ハックル70 さん プロフィール

  •  
ハックル70さん: 釣り好き老人の日々
ハンドル名ハックル70 さん
ブログタイトル釣り好き老人の日々
ブログURLhttp://g3kebari.blog.fc2.com/
サイト紹介文渓流釣り、キノコ、山菜採り、家では家庭菜園など自然との対話を中心に楽しんでいる老人の日々です
自由文渓流釣りはイワナを主とした源流釣りで、毛ばりや道具作りなど昔風の釣りを好んでしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/10/16 06:49

ハックル70 さんのブログ記事

  • 雨にも負けず
  •  久しぶりの雨降りです、夏の雨降りは餌釣りには好条件ですが、春先の雨はかえって水温が下がり良くないケースが多いものですが、このところの高温続きで果たしてどうなのか出かけてみました、午前中はババが車を使うとの事で午後の出発です。 テンカラが肩に悪いのか最近痛みが増しています、今日は餌釣りだけにします。  到着! さて川の濁り具合はどうか? 本流(本流と言っても木曽川からすれば支流)は全くアテが外れま [続きを読む]
  • 山菜採り、タラノメとウド
  •  今日は山菜採りだけに集中することにしました、木曾谷を少し南下して小さな源流とともに走っている林道を上ります、荒れ放題のこの林道も来年あたりは藪となっては入れないかもしれません、車の両側や屋根が藪に当たりキィーキィー鳴ります、高級車ではとても気になっては入れませんね、目指す場所のタラノメは残念!すでに採られた後でした、届かないところに少しだけ残っているだけです。 もう一つの目的のウドも毎年採る為か [続きを読む]
  • 新緑の溪の釣りは楽しい
  •  18日、風もなく穏やかな日でしたので出かけました、今回は少し違う溪を狙います。 ちょっと老人にはキツイかな? ゆっくり安全第一で進みます、美しい渓流ですね。 餌は相変わらずミミズです、餌が何が良いか気にする釣り人が多いですが、私の持論は、餌によって錘とか流し方とか違いますし、川の状態でも違いますので、人のまねして餌だけ変えて釣れる釣れないを簡単に判断するのはいかがなものかと思います。 確かにその時 [続きを読む]
  • ゴボウの袋栽培
  •  ゴボウを作る場所が無いわけではありませんが、秋になって地中長く伸びたゴボウを掘り起こすのが大変になってきました。 昨年、近所でゴボウを袋で栽培しているのを見かけ、私も今年初めて作ってみる事にしました、これだと収穫は袋を破くだけで出来ます。 袋は広げて見た感じだと、40リットルくらいが良いですね、昨年見かけたのはただ袋に入れて立ててあるだけでしたが、私は中に支柱を入れて確実に安定させようという作戦 [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け
  •  ぼつぼつ遅霜の心配もなくなりましたので、購入して外の気温に3日ほど馴らしておいた夏野菜の植え付けをしました、とりあえずこれだけです、トマト、ナスは奮発してすべて接ぎ木を購入しました、お高いですね、通常苗の倍はしますが病気などは確かに強いです。 これで、約5,000円也、秋まで楽しめますので安いと考えるべきでしょう。 植え付けは穴の中にオルトランをパラパラと撒いて植えつけますと、アブラムシの発生が [続きを読む]
  • 本当はゆっくり釣りたいのですが・・・
  •  腰は10分も歩くと痛くて歩けなくなりますし、肩の痛みは一番大変だった時よりいくらか楽になった感じですが、まだまだ車のハンドルを持つだけでも痛みが走ります、ある程度は歳のせいとあきらめていますが、寝ていて治るものではありませんので、無理?して釣りに行くのです。 ところが、最近問題が起きてしまいました、あのババが春先膝を痛めてから運動をすべて止めていますので、釣りにでも何でも同行すると言うのです、狙 [続きを読む]
  • こだわりの毛ばり
  •  何も面倒な野鳥の羽を使わなくても、今は巻きやすいコックネックやサドルなどが市販されていてきれいな毛ばりが巻けます。 しかし、私は特にキジの羽が好きです、生まれ育った山村の子供の頃の憧れの「新宅のオジサン」のキジのテンカラ毛ばりが半世紀以上も経った今でも頭から離れないのです、その後は本など見ていろいろスタイルは変えて来てはいますが、ハックルだけはキジを使いたい願望は今も消えません。 雄キジの首の羽 [続きを読む]
  • ヤブレガサ
  •  6日、上の娘が山菜採りに行くと言ってやってきました、以前コシアブラを沢山採った事があり味をしめたらしいです。 珍しい事があるときはロクなことが無い、嫌な予感がしたのですが、やっぱり・・・、目的地に着いたとたん雨が降ったり止んだりです。 それでもせっかく来たので、林道をウドでもないかとゆっくり走っていますと、突然ババが、「止まれっ!」 山の斜面にヤブレガサを見つけたようです、ヤブレガサはブロ友のか [続きを読む]
  • 山菜採りと毛ばりテスト
  •  山菜は昨年より1週間位遅れている感じですが、あまり暖かい日が続きますのでババと出かけてみました。 「隊長殿! お膝の具合はいかがでありますか? 自分が採りますので無理しないで頂きたいのでありましっ!」 「・・・・・・」  ここはカメラのGPSで見ますと標高1,200m、コシアブラはまだ早いですね、シロバナエンレイソウがきれいです。 沢山採れましたので山から下って、ババがホップの芽を採っている間、毛ばり [続きを読む]
  • 老釣り師に驚き
  •  度々このブログに登場しているH氏、3月で85歳になりましたが、解禁初日は同行しましたが、3月半ばに足首が急に痛み動かなくなり緊急で整形外科を受診したとの事、電話での話ではもう釣りは出来ないだろうと言っていましたので、私もその後はあえて電話をしないようにしていたのですが、何と、5月2日、電話が来て、連休に向けて放流があったはずだから釣りに行こうというのです。 連休に向けての放流は毎年ありますが、場所も [続きを読む]
  • 拾った羽で毛ばり巻く
  •  川や山に行くと落ちている羽に目がとまります、特にカケスの羽は落ちていればよく目立ちますし、色もきれいですので巻いて見たい羽ですね、今回拾ったのはこの真黒い羽です、何の羽だか分りませんしこの部分は使い道が無いので今までは見向きもしませんでしたが、今回は、先日巻いたフライのBHヘアーズイヤー・ニンフが面白かったので、そのヘッドの部分に使えないものかと持ってきました、トリインフルエンザの心配もありますの [続きを読む]
  • 山菜もボツボツ
  •  膝を痛めたババの回復が長引いています、運動はすべて止めていますが、好きな山歩きが出来ないのは可哀そうですので、林道の脇の山菜でもあったら採ってこようと気晴らしのつもりで出かけました。 御嶽山、乗鞍岳がきれいに見えます。 クレソンのある所を知っていますので少しだけ採ってきましたがコゴミはまだ早くて駄目でした、もっとも沢の奥にでも入ればどうかと思いますが今回は様子見です。 ババお得意のホップの芽は林 [続きを読む]
  • 長ネギ失敗
  •  長年、ネギは地元の伝統野菜「マツモトイッポンネギ」を作っていましたが、自家用に採取した種が良くなかったのか昨年は出来が良くありませんでした、品種を変えてみようと昨年秋にネギ苗用に「永吉冬一本太」と言うのを蒔いて見ました、しかし、何故か半分位しか芽が出ず、ネギ苗には少し足りません。  そこで、本来ならば夏の終わりに来年のネギ苗用に蒔く「マツモトイッポンネギ」を、袋裏の説明では4月でも良いことになっ [続きを読む]
  • 毛ばりを試す
  •  毛ばり釣りをやった方は分かると思いますが、毛ばりで掛けた1匹は餌で掛けた1匹より格段にうれしいものです。 本流はまだ水量が多いので源流に入ります、餌を持っていくとどうしても餌に頼ってしまいますので今日は毛ばりだけです。 しかし、水量が多いです、残雪もありこれではちょっと難しいですね。 この様な川です、当然テンカラ竿は振れませんので1mのフロロカーボン1号に0.5号のハリスを50cm位を付けて1号のオモリで [続きを読む]
  • いよいよお手上げ
  •  歳とともに庭木の剪定が出来なくなりました、小さなものは切り倒して大分少なくはなりましたが、形の出来た庭木はなかなか切り倒すのは出来ないものです、脚立に上って少しづつやれば良いとは思いますが、脚立の上の作業は腰に来ます。 コウヤマキがどんどん伸びてしまいました、今ある高枝切りは2m、脚立に上っても上手くいきません、そこでもう1台3mの物を購入しました。 黄色の金具は切り取る枝が逃げないのと切ったも [続きを読む]
  • まだ捕食が下手なのか
  •  18日は大雨が降りました、気温も高く信州松本でも25℃を超えたといいますから、隣の当市でも20℃位はあったでしょう。 19日、雨も止んだので出かけました、今頃の増水は釣果に結びつかない事が多いですが、1週間くらい経つとどうしても虫が起きてしまい、腰をさすりながらも出かけてしまうのです。 川を見て驚きました、すごい増水です、仕方なく比較的水の少ない源流へ入ります、天気予報は全く当たらず、時々小雨が [続きを読む]
  • 私の分担
  •  我が家は夫婦とも山村の小さな農家の出身です、子供の頃は手伝いを良くさせられました、妻の家も同じ集落でしたから同じようなものです。 なんとなく結婚し、現在の所に出てきて50年、今は楽しみながらの家庭菜園ですが、前述の様な環境で育った二人、どうしても家風の違いか作業の手順で意見が対立してしまいますのデス。 最初は右と言えば右! 何事もそれでよかったのですが、弱り目に祟り目、老化とともに敵もなかなか強 [続きを読む]
  • フキボコ採り
  •  私の地方ではフキノトウの事をフキボコと言います。 ババの膝が少し良くなりましたので、散歩がてらフキボコを採りに行ってきました、林道の少し上の方にいつも山フキが採れる場所がありますので、そこまでなら長い距離でないし平らな所ですので安心して行けます、ところがカメラを車の中に置いてきてしまいました。  こんなに沢山採ってしまいました、フキ味噌の時期ではないし、テンプラ用にでもと隣にもおすそ分けすること [続きを読む]
  • テンカラにマーカー
  •  テンカラにはマーカー(目印)を使わないのが普通ですが、私の場合は源流で短い仕掛けで釣る場合が多く、打ち込みが出来る場所は着水の水の変化で位置を確認出来ますが、上が藪で振れない時は餌釣り同様の釣りをしています、ところが、最近目が衰えて見えにくくなってきましたので小さな目印を付けていましたが、目印が動いてしまう、毛ばりと絡むなどあまり良くありません。 何か良いものが無いかと思っていましたら、フライの [続きを読む]
  • こんな川に尺物が!
  •  雨が降った後の月曜日(10日)に行ってきました。 水は増えていますが濁りが全くなく冷たそうです、今頃の増水は雪解け水が入りますのであまり釣果は期待できない時期でもあります、特に朝方は駄目ですね、目指す川に行きましたらすでに二人連れが降りてきました、松本から来たけれど全く駄目だとの事、私より少しお若く70過ぎだと言っており、一人は少し酔っているのか聞きもしないのに木曽川は46年もアチコチ釣りに行っ [続きを読む]
  • 大きすぎる羽を巻く
  •  野鳥などの羽はなかなか良いサイズの物が無いですね、特にキジの羽は首周辺を除けば大きすぎます、雄キジなどでも肩などの柄の羽の部分はなかなか良い風合いの毛ばりになりますが、残念ながら大きすぎて困ります、逆さ毛バリで使う方法は以前UPしてありますが、普通毛ばりでもある程度の大きさまでは修正出来る私の方法を紹介します。 写真、左位の大きさだと普通に巻いてもなんとか#12でしたら様になりますが、右位になり [続きを読む]
  • 釣れ始めました
  •  4月5日、あまりの暖かさに出かけました。 2日前に雨も少し降りましたし、雪解けで水も少しは増えているかと思ったんですが、全く増えていません、風呂桶の1匹より洗面器の1匹の方が釣りやすいとかなんとか理屈を付けて源流に入ってみました。 水が少ないです。 動画にしてみましたが、片手ではうまくいきません、腰は不安定だし、肩は痛くて上にあげられないし・・・・。 帰りに、先日2匹しか釣れなかった本流の堰堤を [続きを読む]
  • 梅は咲いたが桜はまだかいな!
  •  我が家の庭に本格的な春を告げる花が咲き始めました、すでにスノードロップ、フクジュソウは終わりましたが、ようやく梅が咲き始めました、先日の雪で心配しましたが、よく蕾も付いています、このまま行けば沢山実が付くでしょうが、15日に南にアパートが建ちますので今後その影響が心配です。 ミニスイセンが盛りです。 ヒヤシンスも。 サクラソウの芽が出てきました。 ギョウジャニンニクも芽が。 そして、もう一つ芽が [続きを読む]
  • ワサビの粕漬けとおひたし
  •  先日の釣行の際に採って来た山ワサビをババに調理してもらいました、作り方におかしい所があっても私は文句を言いません、これが要介護の身として生き抜く知恵なのです。 皆さんも今に分かります・・・・。  最初に根っこの部分の粕漬けを作ります、本当は茎の部分も入れても良いのですが、粕が足りないからとか言っています、根っこの部分を切り離しタワシでこすって泥を落としてきれいにします、黒い部分があっても泥でなけ [続きを読む]
  • やっぱり渋いわ!
  •  3月は解禁と言う事で、釣り人は「待ってました!」とばかりに出かけますが、実は、解禁に向けて放流したものが釣りあげられてしまいますと一番釣れない時期でもあります。 慌てる事は無いのに、それが分かっていても出かけてしまうのが釣りキチというものでしょうか。 昨日今日と暖かいし、私も、やっぱり出かけてしまいました! いつもなら、お昼頃に出かけますのに今日は9時出発です、腰の調子が良いのです、気圧の関係で [続きを読む]