漢方1日1歩 さん プロフィール

  •  
漢方1日1歩さん: 漢方1日1歩
ハンドル名漢方1日1歩 さん
ブログタイトル漢方1日1歩
ブログURLhttp://ameblo.jp/youdoutoudou/
サイト紹介文今日から臨床に役立つ漢方1日1話
自由文先哲がつないでくれた伝統医学「漢方」をより多くの悩める患者さんに役立てるための日々の研鑽備忘録です。傷寒論やその他先哲の書物から臨床に有用な文言を抜き出し応用していくことが目的です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/10/20 21:30

漢方1日1歩 さんのブログ記事

  • 香葛湯
  • 香葛湯は香蘇散合葛根湯と誤解されているが 香蘇散合升麻葛根湯 の事である。風邪に葛根湯が合言葉だが頭痛・咽痛・喉の渇きには香葛湯の方が良いとされる。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 瘀血の痛み
  • 瘀血の痛みは 刺されるような痛み(刺痛) と言われるが 絞られるような痛み(絞痛) もある。時として忘れられがちなので覚えておかなければならない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • それって水毒?
  •  舌に歯形がつくとすぐに水毒と思われがちだがこれは 気虚 の重要症候でもある。症候と気血水は兎角1対1対応になりやすいがこれが臨床に影を落とす大きな落とし穴である。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 柴胡剤の仲間 参蘇飲
  • 参蘇飲は人参・甘草・茯苓・生姜・・陳皮・半夏・大棗・桔梗・前胡・葛根・紫蘇葉・枳実からなり六君子湯から白朮を抜いたものを含む。 山田光胤は参蘇飲も柴胡剤の仲間と言っている。柴胡は含まれていないが卓見と思う。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 幸せになる生薬
  •  よくくため息をするのは、気虚の症状と思われがちだが肝気鬱結の最重要症候である。当然柴胡剤が効く。抑肝散というと怒る・イライラ・痙攣などの陽性症状と思われがちだが、ため息をつくのも重要な症候である。ため息を一つつくと幸せが一つ逃げるという。柴胡は幸せを逃がさない生薬ともいえる。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 項背強ばるというと・・・
  • 項背強ばるというとすぐに葛根湯に飛びついてしますが 目黒道琢が言うように桂枝去桂加茯苓朮湯にも浅田宗伯がいう葛根黄連黄芩湯にもその症候はある。 兎角典型ワードにつられがちだが、それは時として大きな落とし穴にはまる前兆となりうることを忘れてはならない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 喘息と柴朴湯
  • 柴朴湯は  小柴胡湯合半夏厚朴湯 であるが創成者は諸説あるが細野史郎という説がある。細野史郎は大塚敬節と同時代に生きた重鎮だが大塚敬節に比べると影が薄い。ちなみに大塚敬節が創成した方剤に七物降下湯がある。七物降下湯と柴朴湯を比べると柴朴湯の方がメジャーである。細野史郎は日本で初めてエキスの臨床応用を行ったいわばエキス製剤の父である。もっと評価されてよいと思う。 応援 お願いします [続きを読む]
  • 増液湯知ってますか?
  • 点滴のない時代最も死に直結したのは脱水である。その中でいかに津液を生みだすかで苦労した。その答えのいくつかが 生脈散(麦門冬・五味子・人参) であり 増液湯(玄参・生地黄・麦門冬) である。生脈散はエキスでは清暑益気湯に含まれおり、増液湯は炙甘草湯に生地黄・麦門冬が含まれておりそれを人参が補佐している。そんな視点からみると清暑益気湯も炙甘草湯ももっと脱水状態に使われてよいと思う。&n [続きを読む]
  • 当直をすっぽかした男
  • 本日漢方先哲誕生日初めてご訪問の方は是非日常診療カテゴリーもご覧下さい  吉田篁墩は1745年5月6日生まれ。目黒道琢のように有名ではないが考証学を確固たるものにした重要人物であり、以後学風は多紀家へと引き継がれた。吉田篁墩は儒を井上金峨に学んでいる。井上金峨の門からは亀田鵬斎、山本北山、多紀元簡等が出た。つまり多紀元簡の兄弟子に当たる。漢方医学会でもほぼ無名の吉田篁墩ではあるが、このような無 [続きを読む]
  • もうすぐ夏ですね!
  •  立夏は太陽暦では5月6日ごろである。季節の変わり目には必ず体調を崩す者がいる。漢方の素晴らしいものに未病の医学がある。私は毎年夏バテを起こすものにこの時期から清暑益気湯を少量飲ませている。夏バテになってからでは治療が大変である。応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • マムシと認知症
  • 反鼻交感丹という漢方薬がある構成生薬は 茯苓・香附子・反鼻・乾姜 であるが健忘や発狂後の放心に良いらしい。認知症患者や精神病後の無為に応用範囲がある。反鼻はマムシである。気付け薬のような作用なのだろうか? 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寒熱と附子と石膏
  • 中医学的には附子と石膏は寒熱で相反する。初学者の頃は 冷えてれば附子熱を持てば石膏 と単純に考えていたが実臨床ではそう簡単にいかない。何より 越脾加朮附湯 という石膏と附子を含む方剤が存在することが、臨床の難しさを如実に表している気がする。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 認知症と漢方
  • 日本漢方は口訣漢方と揶揄されることもありますが、口訣は臨床に非常に役立ちます。先哲から現代の口訣まで漢方1日1歩が現代語訳し一部わかりやすように改編してお伝えします。 認知症には昼は帰脾湯または清心連子飲。夜は六味丸  (香月牛山) 高齢化に伴って認知症は増加の一途である。漢方のみで認知症をコントロールするのは無理だが現状より少しでも改善させる方策が漢方にはある。その意味で帰脾湯、清心連子 [続きを読む]
  • 本当の漢方処方能力見抜いてますか?〜亀井南冥〜
  • 本日は先哲命日初めてこのブログをご訪問の方は是非日常診療カテゴリーもご覧下さい。  亀井南冥は1814年4月21日に死去している。永富独嘯庵の一番弟子で、夭逝した師匠に変わり遺児を五島候に出仕するまでに立派に育て上げた。亀井南冥は儒者としてあまりに優れていたため医としては埋没している感があるが極めて有能な漢方医であった。儒者としての亀井塾では3奪と言って簡単に言えば①身分②学歴③年齢を一旦ご破算にして [続きを読む]
  • マシンガンを下さい
  • 何とも物騒なタイトルだが、片田舎の私の診療所に「マシンガンを下さい!」と言う患者が来た。今風の若者であったが話を聞くと友達が飲んで良かったからマシンガンをくれとの事である。頭をフル回転したらツムラ麻子仁丸(マシニンガン)のことであった。確かに麻子仁丸は便をマシンガンのように次々出すのだが(^∇^) 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょこっと中医学 心
  • 私は日本漢方だが中学の知恵をいつも拝借している。 心は血脈・神志を主りその華は顔にあり血脈を満たし舌に開竅する とある。西洋医学との関連から脈や心臓機能はうかがえるが、神志と舌は独特な概念である。味覚と構音も心の作用とある。使用したことはないが構音障害に心に効く酸棗仁や龍眼肉などが有効なのかもしれない。 応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 下痢に下剤を用いる
  •  大黄は下痢疾患の最重要生薬で大柴胡湯や大承気湯は下痢疾患にも頻用する。下痢に下剤を用いることを 通因通用 というがこれが理解できると漢方医として1段ステージが上がったと考えてよい。応援 お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 男性不妊症
  • 香月牛山(1656−1740)は4月12日に死去している。古方全盛時代にあって後世派として異彩を放った人物である。彼は男性不妊に日本で初めて言及した。 子供がない原因は多くは父の陽気不足であり、母の血不足にばかり原因を求めるのは誤りである(漢方1日1歩意訳) 当時すべて母体のせいにされていた時代背景でこう喝破した香月牛山の先見性が伺われる。子供は現在でも授かりものであり、不妊治療は漢方が効 [続きを読む]
  • 当帰芍薬散の腹診の奥義
  •  当帰芍薬散に限らず瘀血の圧痛点には特徴がある。これは押さえると上・下・腰などの方向に響くのである。稲葉文礼(?-1805)の『腹証奇覧』では当帰芍薬散の腹候で これを按じて痛み腰背に徹する と表現している。重要なことだが見過ごされていることが多い。繰り返しになるが瘀血の圧痛点は放散する圧痛であり胸脇苦満とは明らかに異なるのである。 応援 お願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 産後女性最大の試練
  •  江戸時代出産後は産後の肥立ちをよくするために7日間「産椅」という椅子に座らされていた。勿論迷信で弊害が多く出産後女性には大変な苦痛であった。この7日間のせいで足がしびれたり、足の血行障害のために歩行困難になったものがあったという。この病態に 芍薬甘草湯 が良いと小島有卿がその著書に書いている。現在はない病態の発症機序だが私はお寺で正座を長時間しなければならないという老婦人に予防で芍薬甘草 [続きを読む]
  • 産後のトラブルと漢方
  • 芎帰調血飲は産後のトラブルには非常によく効く。私は高齢者にも芎帰調血飲を頻用する。ポイントは 真綿のような腹候 である。高齢者と産後はあまり結びつかない気がするが出産後から50年たっていても産後は産後である。中には本当に20代の出産後からの不調が50年ぶりに改善した芎帰調血飲著効例がある。 応援 お願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]