nono さん プロフィール

  •  
nonoさん: 永遠の学生
ハンドル名nono さん
ブログタイトル永遠の学生
ブログURLhttp://mirabelle33.blog.fc2.com/
サイト紹介文慶應通信文学部2類。明るく楽しく元気良く、よく遊びよく学ぼう。とぼとぼとマイペースで学習中。
自由文慶応通信67期秋に文学部第2類に学士入学しました。行き当たりばったりの勉強法で、フランス史とフランス文学の世界に浮遊中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/10/07 18:37

nono さんのブログ記事

  • 卒論はまだ3合目
  •  しばらくの間、勉強をお休みしていたら、早7月のテストが迫って来てしまいましたが、5月の反省の続きです。通信での5月の大きなイベントは、やはり2回目の卒論ご指導でした。初回のご指導では、とにかく何か書いたものを見ないことには、と先生から言われたこともあり、GW前後は卒論の制作にはまっていました。でももう、GWっていつよっていう感じですね。 2回目のご指導に向けて、初回にゴーサインを頂いていた比較的細かい章 [続きを読む]
  • 5月をふり返る
  • 早いもので、2017年ももう折り返し地点が目の前。ブログは4月の科目試験前から止まってしまっていましたが、ふりかえって見ると、成果はそこそこあったような? まず、試験は西洋史特殊1とフランス文学史2を受けて、結果はAとS。持込み可の西洋史特殊は、図書館で借りた重〜い本を持ち込んだのに、何の役にも立たず、帰りにそのまま返却。絶対に出題されないだろうと決めつけていた問題が出たために、答案作成は迷走してしまいま [続きを読む]
  • やっとやっと届いた
  •  試験が明後日に迫っている中、待ちに待った2017年度の配布物セットがやっと届きました。つまり、今日まで去年度の過去問集が手元になかったのです。周りの人たちに届いている配布物がうちに着かないのは、どこかで行方不明になったためかと心配して、事務局に問い合わせたところ、発送はされているからそのうち着きますよみたいなお返事には力が抜けました。けど、ともかく無事に配達されて良かった。 配本が終わった人への発送 [続きを読む]
  • 受けて良かった1月科目試験
  •  さて、期待と諦めが入り混じった1月の科目試験の結果が出ました。今回も成績通知の封筒が到着するまでkccチャンネルに行くのはぐっと我慢、というか相変わらず勇気がなかったのが本音です。 そして、気になる成績は、東洋史特殊A、社会学史2もA。これはかなり感動もので、封筒が届いた昨日は1日中上機嫌で過ごすことができました。というのも、正月早々風邪を拗らせてずっと辛かったので、1月の試験は諦めて棄権しようかと思っ [続きを読む]
  • 先生方の優しさに感謝の夜スク
  •  昨日、夜スクの成績が郵送されて来ました。3科目受けたうち、このブログでも何度か話題にした総合講座は完全に諦めていたので、封筒を開ける前に大きく深呼吸。ショックを受けないようにと自分に言い聞かせてから通知を見ると、驚くなかれ、3科目ともAが付いていて大喜びです。間違えだと困るのでKCCチャンネルでも確認、胸をなでおろしました。 総合講座は6人の先生による6回のミニテストがあった中、3回分は時間切れで何を言 [続きを読む]
  • 気になる西洋史特殊2
  •  昨日届いたニュースレターに、この4月から新設される科目と今年度で廃止される科目が発表されていました。フランス文学史1はフランス文学史2と一緒に新設されるはずが、テキストの執筆が間に合わなくて今年に後発となったらしいけれど、驚いたのは歴史哲学の廃止と西洋史特殊2の新設です。西洋史特殊は1と3があるのに、2が抜けてるのが不思議と思っていたら、ついにお目見え。しかも、市販書採用科目なので、早く本の名前が知り [続きを読む]
  • あえなく撃沈、総合講座
  •  夜スクも今日が年内最後。あとは年明けに補講があるだけになりました。それにしても、総合講座の最終試験は我が通信史上初めてという悲惨な結果に終わり、時間配分を完全に間違えた自分に大きく失望。法学部の大石先生チームのオムニバス授業は、どれも面白くてためになったのですが、6回のテストを甘く見たのは本当にまずかった。とはいえ、ジャーナリズムについていろいろな視点から考える良い機会になったことは確かです。  [続きを読む]
  • 成績とレポート提出と夜スクと
  •  11月を振り返ると、レポートを書かなきゃという焦りと夜スクに追われていた感じです。レポートは締め切り当日、閉店?間際の三田の郵便局に駆け込んだら、同じような封筒を持った女性がいたので、一抹の親近感を抱いてしまいました。 私が出したのは手書きの「東洋史特殊」。レポート書くのも苦しんだけど、手書きで仕上げるのも案外時間がかかって慌てました。ただ、自分のワープロ原稿を写経することで、レポートの結論部分の [続きを読む]
  • 総合講座に感じる違和感
  •  昨日は夜スク総合講座の7回目で、テストも3回目。一人の先生の講義が2回しかないのに、2回目の後半は小テストに充てられるものだから、もっと聞きたいと思う興味深い内容もテストで遮られる感じがもったいない。急に冷え込んで来たせいもあってか、風邪がはやっていて、昨日も私の前後の方々はかなり咳き込んでいました。ヤバイなあと思ったら案の定、今日は私が風邪気味。 しかし、テストがあるとわかっていれば、体調が悪くて [続きを読む]
  • 卒論初回指導が終わって
  •  ドキドキしながら臨んだ卒論の初回指導が無事に終わって、胸をなで下ろしています。とは言え、まだまだレポート作成に喘いでいるので、早速卒論準備にかかろう!とは言えないのが悲しいです。 じゃあなぜ、卒論指導を申し込んだのか?先生にも専門科目を全部取り終わってから卒論作成を始める人もいますよね、と言われました。テキスト科目は自分が興味のないことも勉強しなくてはいけないけれど、結局社会科学系は全部繋がって [続きを読む]
  • 試験切り抜けたかと思いきや
  •  今回の科目試験は1科目だけ、 「20世紀のフランス文学」を受けました。今年でもう終ってしまう科目なのに、グズグズしていてレポートを出したのが夏。以来、スクーリングや体調不良で次のレポートが遅々として進まなくて。。 そして、科目試験。幾つかの問題のうち1つ選ぶだけなのに、そもそも書けるものが1つしかなかった。つまり、またヤマが殆どはずれたわけです。 一応勉強したものについては何とか書けたので、 試験後は [続きを読む]
  • 奇跡の夏スク成績通知
  •  今日、夏スクの成績が郵送されて来ました。大学からのメールで予告もあったことだし、kcc-channelで成績が発表されていたのは知っていたけど、とても怖くて確認できないでいたのです。なので、封筒開ける手もドキドキでした。 各期1科目づつ、3科目受けただけだけど、夏は毎年体調不良に苦しむ私には精一杯のスケジュール。そして、3科目のうち、まあ手応えがあったのは日本史特殊1科目のみで、残りはテスト終了後に後悔するこ [続きを読む]
  • ひとまず順調な夜スク1週目
  • 月曜から夜スクが始まり、まだまだ蚊の多い三田に通い始めました。去年週3回入れても何とかなったので、今年も欲張って3科目登録しましたが、自分の好きな科目中心に取って来たこれまでと違って、今年は義務感優先での受講です。2類所属なのに、肝心の2類科目の取得が少ないので、これはスクーリングで埋めなければと。。 しかし、問題はいずれも文学部の科目ではないこと。経済学部の科目である人文地理学なんて、統計学の知識が [続きを読む]
  • 通信生は通学生より不利か?
  •  三田の夏スクⅢ期は、面白いと評判のアメリカ史を受講しました。予想以上に型破りの先生で、あれこれ裏話まで伺えて期待にたがわず楽しい授業でした。なんと担当の教授が夏スクを持つのは6年ぶりで、しかも今月で退職されるとか。ギリギリ間に合って良かったわ。 その先生から、「通信生は通学生よりも不利だから(テストは)その辺を考慮してほしいと言う人が時々いるけれど、通信生が不利だとは思わない」という趣旨のお話が [続きを読む]
  • 空振りした科学哲学
  •  4単位かつ持込み可に目が眩んで7月に受験した科学哲学、届いた結果はなんとC。ついに取ってしまった悪い成績にしばし絶句、つまり私が書いた答案は40点から59点の間だったというわけです(泣)。 私が試験前に何とか理解しようと勉強した量子論も進化論もお呼びではなかったので、回答はひたすらテキストと参考書を写しました。テスト中にテキストを読み、おおっこれはそういうことかと思いながら写したという有様だったけど、 [続きを読む]
  • 日吉の夏スク反省記つづき
  •  遠い所からスクーリングにいらしている方々には誠に申し訳ないのですが、今日の台風休講は体調の悪い私にとってほっと一息。でも、全然有効に使えなくて、身体を休めただけに終わってしまいました。 日吉の夏スク反省記の続きです。 Ⅱ期の授業は日本史特殊、こちらも法学部の科目で、日本の法制史を学びました。担当されたのは生徒目線の気配りのあるとっても人間味のある先生だったので、初日からいっぺんでファンに。法律に [続きを読む]
  • 日吉の夏スク反省記その1
  •  今日から三田で夏スクⅢ期が始まりました。体力的にしんどい夏スクもあと5日間。そう思うと案外早いものかも。 とりあえず、日吉のスクーリングを振り返ると、Ⅰ期は3学部共通科目の東洋史特殊を受講しました。法学部の科目で、確か東南アジアの地域研究とあったため、なんとなくアジアの歴史だろうと思い込んで受講を決めたのに、蓋を開けてみたら比較政治学の授業だったので?!という感じでした。シラバスの理解不足は致命的 [続きを読む]
  • 盗難にご注意
  •  夏スクⅡ期が始まって早2日。お盆休みが入るⅡ期が一番スクーリングの受講生が多い筈なのに、今年はⅠ期より少ないような?私は午後しか受講していないし、単なる個人的な印象ですが、実数はどうなのでしょう? 去年は三田のスクーリングで校内での盗難に注意するようにというお話を講義中に聞きましたが、日吉も掲示板に盗難注意の張り紙が。大学は不特定多数が出入りする場所だから仕方ないかなとは思いますが、実際2015年度 [続きを読む]
  • 行き損ねた卒論オリエンテーション
  •  今日は日吉で卒論オリエンテーションの日だったのに、つい行き損ねてしまいました。午前中は文学部の各類の先生方が説明されるということで、自分の専門に近い先生が来てくださるとラッキーだから、なるべく行くべしと聞いていたのに。。 午後の個別相談を予約していれば良かったのですが、これも軽視していて、気がついた時には締め切りが過ぎていたのです。 そして、いよいよ明日から夏スク。卒業認定単位としての夏スクは今 [続きを読む]
  • 悩ましい夜スク
  •  世界中で次々に起きる恐ろしい事件に気を取られていたら、夜スクの締め切りが来てしまいました。科目の選択に未だ迷いがありますが、せっかくだから今回は総合講座に挑戦しようかと。6人の先生によるオムニバス授業はきっと新鮮で、それぞれの視点からジャーナリズムのお話が伺えるのが楽しみです。 でも、各先生の授業の最後に試験がある=計6回もテストがあるなんて??無事に切り抜けられるかどうか、かなり心配です。 今週 [続きを読む]
  • テスト2日前の泣き言
  •  週末は「科学哲学」を受験するため、分厚いテキストと格闘中。でも、これがさっぱりわからなくて。。そもそも科学哲学なのになぜ物理まで含まれるの? 過去問の傾向や先輩方からのアドヴァイスによると、やはりテキストの演習問題を中心に模範解答を作成してゆくのが王道のようですが、テキストが難解な上に演習問題が多過ぎてとても対応できません(泣)。 近所図書館で借りてきた本にもこのテキストが紹介されていますが、幅 [続きを読む]
  • 夏スクは3科目
  •  結局、夏スクは各期1科目づつ3科目、全て2類科目で申し込みました。スクーリングで冷遇されている文学部2類(3類も)なので、あまり迷う余地はなかったのですが、自分が参加できる午後の授業は2類と言っても文学部の専門ではなくて他学部との共通科目がほとんどなので、果たしてついて行けるかどうか?しかもあまり食指のわかない内容が多い、なんて言ったらバチがあたるかも。 KCCチャンネルでスクーリングや夜スクの案内申し [続きを読む]
  • 試験結果は予想外
  •  ドキドキしながらKCCチャンネルで4月の科目試験の結果を確認しました。まず、無効かとかなり心配していた「オリエント考古学」を探すと、おおっ、無事にAがもらえているではないですか。全く予期していなかった問題だったけど、やっぱり持込み可ってありがたいですね。 しかし、その喜びもつかの間。過去問から出題されたし、一応必要なことは書いたつもりの「歴史哲学」にはっきりとBの文字が(>  これまで、失敗したかもと思 [続きを読む]
  • 新入生勧誘で始まったGW
  •  今年は2年ぶりに三田の入学式に赴き、 新入生を慶友会に勧誘するお手伝いをしました。2年前の入学式は自分が当事者だったので、新入生の勧誘イベントは今回が初めての参加です。 今年の新入生というか2015年度秋と2016年度春の入学生は合計1336人で、その前の年と比べると少し増えたそうですね。文学部は横ばいだけど、経済学部が大きく増えたのは、何かご時世と関係があるのでしょうか?(最近、こういうご時世だから、という [続きを読む]
  • 科学哲学のレポ帰宅
  •  心配していた「科学哲学」のレポートが無事戻って来ました。2014年のお題「科学革命」の有効期限が切れる数時間前に出したレポートだったから、もしも落としたらこの科目自体を諦めようと思っていたので、合格の二文字に胸をなでおろしました。先生、ありがとうございます! コメントは初めてのワープロ打ち。とても真面目で丁寧な先生で、全体にわたってレポートに鉛筆線や囲み、そして添削が。。しかも、参考文献の引用のよう [続きを読む]