Ramblingbird さん プロフィール

  •  
Ramblingbirdさん: 散歩記
ハンドル名Ramblingbird さん
ブログタイトル散歩記
ブログURLhttp://ramblingbirds.blog.fc2.com/
サイト紹介文長崎県南部を中心にした自転車散歩の記録などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/10/23 00:44

Ramblingbird さんのブログ記事

  • 諫早 羅杵尼(らぎに)神社
  • 諫早市高天町のAコープ白浜店から多良岳方面へ登っていくと、多良岳レインボーロードという佐賀方面へ続く道路に行きあたる。カッコイイ名前だが、山の農道なので牛の糞には充分注意が必要だ。諫早市白原町は、農道の手前辺りの農村集落。尾根の上方で景色がよく、気持ちのいい所。この集落の運動場の奥に、赤い鳥居とブロックで作られた小さな祠の神社がある。金属の鳥居には、【羅杵尼神社】の文字。「らぎに」と読むそうだが [続きを読む]
  • 試験の結果
  • 7月に福岡へ仕事関係の試験を受けに行ったことを以前書いたが、8月末にその結果がやっと来た。正直、ずっと忙しくて、勉強などほとんどぜんぜんまったくほぼほぼしていなかった。テキストは毎日のように家に持って帰っていたが、ただ持って帰っていただけだった。一度、過去の問題をやってみたのだが、70点で合格のところ、68点だった。こりゃイカ ─── ン!4人受験して、最年長の自分だけ落ちたらウルトラ恥ずかしすぎ良太郎だ [続きを読む]
  • 晩夏の侵入者
  • 8月の最後の夜、家に帰った私は、玄関の網戸を開けた。その瞬間、ジジイ!という、小さく鋭い声が聞こえた。だっ、誰じゃあ!玄関の中で聞こえた気がしたが、もちろん誰もいない。ソラミミだろうか?それともファファミレだろうか?いや、悪意のある小人かもしれない。だいたい、ジジイとは失礼だろう!ご老人と呼べ。周囲をキョロキョロするが、やはり何もいない。変顔をしながらキョロキョロしたが同じだった。モニタリングでも [続きを読む]
  • 不用品の個人売買を計画する
  • 欲しいものはいろいろがあるが、おこづかいが足りないので買えね―!やってられないので酒を買って飲む。するとどういう訳か、また金が減っている。おかしい!誰が使った!あ〜、わしか。これはもう、何か売って金にするしかあるまい。以前はヤフオクでいらないものを売ったりもしていたが、もう長いこと利用していない。最近は、カメルリ?とかで、個人売買ができるらしいが、変な人間も多いと聞くので、難癖つけられんようにせん [続きを読む]
  • いなちゃり! ②いなちゃりを計画する
  • やぁ〜〜〜〜っとこさ、二回目!まずは、前回のいなちゃり記事のポイントをおさらいしよう。いなちゃりとは何か?それは、いなか道を気持ちよく遠くまで散歩できる自転車。これからは、いなちゃりの時代だ!そして、いなか道の問題点を挙げた。次のような内容だったと思う。・田舎の車道は、自転車が走れる構造になっていない。・古く狭い国道では大型バスは自転車を物理的に抜けない。・路側帯が凸凹ガタガタで、自転車はまっすぐ走 [続きを読む]
  • ぽっきり節
  •  ぽっきり節        (長崎県諫早地方)               ハア〜〜  ア〜アァア〜〜 アッハァ〜〜〜ン日ィ見〜の〜峠〜をォ くだって〜ゆ〜うぅけばヨォ〜前〜のォたいや〜がナァ〜 ブギュルルルウ〜〜!と鳴る〜ぢてん車ァ〜 停ォめ〜えぇて 見てみ〜りゃあヨ〜 鞄〜の金具〜がぁ アーラ 折れぇと〜らぁす〜ソォ〜レ! ぽっきりぽっきり ぽっきりナァ〜(ヘンナッカ サ〜イサ〜イ!)アァ〜 [続きを読む]
  • 福岡散歩 筥崎宮と香椎宮
  • 先週の日曜日、仕事に関する試験を受けるため、同じ課の4人で社用車に乗り、福岡へ行ってきた。この歳で試験もないもんだが、メシを食うためには仕方がござらん。親方さまぁ〜、いつもあっしにお仕事をいただいておありがとうございまさぁ〜 ゲヘヘヘ〜午後からは自由行動17:00集合と決めて解散。若い衆は賑やかな所へ遊びや買い物に向かったが、わしはお爺さんなので神社へ行くことにした。駐車場の前の通りをバスが通った瞬間 [続きを読む]
  • 忙しいこの頃です
  • このところまた何かと忙しく、なかなかグロブをアップできません。睡眠負債も返済しないとボケが進行するので夜なべもできません。庭の畑も荒れ放題で、せっかく大きくなりかけた小玉すいかを足で踏み割ってしまいました。泥を落として噛んでみましたが、ぼくの涙の味しかしませんでした。自転車のことも書く予定なので、見捨ないでください。以前、イベントで練習したダンスの振付けを書いたメモが見つかりましたので、踊りながら [続きを読む]
  • 鳥が運んだアコギ地名 アコ木・阿漕ヶ浦
  • 前回、口之津町の苧扱川(おこぎがわ)という地名は、コグという言葉が「草木を根こそぎ引き抜く」という意味がある事から、地滑りや氾濫のあった場所を指す地名ではないかと考え、現地の状況を確認した。そして、調べている中で、「オコギ」と「アコギ」は似とるよなあと思った。前回も触れたが、長崎県の五島には、アコ木という小字地名が点在している。「苧扱(オコギ)」は苧麻(からむし)の繊維をほぐす事。「アコ木」はア [続きを読む]
  • 口之津の「おこんご」は、火山噴火に由来するか
  • 南島原市口之津町は、福岡、佐賀、長崎、熊本の四県に囲まれた、島原湾とその奥に広がる有明海の入口に位置し、古くから貿易港として栄えてきた。 明治期には、月がァ〜出った出ぇた〜の、三井三池炭鉱の石炭輸出港として大いに賑わったが、大牟田に新しい港が出来てからは、急速に衰退。閑古バードが鳴きまくった。バタバタ(( \(◎e◎)/ ))バタ < ヒマ〜! ヒマ〜! その後、炭鉱会社の雇用対策で高給取りの外国航路船 [続きを読む]
  • いなちゃり!①田舎道の罠
  • 2009年の春、私は自転車で近所を散歩する事を突然思いつき、軒下に放置していたMTB風自転車に舗装路用タイヤを履かせ買いものが出来るようにカゴも取り付けた。死ぬほどカッコわるい自転車誕生の瞬間だった!  うへぇ〜〜!イジ変なかぁ〜!それから始まった私の自転車趣味も、早いもので、今年で9年目になる。いろんなタイプの安い自転車を、自分が使いやすいよう怪造しては試走し、何度も「だめだこりゃ」を繰り返した。近所 [続きを読む]
  • 食べにくいお菓子をもらう
  • ある日会社で、誰かの鎌倉みやげですと、今までで一番食べにくいお菓子をもらった。鎌倉大仏まんじゅう!うげげぇ〜〜っ!こ、これはまるで、仏教徒に対する踏み絵ではないか。誰がこんなものを企画して売っているのか。日本人ではあるまい。パプアニューギニア人だろうか。ああ、食ったらバチがあたりそうだ。でも美味そう!いただき‥いやいや!やっぱし食いにくいわ!う〜ん、どうしたものか。私は、まんじうを裏返して眼をカッ [続きを読む]
  • あなたは上品な人だろうか
  • それを見た反応で、お上品な人か、お下品な人かが判る看板を、自転車で走行中に見つけた。エ"エエ〜〜ッ!? まさか〜!あ、そうですよね。そんなわけ無いですよね。変な事を考えて、すいませんでしたァ!わざわざ戻って確認する自分が、少し悲しかった。 [続きを読む]
  • 旧道をゆく 諫早−大村 
  • 大正から昭和にかけて発行された長崎の地図が手に入ったので、当時の主要道路をルートラボにトレースし、実際に走ってみる事にした。(※右 、新しいウィンドウで開いて見ると、どこの話かわかりやす子です)まだ自動車が普及していなかった頃の道路を見るといろいろ発見があって面白い。現在は人通りさえない細い道が主要道路だったり、中途半端な意味のない側道が、旧道の跡だったり。大きく開発された所は、細かい部分の [続きを読む]
  • 鳴滝の月玉神社?
  • 長崎市鳴滝2丁目 片渕中学校の丘の中腹に、月玉神社という変わった名の神社がある。グーグルの地図で見つけた。月玉神社なんて聞いたことが無い。読み方も不明。昔の長崎の風流な文化から生まれた神様なのか?ネット検索しても、ここの事しか出てこない。グーグル以外の地図を見ても、月玉神社だ。平成28年10月の、長崎史談会主催の史跡めぐりにも月玉神社とあるので、間違いでは無いのだろう。気になるので、以前、何かのついで [続きを読む]
  • 田上(たがみ)近辺の高地を巡る
  • 長崎市田上(たがみ)町は、山の上のジャンクション。昔から交通の要衝ではあったが、近年には蛍茶屋から小ヶ倉方面へ抜ける道路もつながり、混雑する市街地を避けて野母崎や女神大橋へも早く行けるようになった。山の上にある長崎自動車道インターにも近い。そんなわけで、ミーもけっこうクルマで通りはするのだが、用事はないのでほとんど素通り。さて、実は今回は、小島(こしま)から登ってきた前回の続き。田上周辺の高地を散歩 [続きを読む]
  • 山道なのに小島とは
  • 旧長崎街道の脇街道のひとつに、茂木街道がある。長崎市街にある正覚寺から、田上(たがみ)の峠を越えて茂木町まで続く、ちょっと険しい道。その街道沿いに、小島(こしま)地区がある。ここは範囲が広大で、東小島、中小島、西小島、上小島の4つに分かれている。低地から山の上まで長く続く斜面の丘に、現在は多くの住宅や学校が立ち並ぶ。今回は、ここを田上まで登る。諫早から自走して来たので、途中で力尽きて泣きながら帰る事 [続きを読む]
  • もき。
  • 旧長崎街道の脇街道のひとつに、茂木街道がある。長崎市街にある正覚寺から、田上(たがみ)の峠を越えて茂木町まで続く、ちょっと険しい道。その街道沿いに、小島(こしま)地区がある。ここは範囲が広大で、東小島、中小島、西小島、上小島の4つに分かれている。低地から山の上まで長く続く斜面の丘に、現在は多くの住宅や学校が立ち並ぶ。今回は、ここを田上まで登る。諫早から自走して来たので、途中で力尽きて泣きながら帰る事 [続きを読む]
  • どこを「佐世保」と言ったか
  • 長崎県北部の街 佐世保は、「させほ」と「させぼ」のふたつの呼び方があり、意見が別れているが、現在は「させぼ」が正式名称になっているそうだ。いろいろ調べる事があったので、佐世保バーガーを食べようと家内をだま、いや誘って出かけた。これで金を出さずに済む!佐世保もよく判らない地名で、由来もいろいろあるが、地形から考えると、「狭瀬甫(させほ)」ではないんかいのう〜と思う。これは、ナニを隠そう、九十九島の事。 [続きを読む]
  • かしわうどん
  • 最近ちょっと驚いた事。先日、市内を自転車でうろちょろしていたら、あのケンタッキーが、まさかの、かしわうろんとかしわそばを出しているではないか!えぇ〜っ!とうとうケンタッキーも経営不振で、日本文化に迎合するしか無くなってしまったのだろうか?そういえば、宮?駿の顔を書いた看板に、K・F・Cと書いてある。本当に「経営・不・振」だったのか! 冗談で言ったのにィ〜!あのハイカラなメリケン文化の代表だったケン [続きを読む]
  • 14インチのFIAT号はなぜ乗りやすい
  • そう言えば、散歩記は自転車のブログだった気がする。自転車の話も何かでっち上げねばなるまい。バスで輪行をして遊ぶために買った、FIAT AL-FDB140は、14インチの折り畳み自転車で、思いっくそちっちゃい。わしのような横幅の太いおっさんが乗ると、サーカスのクマちゃんみたいになるので、見ている人は面白いが、本人はちょっと恥ずかしい。誰だか判らないように、思い切り変顔をしながら走ったほうがいいかもしれない。でも変 [続きを読む]
  • 地名散歩 手熊 式見
  • 長崎市の手熊(てぐま)町、式見(しきみ)町は、一くくりに外海(そとめ)と呼ばれる西彼杵半島西岸に位置する集落。手熊は長崎のなんじゃそりゃ地名ベストテンの常連。(そんなもんは無い)式見は手作りの式見かまぼこで有名。どちらも元は漁村で、ペーロン競漕も盛んと聞く。手熊の由来としては、むかしある年の暮れに不漁が続き、困った漁師たちが空を見上げると「さかさまの熊手」が舞い降りてきた、というような話は、一切無 [続きを読む]
  • 皇后島はいつ、ねずみ島になったか
  • 長崎港に浮かんでいたねずみ島は、港湾開発の埋め立てで埠頭の一部となり、現在は島ではなくなっている。むかしのねずみ島(国土地理院空中写真サービス 昭和37年撮影)明治から昭和にかけて、ここは水泳の訓練場であり、市民のための海水浴場でもあった。私の姉の世代までは、小学生は夏休みになると大波止から船で数分のこの島へ渡り、水泳教室に通った。船はハシケに屋根をつけたような団平船(ダンベセン)で、乗客は立ったま [続きを読む]
  • 伊木力の地名再考
  • 諫早市多良見町舟津旧伊木力(いきりき)村の中心部。以前、伊木力の地名由来について記事を書いたが、徳川埋蔵金探しのような中身のない話だったため、期待して読んだ人は、チェッ!と言った事だろう。これはいかんよなあアハハハ(^O^)と思ったので、心からの反省を込めて、もう一度考えてみた。長崎の小字地名で「桐ノ木(きりのき)」というのをたまに見かけるのだが、ある日、地名一覧を見ていて「ノ」がつかない「桐木(きりき) [続きを読む]
  • クルマのミラーがやられたあ〜!
  • 私のカッコいいクルマのドアミラーの一部が、いつの間にか変色している!メタリックシルバーが、なぜかプラスチックの素材のような色になっているではないか。左側はもっとひどい!まだ買ってから12年しか経っていないのに!一体誰がこんなイタズラをするのだろうか。人に聞いたら、市街戦のせいだろうと物騒な事を言う。諫早は平和な農業の町なのでそんな事は無かろう!またある人は、ケーネンレッカだと言う。悪いドイツ人だろ [続きを読む]