ダリアスキー さん プロフィール

  •  
ダリアスキーさん: テンジクボタン
ハンドル名ダリアスキー さん
ブログタイトルテンジクボタン
ブログURLhttp://narcissus93.blog.fc2.com/
サイト紹介文色々なBLCD・BL小説の感想を綴ってます。特に好きな声優は平川大輔さん。各種感想文は例外なく長文。
自由文開設したばかりで記事は少ないですが、徐々に増やしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/10/20 23:39

ダリアスキー さんのブログ記事

  • 【BLCD】「only you,only」感想
  • 大人な岸尾声を楽しむことができる。自分はどんな岸尾さんでもウェルカムだけどね!!これは…CDを買って、聴く前に漫画も買って読んで、その後にCDを聴いたんだったかな。前時代的な内容も含まれてて、うーむと思ったけど、まあいいやと(笑)。…などと言っておきながら、感想文本文で突っ込んでいます。思ったことは書く。では感想文スタート! [続きを読む]
  • 転職しまして
  • そのため、更新が滞っておりますm(__)mストックはあれど、更新作業に至りませぬ…。三月末で退職し、四月一日から新しい職場で働き始めました。前職ではパート期間が四年ほどあったので、のほほんと暮らしていましたが、今月からは久しぶりに正社員になりました。朝が早くて、その分は早く上がれるのだけど、何せ疲れてしまって(>_慣れるまで、しばし日を下さいませ。中途ながら、新人として扱ってもらえております。入社式もあっ [続きを読む]
  • 【BLCD】「迷う男」感想
  • タイトル:迷う男原作者:鹿乃しうこ発売日:2009年8月26日発売元:マリン・エンタテイメント原作は読んだ?:未読。かけ算:羽多野渉(滝川樹)×笹沼尭羅(御園生涼司)一言:天然マイペースな笹沼さんがオススメ。感想文本文は「続き」からどうぞm(__)m [続きを読む]
  • 【BLCD】「遊覧船」感想
  • タイトル:遊覧船原作者:藤たまき発売日:2009年8月28日発売元:フローライト原作は読んだ?:未読かけ算:子安武人(間宮悠)×岸尾だいすけ(東西日和)一言:雰囲気は好き。でもどういうラブストーリーを描きたかったのか…ちょっと分からなかった。感想文本文は「続き」からどうぞm(__)m今回は(?)短めです。 [続きを読む]
  • 【BLCD】「scarlet」感想
  • オムニバスで二編収録されている。どっちもすーーーっごく良かったーーー!!!!!キャストもストーリーも最高。CDだけでも楽しめるし、漫画と一緒にでも楽しめる。私はずーっとCDだけだったけど、後に漫画を買いまして。もっと早く読めばよかったー!と後悔するくらいハマりました。表紙を見てまず「す、すごい絵だな…」と腰が引けたものの、開始数ページでもう虜ですわ。モエたわー。CDに入ってなかった短い話にも超モエ [続きを読む]
  • 【BLCD】「全寮制櫻林館学院〜ロマネスク〜」感想
  • タイトル:全寮制櫻林館学院〜ロマネスク〜原作者:雪代鞠絵発売日:2008年11月25日発売元:インターコミュニケーションズ原作は読んだ?:シリーズ全て既読。イラストも好き(皆同じ顔のため髪形等で判断を要求されるけども)かけ算:平川大輔(羽倉穂高)×梶裕貴(桜井千聖)一言:平川×梶という、超私得なキャスティング。なのに…どうしてこうなった…な出来でございました(涙)。2枚組にして…丁寧に作って欲しかった…。 [続きを読む]
  • 50000HIT
  • しました!!!!!記念すべき50000番目を踏んだのは自分でございました。あと、昨年の10月に、ブログ開設して丸3年をむかえ、現在4年目に突入しております。ありがとうございます、嬉しいです。不定期更新の当ブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。次の更新は、「ダブルバインド2」の感想です(明日あたりに)。続き物は間に何も挟まないで更新したいと思います。では! [続きを読む]
  • 【BLCD】「ダブルバインド1」感想
  • 1と2で一つの作品なので、一緒に感想を書くか分けるか迷った。結果、せっかくなので(?)分けて書くことにした。原作も四冊で、CDは原作に準じた作りになってた。小説の一巻はCDのディスク1、二巻はディスク2という風に。CDを聴く前に読了したのだけど、いやー面白かった。事件モノ(刑事モノ?)とBLを両方楽しめる。読み応えもあったし、読み物としても面白かった〜。では早速、感想文スタート!二枚組なんで長いで [続きを読む]
  • 【BLCD】「暴君のカジョーな愛情」感想
  • まず、鳥海さんの声が若ぇ…と思った(笑)。もう一回りも前の作品かー…何だかセンチメンタルな気分になってしまうのはなぜだ。私がBLCDにはまったのは2013年だというのに。私のBLコミック知識は2000年前後あたりで止まってるんだけど、聴いてて何か懐かしいなあと思うストーリーと雰囲気だった(笑)。構えずに軽く聴ける作品でありました。では感想文スタート! [続きを読む]
  • 【BLCD】「同人で感じて」感想
  • タイトル:同人で感じて原作者:猫野まりこ発売日:2015年12月28日発売元:アティスコレクション原作は読んだ?:未読(この話だけまだ読んでない…)かけ算:羽多野渉(望月壱都)×鈴木達央(有馬芳史),安元洋貴(尾崎誠吾)×遊佐浩二(渡辺茜)一言:シリーズ三作目! 面白かった! [続きを読む]
  • 【BLCD】「是−ZE−2」感想
  • 私が初めて「是」を手に取ったのはコレでした。平川さん受けにハマり、色々買い始めた初期だったと思う。漫画でもなく、CDの1でもなく。今思えば、よく調べもせずにこんな中途半端なところから買ったなぁと思う(笑)。CDを聴くなら、まずは原作漫画を読むこと!(今更ですが)CDだけでも分からんことは無いけれど、9割は損すると思うわ。実際自分がそうだったし。CDを聴いてすぐ、原作漫画を大人買いし、届いたその日に [続きを読む]
  • 【BLCD】「遥山の恋」感想
  • 何という良作。内容、キャスト(メインから端役まで)、お芝居、BGM、効果音などなど全てが素晴らしい。制作側の丁寧な仕事ぶりが見えるようです。丁寧に作られた、好きな時代物。何度聞いても良い。BLCDではなかなか見かけないナレーションがあることで、昔話の雰囲気を演出していて(実際時代物だし)、すっごい良質な作品に仕上がっていたと思う。最高でありました。登場人物は時代物だけあって結構多い。声・演技が好き [続きを読む]
  • 【BLCD】「僕の恋の話・ヒメゴト」感想
  • 何だこの青春爽やかラブストリーは…。グッとくるじゃないか…。切ない話じゃないのに切なく感じるのは、私が学校というものから離れて久しいからだろうか。綺麗なメロディとアレンジのBGMの効果もあり、すっごく綺麗なお話、という印象が強く残った。美術部で、部活中にブラスバンド部の音が聞こえてくるという状況、私が中学生の時まさにそうだったので、想像しやすかった…というか自分がそこにいるようにすら思えた。ブオー [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 酉年!此度の年末年始は、ひたすら家でゴロゴロしてました(笑)。テレビ見ておやつ食べて外にコーヒー飲みに行って、と。BL的には、ひたすら感想文のストックを書きためておりました。全部で30個になったよ!(≧∇≦)ただ、前にも書いたように、私の聴くCDはちょっと前の物ばかりで、ここ数年のはほとんどありません。ここにいらっしゃる方の希望を満たしているのか不安ではありますが、楽しんでいただけると嬉しいです。楽しん [続きを読む]
  • 【BLCD】「甘い融点」感想
  • 崎谷作品!!エロいのが約束されたようなもんです(笑)。好き嫌いあるでしょうが、ドラマCDの崎谷作品、私は好きだ(小説は好みがはっきり分かれるけど)。原作は持ってたけど読まないままで、CDを聴きながら読む、みたいなことをしてた。つまり、ちゃんと読んでないです。…苦手系崎谷作品だと判断したからです、ごめんなさい。割と分厚い原作が、コンパクトに一枚にまとめられていた。当然のことながら、濃厚〜〜〜な絡みシ [続きを読む]
  • 【BLCD】「伯爵はラブゲームがお好き」感想
  • “ラブゲーム”という単語に、最初は「…ううむ」となってしまったCD(笑)。だけど、私的には結構な良作だった!ライトなラブストーリーで、内容に引っかかる所もなく、あっという間に聴き終えた気がする。小気味のいいセリフ回しの諏訪部さんと、爽やかな青年の岸尾さんの会話劇…と言ってもよかろう。軽やかにテンポ良く進んでいくし(´▽`*)ほんとに、外国人役が面白いくらいハマるよね諏訪部さん(笑)。キャスト目当てな [続きを読む]
  • 【BLCD】「恋のまんなか」感想
  • ものすっごく好きな作品。初めて聴いたときの衝撃たるや…。何度も何度も聴いて、ある時古本屋で原作の漫画を見かけたからパラパラと見てみて再び驚いた。じっくり読んだわけじゃないから、もしかしたら間違っているかもしれないけど、CDと漫画では随分雰囲気が違うなぁと。漫画以上に訴えかけてくるものが、CDにはあった…ような気がする。触れたら壊れてしまいそうな繊細さが全体にあって、それに引きずられてものすごく感情 [続きを読む]
  • クリスマスあたりに
  • 感想文をいくつかアップしようと思います。これまで日記の更新ばかりで、あまりにも感想文記事をあげてなかったので。楽しんでもらえるといいな!忘れてたのだけど、10月でこのブログも4年目に入りました。まだそんだけか〜という気がしないでもない(笑)。3年間で、感想文250くらいか〜。こないだは、250で半分とか書きましたが、うそでした、後から気づいた。残りはあと150くらいでした。それでもなかなかの数字で [続きを読む]
  • ぼちぼち
  • 感想文を書いています。ストックをためる波に乗れた感じで、ホッとしておる(笑)。やはり、日頃ツイッターで真田丸の感想を書いていることが、こちらにも影響してきているなあと実感しました。長文でおなじみな私の感想文ですが、最近書きあげたのを見てみると、以前の半分くらいになりました。それでも短いとは言えないですが(笑)。よっっっっっぽど好きな作品だと、元々低い語彙力がさらに無くなる上に、文章の量が増えるのは [続きを読む]
  • 四ヶ月ぶりに
  • 四ヶ月ぶりに、昨晩BLCDの感想文を書いたんですよ。CDを聴くのも四ヶ月ぶりで、実にドキドキしました(笑)秋から真田丸にハマったことは以前の日記で書いたのですが。Twitterで新たにアカウントを作り、色んなドラマや映画の感想を書いたりしていた影響で、もしかしたら感想文の雰囲気とかちょっと変わったかもしれん。変わってないかもしれん。久しぶりだからなのかもしれん。どっちやという感じですが。相変わらず書き上げるの [続きを読む]
  • 【BLCD】「電光石火BOYS」感想
  • 出演者がなかなか豪華なCD。…しかし、それだけだったな…という内容でございました。これが後の、何とかというグループに繋がるのでしたっけ。原作は未読です。そちらではどこまでBL的な進展があったんだろうか。CDと同じなのかな。何で音声化への流れとなったのか、純疑問に思うお話でした。内容を楽しむというより、各キャストのお芝居を楽しむ感じかなと思いました。感想文本文ではそんなに毒気のあることは書いてない… [続きを読む]