半島のタカ さん プロフィール

  •  
半島のタカさん: 旅人の気ままな独り言
ハンドル名半島のタカ さん
ブログタイトル旅人の気ままな独り言
ブログURLhttp://gurasapo.blog.fc2.com/
サイト紹介文18きっぷを中心とした鉄旅とサッカー観戦(名古屋グランパス)が趣味のオヤジです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/11/02 05:13

半島のタカ さんのブログ記事

  • 団体客がやってきて、そしてトロッコ列車へ
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その9この日、二度目のわ轍・神戸駅にいます。ここでの10分間の停車時間を利用して、のんびり駅の周りを散策します。相変わらず、周囲の山々は、新緑が美しく、さわやかさまで感じます。但し、この日は4月最後の日でしたが、意外に暑く歩き回ると、汗をかくほどでした。ただ、湿気がない分、楽ですが。先程の足尾駅同様、駅の正面に出て写真も撮れました。本当に木造造りの良い駅舎 [続きを読む]
  • わ轍・帰路の途中でトロッコ列車に遭遇
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その8 /> />わ轍・間藤駅です。駅周辺をふらりふらりして、折り返しの列車で桐生に戻ります。この駅での滞在時間は、約30分でした。もう少しいたい気持ちはありましたが、こちらも予定がありますし如何せん、周囲には何もない為、時間を潰せません。本当は、こういう所で、のんびりするのが一番なんですがね。10:58 間藤駅  →  12:41 桐生駅行きの時間より、帰りの列車は、10分 [続きを読む]
  • 旅の終着駅 間藤駅
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その7桐生駅から出発した、わたらせ渓谷鉄道の旅は終点である、間藤駅に到着しました。始めは、立ち見客までいて、ほぼ満員の状態の車内でしたがとうとう、最後は僅か4名の乗車でした。もちろん私も、その4人のうちの一人ですがようやく、この駅にやって来たんだなという気分になりました。まさに旅客終着の間藤駅です。ここは、栃木県日光市でもあります。タイトルは群馬を巡る旅で [続きを読む]
  • 旅の終着駅 間藤駅に到着
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その6神戸駅以降、僅かな乗客になった車両は、わ鐵・沢入駅を出発しますと、車窓の位置に変化が現れます。それまで、進行方向、左側に見えていた渡良瀬川がここからは、右側に来るようになりました。神戸駅を出てから、長いトンネルと抜け、橋を渡ったところで川の位置が変わりました。ここまで来ると、乗客は僅かですから、私の座席も左側から右に移動しました。沢入を出て、原向駅そ [続きを読む]
  • わ鐵・沢入駅に到着
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その5わ鐵・神戸駅で5分間の停車中に、桐生行きの対向列車が到着しました。これで、こちらの列車は出発できますが、列車が2台並んだところで、この駅がより一掃の賑わいを見せました。この時間帯でしたから、対向列車は、そんなに人が乗車していないかと思いましたがそんなこともなく、かなりの乗車率でした。その為、皆、お弁当やおつまみを探しに動き出していました。少しの間を於 [続きを読む]
  • わ鐵・神戸駅にて
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その4わ鐵・神戸駅に停車しています。この駅、草木ダム等の観光施設がある為なのかほとんどの人が下車して行きました。駅の廻りを見渡しますと、本当に自然豊かな場所です。気候も良く、何時間でものんびりできそうな場所です。この時期は、暑くもなく寒くも無い為、一番いい時期かもしれません。しかし、この駅、間もなく対向列車が到着することもありますが、地元のおばちゃんたちに [続きを読む]
  • わ鐵の車窓を堪能中
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その3わ鐵の旅は、現在、大間々駅に停車中です。この駅で、ほぼ満員の乗客となり、列車は動き出しました。ハイカーと思われる年配の夫婦ずれが、多く乗車してきました。この駅を過ぎますと、ようやく住宅街から解放され、ローカルな車窓へと変わります。そして、このわ鐵の由来でもあります、渡良瀬川と寄り添うように走ります。小さな駅を、二つほど停車しますと、次は歩いて、0分の場 [続きを読む]
  • わ鐵の旅 スタート
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その2桐生駅です。ここからは、わたらせ渓谷鉄道に乗り換えます。JRと共同のホームを使わせてもらっているみたいです。私は、この駅で一旦下車し、きっぷを購入しましたが何やらホーム上には、わたらせ渓谷鉄道の社員がいて、きっぷが買えるみたいです。今回は、一日フリーきっぷを購入しましたがそれも、ホーム上で買えたのでしょうかね。ホーム上には、それなりのお客さんがいました [続きを読む]
  • 両毛線で、桐生駅に
  • 群馬を鉄道で巡る旅 わたらせ渓谷鉄道の巻 その12017年4月30日群馬を鉄道で巡る旅 二日目 朝の前橋駅にやってきました。昨日のグランパス対ザスパ群馬戦、快勝の余韻に浸りながら愛知に帰る前に、鉄旅を楽しみたいと思います。駅のホームに上がると、小田原行きの列車が停車していました。前橋から小田原ですので、かなりロングランを走る列車です。このような長距離を走る在来線も、のんびり乗車してみたいですね。8:08 前 [続きを読む]
  • 横川から、今夜の目的の地 前橋へ
  • 群馬を鉄道で巡る旅 信越本線の巻 その5JR信越本線 横川駅に戻ってきました。もう少し位、碓氷峠鉄道文化むらで、ゆっくりと見学したかったのですが、そうは問屋がおろしませんでした。今日の本当の目的は、グランパス対ザスパ群馬の試合観戦ですから。ぼちぼちと、前橋に向かいたいと思います。横川駅前の道路は、旧中山道でした。しかし、通りを見渡しても、釜めしの荻野屋さんしか見渡せず人っ子一人もいませんでした。辛う [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら
  • 群馬を鉄道で巡る旅 信越本線の巻 その4JR信越本線・横川駅です。駅を出ますと、まず先に目を引くのは、やはり峠の釜めしです。しかし、このおぎの屋さんの釜めし、結構、地元のスーパーの駅弁フェアーでも買えます。やはり、現地で買うことは違うという人がいるかもしれませんがあえて、見て見ぬふりをして、過ぎ去ります。やはり、釜めしよりもこちらが気になりましたので一枚、写真に収めました。駅前には、地元の有志さんで [続きを読む]
  • 信越本線で、横川まで
  • 群馬を鉄道で巡る旅 信越本線の巻 その3JR高崎駅に来ています。ここからは、信越本線を使い横川を目指します。信越本線はというと、本来は、ここ高崎から新潟駅までの路線でしたが長野新幹線開業時、ぶつ切りにされた路線であります。さらに、新幹線が金沢まで延伸されたことにより長野県の大半が、民間の別会社に移管され、もっと短い路線となりました。これまで、私は長野・篠ノ井から新潟までは乗車済でしたがこの高崎-横川 [続きを読む]
  • 上野・東京ラインで高崎駅に
  • 群馬を鉄道で巡る旅 信越本線の巻 その2JR品川駅です。私の今回の計画では、ここからは、高崎駅に向かう事となっています。もちろん、勝手に作成したものですが。(笑)新幹線でここまで来たため、一回、改札を出て、Suicaを使い、改めてJR東日本のホームに入り直しました。8:30 品川駅  →  10:32 高崎駅上野・東京ライン 高崎行きに2時間程乗車します。2時間の長丁場ということで、もちろんグリーン車に乗り込みました [続きを読む]
  • GW初日、群馬遠征の旅
  • 群馬を鉄道で巡る旅 信越本線の巻 その1GW初日の4月29日名古屋グランパスの試合が、群馬県前橋市で行われるということで出掛けてきました。この日からGW、人によっては、9連休ということで混雑を予想していましたが、そうでもありませんでした。なにぶん、まさかサッカーの試合を前橋で観戦するなど昨年までは考えもしませんでしたが、J2に落ちた今、そのまさかが実現してしまいました。しかし、今回の試合は、4月というのにナ [続きを読む]
  • 締めくくりは、仙石東北ラインで
  • 2017・春 北東北地方周遊記その22仙石東北ラインの列車は、満員の乗客を乗せ、石巻駅を出発しました。仙台から、石巻までつながったこの路線、本当に需要があるようで、、停止する駅からも、乗客が乗り降りしていました。石巻線から離れ、仙石線に入りしばらくするとやや離れた場所には、海岸線が、見えるようになりました。さらに走ると、震災後、新しくなった線路上を走ります。鳴瀬川を渡り、震災後、内陸部に線路を移動させ [続きを読む]
  • 再び、石巻駅に
  • 2017・春 北東北地方周遊記その21女川駅前の商業施設をぶらりした後、駅に戻ってきました。駅前には、温浴施設とは別に、足湯もありましたがわき目も触れず、ここを後にすることとします。ここからは、とりあえず、仙台方面に向かう事となります。13:24 女川駅  →  13:50 石巻駅再び、石巻線の旅人となり、穏やかな万石浦の横を通過中です。万石浦を通り過ぎると、線路はくねくねと引かれ約30分程で、乗り換えの石巻駅に [続きを読む]
  • 女川駅にて
  • 2017・春 北東北地方周遊記その20震災からの復興を目指す最中の女川駅です。石巻線の終着駅ということで、この先には線路はありません。あの2011年3月11日 東日本大震災の津波により駅舎はもちろん、車両までもが流失したあの駅です。見事に復旧されています。震災前より、内陸に200mほど移動させ、高さも9mほどかさ上げして鉄筋三階建てで、温浴施設まである、立派な駅舎が完成していました。震災直後の写真を見ると、想像が [続きを読む]
  • 石巻線の終点・女川駅に
  • 2017・春 北東北地方周遊記その19石巻線の中心駅 石巻駅に到着しました。この石巻駅は、漫画家・石ノ森章太郎の第二の故郷ということでこの漫画を活かしたまちづくりがされている見たいです。私も幼少の頃、仮面ライダー世代でしたが、そんなにマンガを見ていなかったため、仮面ライダー以外のキャラクターは、よくわかりませんでした。ただ、個人的には、スポーツ少年でしたから、スポーツマンガを中心に見ていた為、石ノ森マ [続きを読む]
  • 石巻線に乗車、石巻駅に
  • 2017・春 北東北地方周遊記その18早朝、秋田駅から出発した、北東北地方を巡る旅は、東北本線のJR小牛田駅に到着しています。ここからは、石巻線を使い、女川に向かいたいと思います。日本海側から、太平洋側に横断するのです。11:33 小牛田駅  →  12:49 女川駅東北本線からの乗換が、7分ということで、先程の遅れて列車が到着しました為、少し焦りましたがなんとか、列車に乗れました。石巻線列車は、乗車するとすぐに [続きを読む]
  • 東北本線で、小牛田まで
  • 2017・春 北東北地方周遊記その17北東北地方を巡る旅 北上線を乗り終えて、北上駅にいます。ここから、東北本線・一ノ関行きに乗り換えるのですが、次の列車まで、1時間程あります。この時間帯は、本線とは言え、1時間に1本の割合しか走っていません。しかし、ここで嫌な予感がする放送を聞きました。東北新幹線が、白川付近で人身事故を起こしたということで新幹線が止まっていました。この日、私は、愛知まで帰るというこ [続きを読む]
  • 北上線完乗
  • 2017・春 北東北地方周遊記その16それでは、横手駅から、北上線の旅を始めたいと思います。北上線は、ここ横手駅と、岩手県の北上駅とを結ぶ路線であります。全長61.1kmで、東北本線と日本海側を結ぶ数少ない路線の一つでもあります。以前、花輪線や陸羽東・西線に乗車したことがあり、今回は、ここ北上線を選びました。7:41 横手駅  →  9:02 北上駅北上線、横手を出ますと、少しだけ奥羽本線を走り、進路を左手に変え、 [続きを読む]
  • 横手駅にて
  • 2017・春 北東北地方周遊記その15朝の7時過ぎ、北上線に乗車する為、横手駅にいます。秋田駅で、最初の計画より、一本早い列車に乗ったため、次の列車の乗換まで少々時間が出来ました。この時期、3月の後半でしたが、ホームの片隅に雪が集められています。東京地方では、間もなく桜が開花するという時期でしたが、東北地方の春は、まだ遠い感じでしたね。せっかく時間があるのだからと、駅の外に出て見ました。横手というと、 [続きを読む]
  • 旅の二日目は、奥羽本線でスタート
  • 2017・春 北東北地方周遊記その142017年3月20日 東北を旅する二日目の朝を迎えました。快晴の秋田駅前です。コンコースを歩いていますが、早朝ということもあり、人はまばらです。さすが秋田ということで、スーパーこまちが展示してあります。本日、最初の列車は奥羽本線で、横手を目指します。5:55 秋田駅  →  7:06 横手駅本当ならば、6時過ぎの列車に乗る予定でしたが早めに駅に来たため、5:55の新庄行き列車に乗車 [続きを読む]
  • リゾートしらかみは、終点の秋田駅に
  • 2017・春 北東北地方周遊記その13五能線・あきた白神駅に停車中です。駅の目の前には、八森いさりび温泉・ハタハタ館があります。字の如く、温泉施設もありますし、宿泊もできるみたいです。列車は、時刻にして17時32分、駅を出発しました。ここから、しばらくは、海岸沿いを走行していましたが、東八森駅を過ぎますと、徐々に海岸線から離れ、内陸に進路を移します。北能代付近に来ますと、間もなく陽が沈んでゆく風景がそこに [続きを読む]
  • 噂にたがわぬ、五能線の車窓・・・
  • 2017・春 北東北地方周遊記その12五能線 深浦駅です。汽笛が鳴り、先に青森方面に向かう、青地編成の列車が出発していきました。ここで、汽笛が鳴ったものですから、慌てて列車に戻ろうとしたところ駅の職員の人に、秋田行きは、まだだよと教えられてしまい慌てた自分が、少し恥ずかしかったです。そりゃあそうですよね、青地の方が、先にこの駅に停車していたにですから。こちらの列車も、深浦で2分停車の後、出発しました。 [続きを読む]