N さん プロフィール

  •  
Nさん: 心模様とガラス玉演義
ハンドル名N さん
ブログタイトル心模様とガラス玉演義
ブログURLhttp://ameblo.jp/suponta/
サイト紹介文うつ、心理、福祉、介護などについての覚え書きや、ニュースの感想
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/11/02 13:40

N さんのブログ記事

  • 妄想の効用
  • 与太話を・・・。多かれ少なかれ、認知症状をもった身近におられるのではないでしょうか。「嫁が私のお金を狙っている」「自分は全く問題ない(のに、周りが私を馬鹿者扱いしている)」等の妄想的・被害的な発言を聞くこともあるでしょう。それを何度も繰り返し話したり、ものを隠す行為に繋がると、介護者もどうやっていいのか途方に暮れますね。話しは変わりますが、初期の精神医学や臨床系心理学は、「異常」とは何か?と問うこと [続きを読む]
  • 介護とAI(Artificial Intelligence)
  • AIによるケアプラン作成支援目指す - センントケアHDなど共同出資 シーディーアイでは今後、セントケアHDや産業革新機構などと連携し、調査研究を加速させる。利用者の情報などを入力すれば、要介護度の改善や重度化の予防などを実現しやすい介護サービスをAIが自動的に選び出すサービスの提供を来年4月には開始する方針だ。ケアマネジャーがケアプランを作成する際などで活用が期待されるという。 世耕弘成経済産業相は [続きを読む]
  • 「お喋り」は大切
  • 【脳を知る】アルツハイマー病 男女差の存在を思わせる研究結果(1/2ページ) - 産経WEST「Neurology」という医学雑誌に掲載された内容です。結論から言いますと、女性の方が言語記憶能力低下がしにくく、初期段階で診断をつけにくい可能性が高い、といったものです。 普通に考えれば(脳の活動量の量る)PET検査での(脳の活動の)低下と言語記憶力テスト得点の低下はほぼ比例すると予想できます。しかし女 [続きを読む]
  • “介護食”のヨシギュウ
  • “介護食”のヨシギュウを食べてみた! 牛丼チェーン「吉野家」は高齢者向け「吉野家のやさしいごはん」を開発。東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた介護用品などの展示会「CareTEX(ケアテックス)2017」で試食会を開催していたので、早速、記者もトライした。 (中略) 吉野家では具材の状態によって2タイプ用意し、1つは具材を小さくした「やわらかタイプ」。タマネギや牛肉の形が原形をとど [続きを読む]
  • 「シュレッダーにかけよう!」と(頭の中で)叫ぶ
  • なぜ心配が止まらないのか-WSJ(前略)大半の人にとって、心配することは問題を解決する形態の1つであり、将来の困難に目を向け、困難が発生する前にうまく処理するプロセスだ。それは建設的にもなり得る。研究者らはこれを「適応できる心配」と呼び、人々が非常に心配する5つの分野を特定している。それは、人間関係、金銭問題、仕事、自信の欠如、そして「目的なき将来」の5つだ。 だが一部には、過剰に心配する人もいる。 [続きを読む]
  • キレるお年寄り
  • キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル高齢者による暴言・暴力が増えている。2016年版『犯罪白書』によれば、20年前と比べて高齢者の「暴行」は49倍に増加。駅や病院で暴言を吐いたり、乱暴な振る舞いをしたりというケースが増えてきた。(中略)こうした変調の原因は、おもに2つあると武藤氏は指摘する。第一に老化に伴う脳の機能の低下、第二に社会的な環境変化に伴う心理的な要因である。年を取ると、脳内の神経 [続きを読む]
  • 介護現場の夜勤
  • 介護施設の9割近くが24時間を2交代の勤務に全国の132施設が回答しました。・このうち1日24時間を2交代制の勤務にしている施設は117施設と全体の88%に上り、86%だった前の年の調査とほぼ同じ割合でした。・全体の34%にあたる45の施設では働く人が仮眠をとるための部屋が「ない」・日本医労連は、「介護現場では、職員1人での夜勤が認められているうえ、夜勤回数にも上限の規制がない。国に改善を働きかけ [続きを読む]
  • 栄養学と精神医学の試み
  • 健康的な食生活、うつ病に効果も - WSJ実験方法実験では、およそ半数の被験者が食事介入群に割り振られた。被験者は以下のような食事計画を立てる支援を受けた。果物、野菜、豆、魚、全粒穀物、赤身肉、オリーブオイルとナッツを大量に含む食事を取る一方で、菓子、加工食品、ソフトドリンクやその他の非健康的な食品の摂取は控えるというものだ。被験者は食事日誌をつけ、栄養士との面談を毎週受けた。残りの半数は比較対照群で、 [続きを読む]
  • 「自分よりもいい人生に見える」
  • 日本人の半数以上が「他人の投稿を見て『自分よりもいい人生に見える』と嫌な思いをした」――SNSが及ぼす影響について、Kaspersky Labが調査。[ITmedia]「自分よりもいい人生に見える」――他人のSNS投稿、日本人の半数が“嫉妬” Kaspersky Lab調査 - ITmedia ニュースSNSで他人の投稿を見て「自分よりもいい人生に見える」と嫌な思いをした人が半数以上いる――そんなアンケート調査の結果を、ロシアのセキュリティ企業Kaspers [続きを読む]
  • 「苦悩」よおとなしく、もっと静かに
  • 昨年の自殺者、減少率が過去最大に−警察庁速報、22年ぶり2万2千人下回る 昨年の自殺者数は2万1764人で、1994年以来22年ぶりに2万2000人を下回ったことが、警察庁が公表した集計(速報値)で分かった。減少率は、78年に統計を始めてから最大の9.4%となった。【松村秀士】 警察庁によると、昨年に全国で自殺した人の数は前年よりも2261人減の2万1764人で、7年連続で減少した。性別では、男性が1万5017人(前年比1664人減)、 [続きを読む]
  • 言葉と心が貧しい
  • 精神疾患の病名は、相手を侮蔑する意味でのスラング(俗語)になりやすい。いわゆる偏見がもとになっているのですが、正確なことを知れば知るほど、そういう考えは少なくなると思います。 けれども、そういったスラングを使う人ほど、正確な情報を得ようとはしません。 また、身体疾患は、例えば脊柱管狭窄症とかパーキンソン病などは、俗語になりにくい。相手の「頭の問題」ということを強調したいのでしょう。 ネ [続きを読む]
  • 完成し終わることのない
  • いかなる「イエス」も「ノー」から完全に自由であることはできない。どんな主張も、純粋肯定、つまり純粋な「イエス」を達成することはあり得ない。 従って人間であるとは、課題を解決し終わることのないものだということになる。われわれは、それがどんなことであれ、完成し終わることのない存在である。 人間であるとは、常に未完成だということだ。ハイデッカーやサルトルはこのことを「あるべきもの」、「あらねば [続きを読む]
  • 慢心せず、開き直らず、
  • 善事をなすものは善人、悪業を離れることのできぬものは悪人である。 しかし、また悪人には悪業を離れることのできぬ悲しみがあり、善人には善事を頼むということもあるであろう。 そこに善人には自力の限界を知らざる限り、本願他力に帰すということがないという迂遠さがある。 けれども悪人は大悲の願心をきいて直下に心身に応えるものがあるであろう。まことに深重の本願である。 それ故に自力作善の人は、 [続きを読む]
  • 嘘は、嘘の始まり
  • ちょっと前の記事です。 「うそをつくほど平気に」、不正直に脳が適応 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 『うそを多くつくほど、うそが上達するということだ。』 『うそが大胆になるほど、へんとう体の反応が徐々に低下。研究チームはこのプロセスを「感情適応」と呼んだ。』 (抜粋以上) 私は嘘をついたことがありませんが、「嘘」は言い慣れてしまうもので、それは脳神経的にも証明され [続きを読む]
  • 冷蔵庫は語る
  • 「友人を選ぶときは、その書架を見よ」というのは、格言だったか、偉人の言葉だったのか忘れました。 確かに、書架をみれが、思想傾向や娯楽傾向がわかるでしょう。性癖も・・・ゴホン、ゴホン。 でも今では電子書籍を利用される方も多いので、「スマホを見よ」とすれば、大抵犯罪となってしまいますね。 同様に、その人が住む住宅を見れば、いろいろなことがわかることがあります。 そして、その住居の中の「生 [続きを読む]
  • そよろの微風
  • 耐え忍べ、耐え忍べ空高く耐え忍べ! この沈黙の粒子への それぞれの機会と知りて!よろこびの不意打ちぞ すでに間近に迫りたれ 鳩一羽、そよろの微風、かすかななる枝のゆるぎ、はた女人来りて倚(よ)るか、 たちまちに果粒は雨と降るやらめ人ひざまずき拝(をろが)まめ! (ヴァレリー詩集抜粋) ちょっと、クスッときました。耐えて、耐えて、「空高く耐え忍べ!」って・・・。「天高く、馬肥ゆ [続きを読む]
  • 介護保険、慎重な審議を
  • 【主張】介護の縮小 場当たり改革は通用せぬ(1/2ページ) - 産経ニュース来年の法改正に向けて、厚生労働省が軽度の「要介護1、2」を対象としたサービスの縮小を提案している。 掃除など生活援助を介護保険から切り離し、車いすのような福祉用具の貸与の自己負担を増やす案が出ている。 厚労省は「施設介護」から「在宅介護」へのシフトも推進していたのに、どういうことか。 安倍政権の介護政策はこれまでもちぐはぐさが目 [続きを読む]
  • 仕事」ならできても、「家族」には
  • 親戚の古いノートパソコン。OSはvista。何度も設定とか、メモリ増設とかしながら延命していました。私が。 で、思い切ってlinuxを入れてみた。なんとかfirefoxを導入して、「その親戚」にとっては過不足ない環境ができた。今のところ動作もサクサクです。でも、私が行ったことを親戚に説明しても、理解してもらえません。 最近は、ちょっとした環境設定でも業者に依頼すると3000円〜5000円はかかるみたいです。業者の [続きを読む]
  • 夏は朝顔
  •  今年は朝顔を育てています。某翻訳サイトで、海外の人が朝顔を育てているのを観て、なんとなく花を直に観たいと感じました。で、先週頃からポツポツと藍色の朝顔が咲き始めました。「暁の海」という品種です。夏と涼が楽しめます。実は、今年の夏を越えることのできないかもしれない方が知人に何人かいます。その方々の手向けにならないだろうかとも思っています。私なりのやり方ですが。さて、暑さ倍増です。夏バテしてます・・・ [続きを読む]
  • またよじり戻さねばならなぬ
  • あえて呻くがいい!・・・・・・おお しなやかな樹身よ お前は身をよじり、またよじり戻さねばならなぬ、折りくずれることなく嘆きを訴え、風にむかって 秩序なく風がもとめる声をお前は返してやらねばならぬ!(ヴァレリー)「ストレスを感じる」とか、「ストレスが溜まっている」とか、一般的な会話にでてきます。心理学ではストレスを与える刺激を「ストレッサー」といい、反応として「ストレス」が生じるという考え方をします。つ [続きを読む]
  • ハイムリック!!
  • すべての人間は、きわめて賢明であるにせよ、愚鈍であるにせよ、自分自身と可能なものを越えて、ひそかな願望に励まされて、模倣に目をくらまされ、理想に誘われて、何らかのものをめざしていた。ひょっとすると、臨終の人はみな、自己を完成したもの、努力の迷いを脱却して、献身し、もはや何ものでもあることを欲しないものでもあるかもしれなかった。こういう種類の考えは、いたって簡単ではあるが、努力し、行為し、自己の遊戯 [続きを読む]
  • 巻き込まれているのだ
  • (物理学者が科学的な方法しか認めない場合)、意味を記述することはできない。かれは、絨毯の柔和な赤色と凝固した血液の粘りけのある赤色を区別するわけにはいかない。まして誘惑する唇の色だとか、生き生きとした若者の健康色だとかいう(色に限って言えば)区別もしてはならないだろう。だが、ここには確固とした差異がある。結論として、世界はただ一つのものと考えるわけにはいかない。一切を「即自的世界」に還元できると言 [続きを読む]
  • 気になったニュース、ブログ記事
  • 気になったニュース、ブログ記事をご紹介。そして蛇足を・・・。米国の専門家が勧める腰痛対策 - WSJ私は腰痛持ちではないですが、椅子に座って過ごす時間が多く、予備軍でしょうね。時々は、背を伸ばしたりしないと、きつくなってきます。自宅でのストレッチや運動が欠かせません。(本当は、運動は好きではないのです。ダラッとしてたい。)87歳コントラバス奏者、演奏中にステージで倒れ死去 71年間活躍 写真1枚 国際ニュース:A [続きを読む]