ハックル70 さん プロフィール

  •  
ハックル70さん: 釣り好き老人の日々
ハンドル名ハックル70 さん
ブログタイトル釣り好き老人の日々
ブログURLhttp://g3kebari.blog.fc2.com/
サイト紹介文渓流釣り、キノコ、山菜採り、家では家庭菜園など自然との対話を中心に楽しんでいる老人の日々です
自由文渓流釣りはイワナを主とした源流釣りで、毛ばりや道具作りなど昔風の釣りを好んでしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/10/16 06:49

ハックル70 さんのブログ記事

  • 毛ばりを試す
  •  毛ばり釣りをやった方は分かると思いますが、毛ばりで掛けた1匹は餌で掛けた1匹より格段にうれしいものです。 本流はまだ水量が多いので源流に入ります、餌を持っていくとどうしても餌に頼ってしまいますので今日は毛ばりだけです。 しかし、水量が多いです、残雪もありこれではちょっと難しいですね。 この様な川です、当然テンカラ竿は振れませんので1mのフロロカーボン1号に0.5号のハリスを50cm位を付けて1号のオモリで [続きを読む]
  • いよいよお手上げ
  •  歳とともに庭木の剪定が出来なくなりました、小さなものは切り倒して大分少なくはなりましたが、形の出来た庭木はなかなか切り倒すのは出来ないものです、脚立に上って少しづつやれば良いとは思いますが、脚立の上の作業は腰に来ます。 コウヤマキがどんどん伸びてしまいました、今ある高枝切りは2m、脚立に上っても上手くいきません、そこでもう1台3mの物を購入しました。 黄色の金具は切り取る枝が逃げないのと切ったも [続きを読む]
  • まだ捕食が下手なのか
  •  18日は大雨が降りました、気温も高く信州松本でも25℃を超えたといいますから、隣の当市でも20℃位はあったでしょう。 19日、雨も止んだので出かけました、今頃の増水は釣果に結びつかない事が多いですが、1週間くらい経つとどうしても虫が起きてしまい、腰をさすりながらも出かけてしまうのです。 川を見て驚きました、すごい増水です、仕方なく比較的水の少ない源流へ入ります、天気予報は全く当たらず、時々小雨が [続きを読む]
  • 私の分担
  •  我が家は夫婦とも山村の小さな農家の出身です、子供の頃は手伝いを良くさせられました、妻の家も同じ集落でしたから同じようなものです。 なんとなく結婚し、現在の所に出てきて50年、今は楽しみながらの家庭菜園ですが、前述の様な環境で育った二人、どうしても家風の違いか作業の手順で意見が対立してしまいますのデス。 最初は右と言えば右! 何事もそれでよかったのですが、弱り目に祟り目、老化とともに敵もなかなか強 [続きを読む]
  • フキボコ採り
  •  私の地方ではフキノトウの事をフキボコと言います。 ババの膝が少し良くなりましたので、散歩がてらフキボコを採りに行ってきました、林道の少し上の方にいつも山フキが採れる場所がありますので、そこまでなら長い距離でないし平らな所ですので安心して行けます、ところがカメラを車の中に置いてきてしまいました。  こんなに沢山採ってしまいました、フキ味噌の時期ではないし、テンプラ用にでもと隣にもおすそ分けすること [続きを読む]
  • テンカラにマーカー
  •  テンカラにはマーカー(目印)を使わないのが普通ですが、私の場合は源流で短い仕掛けで釣る場合が多く、打ち込みが出来る場所は着水の水の変化で位置を確認出来ますが、上が藪で振れない時は餌釣り同様の釣りをしています、ところが、最近目が衰えて見えにくくなってきましたので小さな目印を付けていましたが、目印が動いてしまう、毛ばりと絡むなどあまり良くありません。 何か良いものが無いかと思っていましたら、フライの [続きを読む]
  • こんな川に尺物が!
  •  雨が降った後の月曜日(10日)に行ってきました。 水は増えていますが濁りが全くなく冷たそうです、今頃の増水は雪解け水が入りますのであまり釣果は期待できない時期でもあります、特に朝方は駄目ですね、目指す川に行きましたらすでに二人連れが降りてきました、松本から来たけれど全く駄目だとの事、私より少しお若く70過ぎだと言っており、一人は少し酔っているのか聞きもしないのに木曽川は46年もアチコチ釣りに行っ [続きを読む]
  • 大きすぎる羽を巻く
  •  野鳥などの羽はなかなか良いサイズの物が無いですね、特にキジの羽は首周辺を除けば大きすぎます、雄キジなどでも肩などの柄の羽の部分はなかなか良い風合いの毛ばりになりますが、残念ながら大きすぎて困ります、逆さ毛バリで使う方法は以前UPしてありますが、普通毛ばりでもある程度の大きさまでは修正出来る私の方法を紹介します。 写真、左位の大きさだと普通に巻いてもなんとか#12でしたら様になりますが、右位になり [続きを読む]
  • 釣れ始めました
  •  4月5日、あまりの暖かさに出かけました。 2日前に雨も少し降りましたし、雪解けで水も少しは増えているかと思ったんですが、全く増えていません、風呂桶の1匹より洗面器の1匹の方が釣りやすいとかなんとか理屈を付けて源流に入ってみました。 水が少ないです。 動画にしてみましたが、片手ではうまくいきません、腰は不安定だし、肩は痛くて上にあげられないし・・・・。 帰りに、先日2匹しか釣れなかった本流の堰堤を [続きを読む]
  • 梅は咲いたが桜はまだかいな!
  •  我が家の庭に本格的な春を告げる花が咲き始めました、すでにスノードロップ、フクジュソウは終わりましたが、ようやく梅が咲き始めました、先日の雪で心配しましたが、よく蕾も付いています、このまま行けば沢山実が付くでしょうが、15日に南にアパートが建ちますので今後その影響が心配です。 ミニスイセンが盛りです。 ヒヤシンスも。 サクラソウの芽が出てきました。 ギョウジャニンニクも芽が。 そして、もう一つ芽が [続きを読む]
  • ワサビの粕漬けとおひたし
  •  先日の釣行の際に採って来た山ワサビをババに調理してもらいました、作り方におかしい所があっても私は文句を言いません、これが要介護の身として生き抜く知恵なのです。 皆さんも今に分かります・・・・。  最初に根っこの部分の粕漬けを作ります、本当は茎の部分も入れても良いのですが、粕が足りないからとか言っています、根っこの部分を切り離しタワシでこすって泥を落としてきれいにします、黒い部分があっても泥でなけ [続きを読む]
  • やっぱり渋いわ!
  •  3月は解禁と言う事で、釣り人は「待ってました!」とばかりに出かけますが、実は、解禁に向けて放流したものが釣りあげられてしまいますと一番釣れない時期でもあります。 慌てる事は無いのに、それが分かっていても出かけてしまうのが釣りキチというものでしょうか。 昨日今日と暖かいし、私も、やっぱり出かけてしまいました! いつもなら、お昼頃に出かけますのに今日は9時出発です、腰の調子が良いのです、気圧の関係で [続きを読む]
  • 家庭菜園始動
  •  家庭菜園の記事を下書きした翌々日、雪降りとなってしまいました。 27日の朝はこの通りです、せっかく咲いた花も可哀そうですね。 そんなわけでこの記事は25日のものです。 朝晩の冷え込みはまだ厳しいですが、日中は10℃前後の日が続きますので、ボツボツ畑を始めます。 いつものことながら、最初にエンドウを蒔きました。 丈が短いので、180cm×180cmのネットを二つ折にして下に支柱を通して固定し、上に [続きを読む]
  • 在庫整理
  •  冬用に保存してあった山菜やキノコを整理しないと、また、新しいシーズンがやってきます。 最近、我が家では山菜のフキやウドなど調理して冷凍保存してあったものが、次々と食卓に出てきます。 キャラブキは解凍すれば全く同じ味で楽しむことが出来ますね。 フキでもヤマブキと言われる根っこが赤く、茎が中空でないものがアクが強くてキャラブキに適していますね。 引き抜くのでなく鎌で切り取ってくれば来期も絶える事が無 [続きを読む]
  • 相変わらず渇水状態
  •  21日、冷たい雨が降り夕方から雪に変わりました、川の水が増えるほどでは無いとは思いましたが、22日の午後、チョックラ川の様子を見に行ってきました。 先日、車の6カ月点検がありまして、その際にタイヤ交換も無料でやってくれるとの事でしたので、まだ少し早いですが普通タイヤに交換してしまい、今日は様子を見るといっても里川です。  それにしてもサービスの良い事、コーヒーを頂きながら待っていること40分、お [続きを読む]
  • またまたタモ作り
  •  以前作った渓流タモの枠が幾つもありますので、釣具店で売ってもらおうとしましたが1本しか売れませんでした。 たしかに、替え網を付けるとなると枠の他に4〜5千円もかかりますので、市販の便利なタモの方が良いと言う訳です。 自然木のタモは、自分で手作りして楽しむのが良いですね、そんなこともあって、もうタモ作りは止めようと思っていましたが、取ってきたカヤの木が2本残っています、捨てようかと思いましたが、肩 [続きを読む]
  • 今年の主力毛ばり 2
  •  キジの羽の毛ばりはどうしてもハックルが大きくなりますが、コックネックやサドルなどフライのハックルとして市販されているものは巻きやすいし簡単ですね、現役で忙しい時期はほとんどこれだけでした。 下の写真は、ドライとして使っているコックネックのグリズリーに、胴はお気に入りのストリップドピーコックとピーコックハールの組み合わせです、鍼はマルトC46FWの#12です。 毛ばり巻きは、古い電気スタンドの下で [続きを読む]
  • 暖かさに誘われて
  •  昨日(12日)は日差しも強く暖かでしたし、今日は少し曇りますが気温は高いとの予報です、行ってきました、体調が良くないと言いながらもすでに今年3回目の釣行です、釣行と言っても近くをちょこっとやるだけですが。 腰や肩の痛みで今年の釣りは絶望的と思われましたが、何とか少し位なら出来ると自信が付きました・・・・、幸せです。 昼近く、目指す現場に行って見ますと前回よりさらに水が少なくなっています、こんな時 [続きを読む]
  • お祓い
  •  2月末、あんなに元気な妻(ババ)が膝を痛め、歩くのもままならない状態です、糖尿病1型を患っており、インシュリンを日に4回注射しており、運動が何よりの治療法と頑張っていたのですが、ものには程度と言うものがあるのです。 私も、昨年4月に腰を痛め、続いて肩も痛くなり、もうすぐ1年になるのに一向に治りません。 上の娘が心配して、一度お寺か神社にお参りに行ったらどうかと進めます、厄除けか、厄払いか、近くに [続きを読む]
  • 残念な事故
  •  うららかな春の3月5日、残念な事故が起きてしまいました、塩尻市の高ボッチ山から松本市の鉢伏山を訓練場所として松本空港を飛び立った県消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し、搭乗していた9人全員が死亡してしまったのです、長野県は山岳県、それだけに山岳遭難も頻繁にあり、隊員たちは身の危険を感じながらも必死で救助の任務に就いており、そのための訓練も大切だったのでしょう。 当市出身の隊員もおり、家族にと [続きを読む]
  • 解禁のリベンジ
  •  残念ながら解禁の日の釣りは思うような結果ではありませんでしたが、その後、暖かい日が続き、特に土日は大勢の釣り人が入り餌をばらまいて魚の活性も良くなっただろうと、月曜日出かけてみました、今回は早い出発です、とは言っても肩にロキソニン3枚、腰に2枚貼ったり、ホッカイロなど貼ったりしていましたら、9時過ぎになってしまいました、目指す場所に着いたらすでにジムニーが入っています。 仕方なく源流に入ります、 [続きを読む]
  • 釣りと観光
  •  先日、信濃毎日新聞にこのような記事が載りました。      国内の750万人の釣り人口に着目して、釣りを核として観光振興を進めるというものです。 もちろん長野県ですから、川と湖と言う事になりますが、確かに漁協だけではなかなか多様化した釣り人を満足させるのは難しいでしょうね。  渓流釣りについて「渓流資源増大技術開発事業研究報告書 」を読んだことがあります、調度、漁協のあり方についても書かれており、 [続きを読む]
  • ザ・解禁
  •  ババが膝を痛め午前中は車を使用するとのこと、解禁日なのに・・・、 ウォーキングにストレッチ、バレーにバドミントンと毎晩のように年甲斐もなく出かけていましたが、物には程度というものがあることを知らず、ついにダウンです、近い将来頼りになる介護師、文句は言えません。 車を2台持てない貧乏人、定年後に好きなことをするならば、公的年金の他にタップリと個人年金に入っておくべきですね。 まあ、もともと早く出か [続きを読む]
  • 乾燥クリタケの煮付け
  •  秋に採ったクリタケの乾燥したものが冷蔵庫の野菜室に眠っています、もうすぐ春、野山には旬の山菜が出てきます、今のうちに秋に採ったクリタケなど食べないとバチが当たります。 クリタケそのものはあまり美味しいキノコではありませんが、乾燥させて保存すれば冬の間のキノコご飯に最適です。 沢山採っても乾燥させればわずかな量になってしまいます、食べ方としてはもったいない食べ方ですが沢山ありますので煮付けて食べる [続きを読む]
  • 年券購入
  •  体調に不安はありますが、少し位は釣りも出来るだろうと年券を購入してきました。   3月1日の解禁ですが、事前に放流がされるようです、木曽川は場所とかは明らかにしないのが良いですね、出来れば役員さんにはご苦労様ですが、出来るだけ細かく放流して頂ければ尚更良いです。 長く釣りを楽しむためには、放流場所に競って竿を出し、あっという間に一部の人だけで釣り切ってしまうような放流方法はいけないと考えたのでし [続きを読む]