占星術師「K」 さん プロフィール

  •  
占星術師「K」さん: 占星術師「K」 ・ 古代占星術 と 星の魔法
ハンドル名占星術師「K」 さん
ブログタイトル占星術師「K」 ・ 古代占星術 と 星の魔法
ブログURLhttp://threenorns.blog.fc2.com/
サイト紹介文古代占星術(伝統的な占星術)、神秘学、宝石(鉱物)と色の神秘、日々の雑記など。
自由文伝統的に受け継がれている占星術の中でも、
より古い時代の知識や技術を数多くの洋書から独学で習得し、
日々の実占によってその研鑽に努める。

現在、プロの占星術師として活動中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/10/04 13:35

占星術師「K」 さんのブログ記事

  • ★「小池百合子さん」の守護宝石。
  • 個人的に興味があったので、「小池百合子さんの守護宝石」を調べてみました。小池百合子さんの守護宝石の筆頭は、「ダイヤモンド」です。実際に身に着ける際は、「金」の地金に「ダイヤモンド」をあしらった装飾品が良いでしょう。細工は、より目立ち、伝統的で、大きな方が良いです。「金」も、小池百合子さんの守護宝石となっています。「ダイヤモンド」を身に着ける位置に関しては、主要7天体ではなく、「Adhafera」という恒星 [続きを読む]
  • 「小池百合子さん」と「緑色」の占星術的考察。
  • 個人的に、小池百合子さんに興味があったので、その代表色となっている「緑色との関係」を星に尋ねてみました。小池さんの魂は、非常に創造的で、パワフルであり、人の上に立つ指導的資質を有しています。また、神から与えられている人生は、その有する爆発的な創造力を、現実的で、物質的な事柄として実際に具現化していく道となります。年を重ねるに従って、より美しく、女性的な魂に変容していきます。話しが脱線しそうなので、 [続きを読む]
  • ★古代占星術で恒星(the fixed stars)が語る内容。
  • 古代占星術では、主要な判断は7つの天体が決定します。恒星(the fixed stars)に関しては、通常は主要な判断には含まれません。しかしながら、古代の占星術師達は、時に、7つの天体よりも大きな権限を恒星に与えています。要するに、7つの天体の決定事項を、恒星が覆す事があるということです。ある方の鑑定の時に、その相談者に、ある恒星が寄り添っている時がありました。その恒星は、「Al Risha」という恒星で、チャート内 [続きを読む]
  • ★「守護宝石の鑑定」に関するご案内。
  • 「守護宝石の鑑定」では、「御魂石(みたま・いし)」のみの鑑定を行います。守護宝石・守護色に関する総合的な鑑定であります「守護宝石・守護色鑑定」では、「御魂石」を含めた、宝石と色に関した4種類の項目の鑑定が行われます。宝石には、それぞれに異なった性質や精霊が宿っており、これら一連の鑑定では、我々人間の正しい成長と幸運のために、より適合する宝石や色を身に着け、活用し、不調和をもたらす宝石や色を避けるこ [続きを読む]
  • ★守護宝石が変色する時。
  • 先日、古代占星術によって守護宝石を鑑定した方のサファイアが急な変色をしました。古代占星術によって選定し、本人との神縁が結ばれた守護宝石は、その本人と強い関係が結ばれます。その持ち主自身の色々な状況が同期されるということです。本人の状況や運勢が吉兆を示す時は、美しく輝きを増し、本人の状況や運勢が凶兆を示す時は、光りや色を失います。守護宝石の精霊が知らせているのです。その方には、どうすれば良いかという [続きを読む]
  • ★古代占星術(伝統的な占星術)の真偽。
  • 古代占星術を効率的に学ぶためには、私は絶対的に洋書を勧めている。しかしながら、Ptolemyや、Dorotheus、al-Kindi、‘Umar al-Tabari、Ibn Labban、John of Spain、Masha’allah、Abu Ma‘sharなどなど、古代占星術の大占星術師達が我々に残した偉大な書物の内容は、残念ながら、その全ては「うのみ」にできるものではない。私は古代占星術を信じているが、どんな偉人の伝とされる内容でも、自分自身が納得できないような内容で [続きを読む]
  • ★黄砂とPM2.5に関する、気象占星術(mundane astrology)による考察。
  • 気象に関する予測を行う古代占星術の部門は、mundane astrologyに属し含まれます。5月8日現在で、黄砂とPM2.5が広い範囲で猛威を振るっていますが、古代占星術では、黄砂もPM2.5も、土星による凶兆であると判断します。土星が悪意のある「まなざし」を向けた国や地域は、視界が曇り、慢性病をもたらし、じわじわと国や地域を汚染していきます。また、話しは変わりますが、うつ病も土星の悪影響に関連しています。土星が関連すると [続きを読む]
  • ★アイスコーヒーの時期がやって参りました♪
  • ほんの数日前まではホットコーヒーを普通に飲めていたのに、数日前からアイスコーヒーが飲みたくなりました。夏が近づいてきたのを、私の体も感じているのでしょう。冷蔵庫の製氷機のクリーニングをしているのですが、なかなか急には氷が出来ないので、現時点では、製氷機待ちの状態です。さて、私の健康に関する持論としては、人は必ず死亡するものであり、過度に健康に関して傾注するのは、生きている事の本来の目的を害するもの [続きを読む]
  • ★毎日2回の神聖な時間。
  • 古代占星術で重要な「時」は、日の出の時と、日没の時です。日の出の時は、「生まれる時」を示し、日没の時は、「死ぬ時」を示します。天皇陛下が、国民に向かってテレビで退位に関するご発言をされた時に、陛下の後ろの置物の配置が、日没を示す配置になっていて、興味深く拝見しておりました。分かり易く言えば、我々がテレビに向かって右側の、陛下の左側に、丸い置物があり、それは、今まさに沈まんとする太陽を示しており、ま [続きを読む]
  • ★「心」と「意思」は全くの別物です。
  • 心とは、自分自身の一部ですが、自分自身の本質ではありません。意思は、自分自身の決めた事であり、自分の本質です。心は、常に、鏡の様に、自分自身の周囲のあらゆるものを映しています。月が、自分自身で光っているのではなく、全て、太陽の光を受けて光っているように、心もまた、自分自身の考えではなく、色々な影響を、ただ受け容れているだけの「寄せ集めただけのもの」なのです。意思とは、完全に、自分自身の決断によって [続きを読む]
  • ★「元気」は、食事や休息や娯楽では得られません。
  • 人間にとって、食事や休息は生きていくためには必要なものです。これなくしては、人間は生命を保つことは不可能です。しかし、人間にとって、それと同等か、それ以上に大切なのは、「元気」です。人間は、生命を保つために生きているのではありません。人間は、生き生きと生きるために生きているのです。人間が生き生きと生きるために絶対に欠かせないのは「元気」です。しかしながら、この「元気」は、増えたり減ったりします。元 [続きを読む]
  • ★最近気になる宝石「レッドスピネル」の精霊力。
  • 私が、個人的に最近気になっている宝石です。古代占星術から観察すると、太陽の精霊の力を強く受けている宝石となります。(※実物によっては異なる場合がありますが、ここでは大まかな分類に言及しています。)レッドスピネルの中でも、私が特に魅かれるのは、鮮やかな赤色に、オレンジが共に輝きを放っているものです。スピネルは、代表的で有名な宝石ではありませんが、私は宝石の精霊に注目をしているので、その宝石が有名でな [続きを読む]
  • ★最高級のピンクダイヤモンド「ピンクスター」
  • ちょっと気になったので書いてみます。ダイヤモンドは宝石の中でも別格な存在です。もちろん、占星術的にであります。宝石自体の精霊も、他の宝石とは少し違います。古代占星術による鑑定で、この宝石が適合する人は、きっと「別格」な性質を持っていると思います。ちなみに、私は、ダイヤモンド自体が、持ってはいけない宝石となっているので、身に着けることはないのですが・・・おっと、タイトルは「ピンクダイヤモンド」でした [続きを読む]
  • ★宝石「オパール」の精霊の特徴。
  • オパールは、特に、日本人に人気がある宝石としても知られています。ライトオパール、メキシコオパール、ブラックオパール、ボルダ―オパールや、ファイヤーオパール、カンテラ、コモンオパールなど、色々な種類があります。古代占星術では、「ある天体」に属する宝石ですが、ちょっと「癖」がある宝石でもあります。分かり易く言うと、「好き嫌いが激しい」のであります。もっと分かり易く言うと、オパールを持ってはいけない人が [続きを読む]
  • ★守護宝石のケア(お手入れ)について。
  • 宝石には、人間同様に寿命があります。基本的には、その宝石や鉱物としての「形状を保っている状態」であれば、「生きている」との判断はできると思われますが、その石が、元気であるか、衰弱しているかに関しては、また別の話になります。私が守護宝石と言っているのは、その宝石を単なる「アクセサリー」として身に着けているか、「お守り」として身に着けているかを区別しているのであって、お守りとして身に着けている宝石のケ [続きを読む]
  • ★最近気になる守護宝石「Sphene(スフェーン)」
  • 鉱物名は、タイタナイトやチタナイトとも呼ばれます。特徴は、ダイヤモンドより強い分散光を放つ事です。古代占星術では、水星が支配している宝石となります。(※これは大まかな分類であり、同じスフェーンでも個々の宝石によって変わる場合があります。)私見ですが、非常に精霊の力が強く、というか、魔力の様な「もの」が強い感じを受けます。しかし、非常に魅力的な宝石です。私が身に着けたいか?というと、私にはちょっと強 [続きを読む]
  • ★複雑で多彩な「守護宝石の選定」
  • 古代占星術によって選定される宝石は、「宝石の種類」「鉱物の種類」「色」「色調」「色の使用の度合い」「色の組合せ」「石の大きさ」「身に着ける場所」などなど、色々な要素を持っています。勿論、全ての人に対して上記を細かく指示することはありません。人によるということです。何によって「それ」を決めているかというと、勿論、私は古代占星術の占星術師なので、古より伝わっている星の教えに従うわけです。ちなみに、非常 [続きを読む]
  • ★伝統的な「mundane astrology(マンデン占星術)」
  • マンデン占星術で使用される様々な技法には、特殊な技法も多くあります。基本的には、ホラリー占星術が一通り出来ないと理解できないものがほとんどです。マンデン占星術に関する古い時代の洋書を読んでいると、ホラリー占星術やネイタル占星術やイレクショナル占星術では使用しないような技法が多く出てくるので、「なるほど、おもしろい」と、一人で知識欲を満たしているのですが、問題も多くあります。そのひとつが、Ptolemyの [続きを読む]
  • ★「神」と「宝石の精霊」
  • 数日前に、「ある出来事」があって、神と宝石の精霊の強い関係を体験した。宝石の影響を受けるということは、別の言い方をすると、宝石の精霊の守護を受けるということである。私が古代占星術によって、その人に応じた宝石や鉱物を選定しているのは、ただ選定するだけではなく、それを実際に身に着ける際の「正しい儀式」がワンセットになっている。それは、以前からそうしているのであるが、初めに書いた、数日前の「ある出来事」 [続きを読む]
  • ★古代占星術による「超」買い物術。
  • これには、色々な方法がありますが、古代占星術の中には、地球全体や国や地域に関する過去・現在・未来を占断するための「マンデン占星術」という秘術が伝わっており、それによって、購入予定の品物を、よりお得に購入する時を知ることができるので、よりお得に買い物をする事が出来るのです。 [続きを読む]