マサ村田 さん プロフィール

  •  
マサ村田さん: 戦国好きのアドリブ雑記帳
ハンドル名マサ村田 さん
ブログタイトル戦国好きのアドリブ雑記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/masamurata0331/
サイト紹介文戦国時代と海外ドラマをこよなくあいする、リラクゼーションセラピストのマサ村田による日常の雑記です。
自由文以前は広告関係の会社役員でしたが、色々あって40歳を過ぎてから整体の技術を一から学び(自分の子供のような年齢の人に教えを請いながらの修行でしたね)現在はフリーでリラクゼーションセラピストとして頑張る戦国好きな🚹のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/10/27 15:49

マサ村田 さんのブログ記事

  • 駄洒落ギャグを速攻で書いてみました。
  • 突如、山間部に怪獣が現れた。この事態に、地球防衛軍は緊急会議を開いていた。隊長である、勘違 駄造(かんちがい だぞう)は、山間部を流れる川の上流に関を作る事で、水量を貯めておき、その水を一気に排出する事で、怪獣を押し流す作戦を立案していた。会議に出席していた現場指揮官の、誤解 受雄(ごかい うけお)は、体調が優れずにいて『体調が良く無いので、この作戦には参加することができません』と今回の任務から、は [続きを読む]
  • 三好三人衆
  • 戦国時代の多くの殿様は、家政を運営するに辺り、有力な家臣に家老職という名の役職を与えたり、有力な取り巻きとして自分を支える事をさせていました。 しかし、時は下剋上はびこる戦国の世です。 中には力をつけた家臣達は、殿様を裏切って自らが取って変わろうとする様な風潮がありました。 江戸期に入り、徳川の世で安定した政権維持が出来る様になると、徳川将軍という絶対君主により国内は統一されていた為に、実際の政 [続きを読む]
  • ”ジュニアの病気 ※情報求む!拡散希望!(追記)”
  • 小さな命が戦ってます。 『拡散希望』 という事で、リブログさせて頂きました。 ジャンルは問わない様なので、リブログ出来る方は是非とも、ご協力して下さる事を私からも望みます。 また、広く情報を求めて、キチンと選さの上で有用な内容には、真剣に向き合っていらっしゃる様ですので、どなたか、情報をお持ちの方がいらっしゃれば、リブログ記事のブロガーさんへご連絡をしてみて下さい。 [続きを読む]
  • 赤信号みんなで渡れば怖くない
  • 大分県日田市 『小野民芸村ことといの里』 にある地下水の無料給水施設で、洗車する人が増えてきているらしいです。 この無料給水施設は、英彦山水系に属していて、まろやかな味わいで人気がある水である為に 『多嘉良(たから)の水』 と呼ばれて愛されている地下水の、飲料用に整備された施設です。 そんな給水施設で、軽車両を洗った後に、バケツに給水施設から水を溜めて流している様子が目撃され、周りの人から注意を受け [続きを読む]
  • 今年もお送り頂きました。 感謝??
  • 毎年恒例の、ブログやツアーで仲良くさせて頂いている 宮城のはるかさん と忍之介さんから、旬の空豆が届きました。そして更に今年は、白石うーめんも!こけし政宗公も,お勧めの一品です。まんず美味かったです〜♪はるかさん、忍之介さん、本当に毎年ありがとうございます。m(_ _)m 戦国時代ランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『注意』と『怒る』は、違うんですよね。
  • 最近、少し驚く話を聞きました。 ある方が、仕事で部下に注意をしたそうです。 その部下は、本人は気がついていない様ですが、基本的に横柄な態度で周りの仲間に接したり、勝手な判断で物事に当たっている人物でした。 その事で上司が彼に、一つ一つの事例を上げながら、言い訳出来ない様に真意を求めて注意を促していたところ、平身低頭で 『申し訳ありませんでした』 と、答えながら頭を下げ続けたそ [続きを読む]
  • 小堀遠州
  • 三大茶人と言えば、千利休・古田織部・小堀遠州と言われています。 千利休は今更説明の必要もない人物ですし、古田織部は今や漫画 『へうげもの』 で有名人。(へうげものには、利休はもちろんですが、おねえキャラで若かりし頃の小堀遠州も登場してます)ということで、今回は小堀遠州について書いてみようと思います。 小堀遠州の経歴は、近江の小堀村の豪族で、浅井長政に仕え [続きを読む]
  • マナー悪いが、身体に良い
  • 『ため息』 を吐いてばかりの人が側にいると、みんなのテンションが下がったり、辛気臭いと言われてしまいますよね。 『貧乏ゆすり』 をする人というのも、落ち着きが無いと言われてしまい、これまた,、周りにいる人達からは嫌われますね。 ため息をつくと幸せが逃げる。とか貧乏ゆすりはその名の通りで、貧乏くさい行為。 そんな風に言われている、この二つの行為を人前で行うのは、いわゆるマナーの無い行為だと [続きを読む]
  • 定番お菓子
  • アイスキャンディーの定番 『ガリガリ君』 の最新味はレアチーズ味。 私は少し前まで販売されていた 『マンゴー味』 (まだ販売されているのかな?)に、ハマっていましたが、今度のレアチーズ味は、それを上回るお気に入りです。 本当に良くできた商品で、この商品は 『ガリガリ君』 のネーミングで販売しなくてもヒット商品になりそ [続きを読む]
  • 約20年前の出来事
  • 現在、夏に向けて私は整体師として新たな試みを始める事を決めて、その準備をしています。 新しい事を始めるにあたり、色々な準備と段取りをおこなう中で、ふっと私が20代後半に前職である、広告代理店を友人と二人で立ち上げた当時を思い出しました。 今から22年前の1995年に、起業をして必死になって働いていた時期の事を思い出したのですが、その時期に世間で起きた数々の出来事が頭をよぎり出しました。   [続きを読む]
  • 丹羽長秀
  • 今回は『庭には二羽の鶏を飼っていた、丹羽長秀』(嘘www!) について、書いてみようと思います。 この丹羽長秀は、孔雀の羽の陣羽織を着用していた(井伊直政の方が現在ではこの孔雀の陣羽織は有名ですね)事もあり、動物に例えるなら 『鳥』 という感じのイメージが私にはあります。 鬼退治に出かけた、信長(桃太郎)が、お供に従えたのは 木下藤吉郎秀吉(猿)前田利家(犬)丹羽長秀( [続きを読む]
  • それを、今言うの?
  • 大麻取締法違反(所持)の罪で高樹沙耶が、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を受けた事により、会見を開いたようですが、そこでの発言で 『一つ皆様に理解していただきたいのは、決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけではなく、本当に医療で困っている方のために使うことができたら、という思いで頑張ってまいりました。それだけは信じていただきたいと思います』 という内容がありました。&nbs [続きを読む]
  • ウォーキングデッドシーズン7終了
  • 多少のネタバレありますので、最終話をまだ観ていない方は、お気を付け下さい。 ウォーキングデッド ーズン7が、終わりましたね。 このシーズン7は、最初の1話と今回の最終話以外は、ひたすらイライラする展開でした。 このお話の開始直後はウォーカーにより崩壊した世界でのサバイバルによる展開でしが、シーズン5後半からの展開はコミュニティによるお話になり 『戦国時代』 か 『北斗 [続きを読む]
  • 悩んだ時は、少し前の自分を思い出して見よう。
  • 現在、整体師をしている私ですが、この仕事についた時は、技術職という事もあって◎人の身体についての、知識を得る事。◎実際に、手技を覚えて行く事。こうした、技術的な面を習得して行く事がメインでした。その後は、実際にお客様の身体に触れる事で、更に経験を積み技術は向上して行きました。その時期の私がすべき事は、いわゆる腕を磨くというのがメインでした。しかし、実際にサロンでお客様に接して施術を行っていると、 [続きを読む]
  • 小山軍議における、諸大名の流れの作り方
  • 昔、SP(セールスプロモーション)の仕事をしていた時は、世の中の 『流行り』 というのが、商品を宣伝する事において非常に重要になっていました。。 この 『流行り』 というのは読んで字の如く、流れて行く様を言います。人がイベントを楽しいと感じる、商品を欲しいと感じるのは、個人の判断だけで感じる物ばかりではなくて、周りとの関わりにおける流れというものが影響します。ですから販売の現場では、その購買意欲の [続きを読む]
  • 侍ならば潔く(記憶が無いのは、酔った時だけにしよう)
  • ここのところ、石原慎太郎元都知事も、稲田防衛大臣も、大事な事を追及されると 『記憶にない』 の発言をしていますが、都合の悪い事を追求されての 『記憶にございません』 って、ロッキード事件からですかね。 あれからどれだけの、月日が経っているやら。 いつまでも、こんなアホな言い訳が通る時代だと、本気で思っている政治家(石原さんは、もう政治家ではありませんが)が、いる事に進歩が [続きを読む]