After Cloud さん プロフィール

  •  
After Cloudさん: After Cloud Vo&G 木全俊太 のブログ
ハンドル名After Cloud さん
ブログタイトルAfter Cloud Vo&G 木全俊太 のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kimashun/
サイト紹介文新人邦楽ロックバンド、After Cloudのブログ。 事変や9mm、クリープ、ミスチル好きにお勧め。
自由文『After Cloud』木全俊太のブログ。
ポップスやロックなど、様々なジャンルの曲を奏でるインディーズバンド。
大学のサークル“けいおん!”(笑)にて結成。
ラジオ番組のヒットチャートランキングで1位を獲得。
その本音そのものな歌詞にも注目。
YouTubeでも新曲PVやライブ映像を公開中。
NOCO、ベボベ、シャンペ、アジカン、時雨、RAD、BUMP、金爆、ポルノ、ワンオク、セカオワ、テナー好きは必聴!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/10/23 12:12

After Cloud さんのブログ記事

  • ハルチカ
  • 市井昌秀監督の『ハルチカ』を観ました。 今までワークショップなどでお世話になってきた監督さんの最新作。 観ていて中学高校の頃の部活の日々を思い出して、すごく懐かしい気持ちになりました。 主人公達のひたむきな姿勢に、忘れちゃいけない大事なことを改めて感じることが出来ました。 最後に春太君がとる行動が特に感動的で。 それと、千夏ちゃんが個人練習の為に部室を出て行った後の部員達 [続きを読む]
  • あれから22年
  • 阪神・淡路大震災から22年。 震災を受けて作ったオリジナル曲『あなたと』という曲を弾き語りしてみました。 https://www.youtube.com/watch?v=uUPVJR5I3Hw 震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被災された方、そのご家族全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。 [続きを読む]
  • 僕が自慢できること
  • 新しい1年が始まって早1週間。 早いもんだ、1日1日を大切に生きたい。 今年は自分にとって飛躍の年にしたいなと思う。 大事なオーディションにも受かりたい。 それでふと考えてみた。 「僕が自慢出来ることってなんだろう」 オーディションの自己PRで声を大にして言えるような。 正直、すぐには出てこなかった。 でも、考えて考えて出てきた答えは、、 僕が自慢できること、そ [続きを読む]
  • 東京公演
  • 出演舞台『猫は毒殺に関与しない』大阪公演に引き続き、東京公演の詳細も出ました。両公演とも頑張ります。ぜひ遊びに来て下さい。2017年2月23日(木)19:00~   24日(金)19:00~  25日(土)13:00~/17:00~  26日(日)13:00~※開場は開演の30分前です。会場赤坂RED/THEATER(東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB2)入場料前売3,500円当日4,000円 ※全席指定・税込チケット ●先行販売 11 [続きを読む]
  • バースデーカード
  • 大泉にもう一度 映画『バースデーカード』を観に行った。 何度観ても、芳恵さんの大きな愛情に胸を打たれる。 宗一郎さんの存在あってのものでもあると思うけれど、修学旅行の件といい、芳恵さんの?信念?はすごい。 何より自分がいなくなった後も、家族を見守っていきたい、背中を押し続けたいっていう想いの強さ。 母親ってやっぱり偉大だなと思う。 正男が野球の試合から立ち直れたのも、口喧嘩しな [続きを読む]
  • 舞台やります
  • 舞台に出演します。タイトルは「猫は毒殺に関与しない」原作は柴田よしきさんの同名小説です。 12月の大阪公演の前売り券、発売中です。大阪公演の詳細は下記をご覧下さい。東京公演は来年の2月23〜26日、劇場は赤坂レッドシアターです。 東京公演、先行チケットが抽選受付中です。http://md-ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?lotRlsCd=26180一般発売は12月3日からです。どうぞよろしくお願い致します!「猫は毒 [続きを読む]
  • きっと、星のせいじゃない。
  • 映画『きっと、星のせいじゃない。』を観た。 とっても感動的なラブストーリーだった。 登場人物がみんな魅力的で、特にオーガスタスがカッコ良過ぎだ。 あんな風に人に対して何の隔たりもなく、素直でストレートな接し方が出来るガスは本当に清々しいナイスガイだ! 俺もあんな風に、つい照れてなかなか言えないようなこともスパーンと言えるようになりたい>_ガスの友人で、他人が本の感想言ってる時 [続きを読む]
  • 『怒り』
  • 映画「怒り」を先日観ました。 見終わった後、何とも言えない気持ちになり、しばらく席から立てませんでした。正しさとは何か、人を信じることとはどういうことか、本当にいろんなことを考えさせられる作品でした。自分に近い存在であればあるほど、殺人犯かもしれないと知ってしまった時の衝撃って想像も出来ないものだと思います。正体不明の3人の男を松山さん、綾野さん、森山さんが、とても意味深な、良い意味で惑わせ [続きを読む]
  • 『僕だけがいない街と母からの贈り物』
  • 映画館で見れずだった『僕だけがいない街』をDVDで観ました。“リバイバル”という現象がテーマの、新感覚なミステリーで、とても面白かったです。劇中、とても素敵だなと思う台詞がいくつもありました。特に“言葉って口に出してるうちに本当になる気がする”“演じてるうちにきっと本当になる”という台詞にすごく共感し、とても印象に残りました。人ってどうしても僻みとか嫉妬とか、そういう醜い感情を少なからず感じてしまう [続きを読む]
  • ふがいない僕は空を見た
  • 映画『ふがいない僕は空を見た』をまた最近になって観た。淡々と日常にある理不尽な出来事の数々が描かれていて、観ていてとても共感すると同時にとても切なくなった。どんなに悲しい目にあっても、それでも生きていかなくちゃいけないこと、ありふれた日常が何よりも尊く幸せなものなんだということを改めて感じさせる作品だった。今日は良い青空だ。 [続きを読む]
  • 久しぶりに両親と
  • 先日、両親が東京に来ました。深大寺や文豪、武者小路実篤展など、名所を巡り、1泊2日であっという間でしたが、とっても充実した時間を過ごせました。やっぱり両親と久しぶりに会うと、照れくさいけど、どこかほっとするのはなんでなんだろう。そんなに多くはないけど、普段出来ない会話も出来て、良かったなと思います。写真は深大寺で両親と。サングラス掛けてちょっと見た目恐い父ですが、穏和な父です(笑) [続きを読む]
  • 立ち直れたキッカケ
  • 最近、滞っちゃってたけど、久しぶりに書いてみようと。少し前までいろいろ上手くいかなくて、メンタルがズタボロだった。自分の未熟さを痛いほど思い知って、情けなくて、自分の為に言ってくれているはずの他の人の意見や指摘もなぜか皮肉に聞こえちゃうし、人間不信になるし。落ち込んでもしょうがないのは分かっているけど、毎日憂鬱で、ブログさえ書く気になれないし、SNSとかもなぜか見る気おきないし。でも最近はなんとかメ [続きを読む]
  • 木田俊之物語
  • 映画『いのちあるかぎり 木田俊之物語』の撮影に参加してきました。この映画は筋ジストロフィーという難病を抱えながらも、夢を諦めず、演歌歌手として多くの人に希望を与えている木田俊之さんの半生を描いたお話。詳しくは観てからのお楽しみですが、とても感動的なお話です。僕は木田さんの息子、木田春紀役で出演します。ぜひ公開時には劇場にお越し下さいませ! [続きを読む]
  • きみはいい子
  • きみはいい子、最近DVDで見返したけど、素晴らしい映画だなと思う。出てくる子供達がほんと泣かせる…!泣どんなに辛い境遇でも精一杯生きる姿はほんと美しいな。映画の中で出てくる、私がこの子に優しくすれば、この子は誰かに優しくしてあげられる。子供を可愛がれば世界が平和になるんだ。っていう台詞が素敵過ぎる。ほんとその通りだ。いつか俺なんかにも子供が出来たら、目一杯可愛がりたい!笑まだまだずっと先のことだろう [続きを読む]
  • 冨樫監督の舞台を観て
  • 冨樫森監督演出の舞台『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』を観てきた。素晴らしかった。緻密で文学的で、深みのある舞台だった。女子大生達の友情、嫉妬、対立、別れが繊細に描かれていた。すれ違う想いや未熟な自分への憤りや、若さ故の苦悩みたいな、複雑でセンシティブな心情が伝わってきて、観ていてすごく切ない想いにさせられた。内山さんや真下さん、堀ちゃん達、役者の皆さんもエネルギッシュで素晴 [続きを読む]
  • 1年経って思うこと
  • 思えば芝居を始めて1年経った。始めた頃はほんと酷過ぎたけど、続けてみて芝居の面白さを感じられるようになってきた気がする。まぁまだまだ下手くそだけども。悲観するわけじゃないけど、自分には才能みたいなものは無いし、容姿もパッとしないし、向いてるか向いてないかといわれたら向いてないと思う。そんな自分が結果を出すには、やっぱり続けることしかないのかなと思う。最近は舞台はあったけど、撮影には参加出来てない [続きを読む]
  • 初舞台、終了
  • 舞台、無事全公演終了しました。初の舞台で緊張しっぱなしだったけど、すごく良い経験になったなとしみじみ思います。芝居は生ものだなって改めて感じました。映像でも気持ちは一緒だけれど、一発勝負っていう緊張感と目の前にお客さんがいるという臨場感は、映像にはない感覚だなと思いました。でもそれと同時に本質は一緒だなとも思いました。よく舞台は台詞も動きも大きくしなくちゃいけないし、映像とは全く別物だと聞いてい [続きを読む]
  • 舞台やります。
  • 25日から3日間、新宿シアターブラッツで舞台があります。朝ドラ「まれ」で「矢野陶子」役を務めた柊子さん主演の“ハートフルすれ違いコメディ”です。今、その稽古を連日しております。舞台は映像とは違った難しさがあって苦戦してますが、映像にはない面白さもあって、とってもやりがいがあるなとしみじみ感じている今日この頃。面白いものをお見せできると思うので、ぜひぜひ観に来て下さい! [続きを読む]
  • クックパッド、恐るべし!
  • 最近、食費を浮かそうとなるべく自炊をしようとしているんだけど、料理ってのは難しいな。今日は野菜炒めに挑戦したけど、ちと焦げました(笑)  そんなに難しい料理じゃないはずなのにwあと、最近教えてもらったクックパッドを使いだしたんだけど、これはすごいアプリだ!こんなに詳しくレシピが書かれてるのね〜素晴らしい!レシピの数も半端ない!! まだ使ったことない方はぜひ!(回し者ではない)それにしても料理 [続きを読む]
  • 3.11
  • 3.11、いろいろ考えさせられる日だ。東北の人達はまだまだ大変な想いをしている人達がたくさんいる。時間が経つとつい深刻さを忘れていきがちだけど、風化させちゃいけないなと思う。自分には何が出来るかを考えなきゃなと思う。また東北に行こう。被災地の人達はみんな前向きで強いなと思った。俺も見習わなければ。5年前に作った復興支援ソング。荒削りだけど、あの時の気持ちを忘れずに、自分に出来ることをしていきたい。htt [続きを読む]
  • ヘイトフルエイト
  • ヘイトフルエイトを観た。手に汗握るミステリーだった。誰が本当のことを言っているのか、誰が嘘を言っているのか、その駆け引きが絶妙で、熾烈な心理戦という感じだ。それにしても役者の方々、目の芝居が素晴らしい!何か伏線になるような、観客が犯人を探る糸口になるような、ほんの数秒のアップの表情が、皆さん意味深で、惑わされたり、気付かされたり、とにかく引き込まれた。あぁ、自分もあんな風に細やかな芝居が出来るよ [続きを読む]
  • 被写界深度
  • 出演した映画『被写界深度』が阿佐ヶ谷のイベントで上映されることになりました。いろいろアクシデントがありながらもキャスト、スタッフ、そして監督、みんなで力を合わせて作った思い入れのある作品です。もし宜しければ、ぜひお越し下さい!【日時】3月25日(金) 19:00open  19:30start【場所】よるのひるね〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-13-4 一階 [続きを読む]
  • 映画『みんなでいこう』 上映のお知らせ
  • 主演の一人、藤村役で出演した映画『みんなでいこう』が新宿K's cinemaにて上映されることになりました。日時は、3月14日の13時からと、17日の15時からです。もし宜しければ、ぜひお越し下さい!『みんなでいこう』監督小池茅出演木全俊太小川紗良木村明正松本高士小笹愛奈手嶋啓子Mish'al Sammanマック赤坂監修是枝裕和どうぞよろしくお願い致します!【Twitter】 https://twitter.com/After_Cloud_Vo【Facebook】 http [続きを読む]
  • 人と表現
  • 最近よく感じるけれど、芝居とか音楽とか、芸術に秀でてる人っていうのはみんな“人の気持ちをよく理解出来る人”なんだなと思う。人の気持ち、感情が分かるからこそ人を感動させるような表現が出来るんだろうな。まぁ当たり前といえば当たり前だけれど、芸術に携わろうとする人にとっては疎かにしちゃいけない大事なことなんだなと思う。その為にはいろんな経験を積むことが必要だ。それもなるべく感情が大きく揺れ動くような経 [続きを読む]
  • 俳優 亀岡拓次
  • 映画 『俳優 亀岡拓次』を観た。  安田顕さん、素晴らしかったな。地味だけど、どこか魅力的な脇役俳優を熱演していた。金なし、女なし、だけど、どこかほっとけない魅力がある脇役俳優、亀岡拓次。観ていて、何度も「亀岡さん、頑張れ!」と思ってしまう、なぜか無性に応援したくなる主人公だった。共演の方々もみんな人間味のあるお芝居をされていて、とても微笑ましい場面がたくさんあった。個人的には、亀岡さんとベン [続きを読む]