SVD管理人 さん プロフィール

  •  
SVD管理人さん: シリコンバレーからドラゴンズを語る〜GM編〜
ハンドル名SVD管理人 さん
ブログタイトルシリコンバレーからドラゴンズを語る〜GM編〜
ブログURLhttp://svdragons.com/
サイト紹介文旧ブログ「シリコンバレーからドラゴンズを語る」の続編です。
自由文落合GM率いる新生中日ドラゴンズを応援していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/10/14 16:01

SVD管理人 さんのブログ記事

  • For Good
  • 今日で1月も終わりとなる。落合GMの契約満了日でもあるが、特にニュースにもならないようである。老兵は死なず、ただ消え去るのみ、といった所だろうか。それよりも明日は新しいシーズンに向けたキャンプの初日である。例年いろいろ話題があって期待が大きく膨らむ時期ではあるものの、それを差し引いても今年は面白い材料が多いのではないかと思う。森新監督の就任、森脇コーチなど著名な新コーチ、多くの新外国人、伸び悩んでい [続きを読む]
  • 落合GMの総評
  • 年が明け、もう10日近くになろうとしている。時が過ぎるのは早いものである。1月末に向けて何か更新の構想を立てようかと思っていたのだが、そうこうしているうちにあっと言う間に1月も終わってしまいそうであり、とりあえず五月雨式に更新していきたい。落合GMについて、成否を問われればファンとしては否と言わざるを得ない。ファンとしては勝つことこそが正義であり、結果的に勝てなかったことについて、落合GMにどのような役割 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく御願い致します。落合GMの退任まであと1ヶ月を切ってしまったが、なかなか更新する気力も湧かない。GM時代においては落合GMが一体どういう考えで何をしたのかということについてあまりに情報が少なすぎるため、いろいろな出来事を振り返るという気分にもならず、ただ寂しさを噛み締めるだけの状態である。さて、2017年の元旦は例年になく暖かかったような印象であったが [続きを読む]
  • 落合GMの退任
  • 突然の報道であった。契約更新はされないかもしれないという予想はあったものの、しかしこうして実際に退任が報道されると非常にショックである。大変残念な3年間にはなってしまったが、また中日に戻って来てくれたことに感謝したい。 成績の伸びない3年間であり、総括するのは難しいが、GMとして結果が出なかったことの責任を負うのは仕方あるまい。 大幅な減俸などで話題は集めたものの、谷繁監督の不仲が報道されるなど [続きを読む]
  • 師走の寒空
  • 大変寒くなってきた。今年は例年に比べて体調を崩すことが少なく、体質改善の努力が実ったのかと思っていたのだが、寒くなってからは万全の体調という時期があまりなく、普通に生活出来たり寝込んだりという不健康な生活になってしまっている。加齢による体力の低下もあるとは思うが、寒い季節においてもなるべく健康な生活が出来るようになりたいものである。しかし今日は寒い中で珍しく体調も万全に近く、久々にブログを更新しよ [続きを読む]
  • 風の便り
  • 最近寒かったこともあり、しばらくブログも更新せずのんびりとしていたのだが、今オフは順調に戦力の整備が進んでいるようである。ドラフトも想定通りの選手が取れたようであり、大島、平田、ビシエドの残留にも成功し、新外国人も1人ゲレロという選手が決まったそうで、あとは外国人でストッパーが取れればといったところだろう。ゲレロという選手は全く知らないのでなんとも言えないが、外野やサードが守れるということで、福田 [続きを読む]
  • 冬の気配
  • シーズンオフ真っ只中である。少し前までまだ暑いと思っていたのだが、ここ数日でにわかに寒くなってきた。もうまもなく冬が始まる気配である。毎年風邪を引いて苦労しており、特に冬は毎年何度も風邪を引いてしまうのだが、なんとか今年は健康で乗り切りたい。風邪にも予防注射があると良いのだが。さて、例年契約更改や背番号の変更などで何かと話題があるが、今年はFAの2選手も残留し、契約更改も淡々と進んでいる印象である。 [続きを読む]
  • 平田の残留
  • 平田が正式に残留を表明したようで、一安心である。成績だけを見れば一流プレーヤーには程遠いが、守備力が高く長打力もあり、潜在能力を感じさせる選手である。これが花開かずして他球団に移籍してしまうというのは大変残念であったため、大変嬉しい。ぜひ中日で大成して貰いたいものである。今年は2割5分も打てなかったが、場合によっては3割30本100打点というレベルの成績も期待できる選手ではないかと思う。4番を打た [続きを読む]
  • 降格
  • サッカーの名古屋グランパスエイトが降格になったそうで、中日関連のニュースを見ていると関連記事が多くヒットするため、ついいくつか読んでしまった。野球はいくら酷いシーズンでも翌年優勝するチャンスがあるが、サッカーは降格すると少なくとも翌年はペナントレースに参加することもできなくなるそうで、非常にファンが気の毒である。サッカーの名古屋は野球の中日ドラゴンズとは異なり、トヨタのサッカー部が母体でトヨタ自動 [続きを読む]
  • FA選手の動向
  • 最近急に忙しくなってあまりブログを更新する時間もなかったのだが、気がつけば大島が残留を決めていたようである。報道によれば森監督が動いたことで大幅な年俸増を勝ち取ったということだが、交渉に満足しての笑顔は清々しいものである。数字を残して優勝したということであればなおさら良いが、チームは残念ながら最下位であり、来季は個人、チームともに成績を残してもらいたいものであるが、おそらく複数年契約であるため、そ [続きを読む]
  • 別れの季節
  • エルナンデス、ナニータ、ネイラーなど外国人選手が解雇されたようである。これで来季残る外国人選手はビシエド、バルデス、ジョーダンの3選手となった。準主力クラスで2軍に置いておける選手はそれなりに利用価値があると思うのだが、エルナンデス、ナニータ、ネイラーといったある程度結果を残した選手を解雇するということはそれなりの補強をするという意思の表れなのだろう。バルデス、ジョーダンは上げたり下げたりして使っ [続きを読む]
  • ドラフト
  • ドラフト会議も終わり、これから来季の構想も固まってくることだろう。アマチュア選手のことは全く知らないので、いいドラフトであったかどうかも全く分からないのだが、即戦力と思われる投手を1位で指名するのは良くあることとして、守備が売りの遊撃手を2位指名、外野手の指名がゼロというのは意図が感じられる采配であったと思われる。最大の懸念は二遊間で、守備に目を瞑れば打てるという選手はいなくないが、打撃に目を瞑る [続きを読む]
  • 秋の空模様
  • すっかり秋の様相である。先日松茸を頂いて今年初めての松茸ご飯など食べたが、秋は美味しいものが多く、暑さも収まって過ごしやすく、花粉症もなく、一番良い季節である。厳しい冬を控えたこの至福の季節において、ここ数年野球がないというのは寂しい限りである。世間はまだクライマックスシリーズである。これが終わってようやく日本シリーズということで、中日の公式戦終了によりファンとしてもシーズンオフに入り、野球のニュ [続きを読む]
  • 内野
  • 森監督体制がスタートしている。新監督ということもあってかコメントが多く報道されており、活発に動いているようで期待が持てる。選手時代の実績がさほどでもないため地味な印象になるかと思っていたのだが、気が利いたコメントが多く、意外と人気が出るかもしれない。 まだ落合GMに関するコメントはあまりないようだが、今後は森監督から落合GMの動向についてのコメントも聞けるかもしれない。来季に向けて楽しみにしたい所であ [続きを読む]
  • 森繁監督
  • 森監督体制がスタートしているが、森監督といえば別に有名な監督がいたため、なかなか馴染んでこないというのが正直な所である。山本昌のように森繁監督とすれば今の森監督のことであると分かりやすいが、谷繁監督から森繁監督というのも冗談のようであり、また森繁という苗字も実際にあるだろうから、森繁が苗字だと勘違いされることもあるだろう。谷繁も出てきた頃は谷という苗字の選手であるという誤解が多かったように思われる [続きを読む]
  • 秋の夜長
  • 秋のキャンプが始まったようである。強かった頃はクライマックスシリーズに出場することが当たり前であり、毎年シーズンも長かったのだが、最近はペナントレースが終わればシーズンも終わりであり寂しい限りである。しかしクライマックスがない分秋のキャンプができることは来季に向けてプラスでもあり、この機会を生かして若手を強化して貰いたいものである。余談ながら辻コーチは西武で監督をやるようである。知名度や実績を考え [続きを読む]
  • 戦力外
  • 今年も多くの選手が戦力外となり、各球団発表が始まっている。ドラフトで選手を取る以上、一定数の選手を出さなければいけない。今年は岩田と雄太の引退もあったが、大場や西川などが自由契約となったようである。厳しい世界である。中日で解雇された育成選手で「調子が良くても試合に出られずつらかった」というコメントがあったが、このような思いで辞めていくのは不完全燃焼だろう。プロの世界であり、実力を認められなければチ [続きを読む]
  • 外国人構想
  • 新監督も決まり、来季に向けて応援していく気持ちが湧いてきた。長らくAクラスすら遠ざかっている状況ではあるが、優勝からの日本一を目指して頑張って貰いたい。今年の広島は確かに強かったが、ソフトバンクが失速したように、どこかのチームが迫ればプレッシャーがかかって失速する可能性もあったのではないかという気もする。各選手が力を発揮し続けたため各選手の個人成績も素晴らしいものになったが、来季広島に全く勝てない [続きを読む]
  • 夜明け
  • 昨日はいろいろと考えさせられる日となった。いろいろ書くと長文でごちゃごちゃになりそうだったので論点を分けて書いてみたのだが、まとめるのはなかなか難しい。さて、今朝森新監督の会見を新聞で読んだのだが、印象的だったのは「2−3点を取りにいって点が取れないよりも、1点を取りにいって取れない方が投手は苦しい」というコメントであった。さすがに終盤は1点でもリードした方が有利であるからおそらく先発投手の心境の [続きを読む]
  • 夜明け
  • 昨日はいろいろと考えさせられる日となった。いろいろ書くと長文でごちゃごちゃになりそうだったので論点を分けて書いてみたのだが、まとめるのはなかなか難しい。さて、今朝森新監督の会見を新聞で読んだのだが、印象的だったのは「2−3点を取りにいって点が取れないよりも、1点を取りにいって取れない方が投手は苦しい」というコメントであった。さすがに終盤は1点でもリードした方が有利であるからおそらく先発投手の心境の [続きを読む]
  • 小笠原二軍監督 監督就任の是非
  • 結果的に小笠原監督の誕生とはならなかった。個人的に、小笠原は中日ドラゴンズのためにいい仕事をしてくれたとは思うが、しかしまだ巨人の選手というイメージが強い、世間的には日本ハムのイメージが強いのかもしれないが、あまりパリーグの試合を見る機会がないため、どうしても巨人時代が記憶に新しい。二軍の結果や小笠原監督のコメントを見てきて、監督としての能力は高いのではないかと期待している。いろいろ要素はあるだろ [続きを読む]
  • 小笠原二軍監督 監督就任の是非
  • 結果的に小笠原監督の誕生とはならなかった。個人的に、小笠原は中日ドラゴンズのためにいい仕事をしてくれたとは思うが、しかしまだ巨人の選手というイメージが強い、世間的には日本ハムのイメージが強いのかもしれないが、あまりパリーグの試合を見る機会がないため、どうしても巨人時代が記憶に新しい。二軍の結果や小笠原監督のコメントを見てきて、監督としての能力は高いのではないかと期待している。いろいろ要素はあるだろ [続きを読む]
  • 今シーズンの終わり
  • 全試合が終了した。しばらく公式戦を見れなくなるのは残念の一言に尽きる。皮肉な意味ではなく、下位チームを応援して楽しむノウハウが体得できたような1年であり、こんなシーズンであっても試合がなくなるのは寂しいという他ない。勝っているときは大変興奮するが、一方で負けるや順位変動などに対する重圧もあり、勿体ない負け方をしたりするとストレスが溜まってしまう。それも含めて楽しみではあるものの、今季後半は純粋にそ [続きを読む]
  • 今シーズンの終わり
  • 全試合が終了した。しばらく公式戦を見れなくなるのは残念の一言に尽きる。皮肉な意味ではなく、下位チームを応援して楽しむノウハウが体得できたような1年であり、こんなシーズンであっても試合がなくなるのは寂しいという他ない。勝っているときは大変興奮するが、一方で負けるや順位変動などに対する重圧もあり、勿体ない負け方をしたりするとストレスが溜まってしまう。それも含めて楽しみではあるものの、今季後半は純粋にそ [続きを読む]
  • 傀儡政権
  • 報道によれば、落合GMの監督復帰も検討はされていたものの、健康面の不安があって見送られたとのことである。大変残念ではあるが、体を大切にして貰いたい。監督はどうしても試合に行く必要があるのか、という疑問も出てくるが、その点監督は機能として采配を振るう必要がある。起用を決めるのは他の誰かにできるとしても、メンバー表を出したり、選手交代を告げたり、審判に抗議したりするのは監督が行わなければいけない仕事であ [続きを読む]