Cija シージャ徐廷順 さん プロフィール

  •  
Cija シージャ徐廷順さん: オランダ発☆花とテーブルCijaシージャ
ハンドル名Cija シージャ徐廷順 さん
ブログタイトルオランダ発☆花とテーブルCijaシージャ
ブログURLhttp://ameblo.jp/cija/
サイト紹介文オランダで花とテーブルコーディネートの教室を主宰しています。花のある生活の歓びを貴方にも。
自由文世界一の花大国オランダよりフラワーアレンジメント、テーブルコーディネート、ブライダルブーケや料理、キャンドルなどのんびりとしたスローライフをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/10/22 03:38

Cija シージャ徐廷順 さんのブログ記事

  • キングスデーは恒例のピアノイベントへ
  • 昨日はキングスデー♪ここ4年、このキングスデーにはデンボスの聖ヤン教会隣のParadeで、長女がピアノを弾くイベントに参加しています。 このTheater aan de Parade は映画を見たり、舞台やバレエを見たりコンサートを聴くシアターで我が家からは自転車で7分ほど? 昨日も家族4人でふらりと自転車でParadeへ行ってきました。 この日だけシアター入口のカフェにスタインウェイのグランドピアノが運ば [続きを読む]
  • サロン開講したい女性を応援します
  • おはようございます。オランダ中がオレンジ色に染まる国王の日の朝です☆ 明るく晴れた空が広がっていて国王50歳をお祝いしているかのようです。 私はまだ昨日の長女お誕生日のファミリーパーティーの余韻 (お酒ともいう) が残っておりますが・・^^ 今日は現在温めているCijaの新コースについての思いを聞いていただけますか? いらして下さる生徒さんのご要望にお応えしているうちに、 エッ [続きを読む]
  • 長女11歳☆お誕生日おめでとう〜
  • おはようございます?今日は長女11歳のお誕生日。 11年前のこの日のことを思い出し改めて感動しています。 子供を授かったことで大きく人生が変わり 子育てを通して私もまた幼い頃にかえり、親の気持ちや両親からの愛情を深く感じ また子供を通して社会と繋がり人に頼むこと、頼まれることを勉強し 1人の人間としても視野が大きく広がり自分が育った環境や関わってくれた人全てに深く感謝する [続きを読む]
  • 紙ナプキンを上手に使おう
  • レッスンの後はいつもブローチェタイムと言って簡単なパンとその月のお茶をお出ししています。 ※ブローチェとはオランダ語でパンの意味 中級・上級クラスは受講生がテーブル実習をした後のテーブルですので様々な色のクロスが敷かれています。 簡単に片づける際、その時の気分で、どれか一枚残しておいてもらいます。 先日はこちらの青いクロスを残し簡単なセッティングをしてレッスン終了後の楽しいブ [続きを読む]
  • あなたがいるだけで幸せになる
  • 先日、市場から連れて帰ってきた大好きな Allium Schubertiiアリウム・シュベルティイ アリウムはどんなタイプのものも大好きですが、とりわけ、この子1本の形色この存在感何もかもが個性的で自然の不思議に満ちていて美しくて、いつも見かけると連れ帰らずにおれません。 つるりとした茎の先に大きな花火のように広がる星形のお花たち。自然がつくりだすアートそのもの。 「もうーーーあなたには適 [続きを読む]
  • 2cmの折り紙で兜を折る技☆中級レッスンより
  • 一昨日の中級レッスンから? 先月初級を修了された方が今月から中級クラスへ参加。 かつての仲間達からも「わあ〜、久しぶり!!」「元気だった〜?」と大歓迎を受けながら和気あいあいとレッスンスタート♪ 今月は皆さまにとってチャレンジのアレンジメント♪イメージスケールの「ファン」を表すアレンジメントを自由に創っていただきました。 誰でも子供の頃にはあった様々な楽しく可笑しく突拍 [続きを読む]
  • イギリスタッチのクラシカルなテーブル☆上級クラス
  • 昨日の上級レッスンではこのクラシカルなビクトリアン・ビデマイヤ―を作っていただきました♪ 事情があり可愛らしいお客様もご一緒に?賑やかなお花タイムを存分に楽しみました♪ 可憐なアレンジ?勿論、このようなアレンジが似合うテーブルへ置きましょう。 上級コースでは全8回のうち一度だけ講師(私)が、テーブルデモをするレッスンを入れています。 他は全て受講生が自身のプランし [続きを読む]
  • 全ての行動に目的がある☆バイオリンコンサートより
  • 先日次女が参加した春のバイオリンコンサートPassieConcertから考えたこと  ↓ 美しいコンサートの様子はこちらから美しいものは心を癒します☆Passie Concert見に来てくれていた友人家族がコンサートの後、感激しながら「途中からHちゃんが後方に行き、見えなかったのが残念だったね〜」と感想をくれました。 また別の友人もお互いコンサートに感動して涙目になりながらも、 「どうして先生は小さい子供達を [続きを読む]
  • 長女☆自転車のディプロマ取得
  • オランダは言わずと知れた自転車大国。 平坦な国土ということもあるでしょう。どこに行くにも自転車が使われます。 道路交通の整備もよくされていて自転車専用道路もしっかり確保されているためオランダで自転車に乗り出すと日本では怖くて乗れなくなります。 が、時には左右を車にはさまれながら(つまり完全に車道にいる)直進し左折レーンに入るルールもありしっかりと交通規則を知ることはとても大切なこ [続きを読む]
  • お薦めのテーブルクロスショップ
  • テーブルクロスは占める面積が広いためテーブルだけでなく空間の雰囲気を一変させる力を持っています。 クロスの使い方は同じ欧州でも国によって違いがありますが 日本は、元はちゃぶ台、御膳の世界でしたから一般家庭においてはなかなかテーブルクロスに馴染みがないと思います。 が、暮らし方の変化により少しずつ取り入れる方も増えてきていますね。 もともと欧州で発達してきた習慣ですのでやはり商 [続きを読む]
  • イースターは食べ過ぎが常
  • セカンドイースターの朝です♪ 昨日からの食べ過ぎで早朝なのに体が重い・・・ やはり朝は「グゥゥ〜〜〜」ってすきっ腹で目覚めたいですよね。 イースターチョコを隠すのはほぼ毎年オットがしています。隠す用の可愛らしい兎の形をしたものや大きめのチョコを買ってくるのもオット。 イースター前夜に小さなイースターチョコばかり隠しているから「大きなチョコはどこ?手伝うよ〜」と声を [続きを読む]
  • 受講生からの声をいただきました♪
  • 初級レッスンの受講生の方がリブログでレッスンの様子を紹介してくださいました。 嬉しいです〜♪是非お読みください。 ↓ こんな声をいただけると更にやる気が湧いてきちゃいます。 習い事は楽しく、日常から離れる特別感、そして何よりも有意義に!過ごしていただけるよう準備しております。 今日はイースター♪思い切り食べ続ける祝日です・・・(怖) 早朝起きてきた子供達が一生懸命、 [続きを読む]
  • 見ているものが違うから出来上がるものも違う☆上達のヒント
  • 先日の初級レッスン、色彩理論基礎のレクチャー中にも少し話していたことです。 例えば、自分(A)は赤を見ている。貴方(B)も赤を見ていて赤だね〜と話している。 だけど、その赤が持っている情報をどれだけどこまで「見えているか」それは本当に個人的な問題。 Bの見ているものをAは完全に理解することは出来ないしその逆もそう。 つまり 「モノ(色)を見る」という行為はとっても個人的な行為でそ [続きを読む]
  • テーブルクロスを敷くのはどんな時?
  • イースター間近です。 オランダでは2日間にわたってイースター休日があり、そのうち1日は家族親戚が集まり卵づくしのメニューで賑やかに御祝いします。 私もそろそろメニューを考えなくっちゃ。。。料理好きの義妹といつも新しいメニュー交換するのが楽しく恒例なので、何にしようかな〜とレシピ検索中〜。 義理実家では誰かのお誕生日パーティー(年に10回くらいある)、クリスマス、イースター、などの [続きを読む]
  • Fotelにてフォトワークショップ
  • 一泊でフォトグラフのワークショップに参加してきました。 セオリー(理論)プラクティカルなスキル濃厚な時間のワークショップは素晴らしいものでした。 20年ほど前に初めて銀塩の一眼レフを買った時に日本で初心者用のレッスンに参加したことがあります。 その時はそれで面白かったですが教え方のアプローチが全く違う。 また数年かけてフォトスタイリングを学んでもきました。これはスタイリングで [続きを読む]
  • 久しぶりにアンティークフェアへ
  • 先週末、お誘いを受けて年に2度ユトレヒトで開かれるコレクターズフェアに行ってきました。以前行ったのはもう・・・かれこれ何年前かな?6年前くらい? 毎回行きたいと手帖に書き込みながら補習校や、旦那さまとの都合がつかずずっと涙を呑んできたので今回、本当に嬉しかった〜〜〜 古いガラスの瓶たち家には要らないけれどこうやって見るとキレイ。 このマネキンのあまりの腰の細さに [続きを読む]
  • 友人宅でお花見ガーデンパーティー☆桜にうっとり
  • 日曜の昼下がり。20℃越えのオランダ。 近くのお友達に誘われてガーデン花見パーティーへ行ってきました☆ 近いし、持ち寄りのお料理もあるしいっぱい飲むので家族で歩いてぶらぶらと。 そこのお庭、本当に素敵なんですがこの時期、何が素晴らしいってお隣の家で咲き誇るこの八重桜。 借景といいますか完全に友人宅庭にも覆いかぶさる大きさなので充分に桜が楽しめます。 見上げると [続きを読む]
  • 帰国後のキャリアを考える☆セミナー付きお茶会を開きました
  • 先日「帰国後のわたしを考えるセミナー付きお茶会」を行いました。その時のお花です♪ Cija教室に来られる生徒さんの半分は、駐在妻の方々です。多くの方が 「学ぶ」 ことに貪欲です?限られた駐在期間を有意義なものにしよう、と精一杯行動されている。 私も限られた期間、イギリスやオランダに勉強に来たときは、毎日毎日が貴重で全てを吸収しようとしていました。 だっていつか帰るんだから。 今しか [続きを読む]
  • 国際料理倶楽部で息抜きタイム
  • 昨夜は2、3か月に1度のInternatonal Dames Koken Club、略してIDCの日でした? オランダ、デンマーク、チャイナ、グアテマラ、、そして私とそれぞれ国籍も年齢も職業も何もかも違う女性が集まって料理して、食べて、飲んで話して・・・という会で私が参加し出してから早4年目? ここのところスケジュールが詰まり気味で多少疲れていたので一瞬参加をためらいましたがやっぱり行ってきて正解でした〜? &n [続きを読む]
  • 燃える炎のような部屋で彼を偲んだ
  • 旬を逃していますがせっかく前記事で昨年秋のFleuramourのことを書きましたので続けて書いておこうと思います。 この燃えるような地下の部屋はトップデザイナートの一人であり若くして昨年夏に突然亡くなった Stijn Simaeys氏 を偲んで、Stijn's ドリームチームが創ったもの。。。 このAldenBiesen城で毎年行われる花祭典Fleuramourでは常連のStijn氏、もちろんその他の大きな花イベントやこちらの花雑誌などで [続きを読む]
  • ベルギーのお城で花作品を楽しむ
  • 昨日の記事で修了パーティーの様子を、と書きましたがそれはもうアップしておりましたね。失礼しました。よろしければその様子をこちらからご覧ください〜。  ↓【古城でレッスン】花装飾したお部屋でパーティー さて、昨日アップしたカーデコレーションの翌日はAlden Biesen城で行われている花のイベント "Fleuamour"へ皆様をお連れしました。 少々昔のこととなってしまいましたが素敵な花作品がたくさんあり [続きを読む]
  • バイオリンの先生の在り方から学びを得る
  • 次女の通うバイオリンお稽古には17kmほど離れた村まで行きます。 何事も近場で済ませようと思えば済ませることも出来るのでしょうが わざわざ遠いところまで行くのはやっぱり先生がいいから。 子供の手習いですがやはり 「誰に教わるか」 というのはとても大切だからです。 17km離れたこの場所だけど「子供にバイオリンをさせるならあの先生がいいよ〜」 と現地校のママ友が言えば デン [続きを読む]