ソブラニー さん プロフィール

  •  
ソブラニーさん: 憎しみの標本
ハンドル名ソブラニー さん
ブログタイトル憎しみの標本
ブログURLhttp://monochromediaries.blog.fc2.com/
サイト紹介文結婚は希望ではなく絶望を知る覚醒クエスト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/10/17 11:59

ソブラニー さんのブログ記事

  • mixiオフ会はハズレばっか② 〜with 夫〜
  • 夫と一緒にオフ会って言うと吃驚するかもね。だけど、我が家はその辺がオープン。まぁ、夫は私と違って社交的だからね。饒舌にまくし立ててくれるから過ごし易くなる。しかし、ソレはソレで嫌な点もあった。知り合ったのはmixiだけどさ…。一応は夫婦ぐるみ、夫婦共通の知人になる。リアルで会ってると夫の方が好印象な訳。だから私が結婚生活に関する不満を書くとね…。此方が袋叩きに逢うの。夫を擁護する書き込みはなかった。私 [続きを読む]
  • 食料品レシートを見ると幸せな気持ちに浸れる
  • 新婚時代は家計簿をつけていた。…と言ってもexcelへの簡単な入力程度。月・項目・金額の表を作っただけ。核家族を再開した賃貸を引っ越す位迄は記録してたな〜4年未満か。長かった様な短かった様な…。私は入籍しても姉さん女房ですから。妻の座をキープする自信がないんだわ。女王様気取りのオタサーの姫じみたブスが夫の女友達にいるしさ。あーゆうゴミへの吐き捨てる思いが食料品レシートに集約される。「暮らしを共にしている [続きを読む]
  • 子供の死についての報道① 〜交友〜
  • 私が初めて妊婦になった2006年。この時期は子供の不条理な死のニュースが多かった。その一つが地域やママ友に代表される事件。畠山鈴香や長浜市幼稚園の集団送迎。文京区で1999年に発生したお受験殺人事件。コレと併せるとママ友付き合いがいかに不要なのか痛感させられる。子供同士が仲良くても親同士が合わなければ線引きが必要。容疑者には個人としてみれば「アレッ?!」な点があるに決まっている。そーゆうのを「我が子の友達の [続きを読む]
  • 嫁を好きな姑なんて居ないよね〜
  • 夫が夫の母と会うとの事。私は家でmixiでもやってようかと思った。だけど夫が言うから同行するハメになった。私自身が親への苦手感を持って育った。故に結婚しても相手の家族と接するのは気疲れする。最低限に抑えたいんだけどね。此方が億劫な気持ちを引き摺っていたのが伝わったのか。夫が私の事を言わなかったからなのか。待ち合わせ場所へ行ったらさ…。向こうが顔を引きつらせていた。「何であんたが来たんだ!」と言わんばか [続きを読む]
  • mixiオフ会はハズレばっか① 〜自助努力〜
  • リア友0の私は友人getを目指してオフ会へ何回か行った事がある。だけど所詮はmixi。楽しいのは酒と飯を囲んでいる時だけ。家路へ就けばマイミク申請が来る。だけどね。ソコで終了。当時のmixiって招待制だったからさ…。元からあるリアルの繋がりを見ると疎外感しか湧かない。先方が日記を書いたのでコメントを書いても私だけだとスルーされる。リア友がコメントを書くとレスを欠かさない。相手にも都合・価値観があるとしてもいい [続きを読む]
  • 新婚フィーバーに感染したぜ。糞が!
  • 私は「ケッ。」としか思わないフォト婚だけど…。夫に連れられて打ち合わせへ行くとそんなに嫌な気分にならない。ついついニヤニヤしちまったわ。不覚だな。hotpepperのクーポンで済めば安上がり。現実にはたった1回の撮影なので立派な生花ブーケや花束と写真。そーゆうオプションサービスを付けてしまった…。かなり値上がりしたけど品質はいまいちなので不満が残る。マタニティでも着れると言うけど品数少ない上に肉眼でわかる程 [続きを読む]
  • 金にだらしない夫の実家
  • 夫と夫の母が電話する頻度は受忍限度内だった。多過ぎる事はなかったので姑による干渉には映らなかった。だけど夫の父のギャンブルによる多額の借金アリってのがあると…。いい気分はしない。此方の暮らし向きだってキツイのに金の無心をされたらって思う。警戒してたら1回あったね。「後で返すから取り敢えず貸して♪」ってのが。振込では間に合わないのかわざわざ電車を乗り継いで夫に借りに来た。仕事帰りの夫が在宅している時 [続きを読む]
  • 会議室ランチは疲れる
  • 本社の事務手伝いは仕事量少ないから楽だった。一日の殆どを資格試験の勉強に充てられたからね。だけど職場でお昼を取る場合、女性は会議室に集まるのがかったるい。私以外の女性は2人だけだから。1人は独身で事務部門の正社員。もう1人は既婚で事務部門のパート。悪い人達ではなかったけど年上女性は苦手…。此方がブーツ履いてただけで「妊婦なのにむくむでしょう!」とか言って来る。貴女達の息子の嫁じゃないんだから黙ってろよ [続きを読む]
  • 共働きならではの朝
  • 新しい仕事では夫が土日休みの日勤。私の出勤時間帯と被るので一緒の電車に乗る。駅迄手を繋いで歩いて隣同士に座る。どうって事ないけど暮らしを共にしている幸せを感じた。<画像>2017.06.10に撮影。にこにこ出来る仕事ではなかった。嬉しかったのは通勤スタイルだけだね〜子供が出来て暮らしが安泰になった新婚さんの無敵な蜜月だったなー。[にほんブログ村_参加カテゴリー][にほんブログ村_トラコミュ]会社員! サラリーマン [続きを読む]
  • 引越貧乏① 〜働く母への第一歩〜
  • 新婚当初の物件は子供不可。解っていたから妊娠を契機に出て行くのは仕方ない。京王沿線で家賃安いのが◎だったけど実際に住むと不満タラタラだった。駅から近い割には遠く感じた。ローカルスーパーの野菜は鮮度が悪くて数日で萎びた。大手スーパーの見切り品を入荷してるのかと思う代物だったね。京王線は新宿では地下だから空気が悪い。通勤は毎日だから地味に体力を奪ってたかも。そーゆうのに気付くと幸せではなかったけど親と [続きを読む]
  • 若い女を食い漁る夫の友人
  • 夫(23歳)が連れて来る友人は私(28歳)より若い。だから此方をおばさん扱いする輩がチラホラ。若い男性特有の無神経さなんでしょうけど。何年か経って顔を合わせたら「御無沙汰しております。」って抜け抜けと言ってた。でもねえ。「妊娠すると太るの直らないんでしょ。プッ(嗤)」は不愉快だったわ。夫に言っても「太らない様に頑張れよ。」だったから。この友人がFランク大学中退の公務員なのも鬱陶しかった。出会い系を使って女子 [続きを読む]
  • 心温かい実家がなければ銭を使うだけよ!
  • 新婚初年度は何かと苛立つ事が多かった。出費とあらば此方の祝金から払うのが当たり前。片付けをせず食べ散らかし脱ぎ散らかしも当たり前。友人を呼んでペチャクチャが時々。この当時はmixi日記で暮らしの不満を書く。そしてマイミクに居る夫が反論コメントを書くのが日常だった。余りにも腹が立ったので私は外泊をした。ルミネで着替えを買ってビジネスホテルへGo♪夫が着信攻撃をして来たが無視。だって、不愉快なんだもの。何を [続きを読む]
  • レディースデーならぬレディースマネー
  • 私が居た会社で資格手当があるのは知ってた。だけど業務に関するクイズ程度の社内資格で3,000/月は吃驚だわ。同額の手当が貰える他の資格は初級シスアド。一応、国家資格…。それなりに勉強して取れる物と一緒だなんて(嗤)業務の空き時間にLPIC Level1(5,000/月の支給)の勉強をしていた。教育部門の社員から声を掛けられたので私も社内資格を受けてみた。何日か経ってから結果が出たとの事で別室へ呼ばれた。どうしたんだろう?何か [続きを読む]
  • いやいやいや。嫁に引き継がないって!
  • 子供と正社員で新婚フィーバーに磨きのかかった夫が糞プランを提案しやがった。今度は結婚式をしなくても衣装を着て写真だけ撮れるだとよ。くだらねー。そんな事に金を使いたくねえわ。だけど夫がギャアギャアうるさいので応じるハメになった。フォト婚をやると聞いた夫の母がとんでもない発言をした。(夫には姉妹ナシ。兄2人が居る)「私の母が手縫いで作ったウエディングドレスを着てね!」うっわー。やめてくれよ。あのババアが作 [続きを読む]
  • スキルアップとは外へ打って出る事
  • 私が居た会社では新入社員紹介キャンペーンがあった。採用されると紹介元に50,000が支給されると言う代物。丁度、ルイ・ヴィトンの鞄が欲しかったし夫は求職中だった。そーゆう私事都合から夫を人身御供とした(嗤)この会社では契約社員採用しかしていない。正社員への昇格は殆どない事は一次面接で言われる。(入社1年の離職率高し)結婚するに当たって不安要素は大きい。だけど無職よりはマシ。非正規雇用だけど「社員」って含むか [続きを読む]
  • マタハラはなかったので良しとする
  • 新年が明けて1ヶ月超過してから漸く言う事が出来た。直属の上司に一言伝えるだけなのに踏み出せなかった。この業務では私の様な末端労働者には会社メアドを付与していないからだ。前の所みたいに言い辛い事をメールでぶちまける事が出来ない。職場の人に業務報告のメールを送るのだから…。此方も会社メアドでないと駄目なんじゃない?そう思ってたから口頭で言うしかないよなーって。直接言うにも今度は人目がある。上司が他の人と [続きを読む]
  • 捨て鉢気分なマタニティライフの始まり始まり
  • 私が妊婦になった頃、お産難民って言葉を耳にする機会が増えた。近くに病院はあるけど…。其処で産めるんだろうか。腹は膨らむけど出産が現実とは思えない。マスメディアで聞く話を思うと妊婦健診の申し込み電話をするのが億劫でならない。診察を受けたけど既に陽性って知ってたから感慨ナシ。エコー写真を貰っても何処が顔なのか判らない。だからそんなに嬉しくなかった。捨てるにも捨てられない物を受け取ったなーって思った。赤 [続きを読む]
  • ハーフバースデーに必要なのは写真スタジオに非ず
  • 妊婦になって真っ先に行ったのは病院ではない。学生結婚をして2児の父になった夫の友人宅だった。子供が居る暮らしについて垣間見させて貰うのが訪問の趣旨だ。夫は友人の奥様と折り合い良くないとの事。申し出た側にも許諾した側にも感謝の念が止まない。其処は男児2人で上の子がイヤイヤ期で下の子はまだまだ赤ちゃん。お母さんがずっと炸裂していたのは今でも記憶に新しい。「そんなに怒らなくてもいいじゃん。」って見ていてゲ [続きを読む]
  • 取り繕った年末② 〜大晦日編〜
  • クリスマスが夫の実家だったから年末は私の親の家。両家の扱いは平等にって言うじゃん。ソレだけの理由だね。婚姻成立の経緯を見ると自分の所の顔色を窺う必要はこれっぽっちもない。今更、反対した所で私が処女でなくなったのは公然の事実。結婚してれば子作りするんだから中出しドップリって解るでしょ?妊娠検査薬を見れば陽性だったし。私サイドから見ればもう覆せない状況よね。親の家に泊まるけど此方の家は退屈。規則正しい [続きを読む]
  • 取り繕った年末① 〜クリスマス編〜
  • 新婚のクリスマスなんだから夫婦2人で過ごせば良かった。後年になってから気付いた思いになります。その時は良かれと思った行動だけどね。人妻になってから「別の選択肢があったよなー。」ってボヤく機会が増えた気がする。結婚は法律や制度なんかに守られて安泰イメージがある。だけど現実には嫁と言う立場に相応しい振る舞いを意識せざるを得ない事がちらほら。恋人時代の方が良かったってのはこーゆう事なんだろうな…。クリス [続きを読む]
  • 取り敢えずの新婚旅行
  • 新婚旅行は台湾…。昔行ったヨーロッパ1週間旅行に居たカップルが理想だったので叶わなかった事にガックリ。だけど行けれるだけマシって思わないといけないよね。でも、希望通りに行かない事への失望しかなかった。本来はそんな余裕ないし祝金のお陰なんだけど。その他にも心がささくれ立つ要因はある。夫の女友達が空港で働いている事。ANAやJALではなく出入り業者だから負け感はしない。だけど紀宮様を茶髪にした容姿でオタサー [続きを読む]
  • 両家の顔合わせ < 友人との夜遊び
  • 夫がピーチクパーチクうるさいので師走前に両家の顔合わせをやるハメになった。親同士の気質が正反対だから会う必要ないのに夫がギャアギャア。当然、費用は私が管理している祝金からでしたよ。不本意な事を強制される時点で不愉快なのに夫の態度が終わっていた。みなとみらいの高級ホテルで食事会な訳。そうなると我々は午前中早くに出発しないといけない。…にも関わらず夫は前職の不良債権友人に誘われてホイホイ。前日深夜にフ [続きを読む]
  • 嫁サイドの祝金は2人の金らしい
  • 新婚さんは色々な出費をして暮らしを整えるのよ。家財道具や夫の運転免許費用だな。そーゆう物を私が払うのは仕方ない。金くれる人間 = 付き合い状態がアクティブな親戚 の数が違うから。親の代で付き合いのある人間がどの位居るか。それだけ。だけどね。腹が立つのは私は欲しくもないのに夫が欲しいと思う物を負担させられる事。テレビ、プレステ、中古車。中古車は友人が免停食らって何年か乗らなくなったとかで10万(分割)で [続きを読む]
  • 嫁の洗礼
  • 秋の週末は自分一人か夫婦だけで過ごす事が多かった。夏に比べると若干、暮らしは落ち着いた。そんな中、夫が専門学校の同窓会へ行く事になった。ソレなら一人で横浜へ行けばいいじゃんって思うのに夫の実家へ泊まる事になった。夫が出掛けている間は元町でウインドーショッピングをして過ごした。世間一般みたいに夫の実家で帰りを待たずに済むのは有り難い。新婚・子ナシで滞在するのは気兼ねするもの〜夫の口癖は「結婚したらう [続きを読む]
  • 妻って夫サイドの人間を全肯定しないといけないのか?
  • 或る日、私がPCで日記を書いていると夫が覗き込んだ。プライバシーの侵害なので止めて欲しい。だけど面倒臭いので野放しにした。所詮はMSゴシックでフォントサイズ10だもの。視力悪い眼鏡野郎には解らねえよ。そう思ったら大間違いだった。夫が自分の友人を悪く言うなとカンカンになっていた。「悪口を言うな!」と言っても原因を作ったのはそちらでしょう。わが家に来た際に水回りを汚して帰ったんですけど。そーゆう不満を自分し [続きを読む]