ハックル70 さん プロフィール

  •  
ハックル70さん: 釣り好き老人の日々
ハンドル名ハックル70 さん
ブログタイトル釣り好き老人の日々
ブログURLhttp://g3kebari.blog.fc2.com/
サイト紹介文渓流釣り、キノコ、山菜採り、家では家庭菜園など自然との対話を中心に楽しんでいる老人の日々です
自由文渓流釣りはイワナを主とした源流釣りで、毛ばりや道具作りなど昔風の釣りを好んでしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/10/16 06:49

ハックル70 さんのブログ記事

  • 在庫整理
  •  冬用に保存してあった山菜やキノコを整理しないと、また、新しいシーズンがやってきます。 最近、我が家では山菜のフキやウドなど調理して冷凍保存してあったものが、次々と食卓に出てきます。 キャラブキは解凍すれば全く同じ味で楽しむことが出来ますね。 フキでもヤマブキと言われる根っこが赤く、茎が中空でないものがアクが強くてキャラブキに適していますね。 引き抜くのでなく鎌で切り取ってくれば来期も絶える事が無 [続きを読む]
  • 相変わらず渇水状態
  •  21日、冷たい雨が降り夕方から雪に変わりました、川の水が増えるほどでは無いとは思いましたが、22日の午後、チョックラ川の様子を見に行ってきました。 先日、車の6カ月点検がありまして、その際にタイヤ交換も無料でやってくれるとの事でしたので、まだ少し早いですが普通タイヤに交換してしまい、今日は様子を見るといっても里川です。  それにしてもサービスの良い事、コーヒーを頂きながら待っていること40分、お [続きを読む]
  • またまたタモ作り
  •  以前作った渓流タモの枠が幾つもありますので、釣具店で売ってもらおうとしましたが1本しか売れませんでした。 たしかに、替え網を付けるとなると枠の他に4〜5千円もかかりますので、市販の便利なタモの方が良いと言う訳です。 自然木のタモは、自分で手作りして楽しむのが良いですね、そんなこともあって、もうタモ作りは止めようと思っていましたが、取ってきたカヤの木が2本残っています、捨てようかと思いましたが、肩 [続きを読む]
  • 今年の主力毛ばり 2
  •  キジの羽の毛ばりはどうしてもハックルが大きくなりますが、コックネックやサドルなどフライのハックルとして市販されているものは巻きやすいし簡単ですね、現役で忙しい時期はほとんどこれだけでした。 下の写真は、ドライとして使っているコックネックのグリズリーに、胴はお気に入りのストリップドピーコックとピーコックハールの組み合わせです、鍼はマルトC46FWの#12です。 毛ばり巻きは、古い電気スタンドの下で [続きを読む]
  • 暖かさに誘われて
  •  昨日(12日)は日差しも強く暖かでしたし、今日は少し曇りますが気温は高いとの予報です、行ってきました、体調が良くないと言いながらもすでに今年3回目の釣行です、釣行と言っても近くをちょこっとやるだけですが。 腰や肩の痛みで今年の釣りは絶望的と思われましたが、何とか少し位なら出来ると自信が付きました・・・・、幸せです。 昼近く、目指す現場に行って見ますと前回よりさらに水が少なくなっています、こんな時 [続きを読む]
  • お祓い
  •  2月末、あんなに元気な妻(ババ)が膝を痛め、歩くのもままならない状態です、糖尿病1型を患っており、インシュリンを日に4回注射しており、運動が何よりの治療法と頑張っていたのですが、ものには程度と言うものがあるのです。 私も、昨年4月に腰を痛め、続いて肩も痛くなり、もうすぐ1年になるのに一向に治りません。 上の娘が心配して、一度お寺か神社にお参りに行ったらどうかと進めます、厄除けか、厄払いか、近くに [続きを読む]
  • 残念な事故
  •  うららかな春の3月5日、残念な事故が起きてしまいました、塩尻市の高ボッチ山から松本市の鉢伏山を訓練場所として松本空港を飛び立った県消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し、搭乗していた9人全員が死亡してしまったのです、長野県は山岳県、それだけに山岳遭難も頻繁にあり、隊員たちは身の危険を感じながらも必死で救助の任務に就いており、そのための訓練も大切だったのでしょう。 当市出身の隊員もおり、家族にと [続きを読む]
  • 解禁のリベンジ
  •  残念ながら解禁の日の釣りは思うような結果ではありませんでしたが、その後、暖かい日が続き、特に土日は大勢の釣り人が入り餌をばらまいて魚の活性も良くなっただろうと、月曜日出かけてみました、今回は早い出発です、とは言っても肩にロキソニン3枚、腰に2枚貼ったり、ホッカイロなど貼ったりしていましたら、9時過ぎになってしまいました、目指す場所に着いたらすでにジムニーが入っています。 仕方なく源流に入ります、 [続きを読む]
  • 釣りと観光
  •  先日、信濃毎日新聞にこのような記事が載りました。      国内の750万人の釣り人口に着目して、釣りを核として観光振興を進めるというものです。 もちろん長野県ですから、川と湖と言う事になりますが、確かに漁協だけではなかなか多様化した釣り人を満足させるのは難しいでしょうね。  渓流釣りについて「渓流資源増大技術開発事業研究報告書 」を読んだことがあります、調度、漁協のあり方についても書かれており、 [続きを読む]
  • ザ・解禁
  •  ババが膝を痛め午前中は車を使用するとのこと、解禁日なのに・・・、 ウォーキングにストレッチ、バレーにバドミントンと毎晩のように年甲斐もなく出かけていましたが、物には程度というものがあることを知らず、ついにダウンです、近い将来頼りになる介護師、文句は言えません。 車を2台持てない貧乏人、定年後に好きなことをするならば、公的年金の他にタップリと個人年金に入っておくべきですね。 まあ、もともと早く出か [続きを読む]
  • 乾燥クリタケの煮付け
  •  秋に採ったクリタケの乾燥したものが冷蔵庫の野菜室に眠っています、もうすぐ春、野山には旬の山菜が出てきます、今のうちに秋に採ったクリタケなど食べないとバチが当たります。 クリタケそのものはあまり美味しいキノコではありませんが、乾燥させて保存すれば冬の間のキノコご飯に最適です。 沢山採っても乾燥させればわずかな量になってしまいます、食べ方としてはもったいない食べ方ですが沢山ありますので煮付けて食べる [続きを読む]
  • 年券購入
  •  体調に不安はありますが、少し位は釣りも出来るだろうと年券を購入してきました。   3月1日の解禁ですが、事前に放流がされるようです、木曽川は場所とかは明らかにしないのが良いですね、出来れば役員さんにはご苦労様ですが、出来るだけ細かく放流して頂ければ尚更良いです。 長く釣りを楽しむためには、放流場所に競って竿を出し、あっという間に一部の人だけで釣り切ってしまうような放流方法はいけないと考えたのでし [続きを読む]
  • ミミズの床替え
  •  解禁が近づいてきましたので、昨年の秋に土の中に埋けておいたミミズを掘り出しました、1年間バケツの中の土(床)はそのままですので替えようと思います、少し広めの箱などに広げてしばらく太陽の光に当てますと、ミミズは潜り込みますので少しづつ上の土を取り除きます、この土は花など鉢物の用土としては最高だと言われています、ミミズは沢山いましたがやっぱり餌が足りないのか小さいですね。 右の写真は新しい床です、腐 [続きを読む]
  • 今年の主力毛ばり 1
  •  シーズンオフにはいろいろな毛ばりを巻いてみましたが、いろいろあっても迷うばかりですので、私は、最終的に今年はこの毛ばりが主役になると思います。 キジや山鳥にこだわっていますので、通常の毛バリとは違い、かなり、自己満足的ではありますが、笑いながら見て頂ければ幸いです。 キジの首の黒い部分の羽で巻きました、ドライです、鍼はマルトC46FW#12、胴はクジャクのアイとハールの組み合わせです。 同じくキ [続きを読む]
  • 渓流下見とドライブ
  •  木曽川の解禁は3月ですが、あまりの天気の良さに誘われて、ババとドライブがてら木曽町周辺の川の下見に行ってきました。  中沢川、本洞川、白川、湯川、西野川、冷川、鹿ノ瀬川など橋から見ただけですが水が少ないですね、積雪は北側の民家の屋根から推測しますと40〜50cm位でしょうか、白川では氷柱群を見てきました、以前より迫力がない感じがします。 天気が良くて、乗鞍岳、木曽駒ケ岳などがきれいに見えます。  [続きを読む]
  • またまた鹿肉ジャーキー
  •  狩猟期間も終わりに近づいてきましたが、義兄から鹿が獲れたから要らないかとの電話が入りました、正直な所、孫たちの評判も良くないので獣肉はもう欲しくないと思うのですが、鹿肉のジャーキーだけは評判が良かったのでズクを出して作ろうと少しだけ頂くことにしました。 ところが、持って来てくれのは、山で解体したからと無造作に家庭ごみの袋に入れたまま大量です、この袋は丈夫で都合が良いと使っているようです、欲しい所 [続きを読む]
  • 廃物利用
  •  このところ、先の事を考えて断捨離を進めていますが、ところが何という事でしょう! 匠の技とは程遠い隣の家の網戸を貰ってきたのです、貧乏性は死ぬまで抜けないものです。 隣の空き家の解体が始まりました、更地にしてアパートを建てるのだそうです、亡くなったオジさんが丹精込めて育てた庭木や石灯篭、家具や食器など遠くに暮らす息子たちは全く興味が無いようで見るも無残に重機で壊していきます、時代の流れでしょうね。 [続きを読む]
  • 代用品
  •  テンカラ毛ばりしか巻かない私は、タイイングツールもごく限られた物しかありません、確かに便利なものが沢山市販されておりますので、すべての道具を揃えるのも一つの方法ですが、お金のある方はその方が手っ取り早いですね。 さて、毛ばりの胴に巻くダビング材はスレッドに「より付け」て巻くのが一般的ですが、なかなかうまく「より付け」が出来ないものです、とくにゼンマイの綿毛は面倒ですね。 フライのタイイングにはダ [続きを読む]
  • モロコシカイロ
  •  肩の痛みが引けません、特に朝方は痛くて全く手が上がらず着替えが大変です、貼り薬などいろいろやりましたが貼った時だけ気持ちが良いだけですね、風呂に入れば楽になりますので温めれば良いかと、以前、ババが手作りで使っていたトウモロコシを入れた袋状のアンカがありましたので、それを肩に掛けるように乗せて使おうと作ってみました。 中身は以前の物を使います、少し茶色に変色していますが、ポップコーン用のトウモロコ [続きを読む]
  • ナノスムースコート
  •  私の渓流餌釣りの鍼は、KATSUICHIの「やまめ半スレ一番ヒネリ」6号で、ほとんど年間を通しています、餌はミミズしか使いませんのでヒネリが入った物の方が良いような気がしますし、この6号で尺物も十分上がるからです。 実際に、鍼の大きさをいろいろ持っていても、現場ではなかなか取り替えるズクもないものです。 解禁が近づき、仕掛けなど作ろうとしましたところ鍼の在庫が少なくなっていました、購入しようとネ [続きを読む]
  • 百均はアイデアの宝庫
  •  渓流釣りの解禁が近づいてきました、仕掛など在庫を点検して必要な物を買い出しに行かねばなりません、良く点検しないと無駄な買い物をしてしまう事が多いものです。 釣行には出来るだけベストの中は軽くコンパクトに収納したいものですが、釣り専用の物を買いますと高いですね、年金族にとって便利であればブランド品は必要ないです、そこで、私が良く利用するのが百均です、今回は小物入れです。 歳を取ってきますと、残念な [続きを読む]
  • モジャモジャ毛ばり 2
  •  ヘヤーズイヤーを使った、モジャモジャ毛ばりを今度はフライで良く見かけるニンフ風に巻いてみました。  テンカラ毛ばりしか巻きませんので、フライをやっている方から見れば笑われるかもしれませんが、面白半分に巻きました、フライで良いのならテンカラでも良いかもしれませんが、沢山巻く気はありませんあくまで試験的です、シーズンオフにはこんなことをして楽しんでいるのです。 フライのマテリアルが揃っているわけでは [続きを読む]
  • 貧乏徳利
  •  いろいろ整理を続けています。 開かずの間となっている座敷の押し入れを整理していましたら、こんなものが出てきました、貧乏徳利です。 ・・・・・やっぱり、貧乏なのはこれが原因だったのか・・・・・? 酒屋で量って酒を買ってくるための容器であったと思われますが、なぜ「貧乏徳利」というのでしょうか、調べてみました。 樽で買うことが出来ず、せいぜい1升位の酒を買いに来る消費者のための貸徳利、いわゆる貧乏人相 [続きを読む]
  • 出が早い
  •  昔から、野鳥の毛ばりだけで釣りをしている義兄たちが、「山鳥の羽は出が早くて合わせが遅れる」という事をよく言います、実際にどういう事なのかわかりませんが、羽は沢山もらってあります、茶系は秋に良いという話は聞いたことがありますが、蛾の発生と関係あるのでしょうか、ともかく頂いた羽を有効に使って「吉」と出れば願ってもないことです。 そこで、今期はこの羽に限ってBHの逆さ毛バリで使ってみる事にしました。  [続きを読む]
  • モジャモジャ毛ばり 1
  •  私はどちらかというと毛ばりをきちんと巻いてしまう傾向があって、野趣に欠けると自分でも思っています、今回はフライのダビング材がありましたので、ボディに使ってみました。  最近お気に入りのビーズヘッド2.3mm、鍼はウエット用の#12、BHだけではバランスが良くないかと軽めのレッドワイヤー・010を使ってみました、下巻は簡単に出来る自己融着テープです。 テープは引き伸ばしながら巻きます、レッドワイヤ [続きを読む]