漢方1日1歩 さん プロフィール

  •  
漢方1日1歩さん: 漢方1日1歩
ハンドル名漢方1日1歩 さん
ブログタイトル漢方1日1歩
ブログURLhttp://ameblo.jp/youdoutoudou/
サイト紹介文今日から臨床に役立つ漢方1日1話
自由文先哲がつないでくれた伝統医学「漢方」をより多くの悩める患者さんに役立てるための日々の研鑽備忘録です。傷寒論やその他先哲の書物から臨床に有用な文言を抜き出し応用していくことが目的です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/10/20 21:30

漢方1日1歩 さんのブログ記事

  • 人参は毒を助ける?
  • 人参は病邪を元気にするイメージがあり、病邪駆逐には邪魔と誤解されているが、実は邪毒を表に排毒する作用がある。もし病邪を助けるなら傷寒に使えるわけがない。小柴胡湯に含まれいるのも排毒するからである。そして何より 人参敗毒散 という方剤があることがそれを雄弁に語っている。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • セレブランチと漢方
  •  香附子は婦人の生薬とされ気を発散する機会がない婦人に頻用された。往時は夫や子供や姑などとの人間関係などからなかなか自由な時間が持てなかったことは想像に難くない。現在も女性は仕事に子育てに大変だが昔に比べるとママ友や同僚と飲みに行く機会などで適度に発散できているのだろう。 ママはセレブランチ!パパは280円弁当 などもしばしばである。最近香附子を含む女神散に男性著効例が多いのはこのためかもしれない。 応 [続きを読む]
  • 温病知ったかぶり!
  • 日本漢方は傷寒論ばかりで温病学に疎い。傷寒論者と話すときは 『温疫論』の呉又可『温熱論』の葉天士『温病条弁』の呉鞠通 の名前と書物名くらい知っていれば同じ土俵に立てる・・・かもしれない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桂枝加苓朮附湯の不思議
  • 桂枝加苓朮附湯は 真武湯加桂枝・大棗・甘草 である。表に発するか裏を駆るかだが意外とその根源は近いのかもしれない。 桂枝加苓朮附湯はツムラにはないがクラシエに錠剤がある。また 桂枝加朮附湯合真武湯という組み合わせも時々使うがこれも桂枝加苓朮附湯にきわめて近い方剤であり、時に桂枝加苓朮附湯よりこちらの方が良い気がする。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 司馬遼太郎と漢方
  •  司馬遼太郎は長編歴史小説『花神』の中で、日本民族の合理主義は漢民族よりヨーロッパ民族に似ていると山脇東洋と杉田玄白の比較から述べている。杉田玄白ばかり注目されているが山脇東洋(1705−1762)の日本初の解剖はもっと評価されてよいと思う。 応援 お願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋の風邪
  • 昔から秋の風邪には 参蘇飲が良い と言われる。所謂涼しくて乾燥した状態を凉燥いうがこれに参蘇飲が効く。秋の季節にピッタリである。ちなみに凉燥の処方である杏蘇散は参蘇飲と構成生薬が近い。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 理気剤の罠
  • ストレス社会の現在理気剤は非常に応用範囲が広い。ただ一つ覚えておかなければならないのは理気薬は 気も血も精も損耗する のである。『方彙口訣』にも重ねて注意喚起されている。柴胡も理気薬である。ストレスだからなんでも柴胡は大間違いであり、柴胡連用時は柔肝するために芍薬等を入れておくことが重要である。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 便秘と大黄
  • 山本巌は大黄の駆瘀血薬としての薬能を強調し常々 駆瘀血薬として大黄を使うときは軟便であっても少量大黄は入れなさい と何度も言ったそうである。大黄の薬能は瀉下だけではない。 応援 お願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 9と11
  • 九味檳榔湯はエキスでは 厚朴・蘇葉・陳皮・生姜・甘草・桂枝・木香・檳榔子・大黄・呉茱萸・茯苓 の11味からなる。九味の名前なのにと不思議に思うかもしれないが原方は9味で後に呉茱萸・茯苓が足されて11味になった。コタローからしか発売されてなくマイナーだが大黄を含む理気剤として、檳榔子を含む逐水薬として、木香を含む消化器方剤として非常に使い勝手が良い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 苦い方剤の服薬コンプライアンス上昇法
  • 黄連解毒湯は苦い。子供は服用しにくいだろうなと思う。私は 大杉製薬の黄連解毒湯(1回1.5g)とコタローの黄連解毒湯(1回2C) を使用している。口内炎のような直接作用を期待する時にはオースギ製剤を使用しその他はコタローを使用ししている。処方が正しくても飲んでくれなければ意味がない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 痛みの上下
  • 痛みが肩などの上部に出る場合は 桂枝・羌活・威霊仙を加える 痛みがひざなどの下にある場合は 防已・木通・牛膝・黄蘗 を加えると良いという。簡単に例えると 桂枝加朮附湯や葛根加朮附湯は上部の痛みに 防己黄耆湯や牛車腎気丸は下部の痛みに ということであろう。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • セクハラと漢方
  • 疎経活血湯は元気な酒飲みの脳梗塞に使用される機会がある。 脳梗塞になって入院しても看護師にセクハラするような患者 と例えた漢方医もいる。私の友人でも将来脳梗塞をもし起こしたら確実にそうなるような人がいる。ただの女好きという説もある。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 清肺湯と滋陰降火湯の鑑別
  • 清肺湯も滋陰降火湯も慢性気管支炎に用いるが 痰をまずはいて後に血痰になるのが清肺湯 血痰をまずはいてじきに血が混じらなくなるのが滋陰降火湯 と衆方規矩ではまとめられている。現実的な対応として血痰に滋陰降火湯が効かなければ清肺湯、その逆も然りという事があるという事の方が重要である。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 補中益気湯と眩暈
  • 浅田宗伯は 気虚の眩暈に補中益気湯が良いと書いている。 衆方規矩にすでに補中益気湯は眩暈生じ胸塞がる状態に良い との記載がある。私も時々ある疾患にある方剤が効く新発見をしたと思う時があるがたいてい昔の医書に書いてある。まあ当たり前のことだが歴史を積み重ねてくれた先人の経験を使わない手はないと感じる 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏目漱石と漢方
  • 夏目漱石は胃潰瘍で亡くなったが、当時の西洋薬の最新治療は心窩部にこんにゃくを温めたシップを当て紫色に変色するまで充てることが最高の治療とされ、夏目漱石もその治療を受けている。大塚敬節は清熱解鬱湯:梔子・朮各3.0;川芎・香附子・生姜・陳皮各2.0;枳実・黄連各1.5;乾姜・甘草各1.0 が良かったのではないかと言っている。私はこんにゃくシップだったら柴胡桂枝湯の方が100倍効いた気がする。 応援 お願いします。 [続きを読む]
  • 代用なんかじゃない!
  • 知柏地黄丸は 六味丸に知母・黄蘗を足したものだがエキス製剤では 滋陰降火湯合六味丸 にて代用される。しかし衆方規矩には六味丸合滋陰降火湯大いに虚労を補うとの記載がある。代用としてでなくこの合方を見つめ直してほしい。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • そんなにすごいんですか?
  • 不換金正気散金にも代えがたい方剤というネーミングだがその中身は 平胃散加霍香・半夏 である。兎角胃薬扱いの平胃散だがもっと賞美されてもよいのかもしれない。しかし私は不換金正気散より金の方が魅力的である(*^^*) 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 当帰芍薬散の蒼朮と白朮
  • 金匱要略の記載だけで当帰芍薬散を使用するのは難しい。事実吉益東洞は当帰芍薬散を1例も使用していない。構成生薬(当帰 川芎 芍薬 茯苓 沢瀉 朮)から和血+利水と考えると応用範囲が限定される。浅田宗伯の勿誤薬室方函口訣には 当帰芍薬散は建中湯の症に水気を兼ねる者か、逍遥散の症に痛を帯ぶる者 との記載があり、臨床の幅を広げてくれる。当帰芍薬散は流産防止に昔から使用されている。安胎作用(流産防止)がある生 [続きを読む]
  • 香砂平胃散と香砂六君子湯の違い
  • 曲直瀬玄朔(1549−1631)は 香砂平胃散は食欲があるけれど食べると胃がもたれるので食事量を減らしている状態 香砂六君子湯は食欲がなく少し食べても胃がもたれる状態 と例えている。なかなかいい得て妙だと思う。応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桔梗の抜き差し
  • 桔梗は排膿消腫が主作用だが 載薬上行 と言って配合生薬の薬効を体上部に集約させたりするらしい。つまり下に効かせたいときには桔梗を抜く必要がある。また桔梗には薬液を中焦にとどめる作用があるらしく薬液が胃に留滞するときには桔梗を抜くとある。エキスでは抜き差しはできないがエキスに含まれる一つ一つの生薬に目を向けることが漢方上達に何よりも大切である。応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 脳梗塞の左と右
  • 脳梗塞は一旦梗塞が起こり急性期治療を経ても半身?遂が残った場合は基本的には西洋医学的な改善方法はない。漢方でも改善は難しいが 左は血 右は気 の考え方から左片麻痺には四物湯をベースに右片麻痺には四君子湯をベースに処方を編むことがある。正直改善することは稀だが西洋医学的な治療がない現在漢方の出番がある。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大人への階段
  •  一貫堂医学では幼少期は柴胡清肝湯を青年期は荊芥連翹湯を使用している。その構成生薬は温清飲+柴胡・連翹・薄荷・桔梗・甘草が共通で柴胡清肝湯はこれに牛蒡子と栝楼根荊芥連翹湯は荊芥・防風・白芷・枳実を足している。 大人の階段を上る過程で牛蒡子と栝楼根がいらなくなり荊芥などが必要になったことになる。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 海外旅行に持って行ってね!
  • 旅行中で場所が変わり水にあたったものには 不換金正気散 が良いとされている。これは平胃散の加味方である。海外旅行で水に当たって下痢する人は多い。海外旅行に不換金正気散はエキスにないため平胃散を持たせるようにしている。使わないに越したことはないのだが・・・。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 最低処方
  • ツムラの売り上げ第1位は大建中湯であるでは最下位はというと 升麻葛根湯 である。しかし私はこの処方が大好きであるが、私の住んでいる県ではなんと昨年2人の医師しか処方していない。しかし名前が葛根湯とは言っているだけあってこの方剤はかなり応用範囲が広い。今の処方量が100倍になっても何の不思議もない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 香葛湯
  • 香葛湯は香蘇散合葛根湯と誤解されているが 香蘇散合升麻葛根湯 の事である。風邪に葛根湯が合言葉だが頭痛・咽痛・喉の渇きには香葛湯の方が良いとされる。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]