旧ざくさん さん プロフィール

  •  
旧ざくさんさん: ダーツとジョギングとXBOX
ハンドル名旧ざくさん さん
ブログタイトルダーツとジョギングとXBOX
ブログURLhttp://oldzaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文ダーツは本当に面白いのです。
自由文ダーツとジョギングとXBOXの事について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/10/14 12:39

旧ざくさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 試合に強くなる為には
  • 牛乳飲んだら腹壊す。どうも私です。私はかなり勝負弱いほうです。けっこう場数は踏んできましたが、いまだに試合となると打てるときもあれば、まったく打てないときもあります。それでも最初の頃に比べるといくぶんマシになりました。よく試合は慣れれば、というような事を言いますが、ただ出てるだけでは変わらないように私は思います。ダーツはまったく同じ条件でプレイし続ける事ができますが、脳が状況を理解し自分が変わって [続きを読む]
  • ビットブルパーフェクト
  • 今日もSNSに踊らされる。どうも私です。練習というのは飽きもありますが、意味も薄れていくのでいろいろ工夫するのが大事と思います。私もどれもたいしたものではないですが、いろんな練習方法を考えました。今回、上級者向けになりますが一つ紹介したいと思います。私はブルパーフェクトは死ぬまで達成したいと思ってダーツを投げていますが、出る気配はまったくありません。ほとんど初め4ラウンド以内にブルははずれ、トライの緊 [続きを読む]
  • 自己顕示欲
  • 半袖で外に出ると肌寒くて町で浮く。衣替えのタイミングがヘタどうも私です。ソフトダーツはとても「自己顕示欲」を刺激するような形になっていると思います。お店の台のモニターは全ての人が見える状態。数字で実力が明確に出て不特定多数が見れる。音やアワードが他の人にも聞こえる。プレイしてる人だけでなく周りにいる人、もしくはネット上でも見られるところが、とてもオープンに作られています。これはボーリングやビリヤー [続きを読む]
  • ダーツにおける理屈と感覚
  • 温かくなったり寒くなったり。ダーツと同じで安定しない気温が続きますね。どうも私です。感覚で入れるという事を悪く考える人もいますが、私は最終的にダーツは感覚で入れるものだと考えています。上達する為には理屈は必要ですが最終的には感覚に落とし込まないと入る事はないと思います。ダーツがわからなくなる要因の一つに感覚が使えてないというのがある気がします。同じ形で同じ力、同じ道具で同じターゲットを毎日のように [続きを読む]
  • サブとしてのダーツ
  • ダイエットに英語。ダーツ以外は続かない。どうも私です。ダーツはダーツ特有の良さがあって今あるメジャースポーツと比較して考える必要はないのではないでしょうか。メインストリームにはなりえないけど手軽で身近な「見る」スポーツとしたほうがピンとくる気がします。ダーツは他のプロスポーツのように専業でなくても戦えます。時間を割けば割くほど上手くいくわけでもありません。言葉は悪いですが片手間でも可能性のあるスポ [続きを読む]
  • ストレートの流行
  • ラーメンは北海道味噌が好き。どうも私です。2011年に「もうしばらくしたら一周してスタンダードなストレートが流行ったりするかもしれません。」http://oldzaku.blog.fc2.com/blog-entry-858.htmlなんて言ってましたが最近は本当にストレートが流行ってるように思います。力を伝えるというところだけで見るとトルピードより難しいと感じます。無理に使う必要性はないと思っていますが、難しいながらも試行錯誤する面白さがあり好 [続きを読む]
  • 梅原大吾さんの講義が面白い
  • 月一更新もできないようじゃブログやめたほうが良いかもしれない。どうも私です。まあ私が元ゲーマーだからというのが大きいんでしょうけど、梅原大吾さんのお話しがとても思慮深く面白いです。消えちゃうかもしれませんがこちらの動画貼っておきます。ゲームに飽きるという話し。成長の話し。ここらへんとても面白く感じました。ダーツに当てはめてみると特に顕著に当てはまってると思います。大人気ブログかランキングを確認!ウ [続きを読む]
  • ダーツを教えるかどうか
  • 師走と言いますが本当に忙しくなかなかブログに手が回らない。どうも私です。良くある事ですが、こないだダーツやったとき、ちょっとしたきっかけで隣の方と話しをしました。あまり運動が得意じゃないという事で親近感を覚えてお節介にもアドバイスできないかという気持ちに。見ると力みがちで手で投げてる印象で聞いてみると『構えて、引いて、腕を振って、構えたあたりでリリース』というように考えていました。腕を振ってからリ [続きを読む]
  • 日本ハードダーツのレベルアップ
  • しばらくハードやってないとすぐ暗算遅くなる。どうも私です。PDJは見ごたえありました。去年もレベル上がってきたと思いましたが、今年は全体を通して面白い試合が多くさらにレベルの底上げが感じられました。決まり手が18ダーツ以内のものが多く、これぐらいだと見ていてテンポが良く盛り上がります。感覚的には4、5年前のPDCと同じぐらいの内容になってきたと思います。贅沢を言えば180はもっと欲しかったかな。PDCトップとはま [続きを読む]
  • イメージの改善
  • 視聴者はほんと好き勝手言う。一視聴者どうも私です。最近のJAPANについてかなりイメージが悪いです。見ていて不快な映像があり、それは個人だけに限った話しではなく結構な場面で見られます。プロとして行動がどうこうといった話しは興味はありませんが、不快なものは見たくはありません。逆は言えば単純に面白そうであれば見るのですが、面白いわけでもなくただ残念です。私もサラリーマンが長いですから感覚はお堅いのかもしれ [続きを読む]
  • 2016年近況
  • 最近ビールをひかえてる。プリン体が気になるどうも私です。結構前ですがPS4を購入したのでブログタイトルを変える事にしました。さすがにXBOXOneは買わずついにPS4になってしまいました。とはいえそんなにやれておらず細々と。ジョギングもさっぱりできてません。来年マラソン大会にまたエントリーしようと思っています。自分を走らせる動機づけに。ダーツは毎日のようにやりますが家投げも増えました。もともと一人で行動する事 [続きを読む]
  • ダーツが続く続かないの境界線
  • あいかわらずのダーツ好き。どうも私です。多少は長くダーツをやってる自分ですが、他のスポーツの比べればまだまだ歴史の浅いダーツ。広くみれば10年なんてたいした年数じゃありません。一昔と比べて環境も情報も整い、ダーツの上達スピードはかなり早くなりました。一年でAAどころかSAまで行ったなんて事も聞く話しです。しかし続くかどうかは腕前とは別でどんなに上達しても辞める人は今でも簡単に辞めます。上手くならなくても [続きを読む]
  • ダーツの向きとベクトル
  • まったくやせる事ができない。自己管理ができない弱い人間。どうも私です。ダーツのスローで理屈をこねたものをテキストにするのはなるべく避けています。理屈は最終的には自分で組み立てないと意味がないと思いますが、テキストにしてしまうと他人の理屈にひっぱられてしまうからです。自分も良くひっかかる調子崩す原因の一つなので書いておきたいと思います。狙う意識が強くなると安易にダーツの向きが気になってしまいます。け [続きを読む]
  • たかが道具されど道具
  • 早くも暑くてやる気なし。どうも私です。最近のダーツグッズの選択支の多さは目を見張るものがあります。逆に初心者にはなかなか選ぶのが大変です。ダーツショップの店頭で思ったのは、アパレルのようにおススメのコーディネートを飾っておくと初心者は選びやすいのではと思いました。自分のベストなセッティングを出すというのは大変楽しく最近のダーツの魅力の一つと言って良いと思います。しかしやはり自分のスローが安定してこ [続きを読む]
  • 答えは自分の中にしかない
  • PDC TOKYO DARTS MASTERSが楽しみでしかたがない。どうも私です。上達したい。その気持ちから上手くなる理屈を追い求めます。ダーツにもいろんな方法論が出てきたと思います。どうしたら良いか聞かれたときに場当たり的な理論を提供できたとしても、それがその人に本当に合っているかは教える側はわからないと思います。基本的には使えるのかどうかは本人しか判断できないと考えています。もちろん教えてもらった事に対して租借す [続きを読む]
  • 二つのプロツアーと社会貢献
  • 年々酒の量が増える。飲んだくれおっさん化してるどうも私です。現在JAPANとPERFECTと存在しますが、最近競技団体が二つあるのは良い事かもと思います。やはりお互い意識して向上する事ができれば業界自体が強くなれると思うからです。ファンの目線から見て現在はPERFECTのほうが魅力を感じるところはあります。けれど向上する意識があるがぎり、今後どちらが面白くなるかはわからないと思います。それは在籍選手の顔ぶれという事 [続きを読む]
  • ダーツは社会に貢献できる有益なスポーツ
  • 最近カゼ対策としてニンニクをよく食べ、ニオイ対策に困っているどうも私です。ダーツは社会的にも有益であり、貢献していけるスポーツだと思います。ダーツバーという形にこだわらなければより幅のある活動ができるのではないでしょうか。・シニア層のレクリエーション・高さをカバーできれば小学生でもできる・学生同士の遊びとしても健全・大人としても人間関係の広がり、活動範囲の拡大など幅ができる・出会いの場としても多少 [続きを読む]
  • プロライセンス
  • ダーツはダーツでソフトにハードに大忙し。どうも私です。去年のランキングを見ますとこれだけの人間がいます。PERFECT 男子 1089名 女子 201名JAPAN  男子 995名 女子 312名合計すると2597名ものプロライセンス保持者がいるという事になります。純粋なプレイヤーだけで食べている人間は2〜30人いるのでしょうか。そんなにいない気もします。プレイヤーがメインで飲食店の給与が副業という形であればかなり多いと思います [続きを読む]
  • PDC Order of Merit 2013 ⇒ 2016
  • ここ数年自分のダーツはレベルアップした気がしない。どうも私です。PDC Order of MeritとはPDCの年間獲得賞金を合計したランキングです。これによって出れるでれないやシードなどが組まれます。PDCの選手が充実したと感じた2013年。そして今年の2016年のランキングを見て顔ぶれの変わり方に面白さを感じたのでまとめてみました。PDC order of merit (2013年1月)(1ポンド=167.5円計算)1  PhilTaylor     126,646,7502 [続きを読む]
  • 2016年 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。どうも私です。昨年はダーツもジョギングもそんなにやれない一年となってしまいました。XBOXOneも買えておりません。いろいろやり残しはありますが仕事はがんばっていますので良しとしたいと思います。忙しい時期でもマイペースにいろんな事は継続していきたい。ダーツはまだまだ文化として幅広く根付いていくと信じています。正月番組でダーツが見れる事を願いつつ。ブログも無理せず続けていき [続きを読む]
  • 一人練習の問題点
  • あっというまに一年終わる。どうも私です。私は技術的上達を求めるならば練習は必要と考えています。最近の世の中は知識を得る事はかなり簡単です。重要なのはそれを租借して自分の中で消化できているのかだと思います。ダーツに限らずの話しなのですが、ダーツは特に消化するには自分と良く向き合いながら実際プレイする必要があるので面倒と思います。知識だけが先行してしまい、体が追いついてないケースは良くあるように感じま [続きを読む]
  • 技術論は楽しい
  • ブログを続ける事の難しさ。どうも私です。ダーツの技術論は大好きです。いろいろ見たり、聞いたりすると試してみたくなります。初心者は気をつけて欲しいのは、うのみにしない事。しっかり自分にとってどうなのかを考える事が大事です。全ての理論は上達につながる事もあれば、じゃまをする事もあります。技術レベル、身体的特徴、感覚、理解度、などで大きく左右されます。自分で自分の事を考えるクセをつける事が上達には欠かせ [続きを読む]
  • カットの好み
  • 食事を減らしてもまったく体重落ちません。どうも私です。最近はいろんなバレルが幅広く出ていてプレイヤーとしては嬉しいかぎりです。くぼみ系、たる系の流行もひと段落。ストレートベースの形状パターンも増えてきました。十分な選択支があるのですが実は一つだけ不満が出る事があります。それはカットの入り方です。形状と重心はバッチリだけど、どうしても刻みが薄い。もしくはかかりすぎるなど。人によってカットの強さの好み [続きを読む]
  • 練習の考え方
  • 何事も一人プレイが大好き。どうも私です。一人投げを続けていてもなかなか上達しなかったりします。練習の考え方について私なりの考えを書いてみたいと思います。◆最終的な理想理屈だけ言えば「一定のフォームで狙い続ける事」だと考えています。だれでも思う簡単な話しに思いますが、これができなくて皆が苦しむわけです。(試合においてはまた話しが違ってくると思います)◆「飛ばす」と「狙う」を分けて練習する・「飛ばす」 [続きを読む]
  • ハードダーツの時代がやってくる予感
  • いまだになかなかスティールと言えないどうも私です。今年になってからPDCを身近に感じる事が多いです。いろんな流れを考えると来年ハードダーツが大きく注目されるようなそんな予感がします。単にマニアの自分一人だけが盛り上がってるわけじゃないと感じています。2014 Winmauワールドマスターズで浅田選手がベスト16入り2015 BDO Lakeside World Champions出場。村松選手がQスクールに挑戦しツアーカードを取得。PDJ 西日本予選 [続きを読む]
  • 過去の記事 …