いきてる さん プロフィール

  •  
いきてるさん: 今日もいちにち生きました
ハンドル名いきてる さん
ブログタイトル今日もいちにち生きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/gantoissho/
サイト紹介文直腸がんと診断されました。検査、入院、手術、代替医療、がんを抱えた生活のことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/10/12 15:32

いきてる さんのブログ記事

  • 奥日光
  • 今の私のテーマはストレスフリーな生活と運動。 これで再発絶対阻止! というわけでトレッキングに行ってきました。場所は奥日光。 日光と言えば中禅寺湖が有名ですがここは、それよりはるかに小さな湯ノ湖。 地元の温泉が流れ込んでます。静かで綺麗でした。 湖周辺の散歩道。というか、ほとんどけもの道。クマが出るかと思いましがあえてこうした道を選びましたよ。 高地の天気はどんどん変わります。湖の表情も合わせて変わる [続きを読む]
  • MRI検査結果
  • 本日の外来で昨日の検査結果を聞きました。 「問題ありません。」との答え。 心の荷がまた一つおりました。 ここで、一つ質問。 「MRIは骨盤内を調べたということですが私の場合、骨盤内全摘をしているわけで一体何を検査したんでしょうか?」 「骨盤内に血管や骨は残っているわけでそこに浸潤転移がないかを調べたんですよ。」 方、なるほど。納得しました。 10月には造影CTの予定が組まれています。その後にPETCTをやる予定な [続きを読む]
  • MRI検査
  • 本日は外来。MRI検査をして来ました。 技師さんにどの部分を検査しましたと来たところ「骨盤部ですよ」との返事。 この言葉に疑問が湧いたのですよ。 私の再発疑惑は、傍大動脈のリンパ節のはず。なのになぜ、そこを検査せず、骨盤内なのか。 それに、私は骨盤内全摘術を受けてますからそこに臓器はありません。 もっとも大腸は残っていますが・・・。 この疑問は疑問のままにしておくのは実に気が重い。 そこで、技師さんにお願 [続きを読む]
  • 美保の松原と白糸の滝
  • 先日焼津から美保の松原を周遊してきました。 美保の松原は初めて行ったんですが世界遺産になったのもおまけ的なイメージだったのでそれほど大きな期待は持っていませんでした。 重要文化財にもなっている美保神社から海岸まで「神の道」と呼ばれる500mほどのボードウォークが真っ直ぐに伸びています。 神の道 両サイドには松の木がずらり。私には松の木を見て感動した記憶がありません。 けれど、この日は違いました。名木、 [続きを読む]
  • 歓喜の診断
  • 「再発はありませんでしたよ」 診察室に入るなり医師に言われました。 もー、舞い上がりましたよ。 この、3ヶ月というもの生きた心地がしなかった。 また、あの辛い治療の日々が始まるのかと怯えてました。 再発の言葉が夢に出てきて何度飛び起きたことか。 それが今日、 再発じゃないと主治医がはっきりと言ってくれたんです。 天にも登る気持ちとはこのことですね。 とはいえ、9月はMRI.10月には再びCT検査の予定がありますか [続きを読む]
  • 変質者
  • 明日は検査結果を聞きに病院に行きます。 再々発なのか、経過観察続行か。まずはその結論が出るでしょう。 「再々発のリスクは高い。 そしてそれが起きれば、治癒は格段に難しく 再発が再発を呼ぶような悪循環に陥るだろう」 これが医師の言葉であり、それが現代の医療で正解であることは自分なりに調べてもきちんとした根拠のあることです。 今の私は坂道を転げ落ちていくか踏みとどまるのかのきわどい場所に立っているわけで [続きを読む]
  • ぶらり鎌倉
  • 鎌倉に行ってきました。一番のお目当は上行寺。 がん封じのお寺として名が通っているお寺さんです。 実際に行ってみると・・・。 が〜ん!イメージと違う。 お寺さんの周りに「がん封じ」やら「身代わり」やらとにかく文字で埋め尽くされている。 小泉八雲の耳無芳一を思い出しました。 もしかすると住職は文字を書きまくることで悪霊退散を狙ったのか。 けれど 問題は その文字が雑!ところどころ逆さまだし。 これが達筆なら [続きを読む]
  • 光免疫療法に賭ける
  • 今週号の週刊文春に近赤外光線免疫療法のことが出てましたね。 夢のがん医療としてこの治療法に望みを託す人は多いと思います。私もその一人です。 その仕組みを簡単に言えば がん細胞だけに発生する抗体に結合する物質を静脈注射。そこに近赤外線を照射すると結合した物質が化学反応を起こしほぼ瞬時にがん細胞を破壊するというもの。 副作用もほとんどなく、癌腫も選びません。 その理論通りに行けばがんは治らないという繰り [続きを読む]
  • 単純CTと造影剤CT
  • 昨日はCT検査の日でした。結果は、18日の外来で教えてもらう予定ですのですぐに終わりました。 けれども気がかりなことが。 医師からは次のCTは造影剤で行うと聞いていたにもかかわらず注射無しの単純CTだったからです。 「造影剤しないんですか?」 と聞いてもそこにいるのは技師さんですから主治医の指定がそうなってますの一点張り。 本当にそれでいいのか。 ちょうど、その直前に知り合いからこんなサイト情報が送られてい [続きを読む]
  • ストーマ1年
  • 昨年の今日私はダブルストーマになりました。 1年経った今この体に慣れたのか? 慣れません。苦労いっぱい。 先日、オストメイトの会に参加しました。 一連のセミナーの後年齢別に別れ、グループミーティングが設けられていました。 私が入ったグループは言わば新人グループ。見れば心配顔がずらり。 一生付き合うこの身体。これからいったいどうなるの? そんな不安が思い切り顔に出ている。 もちろん私もその一人でした。 その [続きを読む]
  • 再発防止策のまとめ
  • 傍大動脈リンパ節転移の疑い。 5月のPETで出たこの初見。 2年前の再発時、直腸の両側リンパ節への転移が発覚した時点でそれは十分に予想されていました。 「これは局所ではなく全身にがんが回っていると考えるべきだ。」とは、その時の腫瘍内科医の言葉。 リンパ管に潜り込んだがん細胞が着床先を求めて全身を巡っているのは100%間違いないでしょう。 それだけに、今回の傍大動脈リンパ節転移はあっても全く不思議はありま [続きを読む]
  • ブログタイトル変えました。
  • がんの告知からそろそろ4年が経とうとしています。ブログを始めようと思ったのは、告知された当日からですがさすがに、4年も経つとタイトルと内容が合わなくなってきました。 そこで今回タイトルを変更しました。 今日という日をきちんと生きたのか。自堕落な自分を叱咤する意味合いを込めました。 仕事があれば、それを基軸にした生活リズムを作れるのですが現在は休職に入っています。 自由になる時間が増えた。それを無駄な [続きを読む]
  • 取材を受けました。
  • 日経新聞の生活情報局から取材を受けました。と言っても大勢の中の一人であるしテーマも漠然としたものでしたからどの提案の掲載かはわかりません。掲載は本日の夕刊です。多かれ少なかれがん患者は社会的な弱者です。それでもできることはある。いや使命と言っていいかもしれません。自分の状況を発信することです。患者の気持ちは患者でなければわかりません。医師にすらわからないでしょう。黙っているというのはなかったこと [続きを読む]
  • 鍼治療受けてきました
  • 5月8日のPET検査結果。 私はこの画像診断で再発の嫌疑をかけられました。 そこで私がとった方法は、統合医療。つまり現在の治療に東洋医学を加えるということです。 というわけで、本日は鍼治療に行ってきました。 最大の目的は、手術の後遺症であるお尻から足の痺れの緩和です。医師は鍼で治ると断言していましたから相当な期待を持って治療に臨みました。 うつ伏せになって腰の部分に18本の鍼を打ちます。 私はダブルストー [続きを読む]
  • 安住を求めない
  • がんに罹患すると人間関係も変わります。 簡単に言えば、利害関係だけで繋がっていた人とは自然と疎遠になり、 人として付き合いがある人とは一層、関わりが濃くなります。 がん宣告から4年、そんな経験をしてきました。 日頃から何かとお世話になっている学生時代の先輩がいます。この人も、関係が濃くなった一人ですね。 その先輩から今日、こんな言葉を教えてもらいました。 『苦しくともなお働け。安住を求めるな。この世は [続きを読む]
  • 上高地に行ってきました
  • 人間の本来の住環境とは自然との共生にあった。 便利と安全を求めるあまり、コンクリート生活が染み付いてはいるものの、一旦自然の中に身を置けば眠っていた本来の感覚が目を覚ます。 以上、私の持論です。 というわけで、昨日の日曜日長野県の上高地に行ってきました。 現地までは深夜バス。障害者割引で運賃は半額です。着いたのは朝5時。6時間の行程にはさすがにぐったり。 それでも、天気は晴れ曇りで涼しく現地のコンディ [続きを読む]
  • 筋肉増量作戦
  • これまで調べるばかりで実践してこなかった統合医療。 やってみようと決心したことで少しずつですができることから始めています。 今日、通販で注文しておいた手足用のウェイトが届きました。 統合医療の先生の口癖。「体温の低下が免疫力を弱める」 これは東洋医学の根幹とも言える考え方で漢方などは体温を上げるための体系医療とも言えるほどです。 体温を上げる食べ物、飲み物など厳密に区分けされています。 お酒も、ビール [続きを読む]
  • 休職後の人生設計
  • 先日休職を決意しましたがその後の人生がどうなるかこればかりはわかりません。 けれどわからないから面白い。人生の面白さとはサプライズの連続であることが大きな要素ですよね。 とはいえ、思いつきだけの行動ばかりしていてはたちまち破綻するのも見えています。 どうなるかわからないといえども大きな流れをつかんで対策をイメージしておく。大事なことですよね。 そこで、休職後の予想図及び設計図を簡単な図に起こしてみま [続きを読む]
  • 休職します
  • 以前からずっと考えていたことですが本日休職の意向を会社に伝えました。 同時に、直近のPET検査で傍大動脈のリンパ節に怪しい影が見つかったこと。それに対し現状の西洋医学ではなすすべがないこと。 後遺症の下半身のしびれのため大量の医療用麻薬を必要としていることを説明。 この二つの解決のために東洋医学にその活路を求めたい旨を話しました。 西洋医学の主治医は、代替医療には懐疑的なのですが統合医療としての医学連携 [続きを読む]
  • 漢方の先生曰く
  • 2ヶ月ほど前から漢方医のもとに通っています。 初発の時にかかった、がん専門病院にある漢方外来。 元々、当時悩んでいた排泄障害のことを相談していたのですが今回は、ズバリ再々発防止のために通い始めました。 現在の主治医は、東洋医学に否定的です。ですから深い医療連携は難しいものの反対はしていません。 それに西洋医学ではもう治療法はありませんから東洋医学に補完治療を求めるのは自然な流れだと思います。 いわゆる [続きを読む]
  • 時間の価値を上げる
  • 私はこのブログで偉そうなことをちょくちょく書いておりますがその全てが実行できてるわけではありません。 むしろ実行させるために書いてると言った方が正解。有名なビジネス本でナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という著作がありますが的を射ていると思います。 思い続けることは、意識・無意識を問わずその方向に行動が向きますからブログに自分の理想を書き続けることは意味あることだと思っています。 今回のテーマも [続きを読む]
  • 頼りにしてます、オキノーム
  • 去年の8月に手術して以来、1年近くが経とうとしているのに未だ、お尻の痛みが取れません。 痛みというより、歩く時の妙な疲れと言った方が正確でしょうか。 まともに歩けないんです。少し歩くとたちまち疲れるし。 そこでオキノームを常用しているのですが劇的に効きます。ほぼ健常者に近いくらいに歩けます。 朝20mgを飲んで出かけるのが常なのですけれど今朝は、時間がなく飲まずに出勤。おまけに本日はスクールがあるので [続きを読む]
  • 夢の大きさ
  • 大学時代の先輩と飲みました。 先輩は還暦祝い。私は遅ればせながら退院祝いと、実に立派な大義名分があったわけですが単に飲みたかっただけの話です。 その先輩とは同じ映画サークルに所属し社会人になってからも何かと仕事面で接触しておりましてお互いいい歳ですから昔話には事欠きません。楽しい時間でしたね。 話の風向きが変わったのは、今後の話になってから。 先輩は夢を持ち続けています。 カ [続きを読む]
  • 明るい医療ニュース
  • 医療ニュースを見るのが好きです。そこには将来の明るい観測が満ちているからです。 日本人の最大の死亡原因はがんです。治癒が困難である事は身をもって知っていますが難病といえども、医療界の発見によって根絶する事は歴史が証明しています。 天然痘はジェンナーの発見した種痘によって激減しついには根絶にまで至りました。 かつて日本人の死亡原因の一位は結核でした。これもBCGという予防接種によって激減。 [続きを読む]
  • 小林麻央さん、負けないで。
  • 著名人ががんに罹患するとそれだけでニュースになります。 いくら有名税だとは言っても、命に関わる問題であるだけにご本人の気持は察して余りあるものだと思います。 小林麻央さん。 ご自身の闘病をブログで伝えると発表し事実、毎日のように綴られて来ました。 その病状はとても楽観できるようななものではありません。まして当然世間の耳目は集まりますからブログを始めるにあたってはよほどの勇気が言っ [続きを読む]