ダリアスキー さん プロフィール

  •  
ダリアスキーさん: テンジクボタン
ハンドル名ダリアスキー さん
ブログタイトルテンジクボタン
ブログURLhttp://narcissus93.blog.fc2.com/
サイト紹介文色々なBLCD・BL小説の感想を綴ってます。特に好きな声優は平川大輔さん。各種感想文は例外なく長文。
自由文開設したばかりで記事は少ないですが、徐々に増やしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/10/20 23:39

ダリアスキー さんのブログ記事

  • 盆休み
  • で、明日から六連休でございます。フルで使って、東北に行ってきます。山形と岩手。しかし…。天気悪い…。自然を主に見る行程なだけに、テンションダウンであります(T_T)楽しみだけどね!とても!!! [続きを読む]
  • ひさかたぶりに
  • 聴いたCDの感想文を書こうとこうしてPCの前にいるのですがね。確認してみれば、最後に感想文を書いたのは今年の1月。もうすぐ8月。上手いこと書けるかドキドキであります。はたして、これまでみたく長〜いものになるのか、コンパクトにまとまったものになるのか。作品や自分の好みで違ってくるだろうとは思うものの、緊張に手を汗握っている(笑)。よーし、聴くぞ書くぞ〜! [続きを読む]
  • とか言いながら
  • 早々にシチュエーションCDに飽き(笑)、BLCDを聞いている今日この頃であります。ドキドキはするものの、聴いてるこっちは静かに聴いてるだけで、CDのキャラはすごく興奮しているというギャップに、うっ、となってしまったのです。まあ、演者もマイク前でお芝居してるわけで、互いに似たような?状態ではあるのですが。シナリオに乗れなかったのかもしれんですけども。そんなわけで、大好きなCDをセレクトして、うおおおお!!とな [続きを読む]
  • 今の気分は
  • BLCDよりも、シチュエーションCDのようです。すごく久しぶり!というのも、BLCDを三作品聴いたんですが、どれも話は良いのだけど、唐突に絡みがある話だったので、お腹いっぱいになってしまったのでした。好きだ何だとなる前に、どちらかが一方的に盛り上がっちゃって、流されてあんあん、というのを立て続けに聴いてしまった。どれも初めて聴くやつだったので、話の流れを知らなかったから仕方がないのだけども。そんなわけで、平 [続きを読む]
  • 久しぶりに聴いた
  • 先月、めっちゃ軽いCDプレイヤーを買ったので、ベッドで久しぶりに聴いたのです。BLCDとシチュエーションCDを。どちらも、転職して以来なので、とてもドキドキしましたよ。エッチなシーンでは、一時停止ボタンを押しまくりました(笑)。シチュエーションCDは、平井さんのカレピロで、温泉行くやつ。買ってからまだ聴いてなかったのだけど、もう二年くらいそのままになっていたということや…すまぬ…すまぬ。私にとって禁断の、ヘ [続きを読む]
  • 【BLCD】「Punch↑3」感想
  • 辛い内容ではあるけど、相変わらず素晴らしいクォリティだった…(*´▽`*)1〜3作目まで(4作目もだけど)、質の低下がないのが、もうすごいとしか。CD一枚に、内容がぎゅっと詰め込まれていて、ダレないしあっという間だった。今回も漫画片手に聴いた。一枚なので、カットされた箇所が色々あったけれど、大事なところはちゃんと押さえられている。すごいなと感心する一方で、カットされたことが残念〜と思ったのも正直なとこ [続きを読む]
  • 【BLCD】「シークレット・レッスン」感想
  • シリーズ第二弾(第三弾まである)。何回聴いても、シリーズの順番が覚えられねぇ…。スイート、シークレット、ラバーズが正しいんだけど良い覚え方ないかな。甘い秘密の恋人(or 愛)?スシラ?あかん、一日経ったらまた「順番」はどうだったっけとなりそうや。前作のネタを踏まえた話になっているのが今作。心配してたことが現実になってしまった…けど、そんなたいしたケンカではなかったね(笑)。最後の絡みは岸尾さんがめっ [続きを読む]
  • 一ヶ月…
  • 御無沙汰しております。前回の更新から一ヶ月も経ってて、ブログを久しぶりに見たら、あの一定期間更新のない時に出る広告が出てきてびっくりしました。あれって、何となく廃墟的なイメージが私の中にあるので、見た時は何とも言えない気持ちになりました。というわけで(?)、久しぶりに更新します。3つほど。仕事を変わってからというもの、色んな時間がなくなり、ヲタ的情報収集もろくにできてない。たまにCD情報を見てみる [続きを読む]
  • 【BLCD】「Punch↑2」感想
  • すっごい面白かった〜!!「1」からの続きで、原作漫画2巻の話が収録されておる。「蜜月」はディスク2の、本編の次。さらに、おまけ話(酔っ払い浩太)も入ってて、盛り沢山!!おまけ話の方は紙媒体では出ていたのかな?絵でも見てみたかったな〜(≧▽≦)前作に引き続きとっても丁寧に制作されていると思いました。BGM、効果音、脚本、演者のお芝居などなど、素晴らしかったです。特に脚本は、漫画と一緒に聴いていると、 [続きを読む]
  • 【BLCD】「only you,only」感想
  • 大人な岸尾声を楽しむことができる。自分はどんな岸尾さんでもウェルカムだけどね!!これは…CDを買って、聴く前に漫画も買って読んで、その後にCDを聴いたんだったかな。前時代的な内容も含まれてて、うーむと思ったけど、まあいいやと(笑)。…などと言っておきながら、感想文本文で突っ込んでいます。思ったことは書く。では感想文スタート! [続きを読む]
  • 転職しまして
  • そのため、更新が滞っておりますm(__)mストックはあれど、更新作業に至りませぬ…。三月末で退職し、四月一日から新しい職場で働き始めました。前職ではパート期間が四年ほどあったので、のほほんと暮らしていましたが、今月からは久しぶりに正社員になりました。朝が早くて、その分は早く上がれるのだけど、何せ疲れてしまって(>_慣れるまで、しばし日を下さいませ。中途ながら、新人として扱ってもらえております。入社式もあっ [続きを読む]
  • 【BLCD】「迷う男」感想
  • タイトル:迷う男原作者:鹿乃しうこ発売日:2009年8月26日発売元:マリン・エンタテイメント原作は読んだ?:未読。かけ算:羽多野渉(滝川樹)×笹沼尭羅(御園生涼司)一言:天然マイペースな笹沼さんがオススメ。感想文本文は「続き」からどうぞm(__)m [続きを読む]
  • 【BLCD】「遊覧船」感想
  • タイトル:遊覧船原作者:藤たまき発売日:2009年8月28日発売元:フローライト原作は読んだ?:未読かけ算:子安武人(間宮悠)×岸尾だいすけ(東西日和)一言:雰囲気は好き。でもどういうラブストーリーを描きたかったのか…ちょっと分からなかった。感想文本文は「続き」からどうぞm(__)m今回は(?)短めです。 [続きを読む]
  • 【BLCD】「scarlet」感想
  • オムニバスで二編収録されている。どっちもすーーーっごく良かったーーー!!!!!キャストもストーリーも最高。CDだけでも楽しめるし、漫画と一緒にでも楽しめる。私はずーっとCDだけだったけど、後に漫画を買いまして。もっと早く読めばよかったー!と後悔するくらいハマりました。表紙を見てまず「す、すごい絵だな…」と腰が引けたものの、開始数ページでもう虜ですわ。モエたわー。CDに入ってなかった短い話にも超モエ [続きを読む]
  • 【BLCD】「全寮制櫻林館学院〜ロマネスク〜」感想
  • タイトル:全寮制櫻林館学院〜ロマネスク〜原作者:雪代鞠絵発売日:2008年11月25日発売元:インターコミュニケーションズ原作は読んだ?:シリーズ全て既読。イラストも好き(皆同じ顔のため髪形等で判断を要求されるけども)かけ算:平川大輔(羽倉穂高)×梶裕貴(桜井千聖)一言:平川×梶という、超私得なキャスティング。なのに…どうしてこうなった…な出来でございました(涙)。2枚組にして…丁寧に作って欲しかった…。 [続きを読む]
  • 50000HIT
  • しました!!!!!記念すべき50000番目を踏んだのは自分でございました。あと、昨年の10月に、ブログ開設して丸3年をむかえ、現在4年目に突入しております。ありがとうございます、嬉しいです。不定期更新の当ブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。次の更新は、「ダブルバインド2」の感想です(明日あたりに)。続き物は間に何も挟まないで更新したいと思います。では! [続きを読む]
  • 【BLCD】「ダブルバインド1」感想
  • 1と2で一つの作品なので、一緒に感想を書くか分けるか迷った。結果、せっかくなので(?)分けて書くことにした。原作も四冊で、CDは原作に準じた作りになってた。小説の一巻はCDのディスク1、二巻はディスク2という風に。CDを聴く前に読了したのだけど、いやー面白かった。事件モノ(刑事モノ?)とBLを両方楽しめる。読み応えもあったし、読み物としても面白かった〜。では早速、感想文スタート!二枚組なんで長いで [続きを読む]
  • 【BLCD】「暴君のカジョーな愛情」感想
  • まず、鳥海さんの声が若ぇ…と思った(笑)。もう一回りも前の作品かー…何だかセンチメンタルな気分になってしまうのはなぜだ。私がBLCDにはまったのは2013年だというのに。私のBLコミック知識は2000年前後あたりで止まってるんだけど、聴いてて何か懐かしいなあと思うストーリーと雰囲気だった(笑)。構えずに軽く聴ける作品でありました。では感想文スタート! [続きを読む]