Cija シージャ徐廷順 さん プロフィール

  •  
Cija シージャ徐廷順さん: オランダで見つけよう、花ひらけ私!花&テーブル
ハンドル名Cija シージャ徐廷順 さん
ブログタイトルオランダで見つけよう、花ひらけ私!花&テーブル
ブログURLhttps://ameblo.jp/cija/
サイト紹介文オランダCija ヨーロピアンスタイル・テーブルコーディネート&オランダ花の国家資格DFA1レッスン
自由文世界一の花大国オランダより、花&テーブルの幸せで未来を創るスクールCijaシージャです。ヨーロピアンスタイルのテーブルコーディネートやオランダの国家ライセンスDFA1レッスンを中心に、オランダからお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/10/22 03:38

Cija シージャ徐廷順 さんのブログ記事

  • すらすらオランダ語講座 in Japan
  • 毎年夏の里帰り時には弟家族の子供たち妹家族の子供たちそして我が家の子供たちによるホームコンサートがほぼ恒例です。 今年はさりげなく廊下に貼ってあった新たなチラシを発見! それが上記の「すらすらオランダ語」 長女が作ったチラシですが言葉の言い回しや「報告書」 (←チラシのことを指すと思ってたらしい)に思わずププっと笑っちゃった私ですがその報告書がこちら。 ↓ はい、もう終了しております〜。^^ 私は外 [続きを読む]
  • 見てるだけ〜の海水浴
  • 海水浴に来ています♪ 先週、色々な仕事の後、ようやく日本でのこの夏のお仕事終了!と休暇気分満開、開放的な気持ちになりかけてたところ 3月から続く耳の炎症の痛みが尋常でなくお医者さんへ。 するとお風呂、サウナ、太陽の下、海やプール、アルコール厳禁とのこと!私の日本での楽しみ全てがアウト!です。夏は終わってしまった・・・かなり打ちのめされた気持ちでどんよりしておりましたが が、とにかく!実家の両親、弟家 [続きを読む]
  • アーバンリゾート☆芦屋でレッスン
  • 昨日、芦屋にあるShi's Wishさんでのレッスンが終了しました。 昨年☆、 一昨年☆ と違いレクチャーの後はテーブル花アレンジのデモンストレーションをそしてそのあと、テーブルコーディネートのデモをさせていただきました。 デモ形式ということでベースを手作りしたのは京都でのレッスンが終わってから。 「アーバンリゾート」というテーマのもとコンクリートっぽいものを使いたくてセメントを準備♪ 夫や母、子供たちに手 [続きを読む]
  • ビジネス合宿でこれからを考える
  • もう今年も8月に入りましたね!私は50歳を迎えたばかり。心機一転、原点に立ち返るビジネス合宿に参加してきました。 ネットを介してお世話になっている先生と、その仲間にリアルで会えたこの合宿は明石大橋を望める開放的な空間で。 サロンミーティングやスカイプ面談で何度もお会いしているからでしょう。初めて対面でお会いしてもまるで昔からのお知り合いのような安心した気持ちになりました。 お部屋で気兼ねなく、わい [続きを読む]
  • 日本にサラが来た!☆半世紀の御祝い
  • 里帰り中に、な、な、なんと半世紀のお誕生日を迎えました!誕生日の前日から10泊の仕事に出かける夫はひたすら私に謝り続けて・・・ 「大切な日に一緒に祝えなくてごめん!」 「仕事だし、そんなの全然いいよ〜。帰ってきたらパーティーしようね。」 と送り出した私。 お誕生日、早朝からなんだかリビングが騒がしいなあ〜でも眠たい・・・とウトウト寝ぼけていたら 突然、客間のふすまをドンドンドン!!と叩く音が。 何?! [続きを読む]
  • グラスを楽しむ☆京都レッスン、終了しました
  • 4日間のADFA1コースが終了した翌日、今度はわたくしが京都・スパークフラワーアカデミーさんにて花とテーブルコーディネートのスペシャルレッスンを行いました♪ 前日遅くまでお仕事だったので花材の確認やサンプル作りなど気になることが色々ありましたが早朝から入らせていただき準備完了〜♪ 昨年に引き続いてのレッスン、なんと同窓会のように昨年いらして下さった方々が多くいらっしゃり、^^とても和やかにスタートしまし [続きを読む]
  • 華やかに、大人っぽく、様々なフェストゥーン
  • 前回の続き、この夏のADFA1コース最終日のフェストゥ―ン&ガーランドレッスンより。 1作品目とは別のテクニックで作る2作品目はアジュール仕上げの美しいフェストゥ―ン。 まずは何よりも大事なベース作り。挿す花の重さや量によりとにかく重量に耐える頑丈なベースを作るのが大切です。 ベースを作るテクニックも幾つも種類がありますのでそれらをエリック先生のデモで学びます。 これらのテクニックを学ぶと色々な場面に [続きを読む]
  • 古いテクニックで作る美しいフェストゥーン
  • EFDAによるADFA1・4日間短期集中コース最終日はガーランドとフェストゥーンでした。(このADFA1コースは2018年夏に終了します) 4日間集中ADFAコースの詳細はこちら ↓初日:ハンドタイドブーケ☆2日目:ビデマイヤ―バスケットアレンジ☆3日目:リース☆ ヨーロッパの建築物や絵画などでも繰り返し使われる古いアレンジメントであるフェスト―ンやガーランドの美しいスライドをたっぷりご覧いただき 伝統的手法によるフェ [続きを読む]
  • 花たっぷり☆ストラクチャーリース
  • EFDAによるADFA1コース3日目はストラクチャーリースです。 4日間集中ADFAコースはこちらもご覧ください。初日はハンドタイドブーケ☆2日目はビデマイヤ―バスケットアレンジ☆ メタルワイヤーを使い直径60cm以上の自作のベースを作るのに午前中いっぱいかかりました。 ちょっぴり大変な作業ですが自分でベースを作るメリットは数限りなくあります。 何よりも作りたいデザインが既製品のベースの形やサイズに縛られること [続きを読む]
  • ビデマイヤ―バスケットアレンジ☆ADFAコース
  • EFDAのADFA1コース2日目はビデマイヤ―バスケットアレンジメント。 ビデマイヤ―時代によく見られたアレンジメントですのでその歴史を振り返ることからスタート! 歴史的なフラワーアレンジメントの豊富な資料をスライドやレクチャーでお伝えします。その頃のテクニックや世情、インテリアなどと共に興味深い話がたくさん☆ ビデマイヤ―アレンジメントにはタイプが3つあり、それら全てを練習します。 その間にスタッフメン [続きを読む]
  • 日本にてADFA1レッスン☆初日
  • 世界でも定評のあるオランダのフローラルデザインテクニック。オランダ最大の花小売業協会・VBWディプロマラインは花大国オランダの農業・自然・食品安全省からも承認されている価値ある公的ディプロマです。 そのディプロマラインの中のもっともベーシックなのがDFA1、そしてその上のレベルがAdvanced Dutch Flower Arrangement、略してADFA1です。 今回、EFDA(ヨーロピアン・フラワーデザイン・アカデミー)が日本で初めてAD [続きを読む]
  • スキポール空港にて人が動かす?時計
  • 数日前より里帰り中です。5月のスキポール空港大混雑の件より万が一、同じような状況に置かれ飛行機に乗れないことでもあれば大変とものすごーーーーく余裕を見て家を出た私達。(夫が慎重派) そんな時に限って道は渋滞のじの字もなく1時間後にはスキポール空港到着。 バカンスシーズンのため、空港は人で溢れかえってましたがラゲッジチェックインもサクサク。 その後は、長蛇の列であることも多いセキュリティチェック。上階 [続きを読む]
  • 感謝のブーケ☆花を束ねる大好きな時間
  • 先日、日本語補習授業校で御世話になった先生へと作ったブーケ。爽やかで女性らしい先生のイメージで作らせていただきました。 長女が慕って止まない先生だったので先生がお辞めになると聞いた時はしくしくシクシク泣いていました。 私もとても残念に思いますがでもそんな先生に出会えたことが有難いことですよね。 1学期終了のタイミングで本帰国になられた生徒さんも多く終業式後は、皆とてもバタバタ・・・>< ブーケを組 [続きを読む]
  • 卓越した世界☆Chiharu Shiotaエキシビションで涙
  • 昨日はやること満載の山積みリストを1時間無視して行きたくて堪らなかったChiharu Shiotaのインスタレーションをみてきました。 場所は自宅から自転車ですぐのNoordBrabant美術館。 タイトルは"Between the Line" 一本の赤い糸で天井が見える空間を素晴らしく美しく力強く変化させていました。 言葉を呑む ってこういうこと。たった一本のそして赤い色をした糸が複雑に絡み合って空間を包み込むような独特の世界を繰り広げる [続きを読む]
  • バカンス目前の実習レッスン&歓送会
  • 先日、バカンス前最後のレッスンが無事終了しました。エッセンシャルクラスの振替です。 このレッスンは受講生自身がテーブル実習に挑戦! レクチャーにフラワーアレンジメント作成の後は実習に向けてしばしのミーティングタイムです♪ テーマに合わせてご持参いただいたものにCijaのものを合わせて・・・ 試行錯誤しながら 「た、楽しい〜!!」「これもいいかな?いい感じいい感じ〜!!」「あ!こんなものもあった!!」 と賑 [続きを読む]
  • 時間をデザインする☆お金では買えない時間を有効に
  • 前記事「初めてのブーケ作り」レッスンを終えた後は簡単ランチ♪ その前にいつものようにこれらの花瓶を使ってシンプルに花アレンジをしました。 そう、このカラフルなガラス花瓶は「ミニセミナー付きお茶会」の時にメッセージを込めて使っているものです。  ↓花アレンジのコンセプト☆色とりどりの個性を咲かせよう 同じ花器でも印象がそれぞれ違いませんか?今回はすごくシンプルにまとめてみました。 夫が作ったズッキー [続きを読む]
  • ブーケ作りのプライベートレッスン
  • 昨日はプライベートレッスン&ミニセミナーを行いました。 「ブーケを束ねたい!!」 という生徒さんたっての希望でスパイラルブーケの作り方をみっちりレッスン? 初めてのブーケですので形や分配の様子が分かりやすいように色がハッキリとした花材を使いました。 レクチャーの後にわたくしのデモを見て頂いて後はやはり実践が一番!とにかく数稽古に勝る上達法はありません。 何度も何度も繰り返し、組んでもらっているうち [続きを読む]
  • 1年にひとつ新しいことを習得する☆素敵な方が素敵な訳
  • 先月、とても素敵な話を聞いたのでシェアしたいと思います。 Cijaに通われてた方のお話しです。10年ほど前から1年にひとつずつ何か新しいことを習得する、と決められたそうです。 1年にひとつずつ・・・何か新しいことを習得する。つまり、始めるだけではなく最後まで終える、ということです。形としてひとつ、修了証やサーティフィケートなどを取得する。 サラッと仰っていましたが凄いことだと思いませんか。 私はとって [続きを読む]
  • テーブル実習を楽しみ爽やかに再会を願って
  • 土曜日のエッセンシャルクラスではテーブル実習をしていただきました。 まずは座学より。グラスウェアの講義は、盛りだくさんの内容です。キラキラ輝くグラスはみんな心惹かれますね。。 偶然の産物であるグラスの誕生から現在までの発展の流れや様々なグラスウェアのタイプや用途など、た〜っぷりとお伝えしました。 歴史に思いを馳せるひととき・・・ その後は花アレンジですが今週同じ内容のレッスンをしますので花アレンジの [続きを読む]
  • ビーチリゾート的オブジェアレンジ
  • 七夕の日のエッセンシャルレッスンはオブジェめいたものをお作り頂きました。 題して「コートダジュール的大人のビーチリゾート」♪妄想の世界です? ベースの形がそれぞれ違うので出来あがりの雰囲気も変わります。 「こんな形は初めて〜!」「なるほどこのように水をあげるんですね」 皆さん黙々と時には独り言を言いながら集中してアレンジに取り組みました。 それにしても大〜好きなリラ色?見てるだけで幸せな気分になりま [続きを読む]
  • 次女の願い事☆叶えてやりたいけど・・・
  • 昨日のエッセンシャルクラスの時生徒さんの一人がこ〜んなに立派な笹の葉を持ってきてくださったんです♪♪ もう〜〜思わず歓声を上げちゃった!!! また一人の方はこんな素敵なものをお持ちくださいました。 オヤツタイムに一瞬でなくなりました。^^ ありがとうございます♪ お蔭で七夕らしいお飾りを楽しむことが出来ました♪ ひとつ前の記事を読んでくださった方から「願い事はいい切り型で書いた方がいいですよ。」と教え [続きを読む]
  • 七夕生まれだから?愛に生きる彼女
  • 今日は五節句のひとつ、七夕ですね。 牽牛星と織女星が1年に1度だけ天の川をはさんで出会うというロマンチックな伝説に 子供の頃から、七夕になるとドキドキしていたのを思い出します。 知り合いのイギリス人女性はまさにこの七夕の日がお誕生日。 以前この伝説の話をしたら「とてもロマンチックね。でも1年に1度だけなんてとても耐えられないわ。」 その後、旦那様を亡くし「悲し過ぎて頭がおかしくなりそう。」と嘆いていま [続きを読む]
  • 可愛らしい豆の花♪♪今朝のベランダより
  • 大好きなサヤエンドウ。子供達が種から植えて、ずんずん大きくなってきました♪ マメ科の茎の一部がくるりん♪となるのがたまらなく大好きです。 そして白い小さな花の下についたサヤエンドウ? 平べったい子がついているの、見えますか?先日の暑〜い日、パスタサラダに入れました♪ サヤエンドウ、いつでもいつまでもず〜っと食べ続けられるくらい大好きです。可愛い上に美味しいなんて最高です! リンゴもまだまだ青いけれ [続きを読む]
  • 伝説の小人キリエの森へ★ファミリーデイ
  • ファミリーデイ★Father's landでのピクニック☆の後Kabouter bos 「小人の森」 へ歩きました。 Kabouter というのは伝説上の小人を表します。このHoogeloonという村には昔、住んでいたとされるKabouter Kijrie =小人キリエの跡地と伝説が残されています。それを元に作られた森が「Kabouter Bos」 で義実家のある村にあり、ちょっとした散策にバッチリの場所なんですね。 久しぶりに訪れて・・・気持ちのいい森の匂いに深 [続きを読む]