ハックル70 さん プロフィール

  •  
ハックル70さん: 釣り好き老人の日々
ハンドル名ハックル70 さん
ブログタイトル釣り好き老人の日々
ブログURLhttp://g3kebari.blog.fc2.com/
サイト紹介文渓流釣り、キノコ、山菜採り、家では家庭菜園など自然との対話を中心に楽しんでいる老人の日々です
自由文渓流釣りはイワナを主とした源流釣りで、毛ばりや道具作りなど昔風の釣りを好んでしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/10/16 06:49

ハックル70 さんのブログ記事

  • 山の幸
  •  山の幸と言えば、春は山菜、秋はキノコが代表的なものですが、木の実もあります、春は少ないですが私はキイチゴ、アオサンショウが春採る木の実でしょうか、採ると言っても山の中を探しながら歩くのではなく、あまり車の入らない沢沿いの林道などの道端で採るだけです、今日はいつもキノコ採りに入る山の林道に行ってきました。 「止まって!」 助手席の隊長の号令に止まりますと、道端に黄色のキイチゴが沢山あります、キイチ [続きを読む]
  • 残り物を狙ってみたが・・・・
  •  源流で自然の風景や鳥の鳴き声に癒されながら釣りをする、そんな釣りが最高ですが、一方で、魚を獲る為の釣りも釣りの原点であり、釣り人としてはこれも当然の釣りですよね。 21日、久し振りの大雨です、野菜には恵みの雨ですし、釣り人にとっても大荒れは困りますがそこそこの雨を欲しい所でした、程よい濁りだとあまり歩かなくても釣れるんだがと思うと、雨降りと言えども虫が騒ぎます。 すでに10時過ぎ、家からババの手 [続きを読む]
  • カケスの羽の毛ばり
  •  テンカラ毛ばりに興味がある方、お待たせしました! 以前、川岸で拾ったカケスの羽の事を記事に書きましたが、巻いた毛ばりが見たいとのお話がありましたので、私の「爺さん毛ばり」風に巻いてみました。  ブルーの色は「空飛ぶ宝石」と言われるカワセミの羽の色に似ていてきれいですね。 写真は少し演出してありますが、神秘的な毛ばりに巻けました。  なかなか毛ばりに調度よい羽が無いですね、この羽、外弁に模様がある [続きを読む]
  • ミズとイワナ
  •  ババの膝の調子があまり良くないので今年の山菜採りは控えていますが、釣りに出かけようとすると一緒に行くという・・・・、森林浴とかマイナスイオンとか言うのですッ。 山菜があって、イワナが釣れて、そんなうまいわけにはいかないのに、魚はどこでも釣れると思っているから困りものです。 水辺にある山菜、今日はババがその「ミズ」を採っている間にチョックラ釣りと言う計画です。 この、ミズ(ウワバミソウ)はこちらで [続きを読む]
  • 久しぶりにキレました!
  •  隣の家の独り暮らしのおばあさんが施設に入り、空き家が長く続いていましたが、東京に住む息子が家を解体してアパートを建てました。 とはいっても息子さんもここに住む気はないので、工事は大手住宅メーカーにそっくりお任せしたのか、境界の確認以外は顔を見せる事もなく、2月から始まった工事もようやくの完成です。 他人さまの土地、とやかく言う筋合いではないかもしれませんが、何とも非常識な間取りに私もキレてしまい [続きを読む]
  • 長く収穫するために
  •  家庭菜園では、収穫したものを出荷するわけではないので一度に沢山穫れても困ります、私はキュウリ、モロコシ、キャベツ、レタス、モロッコ、など一度に播いたり植えたりせず、少し時期をずらせて長く収穫を楽しみます、トマトは挿し木で増やします。 トマトの挿し木ですが、苗を購入し定植してしばらくたちますと脇芽が出てきます、この脇芽を挿し木して殖やすのです。 脇芽7〜8cmになったものを切り取り一晩水に浸けておき [続きを読む]
  • 残り物を狙う
  •  木曽川の源流、笹川でイワナ釣り大会が10日と11日に行われたようですのでその残り物を狙って行ってきました。 餌釣りだけの大会のようでしたが、残った放流物には最近ではルアーが良いようですね、ちょっと遅くに現場に行きましたらほとんどルアーの釣り人でした、すでに10匹以上は釣ったと言う人は「朝方釣れるだけ釣れればしばらく釣れませんよ」と言って引き上げていきました、気の毒に餌釣りの方は全く釣れていない様 [続きを読む]
  • 雨でものんびり釣行は楽しい
  •  8日、小雨の降る1日でしたが、なんとなく行って見たくなって出かけました、365日有給休暇の身、贅沢さえしなければ何とか年金で生活出来ます、ありがたいことです。 思えば、学校を卒業したもののなかなか就職口が無く、自分に合った職業を選ぶなどとんでもない話で、給料をもらえるだけでも有難い時代でした、朝ドラの 「ひよっこ」 そのものです、それでも我慢して何とか働いて来たおかげです。 まぁ〜そんなわけで、の [続きを読む]
  • バラを見に空港へ
  •  私の家から車で7、8分の所に松本空港があります、空港周辺はスカイパークと言って大きな公園になっており、様々な花が植えられジョキングの人も多いですね、以前は良くウォーキングに行きましたが腰を痛めてからしばらく休んでいますが、今日は、バラの花がきれいだろと行ってきました。 この空港は日本一高い所にある空港のようです。 札幌便が1往復、福岡便が2往復が今は運航されていますが、この春は韓国、台湾のチャー [続きを読む]
  • 頑丈毛ばり
  •  機会がある毎に自作の毛ばりを試してはいますが、条件が必ずしも一定ではありませんのでどの毛ばりが釣れるかという比較はなかなか難しいものです。 私の判断材料としては・・・この毛ばりでも釣れた・・・それさえわかれば良しとしています。 今年初めて本格的に使ってみた逆さ毛バリですが、私の作り方も良くなかった事もありますが3匹ほど釣ったら羽の傷みが出てきました、打ち込み跳ね上げを繰り返す私の釣り方では、跳ね [続きを読む]
  • 唐揚げ用イワナの調達
  •  孫たちも、高校生になると運動部の合宿や遠征でなかなかジジの所には来てくれません、たまたま長野県高校総体が松本であり、親たちも応援がてら一晩泊りで来ると言う、上の孫は団体行動ですのでジジの所には泊まれませんが、下の孫は中学生ですので試合がないので来ます。  さて、ならばイワナでも釣ってきて唐揚げでもして食べさせようか? 大威張りで出掛けられますね。 唐揚げとなると、少し小さめが良いですからやはり超 [続きを読む]
  • 野フキ
  •  午後になって突然 「フキを採りに行くよ!」 隊長の命令が下りました。 昨日は膝が痛くてお医者さんへ行って水を抜いたとか言っていましたが、林道の近くにあるアソコに行くけば歩かなくていいからと言います、何年も連れて行っていますと行き場所まで指図するようになりました、今の時期は当然野ブキです、アクを利用して黒く仕上げるキャラブキは保存も効きますが私はあまり好きでないです。 少し早い気もしますが、一面に [続きを読む]
  • オダマキ特集
  •  いま、我が家の庭の花はオダマキが多いです、今回はオダマキだけを載せてみました。  ミヤマオダマキです。 カナダオダマキです、もう終わりでこれ一輪だけが残っていました、姿は完全ではないですね。 後はそれぞれ名前があるかと思いますが、ババに聞くのもナンですので、私はセイヨウオダマキと一括りの呼び方をしています、ブナンです。 これは一見カナダオダマキに似ていますが、これから咲きますがもっと大きくてきれ [続きを読む]
  • 雨にも負けず
  •  久しぶりの雨降りです、夏の雨降りは餌釣りには好条件ですが、春先の雨はかえって水温が下がり良くないケースが多いものですが、このところの高温続きで果たしてどうなのか出かけてみました、午前中はババが車を使うとの事で午後の出発です。 テンカラが肩に悪いのか最近痛みが増しています、今日は餌釣りだけにします。  到着! さて川の濁り具合はどうか? 本流(本流と言っても木曽川からすれば支流)は全くアテが外れま [続きを読む]
  • 山菜採り、タラノメとウド
  •  今日は山菜採りだけに集中することにしました、木曾谷を少し南下して小さな源流とともに走っている林道を上ります、荒れ放題のこの林道も来年あたりは藪となっては入れないかもしれません、車の両側や屋根が藪に当たりキィーキィー鳴ります、高級車ではとても気になっては入れませんね、目指す場所のタラノメは残念!すでに採られた後でした、届かないところに少しだけ残っているだけです。 もう一つの目的のウドも毎年採る為か [続きを読む]
  • 新緑の溪の釣りは楽しい
  •  18日、風もなく穏やかな日でしたので出かけました、今回は少し違う溪を狙います。 ちょっと老人にはキツイかな? ゆっくり安全第一で進みます、美しい渓流ですね。 餌は相変わらずミミズです、餌が何が良いか気にする釣り人が多いですが、私の持論は、餌によって錘とか流し方とか違いますし、川の状態でも違いますので、人のまねして餌だけ変えて釣れる釣れないを簡単に判断するのはいかがなものかと思います。 確かにその時 [続きを読む]
  • ゴボウの袋栽培
  •  ゴボウを作る場所が無いわけではありませんが、秋になって地中長く伸びたゴボウを掘り起こすのが大変になってきました。 昨年、近所でゴボウを袋で栽培しているのを見かけ、私も今年初めて作ってみる事にしました、これだと収穫は袋を破くだけで出来ます。 袋は広げて見た感じだと、40リットルくらいが良いですね、昨年見かけたのはただ袋に入れて立ててあるだけでしたが、私は中に支柱を入れて確実に安定させようという作戦 [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け
  •  ぼつぼつ遅霜の心配もなくなりましたので、購入して外の気温に3日ほど馴らしておいた夏野菜の植え付けをしました、とりあえずこれだけです、トマト、ナスは奮発してすべて接ぎ木を購入しました、お高いですね、通常苗の倍はしますが病気などは確かに強いです。 これで、約5,000円也、秋まで楽しめますので安いと考えるべきでしょう。 植え付けは穴の中にオルトランをパラパラと撒いて植えつけますと、アブラムシの発生が [続きを読む]
  • 本当はゆっくり釣りたいのですが・・・
  •  腰は10分も歩くと痛くて歩けなくなりますし、肩の痛みは一番大変だった時よりいくらか楽になった感じですが、まだまだ車のハンドルを持つだけでも痛みが走ります、ある程度は歳のせいとあきらめていますが、寝ていて治るものではありませんので、無理?して釣りに行くのです。 ところが、最近問題が起きてしまいました、あのババが春先膝を痛めてから運動をすべて止めていますので、釣りにでも何でも同行すると言うのです、狙 [続きを読む]
  • こだわりの毛ばり
  •  何も面倒な野鳥の羽を使わなくても、今は巻きやすいコックネックやサドルなどが市販されていてきれいな毛ばりが巻けます。 しかし、私は特にキジの羽が好きです、生まれ育った山村の子供の頃の憧れの「新宅のオジサン」のキジのテンカラ毛ばりが半世紀以上も経った今でも頭から離れないのです、その後は本など見ていろいろスタイルは変えて来てはいますが、ハックルだけはキジを使いたい願望は今も消えません。 雄キジの首の羽 [続きを読む]
  • ヤブレガサ
  •  6日、上の娘が山菜採りに行くと言ってやってきました、以前コシアブラを沢山採った事があり味をしめたらしいです。 珍しい事があるときはロクなことが無い、嫌な予感がしたのですが、やっぱり・・・、目的地に着いたとたん雨が降ったり止んだりです。 それでもせっかく来たので、林道をウドでもないかとゆっくり走っていますと、突然ババが、「止まれっ!」 山の斜面にヤブレガサを見つけたようです、ヤブレガサはブロ友のか [続きを読む]
  • 山菜採りと毛ばりテスト
  •  山菜は昨年より1週間位遅れている感じですが、あまり暖かい日が続きますのでババと出かけてみました。 「隊長殿! お膝の具合はいかがでありますか? 自分が採りますので無理しないで頂きたいのでありましっ!」 「・・・・・・」  ここはカメラのGPSで見ますと標高1,200m、コシアブラはまだ早いですね、シロバナエンレイソウがきれいです。 沢山採れましたので山から下って、ババがホップの芽を採っている間、毛ばり [続きを読む]
  • 老釣り師に驚き
  •  度々このブログに登場しているH氏、3月で85歳になりましたが、解禁初日は同行しましたが、3月半ばに足首が急に痛み動かなくなり緊急で整形外科を受診したとの事、電話での話ではもう釣りは出来ないだろうと言っていましたので、私もその後はあえて電話をしないようにしていたのですが、何と、5月2日、電話が来て、連休に向けて放流があったはずだから釣りに行こうというのです。 連休に向けての放流は毎年ありますが、場所も [続きを読む]
  • 拾った羽で毛ばり巻く
  •  川や山に行くと落ちている羽に目がとまります、特にカケスの羽は落ちていればよく目立ちますし、色もきれいですので巻いて見たい羽ですね、今回拾ったのはこの真黒い羽です、何の羽だか分りませんしこの部分は使い道が無いので今までは見向きもしませんでしたが、今回は、先日巻いたフライのBHヘアーズイヤー・ニンフが面白かったので、そのヘッドの部分に使えないものかと持ってきました、トリインフルエンザの心配もありますの [続きを読む]
  • 山菜もボツボツ
  •  膝を痛めたババの回復が長引いています、運動はすべて止めていますが、好きな山歩きが出来ないのは可哀そうですので、林道の脇の山菜でもあったら採ってこようと気晴らしのつもりで出かけました。 御嶽山、乗鞍岳がきれいに見えます。 クレソンのある所を知っていますので少しだけ採ってきましたがコゴミはまだ早くて駄目でした、もっとも沢の奥にでも入ればどうかと思いますが今回は様子見です。 ババお得意のホップの芽は林 [続きを読む]