龍楊 気の研究所 さん プロフィール

  •  
龍楊 気の研究所さん: 今日を生き切る。
ハンドル名龍楊 気の研究所 さん
ブログタイトル今日を生き切る。
ブログURLhttp://ameblo.jp/ronjanzensin/
サイト紹介文「気」をキーワードに、毎日を生き切る気功、太極拳からスピリチャルな世界まで、紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供617回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2013/10/16 10:34

龍楊 気の研究所 さんのブログ記事

  • 健康と収入のシビアな関係。
  • この動画のはじめに、「南宗」というタイトルが入っています。もう一つ、「全真龍門」という字も入っていますね。中国道教のいちばん大きな流派の「南宗」の動画、と理解していただくといいです。「南宗」がありますから、「北宗」があります。南宗と北宗の気功は、中心になる柱は、おなじだと思っていただいたらいいです。わたしは、「北宗」の気功をしますが、上の動画のおじいちゃんとは、やっぱり、趣きがちがってきます。上 [続きを読む]
  • 気功が、運気をよくするのは当たり前でしょ。
  • 占いでは、健康運、恋愛運、就職運などを見ますね。また、知りたいのが、そんな「運勢」ですわね。運気が、どのようになっているかを調べて、判断することになります。「運気」といっても、それが、どのように決まるか、変化するかは、「五行」「八卦」などの陰陽の性格が、今、あなた自身、どのようになっているか、というわけですね。練功会でも、ときどき、易(えき)をしていただいています。易占の仕方も、自分でできるように [続きを読む]
  • 馬歩をチェックしましょう〜。
  • 6月からの整体講座では、かならず、一指禅功をしますから、予備式に馬歩たんとう功を入れますね。馬歩もしっかりできているか、チェックしておかないといけませんね。上の動画は、熊養和・楊式太極拳で指導する馬歩ですが、下の動画は、道家気功・太極拳の馬歩の指導です。道家のほうは、揚肛を強調していますが、比較してみると、おなじ注意をしています。楊式太極拳と道家が、おなじ「内家」を共有している証拠です。練功会でも [続きを読む]
  • 楊班侯の丹田貫気法と八段錦
  • 今日の練功会でやりました八段錦でも、丹田貫気法を予備式につかいました。武功でもちられる八段錦の予備式です。楊班侯は、楊式太極拳をすこし深く知っている方でしたら、知ってる方は、知っているでしょうけれど、さも、楊班侯らしい武功的な八段錦に構成されています。八段錦も、一般的な健身気功から、鍛錬を強める工夫が加わると、ただの健康気功とは、言えないものに仕上がります。そこが、さすがに、楊班侯ですから、やっ [続きを読む]
  • 6月より〜気功整体講座・開講のお知らせ
  • 2017年6月より、月1回の予定で、気功整体講座を 開講いたします。 第1期は、2017年6月〜12月までの6か月といたします。 練功会に参加されてきた方は、これまで通りの要領で 参加いただけます。 練功会に参加されたことのない方も、整体講座のみ 受講することができます。 詳しくは、livedoorブログからお電話でお問い合わせください。 第1回は、6月下旬の土曜日の予定 [続きを読む]
  • お家を、よい気で満たす。
  • 武当山の十二段錦の一つです。武当山に伝わる八段錦や十二段錦も、一定の踏路があるわけではなくて、坊によって、いろんなものが伝承されています。こういうことは、少林寺でも普通にあることですね。十二段錦は、一般的には、八段錦と比べて、ヨガ・ストレッチの性格が強い式で構成されますが、上の十二段錦は、八壇錦をもとに、さらに式を加える方法で、構成されていますので、どちらかというと、ストレッチというより、内臓機 [続きを読む]
  • アホ・スピの課題は、生活改善!!
  • そんなボーっとしているうちに、生活が困窮してきますね。これが、アホ・スピです。なにか、突然、状況が好転すると、理由(わけ)もなく、信じています。その間、ずっと、しんどいですが、ただ、あなた、それ、精神疾患のしんどさにすぎないでしょ、と言っても、納得しません。からだも、徐々に、弱っていきますが、そんな理由を認めようとはしません。そのうち、仕事もなくなり、近親者も離れていくと、もう、そうとうに生きてい [続きを読む]
  • アホ・スピは、"徳"に関心もないどころか・・・。
  • アホなスピリチャルというのは、なにか特別な力で、自分に都合のいいことが起こればいいと思っているようですから、「徳」の話なんて、はじめると、耳をふさいてしまいますね。「徳」なんて話は、都合がわるいのですし、よくないことばかり考えてきたのですから。自分にだけ、都合のいいパワーを見つけようというのも、ぶっちゃけ、自分にだけ、都合がよければいいだけですからね。そんなものは、ありませんよ。アホだから、ある [続きを読む]
  • シュタイナーの言葉
  • "めざめ"というのは、アホ・スピが空想しているようなものでしたら、ここでシュタイナーの言っている"孤立"ですね。"めざめ"を、覚醒といったり、悟りといっても、結構ですが、アホ・スピが空想するようなものとは逆で、ほんとうに、めざめることは、自然の中で、朝の光に目が覚め、夜の暗闇に眠ることですね。そして、かならず、人の中に入っていきます。わたしが、アホ・スピだと言っているようにものは、その逆で、おもいあが [続きを読む]
  • 五月の東北の山〜石転び沢〜
  • もうすぐ、山開きという山もありますけど、東北は、どんな様子だろうかと 思って、「飯豊山朝日連峰登山者情報」から、写真をお借りしました。 (クレジット、入れときます〜。) 一昨年の夏に登った、5月17日撮影の飯豊山・石転び沢(いしころびざわ) 雪渓です。 標高差1000mの日本屈指の雪渓。この冬は、白馬の雪渓で雪崩があった とか、栃木で高校生の雪崩事故もありましたねぇ。  [続きを読む]
  • 地獄の老後社会
  • 10回くらい、見返して、徹底的に、頭に叩き込んでおいたほうがいいです!!3回は、見返すといいです。NHKあさイチでも、やってました。森本卓郎さんの、さすがの指摘!!=====================================================================スピリチャルだとか、占いだとか、"霊的な地獄"状態を吹聴して、人を脅かすビジネスがあるようですが、社会情勢や社会制度による地獄は、直視しないんでしょうか。(アホだから・・・。)大体 [続きを読む]
  • 読者御礼
  • あんまり、というか、ほとんど、読者にお礼なんてしたことがありませんが、 訪問者の半分は、ブックマークに入れていただいていて、記事の更新がある たびに、読んでられるみたいですね。 ま、だれも読まなければ、書くわけもありませんから、ありがいことですが、 いつも、ゆってますが、読んでわかるの? というのが、ぶっちゃけですねぇ。 じゃなくて、読んでも、わからないはずです。それが正 [続きを読む]
  • 阿弥陀経の日本語訳
  • 仏説阿弥陀経正信偈と御文章(蓮如)〜西本願寺の読み方〜正信偈の中に、龍樹の名前が出てきます。気功も、龍樹を学ばないといけないのですよ。念仏和讃===================================================================浄土真宗の記事になりますけれど、今、ふっと、「出家」をすすめてあげたい人がいるなあ、と思いました。だれでも、すすめるわけではありませんし、清水富美加ちゃんみたいに、(ぶっちゃけ、これからの活躍 [続きを読む]
  • やっぱり、これがピアノやわ。
  • ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番です。すごい冒頭部です。これが、やっぱり、ピアノです。ほかの楽器では、とても無理です。すごいです〜。中村紘子さんが、生前、ピアニストは、肉体労働だとおっしゃってました。ピアノにかぎりせんが、楽器も声楽も、肉体労働です〜。しっかり、食べないと、演奏できませ〜ん。腹、へってて、いい音、出せませ〜ん。ちょっと、体重、あったほうがいいです。楽器に、体重を乗せるんです・・・ [続きを読む]
  • 起勢調息(きせいちょうそく)
  • 龍門太極拳の「起勢」です。太極拳は、どの流派にかぎらず、かならず、「無極」「起勢」からはじまり、「無極」におわります。心身のエネルギーの"完全な静止"(無極)からはじまって、"完全な静止"(無極)におわるものです。無極からはじまって、無極におわるのは、すなわち、気功です。また、太極拳もおなじです。エネルギーの活動を開始する「起勢」によって、エネルギー活性化の導入にはいっていくものです。そうでないものを、 [続きを読む]
  • 長生きの秘訣?〜養生太極鞭杆(べんかん)〜
  • 鞭杆(べんかん)。ま、棒(ぼう)と言っても、いろいろありますけど、一応、長さ・太さ・形状のちがいでこんな名称があります、というんでしたら、杖(じょう)打狗棍(だくこん)短棍(たんこん)鞭杆(べんかん)以上が、大体、1m前後位の短い棒ですね。なにがどう、ちがうかって、いえ、別に、あんまり、実は、ちがわないと思いますが、流派や伝承の地域、素材(木・竹その他)のちがいでかわってくるくらいですが、流派がちがえば、踏路も [続きを読む]
  • 5月20日(土)の練功会は、お休みになりました。
  • 5月20日(土)に、練功会を予定していましたが、時間調整が 難しくなっちゃいましたー。ごめんなさいね。 練功会の参加者には、そろそろ、全体を体系的に整理して おかないといけない方もおられますので、5月は、わたしたちの 門派の修養法を、全体的に確認チェックしておこうと考えています。 う〜ん。まあ、がんばってる方は、やっぱり、そこそこまで行ってます、 行ってます。それを、生活 [続きを読む]
  • 440Hzで、チャクラが開く?
  • 440Hz。つまり、ラの音ですね。この音を聴きつづけると、チャクラが開く?・・・なんてこと、ゆーてたら、わしなんか、もう、30年前には、開いてたわな〜。音楽を専門的にやってたら、毎日、440Hzの音叉で調律しますよー。大体、アホ・スピというのが、こういうもので、440Hzをじっと聴きつづけるなんて、それ、完全に狂った宗教ですよ〜。大体、アホ・スピの正体って、こんなもので、波動とか周波数なんて言ってるのも、その類(た [続きを読む]
  • 法則を、勝手に、つくるな!!
  • 「恣意的な法則」と「自然の法則」がありますね。自然の法則というのは、長い時間・歳月をかけて、人類が導き出したものです。恣意的な法則というのは、個人が思いつきで、流布しはじめたものです。20世紀の「無調音楽」でさえ、完成された調性音楽を前提して生まれましたが、失敗しました。最初は、成功したかに見えました。シェーベルクのように。上の動画は、ベルクの作品です。シェーンベルクとベルク。おなじベルクと言って [続きを読む]
  • あなたがたがすると、ただのどつきあい ?
  • 心意拳の原理も、太極拳の原理も、すぐれた気功の門派は、気功に還元してしまうものです。気功に還元してしまう・・・ということは、もとは、気功から生まれたものを、気功にもどすという意味ですね。"還元"というのは、そういう意味です。じゃあ、すぐれていない気功(の門派かなんか知らないようなの)は、歴史的に、形成されていくものに、なんの関心もありませんから、いつまでも、手かざしで病気を治す新興宗教の体らしいです [続きを読む]
  • 孫式太極拳を、見てみよう!!
  • 形意拳で、迷ったり、疑問に思うことがあれば、孫式の形意拳を見てください、と言ってきました。もう一つは、発祥地の山西形意拳を当然のように、いちばんの規範にしていただきたいですが、中国体育総局のものも、よいスタッフが当たられているので、それでいいよ、と言っています。孫式、つまり、孫禄堂が組み立てた太極拳があるわけですが、わたしも、すこし余裕ができてきたので、そちらも、見ておきましょう。「鷂子(ようし) [続きを読む]
  • 付けるのに、ええ薬 ・・・?
  • ま、なんでもええけど、五行拳というたら、五行の原理をつかうんだくらい、からだに付けてしまうといいです。漢方も、これで、理解してしまったらいいです。ウンコが出にくかったら、横拳で、出したら、よろしい。まあ、ありがたいくらい、感激することもあるでしょうね、きっと。六字訣も、なんでも、そうして、実用に役立てたら、結構ですけど、その実用って、あんた、なんのつもりですのん・・・?胃痛がなくなったり、肝炎がな [続きを読む]
  • 善哉、善哉・・・。
  • これが、なにかわからない人ばかりだと思いますけど、それで、ええですやんねぇ。なんなんでしょう?と思う人もあれば、わけがわからなくても、どうでもいい人もいるものですけど、それで普通・・・。別に大したものではないです。ある種の人には、大事なことかもしれないです。大事といっても、その程度かもしれないです。こういう太極拳をやっておくと、いろんなことが、わかるようになります。なりますけど、この太極拳が大事だ [続きを読む]
  • 形意拳 七十二技
  • 馬礼堂太極拳の「貫耳」と形意十二形拳の「馬形」、そして一般的な楊式の「貫耳」。この3つは、意図が、それぞれ、関連し合いながら、ちがいますよ〜というのを、昨日も、やりました。馬礼堂太極拳の「野馬分騣」と形意十二形拳の「蛇形」、そして楊式の「野馬分騣」。これも、それぞれ、関連しながら、意図がちがいます。馬礼堂という人は、わたしたちが勘違いしないように、クイズにしてくれていたようなものですね。この3つが [続きを読む]