台湾大好き さん プロフィール

  •  
台湾大好きさん: 台湾旅行体験談ブログ!本音の感想とiPhone写真
ハンドル名台湾大好き さん
ブログタイトル台湾旅行体験談ブログ!本音の感想とiPhone写真
ブログURLhttp://taiwanhitrip.info/
サイト紹介文台湾旅行の本音の体験談。流行の観光グルメ情報だけでなく日本人が素朴に思ったことが中心です。
自由文航空券を予約する方法から実際に行って感じたことまで。台湾人のこと、中国語の言葉のことも記事にしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供664回 / 365日(平均12.7回/週) - 参加 2013/10/06 09:25

台湾大好き さんのブログ記事

  • 台湾礁渓温泉の夜の街歩きグルメ!小籠包が安くて美味しい
  • 宜蘭県の礁渓温泉に行ったときのことです。無料の足湯に入りお腹も減ってきたのでご飯を食べることにしました。街を歩くと夜遅くまで開いてる食堂が何軒もあります。台湾らしいお店が多く美味しそうな匂いもしてきました。どこに入ろうか迷うくらいあります。宿の人におすすめされた店が数件あったのでそこに入ることにしました。おすすめされたのは小籠包のお店ですお店の表示は小湯包と書いてあります。この湯は中国語ではスープ [続きを読む]
  • 宜蘭県の礁渓温泉の無料足湯は台湾人との交流が楽しい場所
  • 台湾の宜蘭県の礁渓温泉に行ってきました。温泉街の雰囲気が漂う街です。台湾鉄道の礁渓駅を降りると大きな温泉ホテルが立ち並んでいます。その横に飲食店も並んでいます。今回わたしがまず目指すしたのは礁渓温泉の足湯です。インフォメーションセンターに行き無料の足湯のある場所を教えてもらいました。歩いて行ける範囲に無料の足湯が数カ所ありますす。三つの足湯に行ってきました。まずはインフォメーションセンターに一番近 [続きを読む]
  • 七星潭風景区(花蓮県)で太平洋から昇る朝日を見よう
  • 七星潭の太平洋から昇る朝日を見たくて七星潭に一泊することにしました。花蓮駅周辺から日の出を見ようとすると交通手段がタクシーになります。そして朝早く起きなくてはいけません。せっかくタクシーで行って天気が悪い場合もあります。こんな事を色々考えているうちに七星潭に泊まろうと決めました。海岸まで歩いていける距離のところに宿をとりました。朝日が昇る前日の夕方に七星潭に着きこの日はのんびりすごしました。ファミ [続きを読む]
  • 花蓮東大門夜市は子連れも安心安全!おすすめは小籠湯包
  • 台湾に行ってその地域の雰囲気を知るのに良い方法は夜市に行くことです。花蓮でも夜市に行ってきました。名前は東大門夜市です。花蓮駅からは少し遠いので注意してください。わたしは宿泊した宿から歩いて行きました。宿を出ててくてく歩いているいると、街のいたるところに小籠湯包という看板を見つけことができました。たくさん店があります。小籠包とどう違うのかというとスープがたくさん入っているのを強調しているようです。 [続きを読む]
  • 台湾池上弁当比較!台東旅行で駅周辺の三大店舗を食べ比べ
  • 台湾は本当に駅弁が安くて美味しいところです。台湾鉄道で一周していたので毎日電車に乗る前に買って電車の中で食べていました。駅弁の中でも台湾人なら誰でも知っている池上弁当というのがあります。台湾の駅弁で一番有名な弁当で池上駅という駅があります。池上に行くのはこの駅弁があるのですごく楽しみでした。池上駅で降りると駅周辺に駅弁を販売している店舗は三つあります。池上三大弁当と言われています。テイクアウトで買 [続きを読む]
  • 台湾旅行で出会った2年間アジア旅行中のイギリス人と英語で会話
  • 旅は出会いがあるからいい。そんなことを象徴させるような出会いがありました。台湾の東部の町で1人のイギリス人と出会いました。宿に入るとそのイギリス人が座って片言の言葉で「ニーハオ!」とわたしに挨拶をしてきました。こちらも「ニーハオ!」と話すと「Where are you from?」と聞かれたので「Japan」 と答えると「この前日本に行ったよ。日本のどこから来たんですか?」と聞かれました。そこからいろいろ話すようになりま [続きを読む]
  • 台東県池上のゲストハウスの台湾人オーナーは日本が大好き
  • ゲストハウスのオーナーは日本が大好き台東県の池上に行くと宿のオーナーがニコニコして笑顔で話し掛けてきました。ちなみに日本語は話せません。話せないけど1つだけ話すことができます。それは「すいません」です。「すいません。すいません」と何度も言ってきます。本人は「Excuse Me」のニュアンスのつもりだと思いますが使うタイミングが違うのでおもしろかったです。すごく愛嬌のある30代の男性です。小さな子供もいました。 [続きを読む]
  • 宜蘭から台東池上にバイク一人旅している台湾人と中国語会話
  • 宿で台湾人に声をかけられた台東県の池上の宿に宿泊している時に1人の台湾人男性と出会いました。その台湾人男性は30歳前後。現在社会人です。5日間の休みを取り台湾旅行をしていると言いました。住んでいるのは宜蘭です。台東県の北が花蓮県でその北が宜蘭県です。宜蘭に住んでいて台東県を5日間バイクで巡るそうです。普段は宜蘭市内に住んでいて宜蘭から台東県の池上までスクーターで旅行していました。 [続きを読む]
  • 中国語と台湾語を流暢に話す台東県のバイリンガール小学生
  • 台東県鹿野でバイリンガール小学生と出会いました。このバイリンガル言語は中国語(普通話)と台湾語(台語)です。1.airbnbタイプの民泊の宿に泊まる2.宿のオーナーの友達の親子がいた3.小学校低学年の女の子がナチュラルバイリンガルairbnbタイプの民泊の宿に泊まる台東県の鹿野の宿に泊まった時のことです。この宿はairbnbタイプの民泊の宿でした。宿の玄関を入るとそこは普通の一戸建ての家です。リビングルームがあり、その奥 [続きを読む]
  • 台東県鹿野で本場の新鮮な台湾パイナップルの切り方を学ぶ
  • 台東県鹿野に着きました。台湾鉄道で移動して予約した宿へ行くのがこの旅のスタイルです。宿に着くとオーナーが「このあたりは昔日本人が住んでて日本家屋がまだたくさん残ってる地域なんですよ」と教えてくれました。そんなことは何も知らずにこの宿に決めていました。台北、台中、高雄で人口が多い都会から台湾一周が始まったので台東では田舎の雰囲気を味わおうと思って都会の台東市ではなく、ちょっと外れたこの鹿野に宿を決め [続きを読む]
  • 台湾鉄道に乗って高雄から屏東そして台東へ!海岸線が美しい
  • 鉄道で台湾一周の旅行の途中の景色です。この日は高雄から台東へ行きました。高雄で特急乗車券を購入して自強号に乗車しました。台湾鉄道は台湾を一周くるっとまわることができます。台湾の真ん中は富士山より高い山があるので鉄道は真ん中は横断していません。高雄から台東へ行く車窓は台湾らしい南部の風景が広がります。ヤシの実や海岸線など「これぞ台湾の自然の景色だ」という風景が続いていました。のんびりゆっくり台湾の自 [続きを読む]
  • 台湾高雄のMRT地下鉄の特徴!萌えキャラクターのポスター
  • 台湾鉄道の高雄駅に着くとそこは南国の風が吹いていました。台北とは風の匂いが違います。密度が濃いように思いました。高雄は台湾第二の都市です。駅を降りると都会の街並みが広がっています。南国と都会というミスマッチな関係に少しの驚きと慣れが混在していました。冷静に考えればここは沖縄より南です。那覇よりも石垣島よりも南です。宿に直行するために高雄の地下鉄、MRTに乗ることにしました。今回の記事はこの高雄のMRTに [続きを読む]
  • 台湾の古民家ホテルに泊まりたい!宿選びのポイントとは
  • 宿を選ぶときのポイントは何ですか?人それぞれあると思います。最近はairbnbなど民泊も増えてきました。ゲストハウスなどの安宿もきれいにリフォームされ寝心地が良く快適なところもあります。そんな中どんなポイントで宿選びをするか、その一つがわたしの場合は古い建築です。一般的なホテルの場合コンクリートの高層階ビルのホテルが多いです。しかし最近は古い建物での宿泊も可能になってきています。いわゆるリノベーションさ [続きを読む]
  • 台中の印象は香港と似ている!台湾旅行でふと気付いた
  • 台中は台湾で3番目に人口の多い都市です。台北、高雄に次ぐ第3の都市です。台中市の人口は100万人を軽く超えて270万人です。写真は台中駅前です。「台中に行った」と言うと「台中はどうだった?」と印象を聞かれます。これは台湾人にも日本人にも聞かれます。最初はどこかの雰囲気に似ているなと思っていたけど思いつきませんでした。そしてしばらくしているうちに「そうだこれは香港と似てるんだ!」と思いました。 [続きを読む]
  • 台中のおすすめは逢甲夜市!地元台湾人の憩いの場所
  • 台中の宿についてしばらくのんびりしていました。そして外も暗くなり20時くらいになった頃お腹も減ってきました。「さて今日の台中での晩ご飯はどこで何を食べよう?」と考えていったところ宿の人が「夜市も近いから行ってみてはどうですか?」とすすめてきました。台北ではいろんな夜市に行ったことはあるけれど台中の夜市は初めてです。「歩いて行けるけどちょっと迷うかもしれません」と言って道を教えてくれました。宿を出て最 [続きを読む]
  • 台湾で出会ったフレンドリーな香港人は日本旅行が大好き
  • 台湾の台中の宿に着くとそこにいた人が「こんにちは」と挨拶をしてきました。最初は日本人かと思い、こちらも「こんにちは」と挨拶しました。「日本人ですか?」と聞くと「いいえ違います」と答えました。アジアの人は顔が似ているのでどこの人かわからないことがあります。わたしもよく違う国の人と間違えられるときがあります。台湾でも道を聞かれることが何回もありました。そのときは台湾人と思われたようです。宿で会った人は [続きを読む]