するようです。コカ・コーラやゼネラルミルズのライバルであるペプシの決算が発表されましたが、好内容でした。アナリスト予想:売上高 156億ドル     EPS(調整) 1.40ドル発表した内容 :売上高 157億1000万ドル  EPS(調整) 1.44ドル冒頭の表はペプシのコカ・コーラやゼネラルミルズの商品と被る事業の売上です。コカ・コーラやゼネラルミルズは苦戦してい [続きを読む]
  • ポートフォリオの下落幅を狭めるのか?「低β(ベータ)戦略」。
  • ソニー・ベータマックス先日「買うタイミングの違いで少しはパフォーマンスは変わる?」という記事を書きました。するとツイッターで米国株の高度な情報を発信されている「ふ〜部長」さんより、とても有益な情報をツイッターで頂きました。ありがとうございます!!!(正直、投資レベルが違い過ぎ恐縮するしかない。)低β(ベータ)銘柄投資は有効かもしれない、、、!!で、ふ〜部長さんは個人投資家にためになるであろう、記事 [続きを読む]
  • 安定のコカ・コーラ(KO)から配当金!!
  • ちょっと遅いのですが、コカ・コーラ(KO)から配当金を頂きました。いつもありがとうございます。KO社から配当金を貰い続けて、もう1年以上たちます。きっちりと決まった金額、そして連続増配銘柄だけあってぴしゃりと増配しているお金。すごく丁寧です。嬉しくなります。。安心感と同時に、素晴らしいサービスを受けた後のような感動を与えてくれます。私のポートフォリオではPGと並ぶ古株ですが、これからも頑張ってもら [続きを読む]
  • 戦国時代と米国株投資・徳川家康編
  • 徳川家康公肖像・徳川美術館所蔵戦国時代と米国株を無理やりに結びつけるシリーズです。徳川家康を書こうと思います。徳川家康は若き頃、山梨県の英雄・武田信玄と三方ヶ原というところで戦い惨敗しました。その時戦いから逃げ帰るときに脱糞したようですが、この戦いの後いろいろな意味で反省し、天下を統一しました。偉大な人物は長生き?徳川家康が天下を取った一番の理由は私は「長生き」ではないかと思います。「運」と「慎重 [続きを読む]
  • 米国の雇用はやはり強かった!!6月の雇用統計
  • 6月の雇用統計が7月7日の七夕の日に発表されました。発表された数値は全般的には良い内容だったというのが、市場での受け止め方のようです。素人目に見ると、凄く良い数値に見えるですが、プロの世界では市場予想との乖離が大事なようです。為替はドル高、株は上昇。この結果を受けて、ドル円は113.75付近から114円越えまで値を伸ばしましたが、結局113.91まで値を戻しています。予想を超えてもあまりドル高にならなかったので、ち [続きを読む]
  • 投資本書評。「投資戦略の発想法」木村剛
  • 古い本ですが、読んですごく影響を受けた本があります。「投資戦略の発想法」(著者 木村剛)という本です。著者の木村剛さんという方は、元々は日銀マンで、その後日本振興銀行というところの会長をやり、最終的には逮捕されてしまったという波乱万丈なお方です。 まあ、この本は逮捕されるずっと前に書かれた本です。この本にはけっこう良識的なことが書いてあったので、木村剛さんが逮捕されたと聞いたときは、「嘘だろう」 [続きを読む]
  • 経験上、ほったらかし投資が一番儲かっていた。
  • 山梨県山梨市のほったらかし温泉私はFXとか日本株の短期売買やっておりました。恥ずかしながらどちらも儲かりませんでした。ですが投資経歴の中で、儲かっていた投資がありました。それは会社で加入している、「確定拠出年金」です。確定拠出年金が一番投資成績がいい。今、「iDeCo」なる個人型の確定拠出年金があるようです。私はその制度についてあまり知らないのですが、私の会社は経費を削減したいのか、確か10年前くらいか [続きを読む]
  • ポートフォリオを入れ替える目標を立てました。
  • 目標のポートフォリオポートフォリオの入れ替えを行おうと考えています。買い方や保有割合の状況があまりにもずさんで、行き当たりばったりのような気がしているからです。いつも参考にしているバフェット太郎さんの買い方やポートフォリオを見ていて、すごく考えられたやり方だなと感じるので、それを参考にさせて貰おうと思いました。で、冒頭のグラフが目標とする姿です。PG、KO、JNJを投資の軸に。現在の状況との比較ジ [続きを読む]
  • 株価下落が起こっても衝撃に耐えたい。
  • 株価がいずれ軟調な展開になるんじゃないかと怯えております。理由はFRBの利上げと出口戦略です。利回りがあがれば普通、金を借りるのがためらわれる状況になります。そうなれば住宅、車などは買いづらい。それは経済にはマイナスです。また出口戦略で市中に出回るお金をFRBが吸い上げることは、リスク資産に向かうお金が無くなる、ということを意味していると思いますので、これも株にとってはマイナス要因だと思います。株 [続きを読む]
  • 格差は是正すべきかどうか、、、。
  • つい一月ほど前、「グーグルアナリティクス」という、ブログ状況を調べるグーグルの無料サービスを導入しました。このサービスを導入すると、嫌悪感を抱かれる方もおられるかもしれませんが、地域や性別、年齢の大まかな状況が分かります。ブログのPV上昇の役に立つのかなと思い、導入しましたが使い方がよくわからず残念ながらPV上昇には繋がっておりません。でこのサービスを使うと、ブログ閲覧者の地域や性別が分かります。 [続きを読む]
  • 資産大幅アップ!6月の株式保有状況。
  • 資産推移6月も終わりました。長いようで早かったです。梅雨に入り気温も高くなる時期で、じめっと嫌になる季節です。昨日も暑かったですね。北海道は梅雨がないと聞きましたが、夏は涼しくてよさそうだ、、、。まあそんな嫌な季節ですが、私の資産は大幅アップとなりました!!投入金額に対して、時価総額が113.74%。先月が110.51%でしたので、含み益が上昇しました!6月は流れの変化を感じた月だった。6月で思い返されることは、 [続きを読む]
  • かなり微妙!ゼネラルミルズ(GIS)の業績分析。
  • ゼネラルミルズが2,017年度の第4四半期と通期の決算を発表しました。第4四半期の売上高は3.1%減の約38億1000万ドルでしたが、市場予想の37億5000万ドルを上回りました。EPSも0.73ドルで市場予想の0.71ドルを上回りました。これを受けて、一時株価は急騰しましたが、翌日には株価は元に戻しています。売上・営業CFは下落、利益は横這い、配当は増配。上記の表は通年の業績です。売上高がはっきりと落ちているのが分かります。 [続きを読む]
  • そろそろ、相場にきな臭さを感じるころ。
  • 以前、リーマンショックが起きた時、また株価の暴落がくるかもしれない、絶対にリーマンショックの経験を生かすぞ、と絶対にあることを守ることに決めました。それは「郵貯が投資信託を大々的に売り出したら株価暴落のサインだ」と。サインはでている。今、本木雅弘さんが郵貯の投資信託のCMに出演しています。郵貯はすでに投資信託を売り出しているのです。ですので、私の中では株価暴落へのカウントダウンが始まったと考えてい [続きを読む]
  • 米国株シスコ(CSCO)にはつい期待してしまう。
  • 私の次回の米国株購入候補は、シスコシステムズ(CSCO)です。シスコは5~7月期の業績見通しを引き下げたことで、株価が急落しました。6月27日時点で31.76ドルです。既存事業でシェアを落とすシスコ業績見通しを引き下げたのには理由があります。シスコが得意とする分野にイーサネットスイッチ市場がありますが、この市場でシスコはシェアをけっこうな数値で落としているからです。59%→55.1%。(書いている本人は [続きを読む]