ふくろう さん プロフィール

  •  
ふくろうさん: おばあちゃんの古時計
ハンドル名ふくろう さん
ブログタイトルおばあちゃんの古時計
ブログURLhttp://ameblo.jp/millbay/
サイト紹介文夫と7歳&5歳の二人の息子、6羽のにわとりとのスローライフ。来年6月には3人目が誕生予定です♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/10/29 02:20

ふくろう さんのブログ記事

  • 毎日幸せ☆
  • 何か特別なことがあるわけじゃないけど、毎日穏やかに幸せに過ごせています。家族みんな健康で、一緒にいただきますってご飯が食べられる。雨が降っても屋根がある、あたたかいベッドで眠ることができる。着る洋服もちゃんとある。こういうのって、すごく幸せなんじゃないかな ファームににわとりちゃん180羽お引越ししていきました。寒くないかな、ラクーンに殺されちゃわないかな・・・ちゃんとお肉になるまで、元気に成長 [続きを読む]
  • 2017年4月11日
  • またまた1か月以上開いてしまいました・・・ 今年はまだなかなか温かくならなくて、畑が茶色いまま。少しずつここに何を植えて、こちらはこれで、と計画してはいるもののどうなることやら グリーンハウスには、ちゃんと種を植えてあるので時期が来たら植え替えます。ケール、トマト、かぼちゃ、たまねぎ、スイスチャード 畑が青々としている時期、ちょっとサラダ作ろう!とすぐに収穫できる時期、大好き。早く来な [続きを読む]
  • 2017年3月1日
  • 風邪をひいてしまいました。でも、母はなかなか寝込めず・・・ 日本から家族ぐるみでお付き合いしているお家の娘さん(大学生)がはるばる遊びに来てくれたのに、あまりおもてなし出来なかったかも それも仕方がない。我が家の良いところは、夫がとても協力的でフレンドリー3人息子たちも人見知りせずに、誰にでも話しかけたり遊び始める。だから、良かった〜家族が多くて、静かにぃぃぃ!って思うこともあるけど、やっぱり [続きを読む]
  • 2017年2月1日
  • もう2月!1月(昨日だけど…)はなんだかシャキッとできず、ダラダラ。(これ反省)でも今朝は6時前に起き、息子たちの学校へボランティアに行き、そして息子③と一緒にお買い物きれいな洋服とか靴、そういうものにはあまり興味がなくなってしまいいかに美味しいものや食べたいもの、子供たちが喜ぶものを作ろうか?と考えながらの、お買い物。息子③、まもなく2歳8か月。元気です、なんにでも興味があってちょろちょろ…母は大変 [続きを読む]
  • あれから22年…
  • あの震災から22年が経った。家族や友達は震災にあい、大変な日々を過ごした。私はちょうど海外にいたので、心配することしかできなくて。 大学生になって、ボランティア活動を通して震災の傷跡をこの目で見てきた。色々な人に出会って、その人たちの気持ちを教えてもらった。 ついつい目の前の自分の生活のことだけでいっぱいになっちゃうけど、あの時に感じたいろんな想いや出会った人たちのこと、今日はしっかりと思 [続きを読む]
  • 2017年1月3日
  • 子供たちは今朝から学校スタート。日本だとまだ三が日、まだゆっくりしている時なのかしら。 ここ数日珍しくマイナスの気温になっています。そんな時に、ガス暖炉のプロパンガスが切れちゃいました。日本の家よりは暖かいんだろうけど、16度は寒い靴下を二枚重ね履きし、フリースを着て…何もしたくない専業主婦をしております (意味なく絵文字を使ってみています、かわいいなぁ) 今年は去年よりもう少し丁寧に [続きを読む]
  • 久しぶりのブログ
  • 全然パソコンの前に座らなくなり、誰かのブログを読んだりすることもなくなり・・・ブログを書こうというタイミングがないまま、それでも毎日充実した時間を過ごしています。三男、今日で2歳5か月。早い!!よくしゃべります。そしてちゃんと顔を見て、日本語と英語を使い分けます。 夏は2か月半日本で過ごし、息子たちは日本語がグーンと上手になりました。小学校では週に3回もプールがあり、そして相変わらずの超少人数の [続きを読む]
  • ホットランチ
  • 月に一度、ホットランチという日があります。これは事前に注文をしておいて、その日はピザを配ってもらえるというもの。配るのも保護者のボランティア、集計をするのも保護者のボランティア。 売り上げはすべて子供たちの活動費用などに充てられています。例えば、フィールドトリップ(遠足)に行くときのレンタルバス代金、学校に誰かを招いての講演、教室の備品購入のためなどなど・・・ 息子たちの学校、この保護者 [続きを読む]
  • 腰痛、その後・・・
  • 10日ほど前、あんなに痛かった腰。今はほとんど忘れたことのようになっています、よかった〜あのままだったら、何にもできずにダメダメ人間になるとこでした。 今週末はロングウィークエンド、でもとくに予定も立てずにのんびり。ファームに行ったり、子供たちを自転車パークに連れて行ったり。 先日子供たちのために購入した羽布団があり、カバーをどうしようかなぁと思っていました。そしてセカンドハンドストアに行 [続きを読む]
  • 色々な形の家族
  • 先日、息子②が学校から帰ってきてこういいました。 「お友達のAは、二人のマミーがいるんだよ。いいなぁ〜」と。 こちらに来て思うのが、お父さん&お母さんというカップルが全てではないということ。 そのAくん、以前お母さんは男性と結婚して二人の子供を授かりました。でもそのあと離婚、そしてその次のパートナーとして同性の女性を選んだのです。だからAくんには二人のマミーがいることに。もちろんお父さん [続きを読む]
  • 鹿、しか、シカ・・・
  • 鹿といえば、「奈良」というイメージです。こちらで鹿といえば、特にガーデニングをしている人にとっては悩みの種。だって彼らどんどん食べていくんだもの 庭の畑ではなく、ファームに移植したものたち・・しっかりと食べられてしまいました大丈夫だろうと思っていた、いちじくの木もダメ。せっかく花が咲いていた二十世紀梨の木も真っ裸 夫が週末トテトテカンカンと柵を作ってくれました。来年は果物収穫できるように [続きを読む]
  • 昨日発熱、今日ぎっくり腰!?
  • とてもどよーんとした気持ちで起床した昨日、全然やる気が起きない。子供たちのランチを作る気もおきない。息子たちがマッサージしてくれる・・それでもまだダメ。 簡単にサンドイッチを作り、みんなを見送りダラダラ寝る。寝たいのに、まだ2歳にならない③とはなかなか難しいのです。だましだまし、おっぱい飲ませたりしながらゆっくりしていました。 夜には珍しく38度まで熱が上がりました。もうその数字を見ただけで [続きを読む]
  • トマトの苗
  • 種から植えたトマトちゃんだいぶ大きくなったので、グリーンハウスの鉢と畑に植え替えました。 もともとトマト好きではない私、でもこちらのマーケットで買ったトマトにびっくり酸味が強くなくて、食べやすくて・・・それ以来畑で作るようになりました。残念ながら、息子①②はトマト苦手③は去年まだ歩けないのに、はいはいで畑を動き回りトマトを自らもいで食べていました 今年は例年より多めにトマトの苗を畑に植え [続きを読む]
  • 息子②・・・
  • なんだか忙しい日々を送っている今日この頃。普段は8時前にはベッドに入るようにしている息子①②も、9時過ぎの日が何回かありました。子供の日は、手巻きずしパーティーとても大切な友達(もう家族みたい)のお誕生日もあったので、土曜日にまたパーティー 楽しい時間を過ごした息子たち、あれ?②の様子がなんだかおかしい。 ①②二人とも寝るときに、怖い本を見たから一緒の部屋に寝たいと言い①は私たちのベッドル [続きを読む]
  • 鶏肉を食べた人の感想
  • 同じように鶏を育て、鶏肉として売っている友達からのアドバイス「そのまますぐに食べないで、冷凍して何日かしてから解凍して食べたほうがおいしい。すぐだと筋肉とか何かの関係で固いみたいよ」と聞いた私。 すぐに買ってくれたお友達にメッセージ!間に合ったかな?と思ったら、さっそく夜料理して食べたお友達がいたのです。 「おいしかったよ、次はハスバンドが6羽買っておいてって言われたよ」とうれしい言葉。&n [続きを読む]
  • ファミリードクター
  • ファミリードクターのもとへ行ってきた。先週火曜日の血液検査の後、夕方電話をくれて「今回は残念だったわね」とすぐに電話してくれたドクター。彼女は息子①を取り上げてくれたドクターでもあるし、お兄さんが日本に住んでいるとかで、とても親日家だし優しいドクター。 今日は先週金曜日のウルトラサウンドの結果を見ての話。「子宮内はきれいになっているから、もういつでも次にチャレンジしてもいいわよ!」とニコニコ [続きを読む]
  • にわとり→鶏肉
  • 今日無事ににわとり達が鶏肉へとなりました。130羽以上のからスタートしたのが、実際に工場へと運んだのは115羽。そこでも1羽、打撲?がひどくてダメだと言われ。結局114羽、みんなに喜んでもらえる鶏肉へと大変身! 段ボール箱に入ったお肉を運ぶときは、とても不思議な気分。ベジタリアンになる!とかそういう気持ちは起きなかったけど、こうして命を頂いて私たちは生きているんだな・・・と感謝感謝。 子供たちにも [続きを読む]
  • 親切?おせっかい?
  • 私の心はまだ不安定、流産したといっても早い出産、きっと産後鬱っぽいのかも。そういう時、私は私のやり方でゆっくりと持ち直していきたい。 それなのに、それなのに・・・私の流産を知った義母、いてもたってもいられないんだろうけど。私の気持ちにドカドカと土足で入り、傷口に塩を塗り込もうとするような言葉。きっと本人は親切のつもりだろうけど、「大丈夫、もういい」って制御しているのに聞かないで続ける。お願い [続きを読む]
  • ファーム生活!?
  • 夫の両親が持ってきてくれたキャンピングカー(5th wheel)。第二の人生を私たちのファームで過ごすことになりました 義両親が所有していたころは、メキシコまで走ったりあっちこっちを行き来した強者。クイーンサイズのベッドがあるベッドルーム、小さいけどシャワーにトイレ、そしてキッチンとリビングスペース。日本の狭いワンルームより広いかも 昨夜は夫&息子①がお泊り。 晩御飯は恒例たき火して、ウインナ [続きを読む]
  • もやもやする心の中
  • 流産って・・・どちらがつらいんだろう。一人目の流産、もしくは私のように何人か産んで育ててからの流産。 すごくすごく楽しみにしていて、会いたくて、抱っこしたくて悲しいのは両方同じ。 今の私は、妊娠生活や出産、育児の酸いも甘いも経験してそれでもやっぱりまだ授かって育てたいと思って。それが、なくなってしまった。 大丈夫って言葉を繰り返しているけど、ふと赤ちゃんを見たり妊婦さんを見たりすると [続きを読む]
  • 流産後の生活
  • 月曜日に赤ちゃんをファームに埋めてあげてから、気持ちがすっきり。火曜日には夫の職場仲間から花束とカードをいただきました。また近くに住むお友達が息子③を預かってくれ、その間に血液検査・・・ 夕方ホームドクターから連絡があり、「血液検査の結果を見たの、残念だったわね」と。また次があるわよって言われたけど、う〜んどうだろう。この妊娠がわかったとき、「うれしい!そしてこれが最後になるだろうな」と思っ [続きを読む]
  • 2016年4月24日
  • 残念ながら、ベイビーは天使となりお空に帰っていきました。 水曜日の午後から茶色いおりもの、そして夜中には鮮血に。(量はそこまで多くない)そして木曜日も止まることがないため、救急に行く。そこからも全然血は止まることなく、ずっとできるだけ安静に過ごしていました。でも日曜日の午後、トイレに座ると、なんだかニュルニュルというか軽い出産のような感じで血の塊が出てきました。あ・・・やっぱりベイビーは出て [続きを読む]
  • 7週4日、止まらない
  • 起きたら、出血が止まっていますよに!と祈りながら寝たのに・・・ まだしっかりと出血しています。夫は朝から息子3人を連れて、ファームに行ってくれました。静かな我が家でとにかくゆっくりを心掛ける私。 軽い日用のナプキンが数時間ごとに真っ赤になります。トイレに座ると、水も真っ赤・・・この出血はどこから?何が原因?赤ちゃんが流れているの? 不安で不安で仕方がない。でも赤ちゃんの生きようとする力 [続きを読む]
  • 7週3日、出血続く・・・
  • 水曜日(7週1日)の午後から、茶色い出血が始まりました。午前中は畑で草抜きなどをしていたので、ちょっと頑張りすぎたかなと思いながらいつも通り夕食作ったりして過ごしていました。 夜になると、生理痛のような痛みと出血が鮮血に。あれ?ちょっとおかしいかも、とさすがの私も思う。 次の日は朝から救急(予約がないとき、すぐに診てもらいたかったら救急に行きます)に。血液検査にウルトラサウンド、朝から午後1 [続きを読む]
  • 7週1日
  • いまだに悪阻始まらずただ気分にムラがある、すぐにイライラして声をあげてしまったり・・・息子たちに申し訳ないと思いつつ、でもちゃんとしてないのは君たちだ!と思ったり。夫に対しても、普段からいろいろなことを流していこうと思っているけどムカムカ。言わなくてよいことを口にしている自分がいる これもホルモンの影響、悪阻で寝込むよりいいよね?と言っておきました。 よく覚えているのが、三男を妊娠した時 [続きを読む]