対話式算数 さん プロフィール

  •  
対話式算数さん: 算数教材塾・探求のブログ
ハンドル名対話式算数 さん
ブログタイトル算数教材塾・探求のブログ
ブログURLhttp://tai-san.net/
サイト紹介文中学受験の算数の通信教材です。自宅学習で難関校を目指します。スカイプで家庭教師も行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2013/10/13 17:53

対話式算数 さんのブログ記事

  • 算数の力のつく質問の仕方
  • 1週間前の3月16日のブログで、にほんブログ村へのワン をお願いしました。おかげさまで18日までの 数が多くランキングは3位まで昇らせていただきました。ありがとうございます。 のポイントは1週間有効ですので、そろそろポイントが消え、ランキングが下がるころです。最後にもうひとがんばりということで、お役に立ちたいブログを書きます。もしお役に立ちましたら、ぜひ、にほんブログ村のバナーをワン [続きを読む]
  • 問題集を買うときのポイント
  • 3年前のブログです。3年間のPV数は1403でした。少々手直しすることになると思います。 一般的に、参考書を買うときは、見やすさパッと見たときの分かりやすさで選ぶと思います。 中学受験の勉強でいうと、参考書購入よりも問題集購入の方が多いと思います。問題集購入の決め手は何でしょう?参考書とは異なると思います。解説の分かりやすさ問題の見やすさ一応問題の見やすさと書きましたが、ほとんどの人は解説の分か [続きを読む]
  • 東大教授の講演を聴いて中学受験に生かせること
  • 昨日、テレビでもお馴染みの東大教授の池谷裕二氏の講演を聴きに行ってきました。脳についての話です。受験勉強と脳の関係は切っても切れない関係ですので、中学受験に何か役に立つ話はないかと期待していました。 話はほとんど中学受験とは関係が無かったのですが、脳というものがどういうものか少し理解できた気がします。本当は何歳くらいまでに形成されるとか、遺伝とか、好奇心の話も聴けると良かったのですが、その手の [続きを読む]
  • 女子中の算数をやさしいと思わないほうがいい
  • にほんブログ村を0時頃見ましたら、なんとINポイント992もありました。こんなに行ったことはもちろんありませんし、行くことを予想したこともありません。本当に感謝しかありません。2位の背中が見えてきましたが、あくまでも目標は「安定して5位以内」です。昨日は土曜日で連休初日で天気も良いので、PV数が少なくなる日でしたが、ジャスト1000PVでした。この勢いで、ブログを書き、教材販売に繋げていきたいと考えていま [続きを読む]
  • 女子中の算数をやさしいと思わないほうがいい
  • にほんブログ村を0時頃見ましたら、なんとINポイント992もありました。こんなに行ったことはもちろんありませんし、行くことを予想したこともありません。本当に感謝しかありません。2位の背中が見えてきましたが、あくまでも目標は「安定して5位以内」です。昨日は土曜日で連休初日で天気も良いので、PV数が少なくなる日でしたが、ジャスト1000PVでした。この勢いで、ブログを書き、教材販売に繋げていきたいと考えていま [続きを読む]
  • 対話式算数第7話:約数
  • 今週は約数です。4年生1学期の間に分数やりたい↓通分に備えて公倍数を説明したい↓約分もあるし、ついでに約数をやろうという流れです。 興味のある方はこちらにどうぞ対話式算数とは小4対話式算数 第7話:約数の概要 7・1約数の書き出し方を丁寧に説明しました。塾の授業と同等以上に身につきやすくしています。市販の参考書よりも入ってきやすいと思います。 7・2公約数は、書き出して探す↓公約数は最 [続きを読む]
  • 小3グランプリ算数単元別第6回
  • 「図形をつくる」です。この単元は、問題を用意するのは簡単で、なおかつ学習効果が高いので、コストパフォーマンスに優れています。図形を描くことが図形のセンスをつくるのに必要だということに、異を唱える人はいないでしょう。3年生は先取りではなく、こういう図形の問題をやると良いと思います。 ザッと問題の概要を書きます。1番これはあっという間にできるかもしれません。テトリス系の問題です。タイサンはゲーム否 [続きを読む]
  • 下剋上受験第10話(最終回)の感想
  • 下剋上受験最終回です。案外すっきり無難にまとまりました。ドラマ全体を起承転結とすると、「転」のところが見ていられませんでしたが、それなりの流れでした。学習についてのコツやヒントなどは一切なかったので、役に立つドラマではありませんでした。何かプラスになるかと期待してみると、肩すかしに合うでしょう。時間の有り余っている人、中学受験を懐かしむ人、深キョンor要潤ファン向けです。 最終回の今回も不思議な [続きを読む]
  • 小4のスタートダッシュは難しい
  • 昨日、にほんブログ村のバナーの を恐縮しながらもお願いしましたが、夜、日付が変わることに見ましたら、なんと5位でした。自己最高順位です!これはひとえにブログを読んでくださり、 してくださった方のおかげでございます。まことにありがとうございました。こうなると、1度で良いのでトップ3に入りたいという欲望が湧いてきました。いまから1週間がチャンスですので、ブログ更新ペースを上げて3位を目指し [続きを読む]
  • 男女によって良い講師の基準は違います
  • お陰様で、ここのところお役に立ちたいブログが、にほんブログ村の指導・勉強法の注目記事ランキングで1位を取ることが多く、とても励みになっています。ポイントランキングではだいたい11位にいますが、最大瞬間風速は9位だと思います。できればそれをそれぞれ3つくらい上がりますと、とても嬉しく思います。ぜひ、ワン をお願いいたします。 お役に立ちたいブログは、実は、昨年、後期にネタ切れ気味になっており [続きを読む]
  • 対話式算数第6話:小数
  • 学習単元は小数です。まもなく分数を集中的にやりますが、分数の前に小数でしょ!ということで、今回は小数です。小数のわり算のあまりが出る問題は、時期尚早で今回は扱っていません。仕組みも分からないのにルールだけ覚えて解けるようになっても意味がないというタイサンの拘りです。 今回の画像は、小数にちなんでPM2.5の話題になり、シロ君があまりの小さい粒のところに興味を持っているところです。対話式算数は茶くま [続きを読む]
  • 小3グランプリ算数思考力B
  • 今回は思考力の第2回目です。A〜Lの全12回あります。3週前の第1回目はやさしめでしたが、今週はレベルが上がります。さっそく問題ごとに見ていきます。 1番思考系の図形です。こういう図形の問題に低学年のうちから触れておきたいという良問です。解き終わった後に折り紙で実演しても良いですが、まず、頭の中できちんと考えることが大切です。 2番論理的な数の問題です。すんなり解ける子は、算数の能力が高いと [続きを読む]
  • 範囲の決まっていないテストが弱いならば
  • 塾によっては、4年生や5年生のころは、範囲の決まっているテストだけをやる塾もあれば、範囲の決まっているテストの方が多いけど、範囲の決まっていないテストもときどきやる塾もあります。どちらがいいかはなんとも言えません。範囲の決まっていないテストが取れて、はじめて実力があると言えますが、いまの実力がずっと通用するわけではありません。順調に伸びていかなければ、当時は範囲の決まっていないテストができたときもあ [続きを読む]
  • 早稲田アカデミー2017中学入試報告会に行ってきました
  • 早稲田アカデミーの中学入試報告会に行ってきました。私自身初めてです。早稲田アカデミーは全く知らないわけではありませんが、興味津々です。会場はかなり小さい小ホールでした。座席はギッシリでした。「そこ空いていますよ!」とスタッフの方に言われた場所に行ったら、実は空いていないで、かなり狭いところに案内されました。 まず全体の話です。他の塾とは違い、話が丁寧で営業マンのようです。スクリーンに映し出され [続きを読む]
  • 小3グランプリ算数単元別第5回
  • 「数をあてはめる」です。これは小3グランプリ算数の中で、もっともと言っていいくらいの傑作です。小3グランプリ算数はあてはめ重視なので、うってつけの単元というわけです。試行錯誤して、書いては消しゴムで消してのくり返しで、たくさん消しゴムを使ってください。その量に比例して算数力が上がります。ザッと問題の概要を書きます。 1番たて、横に4つの式があります。1〜8の和の36というテクニックは3年生には不 [続きを読む]
  • 下剋上受験第9話の感想
  • 徐々に視聴率が下がり、ついに第8話は5.0%になっていました。理由は誰でも予想がつきます。 視聴者は、5年夏からの遅いスタートで、塾に行かず親の指導で、桜蔭は合格は果たせずとも偏差値70の学校に合格できたその秘密に興味があったからです。少しはプラスになるヒントがあると期待しての視聴だったと思います。ところが、ここまで1つも良いヒントがなかったと言ってもいいくらいでしたので、見る価値がないと判断し離れて [続きを読む]
  • 6年生から退塾という作戦もあります
  • 今回のブログはとてもシビアな内容になります。どんな内容でも動じないように心の準備をしてから、お読み願います。 算数教材塾・探求では、小5からの入塾で十分と考えています。4年生の間は勉強をしないわけではなくて、小4対話式算数を学習して、通塾生よりもむしろアドバンテージをつくろうというものです。先日、明石家さんまの東大方程式という番組の感想文をブログで書きましたが、大学受験では、早い段階では日本史に [続きを読む]
  • 小3グランプリ算数単元別第4回
  • 今週は、「図形と規則性」です。規則性というと、いくつか調べてあとは計算というイメージですが、小3グランプリ算数とはそんなイメージとは決別しています。とにかく書き出して数えるだけです。書き出すときに規則性を利用して書いているので、タイトルに規則性という言葉を使っていますが、数えるときは地道です。3年生に楽な計算を教えたくないです。その考えに共感できる方に、小3グランプリ算数をご利用いただきたいと思っ [続きを読む]
  • 日能研オン・ザ・ロード2017に行ってきました
  • 四谷大塚の入試報告会の日に梯子して日能研も行ってきました。間の時間は20分しかないため、泣く泣くタクシー移動です。15分、1500円くらいです(スカイプ指導と同じ値段ですね)オン・ザ・ロード開始0分前にギリギリ着きました。 まず全体の話です。首都圏受験生は57000人で増加しているそうです。理由がなかったので、私が理由を補足します(笑)最近の日本は、「安かろう悪かろう」という考えが強くなってきていると思い [続きを読む]
  • 対話式算数第5話:計算の仕方
  • 今週は計算の仕方です。2016年までは第4話でしたが、2017年からは「同じ分野を4回連続で」という方針に変えたために、第4話を第5話に持ってきました。中の構成は変えていませんが、分かりやすく書き直した部分もあります。逆算はリンゴでイメージするようにしました。練習問題も虫食い算を1問増やしました。2016年版もこの単元は好評です。計算の仕方の説明は授業でも教材でも無味乾燥でつまらないのが普通ですが、それがかなり分 [続きを読む]
  • さんまの東大方程式で役に立ったこと
  • 3月1日には見ませんでしたが、今日、軽く見ました。第3回目らしいのですが、私は初めて見ました。後半から異性と付き合いたいか?とか、東大生と付き合いたい女子が出てきてねるとんのようになってきたので、聞き流す程度にしました。表題の通り、役に立つこともありました。それは、学習の仕方とやってはいけないことです。テレビでは大学受験の話ですが、中学受験と基本的には同じです。 まず、学習の仕方です。最初は「 [続きを読む]
  • 下剋上受験第8話の感想
  • 下剋上受験のドラマ、視聴率が8%くらいで低空飛行のまま終盤に近づいてきました。今週はますますハチャメチャになっています。視聴率低迷の手直しでやり過ぎてしまったのかもしれません。あとでまた書きますが、自殺シーンはあってはならないシーンだと思います。 いきなり楢崎君が、マンションの契約を桜井氏の奥さんに譲ろうかななどと言っています。どんな見返りを期待しているのでしょうか?「役に立ちたいから」なんて [続きを読む]
  • 2017四谷大塚中学入試報告会に行ってきました
  • 四谷大塚の入試報告会に行ってきました。昨年から合格実績が持ち直し、今年は着実に増加しましたので、いままでと内容が変わるか注目しました。結果は、大幅に変わりました。脳の話や心の話がなくなりました。普通の中学入試についての話になりました。その現金なところがおもしろいです。そういえば、合格実績発表も今年は早かったのではないでしょうか?あまり気にしていなかったので、正確には分かりませんが。 まず、合格 [続きを読む]
  • 2017年度サピックス中学入試分析会に行ってきました
  • プライベートですが、家族のために中学入試分析会に行ってきました。相変わらずサピックスの集客力は凄いですし、みなさん静かにしっかり聞いています。 まず神田先生のいつもの話です。何%増えた、何%減ったという話が大半ですが、それはほとんど役に立ちません。20%以上増えたとか減ったのであれば、その分析とともに語るべき価値がありますが、10%未満の増減で大袈裟に語っても意味がありません。理由のつかない増減の [続きを読む]
  • 範囲の決まっていないテストに向けての学習法
  • 塾のテストには、範囲が決まっていてどれだけ身につけたかを試すテストと、範囲が決まってない総合力を試すテストがあります。範囲が決まっていれば、テスト前の準備で何をやるかは明確で、それを質の高い学習ができるかどうかが鍵を握ります。それに対して、範囲が決まっていなければ、テスト前には何をやればいいのかよく分かりません。ということで、どちらかというと、テスト前よりもテスト後の処理の方が重要だと思います。し [続きを読む]