セーケン さん プロフィール

  •  
セーケンさん: クロノグラフ
ハンドル名セーケン さん
ブログタイトルクロノグラフ
ブログURLhttp://ririquai.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の採集と飼育を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/10/05 23:23

セーケン さんのブログ記事

  • jaw tying
  • 完全備忘録記事となる、ペアリングを記録する。北米の紅ことエラフスミヤマクワガタの同居を試みるべく、♂の顎を封印する事にした。理由は♀が1頭しかいない事となり、絶対絶命の崖っ淵である為となる。60.1mm♂にはペイシェンスと言い聞かせながら、紅ならインシュロックはこの色と縛り上げた。何時ものタイムスケジュールで同居期間を設ける。そして、インドアルナーチャル産アンタエウスの別ライン増設を企む。このアンタエウ [続きを読む]
  • 娘と調達
  • 中学の息子達が他校にて部活の合同練習があり、夕方に迎えに行くまで娘と公園で過ごし、ヌマエビを調達する為小川を探した。中々良い場所が無く、子供達が小さかった頃に蛍を見た場所を思い出し、向かった。娘と2人でヌマエビを探し歩き、コンクリートの水路で網を入れてみることにした。早速お目当のヌマエビに出会い、幸先が良いと感じつつ、網で掬うと、お目当ではないザリガニが入るようになった。掬う度にザリガニの数が増え [続きを読む]
  • 直線顎披露
  • 我が家第3の黄金であるババオウゴンオニクワガタ♂の羽化が続いており、蛹室が見えなかったボトル個体を、菌糸腐敗を理由に取り出す事にした。直線的な顎を披露し、上翅の状態を不安視しながら取り出した。最終体重23.6gは綺麗に羽化していた。早速スケール測定すると、73.1mmと親超えは果たした。25gを超えなければ75mmは見えず、80mmを狙うのであれば30gは必要だと実感した。まだまだの黄金飼育を目の当たりにし、最終瓶交換のタ [続きを読む]
  • 好調の影
  • 4月にペアリング後、産卵セットを組んだ種達の進捗を記す。WDローゼンベルグのセットは巨大な卵を底面で確認出来、未だ孵化まで辿り着いた事のないアンタエウスの卵を確認した。色的に怪しいので期待はせずに幼虫の姿が見えるまで安置する。youさん印のアフィニスの幼虫を確認出来た為、一先ず胸を撫で下ろす。モーレンカンプもマット産みで孵化に至り、全体的に好調に映るが、アクベシアヌスと惨敗しているブラックハスタートに [続きを読む]
  • 衝動weapon
  • FacebookのCMを見ていたら、これは使えると、しっかりとコメントも見ずにタップしてしまった。GW前に発注してから約1カ月が経とうとした矢先、中国から届けられた。iPhoneに取り付けられる望遠レンズであり、簡単に装着出来ると謳っていた。届けられる前に購入者のコメントを読むと、CMには18倍の望遠とあるが実際は12倍である事。また、三脚の支球を留めるネジが届かず無意味である事。この二点はまさにそれであった。衝動買いの [続きを読む]
  • メモリアルテラリウム
  • タガメを採集し、家に戻ると娘は妻と近くの公園に出掛けていた。急いで長男とシャワーを浴び、娘の下に向かい、長男は発泡箱を開け、採集したタガメを披露すると、妻と娘は初めて見るその姿に驚き、絶叫した。その動き、奇抜なフォルム、マッスルポージング、全てがNGのようだ。娘の友達の弟である昆虫大好きしゅんちゃんに生タガメを見て貰う為向かい、発泡箱を開けると、しゅんちゃんは臆する事なくタガメを掴み、憧れのタガメに [続きを読む]
  • 自身への自信
  • 2017.5.21AM 5:15アラームをセットし忘れてしまい、5時起床に至らず、自らを呪う。双子の長男を起こし、2人で水中ギャングを追うべく車に乗り込み、アクセルを踏み込んだ。AM 5:30vivids ssp.にて採集用具を積み込み、西へと車を走らせた。新緑の景色が流れ、朝日を浴びながら長男と中学の近況などを話した。こういう時間も必要と感じながら、深夜遅くまで毎日Googleマップで探し印したポイントへ向かう。AM 7:30目的地に到着した [続きを読む]
  • 採集網提案
  • 失効するポイントが1000もあるといい、それならばと兼ねてからチェックしていた商品を購入する事にした。迅速に届けられた物は、角度可変ジョイントとなる。私は採集網を二つ所有しており、主にヒメオオクワガタ狙いで玉の柄に装着して使用しているが、ヤナギの枝に張り付く状態は様々であり、角度を変えられるこのようなジョイントを探していた。この出品者様には新たな商品の提案をさせて頂いた。現在の網はカラーリングされてい [続きを読む]
  • ninth
  • タランドゥス84.6mmを種親とした産卵ボトルに食痕が目立ち始め、私の投入サイズに見合い割り出す事にした。菌糸の状態が良いと詰めてから半年を越えても産卵ボトルとして使用出来る。産卵ボトルとして利用するのであれば寝かせたカワラの方が菌糸に巻かれるリスクも回避出来る。84.6mm♂×53.6mm♀のセットは幾度もペアリングし、産卵させている為採れても5〜6頭と予想していたが、この加齢仕立てのホワイトフルフェイスにて9頭を [続きを読む]
  • 相棒Roots
  • 偶々読んだ記事の中にキングVのギターを所有している写真を見て、彼とはクワガタ以外にも私と趣味が共通するのではないか。そう思い、コメント欄から飼育に没頭していたmasaさんに対して、採集に出掛けないかと声を掛けた。その後、採集・飼育を通して、信頼の置ける親友となり、相棒として現在は当り前のように採集に出掛けるようになった。その相棒から、共通の音楽の趣味となるバンドが来日すると言い、即座にチケットを入手し [続きを読む]
  • 黄金第二陣
  • 半透明のボトル故、食痕が現れなかったレギウスの産卵ボトルを割り出すと、思いの外菌糸の状態が悪くなく、加齢仕立ての2令幼虫が現れた。この登場により、慎重に割り出しを開始する。セットしていた♀50.1mmは付節や後脚が欠損する老体である為、期待していなかったが、幼虫は6頭現れた。菌糸の活性が収まり、幼虫飼育には不向きなカワラボトルはこうして産卵ボトルとして使用出来る為、老体化した個体には有効である。産卵セット [続きを読む]
  • 小型種のステータス
  • とんかちさん採集個体であるアマミコクワガタが美しい蛹室にて羽化していた。他個体も順次蛹化しており、自身初となる離島コクワガタの累代まで目前となってきた。前回産卵させられたように、材が終焉を迎える手前の材をマットに埋め込めば、攻略出来ると考える。そして、小型種のヒマラヤコクワガタも羽化していた。美しい上翅のメタリック色が室内灯にて輝きを放っていた。此方は、カワラ材をマットに埋め込み、多頭飼育している [続きを読む]
  • 産卵deviation
  • ♀が動かなくなっていたのは知っていた。産卵を終え、燃え尽きたムニスゼッチフタマタ38.8mm♀の産卵セットを暴く事にした。幼虫の坑道も見え、二桁の数字を予想する。埋め込んだ材を二本取り出し、マットをタライに落とし込むと、今期梃子摺るムニスゼッチフタマタの子孫を拾い上げる。然し乍ら予想した孵化数の二桁は現実にはならず、マットからは2頭と、食痕を追いかけるも、材からは2頭の合計4頭を得た。大型雌雄を使い、何と [続きを読む]
  • 御恩と奉公
  • ヤエヤママルバネ飼育にて背水の陣から手を差し伸べて成虫をお送り頂いたREGA90さんへの御礼として、多数産卵したマルバネをお送りすべく、飼育ケースから取り出した。2令に加齢したヤエヤママルバネを取り出し、ケースに入れ、親分御用達のマルバネマットと共に御恩には奉公として発送した。夜は娘の誕生日会を開く中、相棒ことmasaさんがvivids ssp.のアクアテラリウムを覗きに現れ、共に誕生日会を過ごした。初めて我が家族と向 [続きを読む]
  • 強靭ブラックの魅力
  • 何度掛けても結果を残すメソトプスに驚きを隠せない。タランドゥス84.6mmを種親とし、この54.0mm♀が再度産卵した。うろ覚えで正確にはラベルを確認しなければ解らないが、4度は産卵セットに送り込み、孵化しない卵もある中子孫を残してくれている。この神秘的な緑色卵が次々と現れる。この霊芝材からは7個を採卵した。孵化しない卵も見受けられるが、私にとっての最大体長の子孫なだけにこの増卵は嬉しい出来事となる。また、レギ [続きを読む]
  • C8H11NO2分泌 カワラ材飼育
  • 2017.1.21に採集したオオクワガタをカワラ材に投入していた。クマモンさんに頼んだ材飼育用のカワラ材がある為、ステータス確認も兼ねて割り出す事にした。材飼育は3頭となり、どの材も喰い上がりで樹皮がブヨブヨしているかと思いきや、触れた感じは固く、ノミを使用して割り出しに掛かった。太い食痕が走り、採集者には堪らない極太食痕が現れた。固く練られた食痕を追いかけていくと、蛹室作製までのルートが現れ、赤いオオクワ [続きを読む]
  • 春眠を解く
  • 今季のオオクワガタ飼育は、自己採集個体のみのブリードを検討する。2016.6.11採集個体フォルムは抜群にダントツとなる68.4mm♂と同産地の♀を用意し、2016.9.25採集個体顎の太さに目を惹く68.8mm♂も同産地の♀と掛ける。2016.9.17執念の超絶貴重産地♀は、唯一の同産地♂と掛けるか、其れとも今季採集し、掛けるか悩む所である。春眠を解き、自己採集累代を愉しむ事とする。※オークションにて出品中 [続きを読む]
  • 冷蔵休眠生存者
  • 冷蔵庫による冬眠にて生存したのは5頭のみとなったアクベシアヌスミヤマ、上翅に難有りの♂89.7mmと、此方も上翅に難有りの♀50.0mmを同居させる事にした。綺麗に羽化した者同士の79.6mm♂は、素早く隠れてしまった48.6mm♀と同居させた。果たして冷蔵休眠は功を奏すのか。そう思いに耽っていると、上翅難有りペアの交尾を早速確認した。1週間の同居期間を経て、産卵セットへと移す事とする。 [続きを読む]
  • 黄金Ave.25.12
  • 待望のババオウゴンオニ♂が羽化していた。最終体重は25.2gとなり、ガラス瓶での羽化となる。現在の大型♂のステータスは、最終体重23.5g最終体重26.5g画像では確認し難いが、蛹化している最終体重23.7g暴れが収まらず、マットにて前蛹の26.7gと、1頭を除き蛹化し、また全ての個体が中脚を超える顎となる。Ave.25.12gと、私の中では出来過ぎた飼育となる。最大の焦点は80mm到達となるか。自力脱出を鶴首して待つ。 [続きを読む]
  • 流木テラリウム
  • 先日、とんかちさんと手長海老採りの際に拾った流木をアクアテラリウムに導入した。中央で見えていたスポンジフィルターが隠れ、厳かな雰囲気が立ち込めるテラリウムへと変貌を遂げた。流木一つでここまで印象が変わるものなのか。足場がしっかりとしたせいか、タイコウチも私の目の前で狩りを披露する。いつ迄も眺めていられるこのテラリウムにて一つ解った事は、餌として与えている雑魚が万能である事。イモリの餌を与えても微動 [続きを読む]
  • 紅の鍵
  • 先日記事にした♂2頭のみが羽化したエラフスミヤマクワガタ。♀を調達しようとオークションに目を光らせるも♀を含めた出品は表示されない。累代を諦め、♂単独での出品で手放す事を視野に入れ始めた所、もう一度♀と思われるガラス瓶を覗くも見当たらない。ガラス瓶の上蓋を取り外してみた所、側面からは見えない場所に待望の♀が自力脱出していた。掌に乗せると、しがみ付く力からも頗る元気であり、累代の可能性が見え始めた。 [続きを読む]
  • 燃ゆる採集魂
  • 2017.5.5AM 4:15セルを回し、アクセルを踏み、Googleマップで絞り込んだ場所に向けて車を走らせた。夜明け前は車量も少なく、スムーズに目的地へと到着した。Googleマップの航空写真で見た場所とのイメージは一致するのか。AM 6:00第1ポイントに到着し、その池を見た瞬間、此処には水中ギャングはいないと踏む。念の為、掬うもやはり此処にはいない。この場所から少し離れた場所に二つの池がある為、すぐ様移動した。この池よりも [続きを読む]
  • eighth
  • 先日、自己最多となるボーリンフタマタ7頭孵化の感動的記録更新から、更なる追加となる8頭目の孵化を確認した。あと一つ有望な卵が有り、9頭目の孵化は目前かもしれない。ここで残されたペアを取り出し、監視下ペアリングを行なった。付節欠けや緩慢な動きから見ても、恐らくこのペアリング場が最期となるに違いない。♂が中々♀を捉えられず、諦めかけていると、漸く交尾を確認出来た。約1時間の交尾行動を確認後、雌雄別のケース [続きを読む]
  • 黄金プロジェクト
  • 各産卵セットにて卵を確認する事が出来た。オールブラックハスタートにて側面に一つ、底面に二つ、そして紋有りブラックハスタートは一つ確認出来た。ローゼンベルグオウゴンオニも一つ確認出来、マットにも産む事を再認識した。ここでローゼンベルグ第2弾とし、WD同士と、モーレンカンプ第2弾の同居を開始した。ババオウゴンオニ飼育で見出した大型化への道筋を上記二種に適合するか。とても楽しみな黄金プロジェクトとなる。 [続きを読む]