hemitotsy さん プロフィール

  •  
hemitotsyさん: アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアル
ハンドル名hemitotsy さん
ブログタイトルアセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアル
ブログURLhttp://hemitotsy.blog.fc2.com
サイト紹介文アセンションを目指す外科医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します
自由文昭和生まれ、千葉県出身の外科医です。東北地方で外科修行を積み、現在は関東圏の病院で勤務医をしています。ふとしたことからスピリチュアルの世界に触れることに、、、。己を変えることができるかどうか?、アセンションを目指してヘミシンクを始めました。日記感覚でヘミシンク経験の記録を残すと同時に、スピリチュアルについて検討を加える場として当ブログを始めた次第です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/10/26 11:43

hemitotsy さんのブログ記事

  • 文部科学省 前川 喜平 事務次官の全職員へ宛てたメール
  •  今年になって、森友学園に続いて加計学園問題と、首相の周辺が慌ただしく報道されております。その中にあって、「内閣府 vs 官僚」の構図を垣間見る出来事が、文部科学省 前事務次官 前川 喜平 氏の証言でありました。 前川 氏は、本年5月25日の記者会見で、加計学園獣医学部新設の件で、内閣府から文科省に「総理のご意向」などと伝えられたと記された文書が「本物」であると主張しました。「自分が昨年秋に、担当の専門教育課 [続きを読む]
  • 思わぬ不幸・災害から立ち直るスピリッツ「いつも何度でも」
  •  今から22年前、平成7年(1995年)の4月のある肌寒い晴天の朝、神戸市にある長田区長田小学校の一室で、白衣を着て外来診療の椅子に腰掛けておりました。この年の1月17日に発生した阪神淡路大震災に対する、秋田市の事業として派遣された医療救護班であります。神戸にはその数年前に学会で訪れたことがあり、美味しい神戸牛をいただきましたので、変わり果てた街の惨状に驚きと落胆と悲しみを覚えたものでした。ただ、私たちが派 [続きを読む]
  • 大人の発達障害
  •  仕事柄、精神的ストレスなどの心因性の問題が消化器症状として現れる患者にしばしば接します。はっきりと胃十二指腸潰瘍や過敏性腸症候群などの疾病と言うかたちである事も、胃腸炎や胃もたれのようなものな漠然としたものであることもあります。そうした患者たち、とりわけ20〜30代の若者の中に、よく話を聞くと、どう言うわけか、周囲とのコミュニケーションが上手に取れない、健全な人間関係を作れない、仕事に打ち込めない、 [続きを読む]
  • 【速報】 フィギュアスケート 浅田 真央 さん 引退!
  •  本日の浅田 真央 さんのブログの文章です。 ***** 「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望ん [続きを読む]
  • 北朝鮮 ミサイル発射および核実験の年表
  •  昨日4月5日午前8時過ぎ、北朝鮮が同国東岸から午前6時42分ごろに弾道ミサイル1発を発射したとの報道がなされました。米中首脳会談を前に核実験の準備も噂される北朝鮮の、これまでのミサイル発射、核実験を簡単な年表でまとめてみることと致しました。以下は今回の事件の記事であります。◇ 北朝鮮のミサイル発射および地下核実験 北朝鮮のミサイル発射(青字)および地下核実験(赤字)の歴史を年表にいたしました。参考までに [続きを読む]
  • 無期懲役の名大生 その恐るべき殺人願望
  •  今年になって、あまり気持ちの良いものでなない「食人(カニバリズム cannibalism)」をテーマとした記事を書きましたが、今回は、旧帝国大学に入学した10代 少女の「殺人」であります。今後も様々な報道や論説がなされると思いますが、現段階で報道されている内容を抜粋して彼女の心理状態を客観的に記録いたします。まずは大きく報道された昨日のニュースです。<タリウム事件> 元名大生に無期懲役判決 2012年、仙台市で高校 [続きを読む]
  • 裁判の判決で引用された さだまさし さん の 「償い」(再掲)
  •  先日、ゴルフの帰りの圏央道、渋滞に遭遇し、何気なくスイッチを入れたiPod touchから さだまさし さんの懐かしい楽曲が流れて来ました。「償い」と言う、なんとなく暗い曲ではありますが、情景が浮かんで来る、さだ さん独特の詞の描写に久しぶりに心が動きました。 実は、この曲は当ブログで取り上げたことがありましたが、恥ずかしながら、曲をYouTubeのURLで紹介したところ著作権に抵触すると当局より指摘を受け、掲載差し [続きを読む]