datouabeshinzo さん プロフィール

  •  
datouabeshinzoさん: 真の国益を実現するブログ
ハンドル名datouabeshinzo さん
ブログタイトル真の国益を実現するブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/datoushinzoabe/
サイト紹介文グローバリズム・道州制・移民・TPP・規制緩和(特区)等、安倍政権の売国政策に警鐘を鳴らします。
自由文安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観などあらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/10/10 22:48

datouabeshinzo さんのブログ記事

  • 日米ともに財政収支均衡(黒字化)を求めるのか⁉
  • トランプ大統領の初の予算教書(2018年度会計年度)が、5月23日に議会提出されました。3月に一部明らかになった時点で拙ブログでも書きましたが、軍事予算や国土安全保障予算を増大させた分、低所得者には厳しい予算となっているようです。https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-23/OQDSCW6KLVR501記事にもあるように、同氏を大統領就任へと導いた低収入労働者にはご愁傷様です。23日に公表された予算教書は、歳出 [続きを読む]
  • 吉村大阪市長の大阪都構想住民投票時の非常に重い発言
  • これは現大阪市長である吉村洋文の2年前のいわゆる大阪都構想住民投票結果を受け、その見解を述べたツイートです。当時は日本維新の会大阪選出の衆議院議員でした。橋下徹はじめ当時の都構想賛成派は一様に、潔く住民投票結果を民意として重く受け止めるとする見解を表明していたかと思います。橋下徹なぞは「ラストチャンス」だと繰り返し訴えていました。ところがどうでしょう。彼ら維新の会の連中は何事もなかったかのように [続きを読む]
  • 子供たちに将来の精神を教えこむことについて
  • 森友学園問題については、主に次の2点の真相究明がなされておらず、今でも国会では委員会質疑において、大阪府議会においては百条委員会設置の再提案等、追及が続いています。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000081-asahi-pol一つは、小学校建設用地となった国有地の売却価格の低さと契約に関する不透明さです。一つは、大阪府の小学校認可に関する審査基準を逸脱した「認可適当」との判断についてです。で、最 [続きを読む]
  • 再び大阪市解体の危機が迫っている!
  • 大阪市を解体し特別区を設置するという、いわゆる大阪都妄想、いや大阪都構想ですが、2年前に「大阪府・大阪市特別区設置協議会(以下、法定協議会)」において協定書案が決議され、住民投票において、その賛否決めるということになりました。結果は周知のとおり、反対が賛成をわずかながら上回り否決されています。しかしながら、平成27年秋の大阪府知事選挙及び大阪市長選挙において、大阪維新が推す松井知事、吉村市長が当選 [続きを読む]
  • 安倍政権の憲法問題含む今後について
  •  安倍総理が憲法改正に関して言及しました。  『憲法9条の1項・2項に関しては維持しつつ、自衛隊の根拠規定を追加』するようです。 この方法だと「自衛隊は軍隊なのか?]という矛盾は残るままです。 これを聞いて安倍総理を誤解していた事がわかりました。『自衛隊を正式に国防軍にする』事が、安倍総理の悲願と思っていましたが、そうではないようです。『自身の名を残すために、憲法を1字でも変える』方針のようです。変更 [続きを読む]
  • 保守思想と「愛(愛着)」
  • 適菜収氏が自著『安倍でもわかる保守思想入門』において、マイケル・オークショットの話の中で「保守思想の本質は「愛」にあると思っている」と述べています。氏は、「保守主義の本質は「人間理性に懐疑的であること」」とも述べています。この規定に「愛」という要素が加わることによって、右翼思想や排外主義、さらには新自由主義とは一線を画すことが、より鮮明になってくるかと思います。オークショットが説いたのも「愛」だ [続きを読む]
  • 米消費者債務残高の急増と経済危機
  • 米国では消費者債務残高がこの数年急増しているようです。『米消費者債務残高の急増がもたらすリスク』金融危機以降、住宅融資は新たな規制に縛られ、特に若者やサブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)の借り手にとっては融資を受けることが難しくなっている。しかし、自動車ローンや学生ローン、クレジットカードローンなどその他の形態の消費者信用の残高はここ数年で急増し、経済成長の主な原動力である小売り [続きを読む]
  • 秋顔会東谷塾のお知らせ(日時等)が発表されていました
  • わたくしが勝手に応援している団体の勉強会の詳細が発表されていました。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆日時:平成29年6月17日(土)15:00〜17:40お一人様:社会人:3000円 学生:2000円   (高校生以下千円)学生の方は要学生証会場:東京都新宿区西新宿8-14-21   双英ビル7F※要予約。「お名前」「社会人/学生」の区分を必ず添えて、下記メールアドレスから予約してください。※参加費は当日現金のみの対 [続きを読む]
  • 衆議院文部科学委員会の質疑から(自民党 安藤裕議員)
  • 自民党衆議院の安藤裕議員が4月7日開催の衆議院文部科学委員会において、大学改革のあり方や日本の科学研究等予算の増額に関して質問されています。的を射た質問であり、財務省の財政健全化を優先する姿勢にも厳しい質問を浴びせていますので、是非ご覧いただきたいと思います。こちらで「安藤裕」を すれば見ることができます。30分程度です。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=46974&media_type= [続きを読む]
  • ”『齊藤誠のおかしな金融理解』”
  • 『進撃の庶民』ブログからのリブログです。(寄稿元は望月夜様)日本でおそらく最も権威ある経済学者の一人として知られる齊藤誠が、「なぜ、無制限の金融緩和が私たちの経済社会にとって有害なのか?」というペーパーを上げている。齊藤は金融経済学の一人者を自認しているが、にも拘わらず、このペーパーには極めて多くの誤謬、乃至誤解を呼ぶ不適切表現が含まれている。これを逐一指摘することによって、経済学界隈の金融理解 [続きを読む]
  • 日本の雇用保護の状況等について
  • 最近はやや下火になりましたが、「日本は解雇規制が厳しく、労働者の権利が強すぎる」、「日本では転職すると大きく給与が下がるため、雇用の流動化が進まない」等々、日本の労働市場の特殊性を批判する言説がかねてからありました。実際はどうなのでしょうか。次の論文において一定の整理がなされています。江口匡太2014『雇用流動化で考慮されるべき論点―解雇がもたらす影響について』まずは、経済協力開発機構(OECD)が、加 [続きを読む]
  • 我々は何をなすべきなのか
  • 我が国の大衆社会や戦後レジームにどっぶり浸かった安倍政権(安倍晋三は戦後レジームからの脱却をうたい、彼の信者などは戦後レジームからの脱却を安倍晋三に託していますが)を批判すると、「ならば我々は具体的に何をすれば良いのか、批判だけでは意味がない」との意見を頻繁に耳にします。西部邁氏は、非公式ではありますが「それには先ずできることからやれ」と発言されているようですね。そのような見地から、前回に続いて [続きを読む]
  • 安倍晋三は目前の状況に対して条件反射として動いているだけ
  •  今までは、安倍晋三を表立って批判してこなかった西部邁氏が『表現者』第71号誌上での「国民主義の復権とグローバリズムの終焉」と題された座談会において、安倍晋三を手厳しく批判しています。 なお、この対談にはチャンネル桜代表取締役社長の水島聡氏、評論家の上島嘉郎氏と富岡幸一郎氏、そして西部邁氏の4名が参加しています。 P48「安倍さん的なプラグマティズム(※)は、それはそれでいいいんですが、目前の状況に対 [続きを読む]
  • 大阪維新の不祥事・腐敗が止まらない!
  • 大阪維新(日本維新)といえば、その本質は不祥事(腐敗)であると定義しても過言ではないくらい不祥事が日常茶飯事なのですが、大阪府の徳村さとる議員が暴力団まがいの恫喝を行ったようです。この動画をご覧ください。12分30秒程度の短い動画なので、是非ご覧ください。暴行に加えて、凄まじい恫喝を行っていますね。ここまでやるとは。。。松井大阪府知事は処分を検討するとのこと。http://www.mbs.jp/news/kansai/20170317/00 [続きを読む]
  • トランプ大統領の2018予算教書より
  • 米国のThe Atlantic 's Politics&Policy Dailyのネット配信記事からです。https://www.theatlantic.com/politics/archive/2017/03/the-concrete-cost-of-trump-military-budget/518193/?utm_source=atltwトランプ米政権の初めての予算教書が3月16日に明らかになりました。なお、この予算教書では、連邦政府の省庁予算年間約4兆ドルの内、4分の1の1兆ドル分だけが対象となっており、全額の使途が網羅されているわけではあり [続きを読む]
  • 森友学園問題について少々
  • 森友学園が大阪府豊中市の元国有地において4月開校を目指していた小学校については、先日、学園側から設置認可の申請を取り下げました。しかしながら、国有地格安払下げや小学校認可手続き等々、政治家による圧力が明るみになったわけではなく、今後も注視が必要です。筆者が特に注目しているのは、払下げられた国有地の廃棄物の分量です。財務省の公表資料によると、当該土地8,770?の価格は時価算定で1億3400万円、ただし [続きを読む]
  • (旧友との再会)今でも任侠は存在する
  • 今日はいつもと趣向を変えて、旧友との再会について書きたいと思います。旧友をSとしますが、彼はアウトローと言われる界隈で35年ほど生きてきた人物です。つい最近足を洗いました。小中学校の同級生であり、私は大学まで進学、Sは中学卒業後普通高校には進学するも初日で問題を起こし退学、以降その道に入り、互いに全く異なる人生を歩んできたのですが、先日ふとしたきっかけで、共通の友人を介し、酒を飲みかわす機会を持っ [続きを読む]
  • カジノ問題の本質はマネー・ローンダリングにあり!
  • 森友学園問題が大きく世間を賑わしています。大きくは、①国有地の格安払下げ(財務省近畿財務局)、②小学校認可規制の緩和(大阪府)が問題と考えればよいかと思います。テレビ朝日の報道ステーションで籠池氏のインタビューが紹介されていましたが、次の言葉が本質を突いているのでしょう。「市政府政マターは維新を利用し、国政マターについては自民党の国会議員にうまく取り入ったと思っていた」市政府政マターとは小学校認 [続きを読む]
  • 咲洲庁舎の問題
  • 大阪市というより大阪府なんだけど、まぁテーマ「大阪市を守る!」で許してください。最近、大阪府と安倍総理が某塚本幼稚園で話題なので、そういや咲洲庁舎の問題忘れ去られんなあと思い、動画を作ってみたよ。(動画ソフトいじりの練習もかねて)ちょっとシーン切り替え早すぎて見にくいかもしれません。。。よろしければ、一日一回バナーの をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 平和ボケ・お花畑の亜保守(阿呆衆)
  • いやあ美しいお花畑ですね!!6月頃就活が終わり、先月末修士論文を提出し、見事この春から社畜となる筆者です。(1年以上ぶりにブログを書く。たぶん。)伊藤貫氏が来日したそうで、西部ゼミなど色々なところで見かけますが、以下の動画を見て頭にきた(笑)ものを思い出してしまいました。で、思い出したものはというと・・・これですね。これは某髭の隊長さんのFBの投稿のコメント欄です。言葉が出ないね。これ。カバー画像を [続きを読む]