ypo さん プロフィール

  •  
ypoさん: 千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2
ハンドル名ypo さん
ブログタイトル千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2
ブログURLhttp://2chibahatu.blog.fc2.com/
サイト紹介文千葉県ブログの続きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/10/05 17:16

ypo さんのブログ記事

  • 春の笹川湖周辺8 片倉ダム
  • 春の笹川湖8回目は片倉ダムです。上流部分です。ダムが出来る前は小川だったのだと思います。ダムの上です。ちゃんと見れるように整備されています。この時は少々の水が流れていました。下流部分の公園です。ここでもだーれも居ない静かな春の日を過ごせました。このシリーズまだ続きます。 [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺7 笹川湖畔公園(笹衛士)
  • 笹川湖周辺シリーズ7回目です。笹川湖畔公園は分かりますが、笹衛士とは何なのか分かりません。前回の君津衛星管制所の同じ道の手前にあたる場所ですが行った順番に載せています。それよりも石の広場の名前が合っていると思いました。日本庭園風です。小さいけれど滝がありました。その下には井戸らしきものがあります。苔むす緑地地のしたには笹川湖です。ここ気に入りました。何故なら、人は誰一人居なくて、駐車場にも一台も止 [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺6 君津衛星管制所
  • 前回の北辰妙見洞から下って、笹川湖のメインエリアたるふれあいパークきみつと言う道の駅を右に曲がると君津衛星管制所に行き当たりました。名前がすごいと思って写しておきました。どうやらbs放送の衛星の管制をする施設のようです。もっと撮りたかったのですけど、立ち入り禁止でした。そしていつもの事なんですけど、メインのふれあいパークきみつには人が多かったので行きませんでした。誰も居ない所で写真を撮らなければ我が [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺5 北辰妙見洞
  • 濃溝の滝として有名になった、北辰妙見洞をやります。まずこの鐘が目に入ります。この時は誰一人居なかったので、思い切り叩いてみました。ただうるさいだけでした。手すりには亀がいます。滝の段々を亀に例えています。洞窟と書かれている看板もありますが、洞窟ではないです。下に行ってみましょう。水はきれいです。山をくり貫いた滝です。そして遊歩道があります。この遊歩道はいいと思いました。春には若葉で、晩秋にはこの葉 [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺4 濃溝の滝
  • 前回からの続きです。これはもう急流と言うよりも滝です。下に行きたくなりました。そして意外な事実が書いてあります。濃溝の滝として有名になった洞窟に滝の北辰妙見洞ではなくて、この急流こそが濃溝の滝となっています。写真も載っていますので間違いはないと思います。なのにネットで調べると全てが北辰妙見洞を濃溝の滝としています。今回はこの濃溝の滝をやります。ロープが一本ありましたので下に降りれました。段々になっ [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺3 清水渓流広場
  • 前回の木立と同じ道の上流へ向かうと、笹川湖畔公園(清水渓流)と書かれた看板があります。清水渓流広場 幸運の鐘なる看板もあって、そそる方もいる事でしょう。平家ほたるも飛び交うようです。もみじの里でもあります。亀宿る洞穴ともあります。これだけ書いているからには、とにかく沢山の人にここに来てもらいたいからなのでしょう。駐車場です。無料です。この時は車がほとんどいませんが、後には人気スポットとなって止めるの [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺2 笹川橋から見る木立
  • 笹川橋です。こんな感じで写真を撮るのは怖い場所です。ここから見る水没した木立です。この木立もいずれは腐って倒れて無くなることでしょう。今年にもここに行きましたが、かなり痛んでいました。春の、とタイトルに入れたので、春らしい写真を一枚。若葉の季節の写真はペンタックスに勝るものはない。とコンパクトデジカメを含めると多くのメーカーのものを使っての私的結論です。ところで、木立の後ろの崖には水量はすくないで [続きを読む]
  • 春の笹川湖周辺1 片倉橋から見る緩やかな滝
  • 笹川湖とはご存知でありましょうか。千葉県では有名な亀山湖の上流にあるダム湖です。公園もいくつも整備されていますけど、まずは撮った順番でここをやります。県道25号線に掛かる片倉橋です。片倉橋と書いてあったのでそう書きますけど、普通は片倉橋と言ったら、欄干に獅子舞がいる立派な橋をいいます。水道管の先にはしょぼいけど滝があります。高さは3メートルくらいでしょうか。高低差があって水の音がしっかりと聞こえ、高 [続きを読む]
  • 鴨川で見た養蜂所
  • 鴨川の棚田だらけの場所の高台にこんな箱がありました。これはなんだろう。多分蜂の箱なのだろうけど、なにしろ養蜂所、養蜂箱と言うものは見たことがありません。確証をつかむ為に探索していたら蜂が出てきました。それと蜂の巣を見つけまして、これは養蜂箱だと確信しました。撮ったのは今年の1月半ばで真冬です。ですので蜂君も動きが鈍くて私でも撮れましたが、この季節では危険かと思います。 [続きを読む]
  • なんとなく2000回
  • 2009年4月にはじめたこのブログも2000回の更新となりました。jugemブログからfc2に移ってカウントがおかしくなっかもしれませんが、大体2000回は更新してると思います。せっかくの一人で祝う記念の回なのですが、ろくな写真がないです。この先どの位ブログを続けていくのか分かりませんが、皆々様方これからもよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 印西 花散らしの桜
  • 印西市千葉ニュータウン中央駅近くのビジネス街の写真です。この時は天気が悪く、風も強く、ある意味この季節らしい天候でした。みずほ銀行千葉事務センターにあるこの丸いものは何でしょうか。もう時間的にも遅く、あせって見つけたのがここです。scskと言う会社の所に水路がありました。取りあえず咲いている桜を撮ります。しかしこの日のこの時では水面に落ちている桜がメインです。とにかく風の強い日で、花びらを止めて写すの [続きを読む]
  • 4月馬鹿 見果てぬ夢 千の葉タワー
  • 今日はエイプリルフールです。厳密に言えば4月2日ですが、昨日から飲んでいて相当酔っているので、エイフリルフールはまだ続いているようなものなので、壮大な法螺を吹きます。まず千の葉タワーのプロジェクトを始めます。なんと千葉県に1000mのタワーを建てます。展望台は3つ。東京タワーと同じ高さにある333mの第一展望台。第二展望台は634mとスカイツリーと同じ高さ。第三展望台は877mと筑波山と同じ高さになります。形は葉 [続きを読む]
  • 銚子市野尻の不動尊
  • 前回のさくら公園の続きです。見晴台の右にある小屋に注目です。見晴台の奥には穴がありました。それよりも気になったのが、小屋から突き出る大きい木です。かなりちゃんと作ってありました。小さい不動明王がいました。うまく撮れていないですが、水が湧き出ていました。こんな感じの不動尊でした。何の予備知識を持たずに旅に出て、行き当たりばったりで、気になった所を写真に撮るのも楽しいものですよ。と言っても傍から聞けば [続きを読む]
  • 銚子市野尻 さくら公園
  • 銚子市野尻にこんな看板がありました。さくら公園と不動尊と書かれています。田んぼ道を進めばこんな所に行き当たりました。坂道の途中には宴会場??がありました。一番上には見晴台です。今回の写真は2015年の3月の上旬のものです。まだ桜の木は小さいです。あれから2年たって、きっと桜も大きくなっている事と思います。どなかが整備をされているのか分かりませんが、手作り感があって良いところだと思いました。もうすぐ桜の季節 [続きを読む]
  • 怒りのお願い。なんで勝手に写真を使っているのか。止めてください。
  • 最近多くなってきたようなんですけど、このブログの写真を勝手に使われているのいくつか見つけました。今までそのような事は何も言いませんでしたが、もしかしたら知っている会社のサイトで知らぬ間に使われていたり、さも自分が行ったかように書いているのに、ぬけぬけと私が撮った写真を使っている個人ブログなどなど。今まで連絡をくれれば、ひどい内容でなければ二つ返事で0kを出しています。使う際にはご連絡をお願いします。 [続きを読む]
  • ホトケノザ
  • この草は冬から春にかけて、よく見る花です。オオイヌフグリとともに春を感じる草です。いつも何年も前の写真を載せていますけど、今回は珍しく今日撮ったもです。背後をわざとボケさせてみました。一眼レフはボケるのが良いって事になっていますけど、f値をゆるくすればシャッタースピードが早く切れるので実は簡単なのでは?と思っています。そしていつもの撮り方にしました。f値11です。この時の状況からすると手振れしないぎり [続きを読む]
  • もう春なんですね
  • やっと待ち望んだ春が来ました。街行く人々もこころなしか明るい表情になった気がします。私は春になると嬉しくてニヤニヤしてしまいますが、変態だと思われたくないので無理にしかめっ面をします。そしてこの季節から行楽地はどこに行っても人が多くなるので、私はひっそりと地味な所で写真を撮っているのでしょう。しかし花粉症の方は辛い季節でもありますね。私はいつも二日酔いなので、花粉症にならない、なっていても気が付か [続きを読む]
  • 習志野 藤崎堀込貝塚
  • 前回の藤崎古道の続きです。階段の出口はこんな感じです。緑のトンネルのようです。右側は農地、その先には幕張の高層ビル群が見えます。畑の中にこんな木立があります。藤崎堀込貝塚です。この看板によると、縄文時代中期〜後期(約4500年〜3000年前)の集落跡で大規模な貝塚を伴っています。との事です。かつてはこのすぐ近くに海があったようです。畑は貝だらけでした。それにしても、3000年以上前の貝がそのままの形をしています [続きを読む]
  • 習志野 藤崎古道
  • 習志野市の藤崎の住宅街にこんな階段がひっそりとあります。ここはただの山の階段ではなくて、藤崎古道と言って、徳川家康によって造られた東金街道完成まではこの道が、メイン通りだったようです。この時は夏ですけど、静かで涼しい道でした。短い階段を登ると、古道は終わりです。上には日露戦争戦役記念碑がありました。次回はこの近くにある藤崎掘込貝塚をやります。しかし今の更新ペースではいつにやるのか言えませんが、なる [続きを読む]
  • 館山市 坂田の浜
  • 館山市の坂田海岸は水質も良いそうで、車ならば便もいい所ですので、知っている方もいるかと思います。ですがここは坂田の浜と言うらしく坂田海岸とは離れていしるし、入り江によって隔離された、別の小さな浜のように思えました。ネットの地図を見ても、ここだけは坂田の浜と書かれています。なのでここは館山の秘密の浜と言うことにします。まるでお金持ちのプライベートビーチのようでもあります。ここについては話したいことが [続きを読む]
  • 南房総のお地蔵
  • 鴨川の山の中をさまよっていたら、気が付けば南房総市に入っていました。そこで見つけたのはここです。山と言うか岩と言うかをくりぬいてお地蔵さんがいました。上にもお地蔵さん??はいます。孫悟空みたいだと思いました。しかし左側は落ちてしまって頭のほうが見えました。下の部分の石碑です。これが彫り物のほうは確認できますが、文字が読めない風化をしています。そしてこの地蔵達には何故か首から上がありません。首無し地蔵 [続きを読む]
  • 松本清記念会館
  • 松戸市大金平にこんな石碑がありました。細かくは読みませんでしたが、松本さんの事が書かれているようです。その傍らには松本清記念会館がありました。かのマツモトキヨシの創業者で松戸市長でもあった松戸市の偉人の松本清氏の記念館としては随分質素に見えます。それとは別に定食屋さんがいい感じです。となりな酒場もそそります。許されるならばこの2店でたらふく食べて、飲んで帰れればいいのですけど、この日のうちに帰らね [続きを読む]
  • 船橋市浜町中央公園から
  • 船橋市浜町の浜町中央公園からです。中央公園と言うと大きい公園のようですが、イケアとららぽーと駐車場の隙間の公園と言った所です。後ろに見える大きい倉庫は、つい最近できたもので三井不動産ロジスティクパーク船橋と言いいます。船橋オートレース場のゲートがまだ残っていました。公園はこの遊戯施設以外は見るべ所は無いですので、倉庫の車が通るグルグル(なんと言うか分からない)と遊戯施設をからませて撮りました。かなり [続きを読む]
  • 富里中央公園
  • 富里中央公園の名の通り、大きい公園です。写したのは2015年の夏です。ここはとにかく個人的に印象深い場所です。理由は後述。野球場です。もう夕方なので大急ぎで撮っています。ここは花壇がいいですね。ちょっと変化をつけようかと移動してもこの体たらく・・・展望広場のほうに歩を進めます。こんな感じでした。下に下りてみました。極端に逆光に弱いレンズですので、葉っぱで日を隠します。更に下ると水辺の公園です。それにし [続きを読む]
  • 千葉県では珍しい独立峰なのだそうです。高鶴山
  • ちょっと山らいし山があるな、と写真を撮っておいて後で調べれば、この山は高鶴山と言います。標高は272mとする所があったり、326mだったりなのですが、きっと300mはあるのでしょう。千葉県で300mと言えば大きい山です。そしてもっと気を引いたのは、千葉県では珍しい独立峰だと言う事です。独立峰と言うと、富士山とか青森のいわき山とかがありますが、ここもその独立峰だそうです。ならばネットの地図で上から見てみれば、こ [続きを読む]