datouabeshinzo さん プロフィール

  •  
datouabeshinzoさん: 真の国益を実現するブログ
ハンドル名datouabeshinzo さん
ブログタイトル真の国益を実現するブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/datoushinzoabe/
サイト紹介文グローバリズム・道州制・移民・TPP・規制緩和(特区)等、安倍政権の売国政策に警鐘を鳴らします。
自由文安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観などあらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/10/10 22:48

datouabeshinzo さんのブログ記事

  • 平和ボケ・お花畑の亜保守(阿呆衆)
  • いやあ美しいお花畑ですね!!6月頃就活が終わり、先月末修士論文を提出し、見事この春から社畜となる筆者です。(1年以上ぶりにブログを書く。たぶん。)伊藤貫氏が来日したそうで、西部ゼミなど色々なところで見かけますが、以下の動画を見て頭にきた(笑)ものを思い出してしまいました。で、思い出したものはというと・・・これですね。これは某髭の隊長さんのFBの投稿のコメント欄です。言葉が出ないね。これ。カバー画像を [続きを読む]
  • NAFTA等自由貿易協定の影響に関する議論からの雑感
  • 英文の経済に関する論説等を日本語に訳してブログとして発信されている『himaginaryの日記』に、NAFTA等自由貿易協定の影響に関する議論が紹介されており、とても興味深いものでしたので雑感等を記します。まずは経済学者のJ・ブラッドフォード・デロングと『グローバリゼーション・パラドクス』の著者としても有名なダニ・ロドリックとのやり取りです。『NAFTAの真の影響は何だったのか?』と題された1月29日のブログからhttp:/ [続きを読む]
  • 自民党内や国会での議論軽視を許してはいけない!
  • 少々前の話になりますが、平成28年6月に安倍総理は、平成29年4月に予定されていた消費税の8%から10%への引き上げを30カ月先の平成31年4月に先送りすることを決断し、その旨表明しました。また、7月の参議院選挙で国民の信を問うとも述べました。http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2016/0601kaiken.html「2020年度の財政健全化目標はしっかりと堅持します。そのため、ぎりぎりのタイミングである [続きを読む]
  • このままでは年金制度が崩壊する⁉
  • 「年金制度はこのままでは崩壊する」、「年金保険料なぞ払っても無駄」等々、年金不安を煽る言説があります。先日も次のような元経産官僚のネット配信を見かけました。http://www.minnanokaigo.com/news/usami/Q51/『今後は賦課方式である厚生年金の規模を縮小して、積立方式の民間の保険サービスとの組み合わせで老後生活を支えるような仕組みにしていかなければ、日本の年金制度は破綻してしまいかねません。なので、近い将来大 [続きを読む]
  • 地方自治体も歳出拡大に努力せよ!
  • 昨年末に平成29年度政府予算案が公表されています。http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2017/seifuan29/index.htm一般会計の予算総額では97兆45百億円、対前年当初予算と比較すると73百億円の増加、率にすると0.8%増加です。歳入の内、公債依存度は35.3%程度、対前年度当初予算比では額にして△6百億円、率にして△0.3%と安倍政権が掲げる財政健全化に邁進中です。また、平成28年度補正予 [続きを読む]
  • 民間議員の暴走が止まらない!(診療報酬改定にも関与?)
  • 昨年12月21日開催の経済財政諮問会議において、民間議員から「薬価の議論と併せて診療報酬の改定についても諮問会議で議論すべき」との意見が出されたことについて、その翌日、日医(日本医師会)が抗議文書ともとれる見解を公表しました。https://www.med.or.jp/nichiionline/article/004845.html日医は、診療報酬に関しては、日本の健康保険制度や診療報酬の改定などについて審議する厚生労働省の諮問機関である中医協(中央社 [続きを読む]
  • カジノ複合施設の地域経済への影響について
  • 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法案)が成立しました。最終的には、IR推進法はいわゆるプログラム法(※)ではありますが、ギャンブル依存症等の防止が条文内に盛り込まれたようです。http://casino-ir-japan.com/?p=15543(※)特定の政策を実現するための手順や日程などを規定した法律のこと。IR推進法の公布日(=施行)から三ヵ月以内に政府に内閣総理大臣を本部長とするIR推進本部が設置されて [続きを読む]
  • ゲーテのワクチンに関する考え方
  • 『ゲーテとの対話』というドイツの詩人・作家エッカーマンの名著があります。エッカーマン自身のゲーテとの交流・対話を記録した日記集です。トーマス・マンはじめ、我が国では森鴎外や太宰治、芥川龍之介、三島由紀夫も愛読していたそうです。1831年2月19日の日記において、ゲーテが天然痘のワクチン接種に関して意見を開陳した場面があります。(岩波文庫版(中)P300〜301)フォーゲル(枢密顧問官)はごく最近のこととして、 [続きを読む]
  • カジノに関する過去ブログの紹介
  • 昨日12月2日、カジノやホテル、商業施設などの統合型リゾート(IR)を推進するための法案(カジノ解禁法案)が、自民党と日本維新の会など賛成多数で衆院内閣委員会で可決されました。http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161202-OYT1T50064.html今後法案は衆議院本会議で採決され、参議院に送られます。自民党は12月14日までの成立を目指しています。法案成立はほぼ確実ですが、一貫して反対してきた拙ブログでは、最後のあが [続きを読む]
  • 経団連の外国人受け入れに関する提言について
  • href="http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/110_honbun.pdf" target="_self">http://www.keidanren.or.jp/poli
    cy/2016/110_honbun.pdf 先日、経団連が「外国人受け入れ促進に向けた基本的考え」という提言を行い
    ました。その中身を今回は紹介したいと思います。 先に、全体を読んだ感想を言うと「意外に
    おとなしい」っていうのが印象です。昨年の時点ではいまにも「年20万移民受け入れ」等を具体的
    な受け入れ人数とともにか [続きを読む]
  • トランプ以降(2017年以降)の経済情勢について考えてみた
  • トランプ以降、2017年以降の経済情勢について考えてみました。(あくまで独断での予測ですので、責任は持ちません。あしからずご了承ください。)トランプは、中国等は「為替操作国」と認定する、さらには自由貿易協定を破棄してでも米国製造業を守ると公言していたので、てっきりドル安の方向かと推測していましたが、FRBによる年内の利上げ確率の高まりもあって、現状では急激なドル高円安が進行しています。トランプはインフラ [続きを読む]
  • 「〇〇神話」を否定的に使うな!(子育てに関して)
  • 「三歳児神話」という言葉があります。最近では、「三歳になるまでは、母親が子育てに専念しないならば、子供の発育に何らかの悪影響を及ぼす」という考え方を否定的にみなす言葉として、主に使用されているように思います。上記の「三歳になるまでは、母親が子育てに専念しないならば、子供の発育に何らかの悪影響を及ぼす」という考え方については、次のような要素から成り立っていると心理学者の大日向雅美氏は述べています。 [続きを読む]
  • (リブログ)”亡国の全農解体を阻止せよ! 後編”
  • (抜粋)今回の全農潰しは、「生産資材に関し、全農が商社機能を提供することを禁止」「農産物について、全量買取を強制」 という、民間のビジネスに対する不当な介入であり、さらに「改革」が進まない場合、「第二全農」を作るという構想までもがあるのです。 要するに、全農にさっさと潰れろ、という内容が、国会議員ではない民間人による規制改革推進会議で話され、実行に移されようとしているのです。規制改革推進会議の民 [続きを読む]
  • (リブログ)”亡国の全農解体を阻止せよ! 中編”
  • (抜粋)繰り返しますが、農家や農協は全農から生産資材を買う義務はありません。それにも関わらず、なぜ「全農の生産資材が高い」ことが批判されなければならないのか、意味不明です。 いや、百歩譲って、高いことが批判されるだけならともかく、それを理由に、「商社ビジネスから撤退せよ!」 と言ってきているわけですから、もはや「狂気」だと思います。 言葉を選ばずに書きますが、規制改革推進会議の連中は頭がおかしい [続きを読む]
  • (リブログ)”亡国の全農解体を阻止せよ! 前編”
  • (抜粋)<現在、カーギルを代表とする穀物メジャーの「利益最大化」路線に立ち塞がっているのは、もはや全農と全農グレイン以外には存在しないも同然なのです。最後の砦たる全農グレインをカーギルが手に入れれば、日本の食糧安全保障の根幹を「外資系」に握られることになり、世界の食料は「利益最大化」を狙う穀物メジャーの完全支配下に落ちることになります。>よろしければ、一日一回バナーの をお願いいたします。 [続きを読む]
  • (リブログ)”生乳流通改革という「規制緩和」がもたらすもの”
  • アメリカ大統領選挙でトランプが勝ってしまいましたね。はたして、我が国の政治経済への影響は?筆者ごときに予測なぞ出来ませんが、経済に関しては、米国の利上げがあったとしても、円安に振れることはないように思いますので、輸出型企業にとっては大変かと思います。さて話変わって、過日拙ブログでは、自民党の小泉進次郎議員等が進めようとしている農協(JA)改革について、現場を理解していない机上の空論であると批判しま [続きを読む]
  • 賃金主導型経済の必要性
  • またまた他のブログ(『Think outside the box』)からの引用とそこからの展開で申し訳ないのですが、次のブログをご覧ください。「賃上げ・内部留保・コーポレートガバナンス改革」http://totb.hatenablog.com/entry/2016/10/29/102253「日本版「大躍進政策」進行中〜日本版スチュワードシップ・コード」 http://totb.hatenablog.com/entry/2016/10/31/211118このブログでは、我が国の1990年代後半からの長期にわたるゼロ成長あ [続きを読む]