チェンダイ さん プロフィール

  •  
チェンダイさん: 熱烈的アルビレックス Maximum
ハンドル名チェンダイ さん
ブログタイトル熱烈的アルビレックス Maximum
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chendai2005/
サイト紹介文県外からアルビを応援するモノ好きにも程がある。適当にダラダラ書いてます。
自由文サッカー応援、猫、バイクと何の脈絡もない話題がひとつなぎになる適当人生なサラリーマンのブログっす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/10/08 21:08

チェンダイ さんのブログ記事

  • 初めてのサラダ
  • 以前買っていた猫の草。ペットサラダとして育った草がホームセンターとかで売ってますが、種としても売ってます。今回は種から育ったものをまりも達に与えてみた。猫は吐く動物です。特に長毛種は毛玉を速やかに吐き出したい。この草が誘因となって吐く手助けをするわけです。ある程度育ったので、与えてみた。2匹ともこの手のものは初めて。気持ちの悪いときは、まりもは好んで「蜘蛛の巣」とかベランダで食っている。これが精神 [続きを読む]
  • 怒りのダゾーン解約! まあ八つ当たりですけど。(vs 鹿島戦)
  • 見た限りそれほど調子のよくない鹿島相手にチャンスを逃し、かつ後半DFの悪い癖で失点、そして追い打ちの追加点を奪われ、いつものように無得点での敗戦。もう見飽きた展開。いかも観戦していたダゾーンも最悪。突然画像が止まり、クルクル回りだしたかと思うと思いっきり10分以上前の映像に戻る。回復したと思うと・・・失点してまんがな。プッツン来ましたね。それまでは合格点以上のいい試合していただけに。試合終了とともに契 [続きを読む]
  • 夏直前のリフォーム
  • 大宮戦はEゲート前でこれを売っておるとの情報で段幕張りの後、ゲットしました。当然勲の背番号です。間違えて、そのすぐ横に積まれているガリャを掴んでたのは愛嬌。(すべて勲だと思ってたら2種類あったんですな。完売だそうで。)車にでもぶら下げておこうか。大宮戦参戦のために仙台を出たのが明け方午前4時半。すでにこの時期は明るくなっており、またまりも達が朝飯をねだり始める時間。起きるのはそう難しいことではなく、目 [続きを読む]
  • 都市伝説ジョン・パトリック
  • あー、なんだかなぁ。ルヴァン杯は平日開催のため、基本ナマで試合は見れません。唯一スカパーでのみ映像としてジョンを見てました。アウェーでのマリノス戦でのあの強烈なシュートが頭に残ったまま、「双方合意での契約解除」と相成りました。何が悪かったんでしょうか。実力? それともアルビの戦略に合わなかった?それとも・・・ただチームの水に合わなかった?ソウザやリンドマール、ダヴィなみの速さ。5か月間の在籍。インスタ [続きを読む]
  • リスタートが切れるのか 大宮戦
  • 土曜のホームみかか戦は裏天王山の戦い。っつーても、ドベとブービーの戦いです。レギュレーションではこのままだとお互いJ2降格です。どっちかが踏み台にされるわけですが、大宮もつい先日監督が変わりました。お互いのチームがまだ手探り状態なので、どう転ぶかわかりません。大宮の戦術等については調べる余裕がありません。(まったくで、アルビがこの2週間でどう変わるのか。情報では貴章復帰で前目のポジションに行くとか、前 [続きを読む]
  • 惨劇の後遺症
  • 先ほど仙台に戻ってきました。途中道の駅でワインと温麺(うーめん)を購入。今晩の夕食っつーことで。この近辺の特産なんだけど、あんまり食ったことがない。要は短いソーメン。先週の惨敗が未だに精神的にダメージを与えており、一週間更新していませんでした。その間、いろいろコメントいただきありがとうございます。コメントするのもキツいんじゃないかとお察しします。で、サマフェスやんのかい!この期に及んで?どの面下げてサ [続きを読む]
  • ゴメンね呂比須 
  • 戦術は今のメンツを考えると致し方ない。今ある素材で最大限の味付けをするのは監督の仕事。監督はその使命を全うしている。しかし、料理が不味い。原因は素材だ。45分間はしっかり粘れるのに、なぜそれが続かないのか。メンタルが弱すぎる。技術かないのは仕方ない。ただ一人でサッカーしているわけではないのだ。カバーし合ってミスを消しあうしかない。なのに・・・PKで、1点取られておしまいですか。PKは必ずCBがやらか [続きを読む]
  • アルビ守備陣クライシス
  • 今日発表されたGK大谷選手とDFカズ選手の手術による前線離脱。痛すぎる・・・。というよりサッカーの神様はどんだけアルビに試練を与えるのか。そーまでしてJ1から引きずり下ろしたいのか。せっかく掴んだレギュラーを手放す形となった大谷。先日のプレーではそんな素振りもなかったと感じていたが、以前からの持病がぶり返したのか。カズも同様、スタメンを外れてから出たり出なかったり。結局は2人とも手術で2−3か月の離脱。貴 [続きを読む]
  • 本間至恩と巧にアルビの未来を託す(vs ルヴァン杯神戸戦)
  • この2人以外、収穫は0。勝ち負け関係ない消化試合でしたが、前回の敗戦から何か掴んでくれる、アピールしてくれる選手はいないものか・・・というのが目的の試合。ま、それだけ空しい順位なわけで。で、スタメン含め・・・特に若手は散々たる内容。特に守備は最低、というかプレスに行ってもボール取れないし、クリアしたら相手にプレゼントするし。あまりにも守備に頭が行ってしまい、攻撃に代わっても誰も足が動かない。前半は確 [続きを読む]
  • 新潟DNAとフライパン 
  • 呂比須監督の就任後の出来事が記事になっています。→ココ改めて低迷するチームを引き継ぐことの難しさを教えられた気分。何度も読み返していると、「伝統」とか「DNA」とか良くも悪くも新しい監督にとって足枷でしかないものを如何に融合させ化学変化させるか、かなり悩んだなと。本当は自分の色を出したいのだけど、これまでやってきたことはなかなか変えられることではない。とくに選手にとってずーっと練習で体がフィットして [続きを読む]
  • 使い物にならない控えは期待しないという事(vs 甲府戦)
  • サッカーになってない。枠内シュート0、90分戦ってシュート2本です。これでどうやって勝つというのでしょう。見てて情けない・・・を通り越して気の毒な気分になる。パスミスは想定内だけど、トラップミスとか基本すらまともにできない。練習でできないものが本番でできるわけがない、と言いますが・・・。この選手たちはどんな練習してんでしょうか。というよりも、本当に心配してるのはこの控え選手を相手にしているレギュラ [続きを読む]
  • 今日はルヴァン杯 甲府戦 無駄な試合ではない
  • 既に予選敗退が決まったも同然のこのカップ戦。通常ならば消化試合ですが、呂比須アルビにとっては1試合でも多く経験値を上げたいので願ってもない練習試合に格上げとなります。先週の札幌戦で功を奏した4-2-3-1のシステム。これを再度吉田監督率いる甲府に試そうという事。コメントにもありましたが、すでに紅白戦で宣福がトップで試されているとの事なのでそれが適用されるかどうかは分かりませんが、福岡時代のノリが戻るのかど [続きを読む]
  • 鍵はCFなんだが・・・ルヴァン杯が試金石?
  • 今日も暑かったですね。昨日はブログ記事をUPした後、8時過ぎに仙台に向かいましたが結局眠気には勝てず、磐梯山で仮眠、帰ったのは夜中の1時過ぎ。今朝もメルモ達に起こされて4時過ぎ起き。休日なのに体がだりぃぃぃー。勝利の翌日ですので気分だけはハイ。午前中、ダゾーンをスマホでできるだけ間を端折って先送り再生。富澤のパスセンスは流石。サイドのホニも現場で見た通りで、今後の活躍に期待が持てます。さて、呂比須監 [続きを読む]
  • 呂比須DNAとの融合  アルビ再始動
  • 今日も仙台は冷たい雨、これで3日連続です。新潟で一人日焼けしてきて、「なんだこいつ?」的な目線を浴びることは間違いないところ。今日は私用もあり有休を取っていたので、呂比須監督就任をFacebookからリアルタイムで映像を見ることができました。まあなんと流ちょうな日本語でしょうか。記者の質問に普通に答えるのが何だか不思議に思える。帰化してるんだから当たり前ですが、しばらく日本にいなかったから忘れてんじゃないか [続きを読む]
  • 3万人の前で盛大に介錯、浦和に感謝だ!(vs 浦和戦)
  • 溜まってた膿がドバァーッと、大観衆の前で出ちっゃた・・・って感じですね。ケチャップじゃなく。負けてあーだこーだは他のブログやFacebookとかに任せた!ワタシはワタシの道を行く。なので、これから綴ることにご不満な方は、ここで読むのを止めていただきたいと。写真も撮ってきたんですけど、今回はお蔵入りにしたい。それだけこの試合はこれからのアルビの転機となる試合だったと。と書くと、ついつい読んじゃってまた頭に来 [続きを読む]
  • 呂比須新監督視察の浦和戦
  • 今日は1日冷たい雨の土曜日。外にツーリング予定していたのですが、この天気なので自宅で大人しく・・・スカパーで欧州サッカー見ながら洗濯。上手いなぁ、うらやましいなぁの連発。そしてルヴァン杯FC東京vs大宮。言わずと知れた15歳久保君。恐ろしい15歳。残り10分間でしたがそれだけで十分。どんだけ引き出しが多いのだと。初めてプレーを見ましたがJ1でやらせるのは惜しい。このままイタリアなりスペインなりすぐに行って [続きを読む]