フェイニョオ さん プロフィール

  •  
フェイニョオさん: 猫とせとかと時々古民家
ハンドル名フェイニョオ さん
ブログタイトル猫とせとかと時々古民家
ブログURLhttp://zundoo0907.blog.fc2.com/
サイト紹介文古民家暮らしを夢見つつ日々各地の古民家や洋風建築物を物色。出会った猫たちや古道具についても語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/10/24 20:29

フェイニョオ さんのブログ記事

  • 民芸の旅〜島根再び
  • 梅雨のころ、ずぶぬれになってガリガリに痩せて帰ってきて以来、姿をみせないハナコ。生きているでしょうか。ニィハオ!フェイニョオです。島根についた翌日の朝、運転手を駆ってフェイニョオが向かったのは宍道湖畔、玉造温泉の里にある湯町窯でした。窯元のある玉造温泉駅周辺はのんきな雰囲気で、2年前とかわらずのんびりしていました。売り場にはいると、今回は奥さんが出てきましたが、お抹茶を入れてくれるもてなしは先回と [続きを読む]
  • 緑のカーテン結果報告
  • 昭和16年建造扇形機関車庫と転車台。岡山県津山市にて。ニィハオ!フェイニョオです。まずは梅雨入り前の我が家のアサガオから。南面居間の窓側。この株は今年で2年目なのですが、根詰まりしてしまっているのか元気がなく葉がまばらです。そして去年株分け(というか勝手に増えた)した同じく南面のアサガオ。葉も大きく元気で有望株です。こちらは同じく南面の羽衣ジャスミン。元気に育っていますが緑のカーテンにするにはツルの [続きを読む]
  • 新潟水俣病
  • 小屋組みのわかる実家の玄関の天井。古い碍子が今でものこっています。ニィハオ!フェイニョオです。今日は新潟水俣病が家族に落とした暗い影について。昭和30年代、日本は高度成長期にあっても、農民の暮らしはまだ苦しいものでした。一年のうち、現金収入があるのは米が売れる秋のみ。母の子供のころは、三人姉妹、学校の給食費が一辺に払えず、姉妹かわりがわり支払ったそうです。またばあちゃんが働き盛りだったころ、近所の主 [続きを読む]
  • 民芸の旅〜島根再び(予告篇)
  • 今はもう営業していないおしゃれな理容院。木枠の建具に魅かれます(島根県松江市にて)。ニィハオ!フェイニョオです。再就職して7カ月、息抜きに久しぶりの民芸の旅へ出ることに。(旦那と息子はただの家族旅行だとおもってる)今度はどんなモノに出会えるだろうとわくわくしながらも、いままでの民芸の旅で連れ帰ったモノたちのなかに全く使っていない器があることに気づき深く反省。使ってなきゃ民芸じゃないやん!と思いつつ [続きを読む]
  • レトロモダンマーケット
  • ニィハオ!フェイニョオです。今年も行ってきました、よろずやさんのレトロモダンマーケット。やっぱり一軒ずつ古道具店を覗くより、こういったマーケットに出店している時のほうが断然お得!上の写真は今回手に入れた讃岐彫りのお皿。お菓子とカップをワントレーに乗せられるかな、と思い購入。一枚500円だけど、5枚まとめ買いしたら2000円に負けてくれました。ここ瀬戸内の街では讃岐彫りをよく見かけます。セミプロみたいな人が [続きを読む]
  • 戦争のこと
  • 「稲架木(はさぎ)」に使う竿をしまっているのだろうか。この地方の、川風を強くうける側には開口部はない。(新潟市にて)ニィハオ!フェイニョオです。今日はちょっと暗い話ですが、太平洋戦争が我が家に落とした影について。祖父の兄は、私の大叔父にあたる人ですが、戦争中、出征して中国大陸へ向かう途中、船が沈められて亡くなったそうです。ばあちゃんは、初め、この亡くなった大叔父に嫁ぎました。この大叔父は優しい人で [続きを読む]
  • 岩崎ひろみ「すみれって…」の歌
  • 先月、あまりにもお天気の日が続き、思わず干しシイタケなんか作っちゃいました(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。むかし岩崎ひろみの歌に「すみれって すみれって ブルーな恋人同志よ♪」みたいな歌ありませんでした?保育園の卒園のときに、お世話になった先生に歌ってあげたのを憶えています(汗)その為かは定かではありませんが、子供のころから可憐なイワスミレの花が好きでした。今年、我が家の庭で [続きを読む]
  • 昭和39年新潟地震
  • ニィハオ!フェイニョオです。今日は家族の覚え書きを一つ。実家は大正11年築、約90年ほどの古民家になりますが、その間、我が家にもさまざまなことがありました。祖母や父母らが語る家族の歴史、地域の歴史を残しておきたく、今日は昭和39年、新潟地震の話を。*****その日、家ではばあちゃんと伯母だけで昼食をとっていました。恐らく土間に続く板の間で二人とっていたのであろうと思われます。伯母は中学を出たてで、 [続きを読む]
  • 古いビルの活用法?
  • トイレにつづく手洗い場。さんさんと陽がそそぐ鉄枠の窓と、武骨なパイプの配管。香川県丸亀市丸亀ビルにて。ニィハオ!フェイニョオです。以前から、通りかかるたびに気になっていたこのビル。今日はイベントが開催されていたので、念願かなって中へ入ることができました。子守り役がいなかったので、不本意ながらコブ付きで。ま、写真撮りまわっても、怪しまれないというメリットはあります。電燈からしてすでに好み。開催されて [続きを読む]
  • 「カドタ式」土のう袋で堆肥づくり
  • 昭和レトロな建物で魚屋さん!?が営業してました。富山県高岡市にて。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。ここ瀬戸内の街では、はや琉球アサガオが芽をだしはじめ、我が家ではグリーンカーテンの準備をはじめたところです。以前、グリーンカーテンの蔓の廃棄に悩み、ゴーヤから宿根草の琉球アサガオに切り替えた、と書きましたが、琉球アサガオも蔓の廃棄量はいっしょでした!(笑)そこで今年はこの本(↓)を参 [続きを読む]
  • フェアトレードのチョコレート
  • 高知県・土佐山田駅(土讃線)にて。古い駅舎の一部に美しい両開きの窓が残っていました。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。年明けから再就職し、家族の食の大切さを実感する日々。お母さんは料理が嫌いだなんて言ってらんない!(でもやっぱり好きじゃない)というフェイニョオが取り上げるのはチョコのお話。子供には白砂糖のお菓子はあげないけれど、わたしだけこっそり食べるおやつです。それはこれ、毎 [続きを読む]
  • そうめんの木箱をカスタマイズ
  • 電話番号が3桁っていつの時代?!福島県会津若松市にて(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。今日は拾ってきたそうめんの木箱をカスタマイズしました。これ、細長くって何か入れるにしても使いづらい。余分な長さをカットして、息子のおもちゃの収納に使おうという魂胆です。置く場所はこのスペース。入れるものはパズルのピースあれこれ。パズルの台紙を入れることも想定して、内法寸法を決めました。後で打ち [続きを読む]
  • 手作りフックコーナー
  • シャッター商店街に残る建物。このペントハウス的楼閣はなに?香川県丸亀市にて(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。コーナンで買った1×4材でフックコーナーを作ってみました。予算の関係で外材を使いましたが、実は外材をいじるのはこれがはじめて。職業訓練校時代は国産ヒノキか杉しか加工したことなかったしなあ。改めて訓練校の授業の、いかに贅沢なことだったか。指導してくれた先生の、国産材を使った [続きを読む]
  • 畳の下に保温シートをしく
  • こんなノスタルジックな建物が好き。香川県琴平町にて(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。冬支度はお済みですか?我が家では暖房費をおさえるべく、今年から畳の下に保温シートを敷いてみました。ホットカーペットの下に敷くヤツですね。ホームセンターで全部で4000円くらいしたけど、いろいろ見て回ったらもっと手頃なものもありました。さて我が家の居間。畳をはがしたら板一枚。断熱材も何もない、即床 [続きを読む]
  • モノの居場所をきめる
  • 福島県柳津町にて。イメージ通りの奥会津がそこに。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。断捨離しなきゃ、と思いつつ、モノって増えていくんですよね。骨董市にいけば何か欲しくなるし、どこそこの手仕事の品がいいと聞けば使ってみたくなる。絶え間なく家に入ってくるモノ、新しく我が家に来てくれた仲間には、居場所を決める作業が必要になってきます。これ、気づいたのはごく最近。昔からHow to本とかによく [続きを読む]
  • 民芸の旅〜福島県・会津塗り
  • 会津若松、飯盛山麓にある通称「さざえ堂」。釘は一本も使っていないニィハオ!フェイニョオです。帰省の際、新潟市の実家を拠点に福島県会津若松まで一泊二日の旅をしました。オットは「馬肉を食べる旅」だったようですけど、わたしは会津塗りを求めて「民芸の旅」。最近、フェイニョオの民芸の旅のネタ本はこれ。監修の故久野恵一さん選ぶ、漆器の産地のなかでも会津塗りはずば抜けて低価格。なんでこんなに低価格なんだろう、普 [続きを読む]
  • 古民家の温熱を考える
  • 福島県旧高郷村(現喜多方市)にて。今回の地震で揺れはどうだったのでしょうか。お見舞い申し上げます。ニィハオ!フェイニョオです。ご無沙汰してましたが、祖母の見舞いに、晩秋の新潟県へ里帰りしてきました。暖かい瀬戸内の暮らしから、寒い北国の古民家(築92年)暮らしへと、急激な変化に対応しきれず、風邪をひきました。冬の里帰りは、私と息子がオイルヒーターをガンガン使用するため、光熱費の問題から取りやめにして [続きを読む]
  • この街から陰影がきえた
  • ねぐらがなくなり我が家に入りびたる野良猫のハナコ。(本文とは…大いに関係あります)ニィハオ!フェイニョオです。表題の件、日本人なんでも陰影礼賛で済ましてしまうきらいがありますが…要するにまた古民家が一件きえたってことです。フェイニョオが考える陰影のある街とは…たとえば野良猫が雨宿りできるような、軒の深さとか。この一帯、昔はうっそうとしていたであろうクスノキの大木とか。ブラタモリしたくなる街っていえ [続きを読む]
  • 押入れの収納
  • 高知の名建築、澤田マンションにて。通路の一画にあるレトロ豆タイル。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。金木犀が真っ盛りですね。フェイニョオ宅では断捨離が真っ盛り。不用品を処分して押し入れの収納を効率化。布団のほか、クローゼットととして衣類も収納していた我が家の押し入れ。明るい窓側に布団と亭主の季節の衣類を、暗い奥の押し入れがヘビーユースしているフェイニョオの領分でした。(ペイント [続きを読む]
  • 収納の工夫
  • また行ってみたい街、島根県松江市にて。再開発に押されながらも、昭和な一画が残っていました。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。突然ですが、押し入れの収納って難しいですよね。うちは布団なので押し入れは必要なのですが、布団以外のものを収納するには奥行きが深すぎる!奥に詰め込むほど死蔵品が出てくる。というか奥に詰め込むようなものは、本来必要ないものというべきか…。以前はすのこにキャスタ [続きを読む]
  • 断捨離
  • 蚊取り線香を点けるときは断然マッチ派。ここ瀬戸内の街では11月頃まで蚊に悩まされます。ニィハオ!フェイニョオです。今日は恥ずかしながら断捨離の記録をひとつ。何故なら今後不要なものを買わないための戒めとするため。そして不要なものをため込まないよう、今後手放してゆくステップアップのため。例えばこのダウン。サイズが小さくなって久しいですが、着なくなってからも4年、クローゼットにありました。その間、年3回 [続きを読む]
  • 緑のカーテン5ヵ年計画
  • ジャスミンやテイカカズラなど、つる性の常緑植物を挿し木で増やす予定。ニィハオ!フェイニョオです。今年の緑のカーテンは、…朝日のあたる東側は大成功でしたが…南側と西側は…惨憺たるものでした。まばらで日よけになっていない!毎年暑くなる前に!とばかりにカーテンを準備するのはちょっと苦痛になってきたフェイニョオ。琉球アサガオについた青虫を殺すのも苦痛なので、害虫に強い羽衣ジャスミンやテイカカズラを増やそう [続きを読む]
  • 街に森をつくって棲む
  • 宮崎県串間市の古民家、旧吉松家。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。今日は我が家のグリーンカーテンのお話し。というのも毎夏、コンクリートに囲まれた借家は灼熱の暑さ。窓を開ければ熱風が吹き込みます。街の気温を少しでも下げようと、緑を植えたり、風呂の残り湯で打ち水したり。今年の課題は、朝と夕方、東と西の窓から差し込む直射日光をいかに遮るか。わが家の台所は、東に窓あり、西北に窓あり。朝 [続きを読む]
  • 勝手口に網戸をDIY
  • 一枚板をくりぬいて作ってある丸盆。漆がぜんぶ剥げて木地だけになったら、どんな景色を見せるだろう…(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。日に日に暑くなっていきますが、夏の暑さ対策は万全ですか?借家住まい5年目のフェオニョオも、エアコンを使わずに(なるべく)涼しく過ごすコツを、徐々に会得してきました。まず直射日光を入れない(緑のカーテン)。そしてその土地の微季候を読んで、室内に風を呼び [続きを読む]