まんじゅう顔 さん プロフィール

  •  
まんじゅう顔さん: 手帳なわたし
ハンドル名まんじゅう顔 さん
ブログタイトル手帳なわたし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/reiko-haruharu
サイト紹介文手帳オタクな私。生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。その究極をご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/10/26 06:51

まんじゅう顔 さんのブログ記事

  • 奮発のご褒美は?
  • 最近まで断続的にサボっていた、体重計測を再び頑張り始めました。マーさんと同居するようになって、夕飯を一緒にとるようになり、それまでのわたしの食生活のパターンが崩れ、それをよいことに、徐々に気持ちも緩み出し、その緩んできた気持ちをわかってるから、徐々に体重計から遠ざかっていたジ・ブ・ン。こわい、こわい。この連鎖が良くないのですね。どこかで気持ちを切り替えて、現実を!といい切りで再開しようと思っていた [続きを読む]
  • 立つ付箋〜TATETOKOタテトコ(株式会社カンミ堂)〜
  • 職場で、人の机の上に、ちょっとメモを置きたいと思っても、その人の机の上が混沌としていたり、他の付箋もいっぱいあったりで、自分のメモが埋没してしまうという事態になったことはありませんか?思わず目を引く付箋を使ったり(お札のを使ったこともありました)、派手な色のもの、変な形のものを使ったりして、とにかく目立たせたい。いろいろ試みました。そんな経験をお持ちの方なら、これはオススメかも〜。普通の付箋でもこ [続きを読む]
  • 同じ手帳を使い続けるメリット
  • わたし、「主婦日記」15冊目だという話をしました。毎年、新しい手帳がどんどん出てきて、すっごく誘惑されますが、それでも同じ手帳でいくというメリットはあると思います。例えば、毎年手帳を変えるようになると、そのつど、使い方を考え直さないといけなくなりますね。そういうワクワク感が好きならばもちろん OK。わたしなんかは、新しい手帳を最初からうまく使えたためしがないので(主婦日記でも3年ぐらいはかかりました)、 [続きを読む]
  • 自分磨きの9月にしませんか??!〜「2017・主婦日記」の第36週目〜
  •                先週は仕事がなく、何かちょっと特別な週でした。先日、記事に書かせてもらった、夏の終わりの「節目」を経て、気持ちが切り替わったせいもあったのかな。休みがあっても、もう夏休みの気分ではないんですね。なんか背筋がぴんとした感じ??(笑)だからといって別に何をしたわけでもなく、暇があればゴロゴロもしてたんですけど、夏の間とは違う自分がいます。夏の間は、時間があっても、ぼーっと [続きを読む]
  • 「手帳」で節目を作る!
  • 何度も言ってると思いますが、「主婦日記」のいいところは、各月のウイークリーの最後に、「◯月の感想」というページがあることです。ここに十分な余白があると、使う自分にも心の余裕みたいなものが生まれるような気がします。そのことは、7月の記事にも書きました。2017/7/11 【主婦日記】余白を使って、「2017年上半期の振り返り」&「2017下半期に向けて」今年の主婦日記、日の巡りの関係なのか、このメモ欄、感想欄のスペース [続きを読む]
  • デジタルとアナログの間で
  •        わたしの周りにも、スケジュール管理はすべてスマホのアプリで済ませているという方が多くいらっしゃいます。繰り返し同じ予定を入れる場合、あっという間に入るし、画面上も美しいし、忘れないようにお知らせもしてくれる。とにかく便利ですよね。そして、スマホは手帳以上にわたしたちにとって今や身近な存在ですので、そのスマホになんでもかんでも入れられるというのは、入れるものが一つになって、便利だという [続きを読む]
  • 手帳選びのワン・ツー・スリー
  •           最近は、2018年の手帳のラインナップが揃ってきて、ネット上ではもちろんのこと、文具店や書店でも少しずつ店頭に並ぶようになりました。これから数ヶ月が、手帳好きのわたしたちのお楽しみのシーズンですね!「これ!」っていう手帳と出会いたいと思う気持ちは皆一緒。そこで、まんじゅう顔の手帳の選び方のスリーステップを今日は書かせていただきます。[一番目]は「快適性」。これは前に記事で書かせていた [続きを読む]
  • 「さかざきちはる おしごと展」の描き下ろし測量野帳
  • イラストレーターのさかざきちはるさんSuicaのペンギンのイラストで有名ですよね。そのさかざきさんの「さかざきちはるおしごと展」が千葉県市川市で7月より開催され、盛況ということです。9月24日(日曜日)まで。さて、ここでご紹介するのは、そのさかざきさんのイラストが描かれた測量野帳。「測量野帳 ペンギン、チーバくんを描く。」価格は550円+税です。  さかざきさんが、今回の展覧会のために描き下ろしされたもので、 [続きを読む]
  • 夜開く文具店「ぷんぷく堂」って、なんか気になる
  • 東急ハンズ銀座店、この9月は、銀座で東急ハンズ10周年ということで、様々な企画、イベントが目白押し。その一環で、こんなコーナーがありました。「ぷんぷく堂」千葉県の文具屋さんで夜開くんだとか。夜開く??「夕方からゆるく開く文具店」ということ。女の方が店主さんで、なんかいいなあと思います。「ぷんぷく堂」っていう店名もかわいいですよね。「ぷんぷく堂 銀座ハンズ10周年企画」ハンズって、店内で写真をとるという [続きを読む]
  • 「人生と手帳」についてもの思う秋
  •                     ↑これは1ヶ月前に撮った「百日紅」。昨日、散歩して見たら、まだ綺麗でした。                   でも、空気感は秋になりましたね〜。  秋風が吹いて、なんか気持ちよくなってきたら、ちょっとセンチメンタルな気分にもなりました。「2017年ももう9月??」手帳も完全に後半になって、来年前半の予定もぼもぼちちらついてきて、早いなあとしみじみ。この10月でブロ [続きを読む]
  • 血のように真っ赤な測量野帳「本命ヤチョウ」(コクヨ)
  • 野帳を見たら、どうしても手に取りたくなる。特に今回の野帳は、すぐに手が出ました。それほどインパクトありです。こんなにマッカッカな野帳ナンデス。銀座ロフトにて。真ん中に一つ絵が描かれてますけど、パッと見は、「いちご?」と思いきや、よく見ると、これって「心臓」?そう、「心臓」!↑表紙の赤の色はこの色に近いです。かなりどきっとします。一体何??と??マークが頭の上を飛ぶ〜。この野帳、今年春に開かれた、KO [続きを読む]
  • 来年も、Vera Bradley E-Reader sleeveを「手帳ケース」に!
  •                              最近、職場が一緒のお友達と、手帳について話していた時、「ペンを手帳にどんな風につけたらいいか」ということが話題になりました。そうなんですよね〜。手帖にさしておくと、いつの間にか外れてペンがどこかに行っちゃったり、バッグの中でペンを探さないといけなくなったり、結構厄介なのです。最近は親切な手帳もたくさんあって、手帳のブックカバーにペン差しがつ [続きを読む]
  • 手帳の快適性
  • 各メーカー、来年の手帳のラインナップがボチボチ出てきましたね。手帳には、いろんな選び方の基準がありますが、どんなに自分の使い方にぴったりあった手帳であったとしても、その手帳が使っていて快適かどうかというのはまた別の話です。最近はいろんな工夫のされた手帳がたくさん出てますから、よりどりみどりなんですけど、絶対外しちゃいけないポイントがあるとわたしは思っています。そこを外すと、1年間、なんかしんどい、 [続きを読む]