がみこうた さん プロフィール

  •  
がみこうたさん: 大切なことはすべて埼玉西武が教えてくれた
ハンドル名がみこうた さん
ブログタイトル大切なことはすべて埼玉西武が教えてくれた
ブログURLhttp://ameblo.jp/gamikota2018/
サイト紹介文西武ライオンズファン。ろくに試合見てないくせに一丁前にブログなんて書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/10/08 11:30

がみこうた さんのブログ記事

  • 【先週のライオンズ】 楽天イーグルス 強し
  • 【月曜日】・ウルフファンとして、ウルフの離脱にはココロを傷めております。一回飛ばして様子を見る、という程度のことらしいので、チームのために、ファンのために、家族のために、最短で戻ってきてくれることを願っています。そして来年以降もライオンズで活躍してほしい。【火曜日】・平井が一軍登録。5.23 18:00 前橋(16470人)日本ハム000 000 000 = 0 H9 E0100 000 100 = 2 H6 E0西武勝)野上 6回 93球 失点0ホ)牧田 1回 [続きを読む]
  • 日焼けして戻ってきた小石博孝
  • 小石が登場したのは3回途中。すでに5点を取られた後で、なおもノーアウト満塁。ここを抑えて流れを断ち切る、そんな展開を期待して、わくわくしたのも束の間。島内への初球はなんとなく投げた感じの甘い球。岡島にも打たれて0-8。嶋にも茂木にもタイムリーが出て、小石自身にも自責点が付いて、話にならん。跨いだ次のイニングは、テンポの良さもしっかり活かして無失点。良かったけど、一軍復帰登板は変則左腕の限界を感じさせる [続きを読む]
  • 楽天 強し
  • 結果しか見ていないので何も語れませぬ。辻さんにしては珍しいくらいに、試合後は佐野に対する厳しい発言があったようですが。記事になっていることがどこまで本当かは知りませぬが。若い投手が四死球で崩れてしまうのは、どっちにしても残念な結果です。藤原が2イニング、初登板になった平井が1イニング、田村が1イニング。 5回以降をゼロに抑えたことが光明でした。美馬が5勝目ですか。今までにないくらいの安定感。楽天、強いで [続きを読む]
  • 5連勝
  • 劣勢を覆すきっかけは、いつも下位打線から始まります。源田のスクイズはラッキーだったとしても。5連勝。強いですね。 カードの初戦、菊池がエースのピッチングを見せてくれました。チームとして、こういう試合を続けていきたい。今シーズンは、菊池がエースになるシーズンです。みんなで菊池をエースにするシーズンです。 5.26 仙台西武 5-1 楽天 今日もありがとうございます。ピーピーピー、ピーピーピー、ピ [続きを読む]
  • ガルセスウィン
  • 来日7試合目での初勝利。ヒーローインタビューでは、期待を裏切らないナイスなキャラを発揮してくれていました。キャンプの頃から一部では評価の高かったガルセス。比較的若い投手だし、日本で成長して、ライオンズでいっぱい活躍してくれたら嬉しいです。苦しい試合展開でしたが、嫌な流れを覆して勝つことができるのが、今のライオンズです。その原動力は下位打線。1番打者の秋山に打点が付いていることが何よりの証です。6回の [続きを読む]
  • 巧妙が辻
  • なかなか奪えなかった追加点は、打者炭谷、三塁走者水口という、これ以上ないシチュエーションでのスクイズでした。投手が打球を捕った時には既に水口がホームインしているという、首脳陣との信頼関係が生み出した完璧なスクイズ。僕はスクイズが好きではないので知っているのですが、去年はシーズン通してスクイズは一度もありませんでした。ライオンズにとって2シーズンぶりのスクイズ成功です。さて、前橋開催の試合、先発は光 [続きを読む]
  • 特別な勝利
  • 5回が終わった時点では、まさかこんな試合になるとは思っていませんでした。今シーズン初の現地観戦が、大好きなウルフの登板試合になったことは、とても光栄に思っています。日曜日が休みになるという奇跡が起こりました。現地で、ウルフと悔しさを共有できたこと、そしてチームの劇的な勝利の喜びを共有できたこと、とても嬉しく思っています。球場全体にどよめきが起こった、初回の浅村の送りバントは、チームへの最大のメッセ [続きを読む]
  • アニバーサリーシリーズ
  • 埼玉西武10周年 アニバーサリーシリーズ。埼玉県人として、この企画はもっと大々的なものにしてほしかったという想いがあるから、すこし物足りないけれど。このアニバーサリーシリーズに、平成国際大出身の佐野が2勝目を挙げて、埼玉栄高校出身の木村がホームランを打ってくれたこと。無理矢理のこじつけだけど、嬉しく思います。ダイジェストしか見ていないので何も語れません。中田賢一にはとにかくお世話になっています。下位打 [続きを読む]
  • 嬉しい誤算とはこういうことさ
  • 5回3失点くらいで十亀に勝ちがついてくれたら。失礼ながら、試合前の願望はその程度でした。8回無失点。嬉しい誤算。苦しんでいた2017年の十亀、勝ちパターンのリリーフ陣を休ませる快投。素晴らしい。嬉しい。ごめんよ。打線も着々と加点し、6連勝。下位打線がしっかり機能した6連勝で、バラとガーデニングショーロードは7勝1敗の好成績。素晴らしい。ちょうど弱っていた時期のオリックスロッテと当たったという幸運。混戦を勝ち [続きを読む]
  • 源田の三盗たまらん
  • 同点に追いついた、3回表の攻撃。岡田のラッキーな三塁打のあと、秋山のセカンドゴロでまず1点。ランナーがいなくなった状態から再びチャンスを作って2点を取れたのが大きかったですね。そこから完全に試合を支配しました。そしてその過程にあったのが、源田の三盗でした。野球の好きなプレーのひとつです、三盗。たまらん。ビハインドの展開で、バッターは4番。絶対失敗できない状況で、三盗。たまらん。あとで映像を見直しました [続きを読む]
  • カードのアタマ
  • はい、勝ちました。中9日で先発の野上、6回83球1失点で降板。絶対に勝ちたいという想いの表れでしょうか。土肥さんらしい継投でした。カードの頭に、光成ではなく野上を持ってきたのは、信頼とか期待とか、そういうものがやっぱり大きいからなのでしょう。前回登板は不甲斐なかったけれど、ミニキャンプでしっかりと調整して、期待に応えてくれました。味方が点を取った直後の失点は反省していましたが、そこでガタガタと崩れない [続きを読む]
  • 【先週のライオンズ】 いいと思います
  • 【月曜日】・ライオンズチャンネルのファンが選ぶ月間MVP、文化放送のMKPは、ともに浅村。納得いかない!【火曜日】・月間MVPは金子千尋とT-岡田。5.9 18:00 札幌(17989人)西武004 100 200 = 7 H16 E0110 000 000 = 2 H5 E1日本ハム勝)高橋光 5回 96球 失点2ホ)武隈 1回 失点0牧田 1回 失点0ガルセス 1回 失点0田村 1回 失点0[捕手]岡田 9回【水曜日】5.10 18:00 札幌(18256人)西武100 000 000 = 1 H7 E2101 000 00× = 2 [続きを読む]
  • だいたいいつもQS
  • 初戦でしっかり相手にダメージを与えて、その流れに乗って、見事な3タテでした。ウルフが5勝目。今日はちょっと不安定で、守備に助けられたところはあったけれど、なんだかんだでだいたいいつもクオリティスタートの安定感。素晴らしきベテランの投球術よ。今日のオリックスもそうだったけれど、この好成績で、今後は各チームがウルフ対策を講じてくることが予想されます。左を並べたり、球数を投げさせたり、バントでゆさぶったり [続きを読む]
  • 佐野の
  • みんなで打って、みんなで守って、リリーフたちが繋いで、みんなでつかみ獲った、佐野の今シーズン初勝利。鍵を握るのは、5番手6番手7番手の先発投手。誠の勢いよりも、佐野の安定感に期待した首脳陣。その起用に応えた佐野。さあ、相手にしっかりダメージを与えて、3タテの流れができた。5.13 大阪西武 8-2 オリックス今日もありがとうございます。つまずいて、傷ついて、泣き叫んでも、さわやかな希望のにおいがする。 [続きを読む]
  • 完封勝利
  • 初回に先制して、1回2回と菊池は不安定だったけれど要所はしっかり抑えて、打線が着実に加点して。投打が噛み合うとはこういうことさ。菊池は6回86球で降板。その理由は知りませんが、リリーフB班が繋いだ完封勝利は嬉しいですね。上本も出たし。勝ち試合じゃないと味わえない緊張感もあるし、この経験がまたひとつチームを強くしてくれると思います。田村も神戸で登板機会があって、良かったですね。オリックス戦初勝利。とは言っ [続きを読む]
  • 昨シーズンは守備率10割だった秋山翔吾のエラー
  • その1点が、結果的に決勝点になってしまいました。近藤もよく見ていましたね。隙をついた好走塁が、秋山にエラーをつけました。ビハインドの展開でありながら、6回以降、武隈牧田シュリッター。強気の継投は、指揮官からチームへのメッセージになります。明日試合がないからということもあるのでしょうけど、秋山のエラーで負ける試合にはしたくなかったと想いもあったのかな、とちょっと思いました。十亀は苦しいピッチングで安心 [続きを読む]
  • なんでもない勝利
  • べつに劇的でもなんでもないけれど、こういう堅実な勝利の方が、今後のチームのパワーになるのかもしれません。火曜日初勝利。光成が頑張りました。そして打線は着々と加点。下位打線がしっかり機能しました。そう、ここからの上位進出のカギは下位打線です。守備も堅実で良かった。点差が開いてからの継投、8回ガルセス、9回田村!いきなりの勝ち試合の9回登板で、びびったと思うけど、この自信をまた次につなげてほしい。 5 [続きを読む]
  • ブーイングは やめてください
  • 大好きなウルフ、戻ってきた岸。このふたりの投げ合いを、もっとフツーに楽しみたかった。レベルの低いファンたちの、ブーイングをするとかしないとかの議論に心を乱されずに。ウルフが勝てなかったこと、チームが勝てなかったこと、それが悔しかった。でもウルフは悪くなかったし、次も楽しみな内容だったから、嬉しかった。僕は岸を憎んではいないし、頑張ってほしいとずっと思っています。ライオンズ戦以外で、なんて都合の良い [続きを読む]
  • 無題
  • 自分的なポリシーとしては、こういう試合こそしっかりと向き合って、しっかりと受け入れて書きたい、といつも思っているのですが、今日は眠くなってしまったので、端折ります。いきなりの5失点。楽天の狙い打ちが的中した、作戦勝ちだと感じました。さすが首位のチームです。全勝しなきゃいけないわけじゃないし、今日は今日として、反省して、次に活かせばいいさ。外崎の2本塁打が明日への希望。5.6 メットライフ楽天 10-2 西武今 [続きを読む]
  • 下位打線の充実
  • エースの称号に、菊池がちょっと近づいた日、そんな印象です。3連敗の後でプレッシャーはあったと思うけど、エースの役割を果たしてくれました。 7番木村、8番外崎、9番炭谷、この3人で5安打3得点2打点。苦しんでいた木村に、ここのところヒットが続いています。我慢の起用が結果となって、監督も嬉しいと思います。こういうことの積み重ねで、チームは強くなっていきますね。右打ちの外野手枠の木村が調子を上げてきて、熊代 [続きを読む]
  • 勝てない火水木
  • 先発が試合を作れなければ、苦しい展開になるのは当然のことで。先発投手が足りてない状況が早くも露呈しています。どうするのか。編成が動く前に選手に打開してもらいたい。火水木は6連敗で、2勝9敗。先発投手には勝ちがついていないという状況です。ローテの再編も当然考えているでしょうけど、金土日の流れも大事にしていきたいし、今週の結果次第ですかね。5.4 福岡西武 6-9 ソフトバンク7回に、下位打線から始まった攻撃で1点 [続きを読む]
  • 8番 上林誠知
  • 柳田がブレイクした年も、こんな感じだったのを憶えています。シーズン序盤は下位を打っていて、長打力があってすごく厄介な存在、そこからのスタートでした。で、シーズン終わる頃にはいつの間にか、クリーンナップを担っていた。8番上林、2日で3発10打点。いまの主力に翳りが見え始める頃、きっと上林がチームを引っ張る存在になっている。そういう確固たるサイクルが、あの球団にはできていますね。2017年のホークス、本領発揮 [続きを読む]