けんちゃ さん プロフィール

  •  
けんちゃさん: 横浜ベイスターズとジャグと戯れるブログ
ハンドル名けんちゃ さん
ブログタイトル横浜ベイスターズとジャグと戯れるブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/b-maxlove/
サイト紹介文とにかく野球が好きで特にベイスターズを応援してます。たまにはパチもやりますw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/10/16 19:58

けんちゃ さんのブログ記事

  • 油断以外何物でもない敗戦
  • 昨日の勢いそのままに初回までは良かった。ただ二回三回と得点圏に置きながら追加点なし。いつでも取れるだろうという首脳陣、選手の油断。三回の無死二塁は正にそれ。戸柱に自由に打たせ宮崎進めず。井納の出来を考えてもあと1,2点取れれば優位に試合を進められたものの挙げ句には井納もバントすら出来ず、嫌だなと思ってたら1点取られる。井納もバント失敗を引きずったのかズルズル行く始末。見た感じ薮田が立ち直ったわけでなく [続きを読む]
  • 結果論としてはOKなのだが・・・なぜ継投なのか?
  • 監督インタビューでは全く完投は考えてなかったとのこと。 確かに分業制の今、抑えもしっかりしているこの状況で代えない選択肢がどこにあるといえばそこまでなんだが。 どう見てもウィーランドにはまだ余力があったし、今日と同じような試合展開で勝ちを消されている試合が4月21日の中日戦。 ヤスアキの一昨日の不安定さ、昨年の夏場の事を踏まえると続投でも良かったのではないかと。 案の定先頭に四球で坂口にも四球打たれるな [続きを読む]
  • 山口フルボッコに溜飲下がる
  • いやあ、ナイスゲーム!現地観戦で完璧酔っ払ったwぶっちゃけ、ヒットの割にタイムリーが少ないし、中継ぎ陣も藤岡、コバヒロはフラフラなど反省点も多いのは確か。ただ時期的にも勝つという結果が大事な時期に読売3タテ!しかも敵地3タテには溜飲下がるよ。タケヒロが好調なだけに怪我が心配だが昨日の打順は良かったと思う。6番梶谷という選択肢は捕手が嶺井だからかと思われるが、2番に入るタケヒロが粘れて好調だからこそ活き [続きを読む]
  • カープと言えど守護神が5点差で出ていく必要があるのか?
  • 勝つには勝ったが言いたいことが山ほどある まずは投手リレー 7回パットンに固執する必要が分からない。 パットン・三上・タナケン・須田・砂田 砂田以外安定感がない。 だからこそ7回8回は相手打線との絡みを考えてしばらくは流動性で良いと思うのだが・・・。 7回パットン8回三上に拘って何試合落としているのか 特にハマスタでのパットンはかなり悪い。 また昨日の展開でヤスアキまで使う理由が分からない。 ああいう場面で失点 [続きを読む]
  • 今永の粘りで持ちこたえた試合
  • 終わってみれば6-0の完勝も途中まではヒヤヒヤ。 初回の攻撃もチグハグだし 3回の無死2,3塁も1点どまり 流れがうごめいていたときに今永も四球を出しホント勝てる気がしなかった。 本来なら楽に進められる試合も石川が代わってから本格的に流れが変わり何とか勝った試合。 四球を出しながらも何とかゼロに抑えた今永くん 現地で見てたけど、加賀・タナケン・砂田・平田の4人はかなり力を入れた準備をしてたので6回までは継 [続きを読む]
  • ヤスアキを見て思うチーム内ライバルの必要性
  • 基本線の抑えはヤスアキとパットンだと思う。 その二人が切磋琢磨することによりヤスアキが安定したのを見ると野手陣にもそういった選手が必要なのかも知れない。 桑原や倉本は特に。 本人たちも一生懸命ではあるが、どこかに驕りがあるのではないかと思えてしまうプレーもある。 たまには関根や乙坂、柴田(怪我だけど)や山崎などにスタメンの機会を与えるのも一つの起爆剤になるのではないのか。 宮崎がエリアン・白崎とかと併 [続きを読む]
  • 5割という小さな達成感で満足されても困る
  • なんかね。 チーム全体がそうなのか。 交流戦5割という目標を達成したから負けていいはずもなくただ何となくで7回以降に逆転された感じだ。 一昨日までの4連勝で油断もあっただろう。 ひとつひとつを見ると反省点が多い試合。 まずは3回の1死3塁で倉本・桑原 相変わらずと言うか9番倉本の意味が全くない。 何のために9番なのか倉本も分からないと。 ここで1点取っていればもっと優位に進めたはず。 あとは、7回の倉本の [続きを読む]
  • バント失敗を責めるより自らを戒めよ
  • エリアンしかり シリアコ・佐野が何故上がってきたのか全くわからないまま2軍へ逆戻り まだ下園や柴田を残しておいたほうが戦略的にも使えたのに。 バント失敗を嘆くなら何故ヒロヤスをピンチバンターとして起用しないのか??? 戦術含め起用を間違っているとしか思えない。 ヤクルトを心配したり、Aクラスを死守したいなどまるで優勝を諦めているとしか思えない発言が続くラミレスに監督を続ける資格があるのか甚だ疑問だ。 読売 [続きを読む]
  • 8点差での梶谷の6回の盗塁→警告試合について
  • 大矢監督時代にもあったがあのときは7回でしかも11点差 相手もノーマークで、そこから内川・村田の連続死球だった。 今回は8点差付いているものの、1点取って筒香と言う場面で捕手もノーマークでなく1塁手も牽制に備えてもいて盗塁を阻止しに来てたわけだし、梶谷からすると1点取って、尚筒香なわけで打点が付く状況にしてあげるのもチームプレーだしもう1点取りに行くのは普通のこと。 ちなみに5月6日の広島・阪神戦も6回表 [続きを読む]
  • 同一カード3連敗しないのは大事
  • 交流戦は同一カード3試合しか無いため3連敗するとなかなか取り戻せない。 とにかく一つ勝つことだけは非常に大事。 交流戦も2カード終えて4連敗したがまだ2勝4敗 3連敗したら1勝5敗になるとこだった。 やはり3タテを喰らわないのは大事なこと。 楽天・西武と続くがここも何としても2つは取って貰いたい。 辛島・塩見・則本なので 辛島か塩見で一つ 打線が奮起すれば2つ取れる。 則本はいい投手だけど隙もある。何とか立ち上がり [続きを読む]
  • 完全復活してなかった筒香
  • 誰だ?完全復活って言ったのは 私だ!!! たぶんと言ったから許してくださいw 何となく気になってたのは放物線。良いときの筒香は角度がある。ただ、いかんせんライナー性での本塁打しか打ってないのが気になっていた。 しかし、構えとかも多少弄ってきているから進化版筒香がそうなのかもしれないと思っていたのだが、まだまだ復活には遠い。 それと梶谷も状態がやばいね。 筒香・梶谷が二人して悪いのだからなかなか勝てない [続きを読む]
  • 3位浮上?借金あるうちは手放しで喜べない
  • あくまでも今の順位はあまり関係ない それよりもまず貯金5 ここが目安になるだろう。 昨日は濱口がナイスピッチング 試合内容も守り勝った良い試合だ。 これが出来れば大崩れはしない。 白崎も満塁の場面でよく打った。 ただ、白崎は初球に関しては良い当たりはするが追い込まれたら基本弱い。 その後の打席でも2打席目初球を中フライ3打席目三振4打席目2球目をサードゴロ(エラー) やはりまだ精度が低い。 2軍でやることはないか [続きを読む]
  • 6点取っても素直に喜べない勝利
  • 1イニング6点は素直に喜べるが半分は阪神のミス それよりも 6回1死1,2塁で梶谷・ロペス 8回二死満塁で下園 9回無死1,2塁で石川・荒波 これで1点も取れないのはキツイ。 中継ぎ陣が踏ん張れたし、阪神が下降気味だから良かったもののああいう所でしっかり点を取らないと。 だから接戦で点が取れず負けるか引き分けてしまう。 阪神の中継ぎが総じて良かったわけでもない。 特に9回の石川に関しては論外。 阪神の打線の状態が今は良く [続きを読む]
  • 筒香完全復活と見た(たぶんw)
  • 間の取り方、打球、構え、打ち方 どれをとっても、今までの筒香と違う。 3回のホームランは特に昨年と違った素晴らしい打球だ。 本音を言えばもう少し角度が付くと良いのだが、打撃フォームを昨年からいじってきているのを考えると今の打撃フォームではあの打球がベストになるのかもしれない。それぐらい素晴らしい弾道だ。 初回のヒット、そして6回のヒットの球足の速さを見ると余計そういうことなのかもしれない。 甘いボールだ [続きを読む]
  • 交流戦へ向けて一つ目のピース下園昇格
  • 下園の昇格は交流戦プラス左の代打の強化と見ていいだろう。 そして25日の熊原が2つ目のピースとなるかの大事な試合。 気がつけば最下位と2ゲーム差 首位とは7ゲーム差 交流戦前に何とか5割をキープしてもらいたいがどんな形で交流戦へ入るのか? 不安いっぱいである。 例年通りだとここで一気に最下位となってしまう。 ただ、セリーグ5球団が全コケでベイが5割をキープできればそれだけでも順位は上がる。 チーム力をつけるために [続きを読む]
  • 勝てるエースの台頭が望まれる 今永くんよ寂しい結果だぜ(ToT)
  • この投手が出れば負けない そんな投手が今ベイにはいない。 過去には遠藤・斎藤明夫・野村・斎藤隆・三浦 ベイ生え抜きのエースと呼ばれてた男たち 他にも川村や欠端・大門といるがインパクトがあまりない。 僕が物心ついてからなので平松や秋山は入ってないw ある程度勝ちが計算できる投手の候補は今いる。 ただ絶対に勝てそうなのはウィーランドただ一人 本来これが、今永・石田の役目であったと思う。 今年実質2年目の石田や2 [続きを読む]
  • 選手とカープに采配ミスを救われたラミレス
  • 明らかな継投ミス 何故昨日に限って配置転換をしたのか? 全くの意味不明 あれほど7回ヤスアキに拘っていたのが7回三上。 ウィーランドも決してバテておらずむしろ7回も投げさすものだと思ってもいた。 ただラミちゃんのことだ7回ヤスアキにスイッチかなと思ってたら何故か三上・・・。 ん〜、指揮官の頭の中はどうなっているのか? 下手に動いた時に限って嫌な予感は的中 挙句の果て [続きを読む]
  • ラミレスよ打てないのではない。繋がりがないのだ。
  • ここ数試合11安打3得点6安打3得点12安打4得点10安打1得点5安打2得点5安打1得点 安打はそこそこ出てる。 ただし得点は最高で4得点 いい場面で本塁打が出れば勝つが阪神・広島みたいに繋がりでの得点はほぼ皆無。 ということは打順の構成に問題があると思うのだが何故頑なに2番梶谷3番ロペス9番倉本なのか? 大いに疑問である 梶谷に至っては考えすぎて2番は難しいと思ってるのに [続きを読む]
  • 勝ちに徹する采配を見たいぞ。。。筒香よ早く目覚めよ
  • 阪神戦・・・。 雨で流れなかったら3連敗が現実味を帯びていた。 采配はいつも通り。 藤浪対策は嶺井のみ。 勝つ気あんのかね??? 桑原の盗塁の仕掛けどころも悪すぎる。流れが相手に行ってしまう。逆に成功すればとも言えるところだが、なんせ率が悪い。 勝ちに徹する采配を一度でも良いから見てみたい。 今回は広島・読売と上位対決 これで負け越せばズルズルと後退するだろう。  [続きを読む]
  • 勝ち越した事による非常に大事な阪神3連戦
  • 棚ぼた勝利感が否めない物の何とか勝ち越すことだけは成功。 結果が全てだから勝つに越したことはないw さあ今日からが大事 メッセンジャー藤浪能見の3人を打ち砕いてもらおうじゃないか。 ちょうど5割で首位との戦い これ以上試金石になる試合はない。 しいていうならば読売戦で疲れ果ててくれていれば言うこと無いのだがwww どう考えてもホームとは言え、分が悪い3連戦 この3試合 [続きを読む]
  • 打順を弄るだけが采配ではない
  • 細かい作戦はさておきここ数試合采配を全くしていないラミちゃん 打順を弄るだけに気持ちよさを感じたか、2番梶谷6番戸柱8番投手を頑なに絶賛実践中 勝つには勝っているが勢いを全く感じないため案の定まだ借金15割を前後というか5割未満で昨年と変わってない。 昨日は特に勝ちに徹して欲しかった。 初回5点取られたものの2点返し尚満塁で久保交代でしょ。勝ちに行くならね。あそこで試合を投げたよう [続きを読む]
  • チームの浮上はまだ望めないね
  • ラミちゃんはまだ名将ではない。 本人に自覚があれば良いけど。 采配を見る限り自分のことを頭がキレると思われたいのか自己主張というか、動くことが多すぎる。 それでいて動くべき所で動けない。 今回の中日3連戦も勝ち越せたにも拘らずタイに終わる。 最大は平田の同点ホームランだがあれはどう考えても防げたホームラン。 戸柱のリードもだが何故あの場面でベンチからサインを出さなかったのか [続きを読む]
  • 一回り終えて思う今後の課題
  • 今年は変則日程だがようやく一回り対戦が終わった。 なぜだかヤクルトとはすでに6試合も戦っているが。 先発を見ると石田・井納に勝ちが無く、期待していなかったクラインが早くも2勝であとは1つずつ。パットン・三上で3勝しているので半分はもつれて勝っている事を伺える。 とにかく昨年と一緒で打てないに尽きる。 それでいて投手もそこまで抑えてないので現時点で借金2つは御の字か。ただ、勝てた試合も数 [続きを読む]
  • 誤審を呼んだ倉本のスローイングの弱さ
  • はっきり言って6回の田中のショートゴロは誤審。セーフだったねw ただ、緒方監督が退場になった7回のシーン傍目からセーフに見えるが小窪のヘッスラした手が浮いていた分アウトになったように思う。駆け抜けたほうが早いと言われる所以だよねw ただ誤審2つと言われても仕方がないが6回に追加点が入りベイスターズ有利の流れになったのが大きい。 例え2つともセーフでも昨日の今永くんなら完封してたでしょう。&nb [続きを読む]
  • 4番が14試合1打点で借金3つは伸びしろがあるかなw
  • 出来れば筒香も打って勝てるのが1番だが今の現状で勝ちを拾えてると考えれば御の字のような気もする。 4番がまだ1打点である。。。 いくらなんでもひどすぎる。得点圏打率が154 網谷あたりを試しても変わらないんじゃないかな。今のままなら。 傍から見てもスランプというよりは明らかにスイングの状態が悪すぎる。もしかしたら身体のどこかでも悪いのではないか? 脚も張ってるみたいだし。 もしく [続きを読む]