MisaQa さん プロフィール

  •  
MisaQaさん: 光の鼓動 - Light HeartBeat -
ハンドル名MisaQa さん
ブログタイトル光の鼓動 - Light HeartBeat -
ブログURLhttp://www.lightheartbeat.com/
サイト紹介文東京近郊を中心とした、主に建物と植物とヒコーキのお散歩写真集。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/11/03 12:47

MisaQa さんのブログ記事

  • 桜巡り②−目黒川の夜桜
  • 昼休みには僅かに覗いていた青空も夕方にはすっかり消えてどんより空。 しかし太陽が沈んでしまえば雨が降らない限りは天気の良し悪しは関係ありません。 そこでこの日の仕事帰りは目黒川に夜桜見物。 初めてのお出かけ先なので勝手が分からず、とりあえず池尻大橋から中目黒を目指す事にしました。 この辺りは九段下より暖かいのか、完全に満開。 また樹が若くて勢いがあり、花の数がとても多くて見応えがあります。 やがて [続きを読む]
  • 桜巡り①−九段下でお花見ランチ
  • 一方花子の昼休みは九段坂病院13階にある『オークラカフェ&レストラン メディコ』でお花見ランチ。道連れは1DXに、50mmです。 地元では「隠れた名所」と囁かれている場所なのでさぞや賑わっているかと思いきや、狭い店内にもかかわらずすんなり窓際の席に座れました。 いつもは仰ぎ見る大きな玉ねぎとそれを取り巻く満開のサクラをを眼下に見下ろす絶景♪店内はこじんまりしつつもホテルオークラらしい落ち着いた雰囲気で、オム [続きを読む]
  • 広角チェックポイントーオーバルガーデン
  • ニューウェポンを試射じゃなくて試写♪広角チェックポイントと云えば東京駅・2タミ・都庁が直ぐに思い浮かびますが、手っ取り早く試せる場所は職場に近いオーバルガーデン。 というワケで早速連れて行ってお昼休みにちゃちゃっと撮ってみました。道連れは1DX2に、もちろん11-24mm。 あえてワイ端11mmで撮りましたが、過去に16mmで撮った時と明らかに異なる魚眼の様な視野角を持ちつつ、でも魚眼で撮った時と違いビルの輪郭が真 [続きを読む]
  • エイヤっの1本
  • 最終兵器 EF11-24mm F4L USM 配備完了。 以前から目を付けていたもののあまりのお値段のために購入を躊躇していましたが、JALのハンガーをもっと広く撮りたい太郎と、ミュシャ展をもっと広く撮りたい花子の思惑が一致したので、遂に思い切ってエイヤっと♪引きたくても引けない時、デカ過ぎて入らない時、情景を広く切り取りたい時、遠近感を強調したい時、等々に威力を発揮してくれるんじゃないかと期待してのゲットです。 巨大 [続きを読む]
  • 九段下のサクラは見頃
  • この日の出勤の道連れは1DX2に、70-200mm。 お昼休みにお堀沿いを歩きました。昨日からたった一夜で九段下のサクラは見頃を迎えていました。 武道館を望むエリアもピンクに染まって、花子の中ではこれゾ九段下のお花見風景となりました。しかし靖国通り沿いの樹はまだ疎ら。 たまに満開となっていても枝先が細くてチリチリになっているので、花数が少なく見栄えがしません。 年々酷くなっているように思えて、気がかりです。 [続きを読む]
  • 九段下のサクラはもうチョット
  • 去る3月21日には開花宣言、そして4月2日には満開宣言が出された東京。 九段下に勤める花子は毎日カメラを担いで出勤する季節の始まりです。道連れは1DX2に、50mm,100-400mmです。 待ちに待った昼休み、お堀沿いのお散歩に出掛けました。 しかし満開なのは人出ばかりで、武道館を望む辺りの桜はまだ満開には程遠い状況です。田安門まで行ってやっとタップリのサクラが見られました。 なかでも花付きの良い枝を捜してパシャリ♪ボ [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • ミュシャと云ったらアールヌーボーを代表する芸術家で、これまで何度かポスター展も見ており既にお腹いっぱい。 東京新美術館で行われる展覧会では『スラヴ叙事詩』全20作勢揃いで海外初展示と云うのは気にならないワケではありませんが、大混雑も予想されるのでスルーの積りでおりました。 しかし一部の作品が撮影可能と聞くと、黙ってはいられません。道連れは1DX2に、16-35mm,70-200mmです。会場に着くとチケット売り場は例によ [続きを読む]
  • 大船植物園②−サクラにメジロ
  • 園内を移動していると濃いピンク、と云うより薄い紅色の樹木が目に入ったので近寄ってみました。 オオカンザクラはカンヒザクラとオオシマザクラの交配種で、切れ込みの深い花弁と桜にしては少し濃いめのピンクが特徴ですが、実生のこの樹は色も形状もカンヒザクラのDNAが濃く現れているようです。 色に惹かれて近づいた樹上に、ヒヨドリが集って蜜を啄んでいるのを発見。 自分で担ぐワケでもないのに「メジロがいるかもしれ [続きを読む]
  • 大船植物園①−花の彩り
  • 今年もやって来ました、フラワーセンター大船植物園。 道連れは1DX,1DX2に8-15mm,24-105mm,100-400mm,100mmマクロです。花暦の谷間と云いつつ3年連続で3月に来ていますが、例年の如く何らかの花を咲かせており今年も楽しめました。 早咲きのサクラはほとんど終わっていましたが、 辛うじて残っているものもあり早春らしさを彩っています。 なかでもボケは様々な品種が花盛り。 先日新宿御苑で惚れ込んだ花子は、アレもコレも可 [続きを読む]
  • 日本政府専用機
  • 首相の欧州歴訪に伴い運航される政府専用機を撮りに羽田に向かいました。 道連れは1DX,1DX2に、100-400mm,200-400mm,Extender1.4Xです。JAF001運用を見るのは実に久しぶりなのですが、前の週にSYGNUS運用とは云え同じ機体を撮りまくったので、この日は興奮控えめ。 主務機が飛び立った後はお馴染みのヒコーキをパシャリしながら副務機の登場を待ちます。おや、この鶴丸777は先日ハンガーで至近距離から激写しまくった機体♪ 親 [続きを読む]
  • 羽田でオトナの遠足②−JALハンガー見学
  • 「オトナの遠足、本番」はT先生にお誘い頂いたJALの格納庫見学♪ しかも通常では体験出来ない夜の時間帯での見学です♪♪♪最初は機体を解体して点検並びに整備を行うハンガーを上階から見下ろす形での見学。 そのハンガーがデカイのなんのって・・・容積は間違いなく代々木体育館より大きいです。 大きいはずの777や767が羽交い絞めにされて、ちーっちゃく見えます。 続いて隣の格納庫ではグランドレベルに降りて近くからヒ [続きを読む]
  • 羽田でオトナの遠足①−ターミナル
  • いつもお世話になっているT先生からとあるとても魅力的な場所にお誘いを受け、即座に「行くっ」と返答しました♪集合場所は羽田空港、集合時間はこの日の夕方。 ならばと地元の我々は休暇を取って朝から羽田に出向き、ヒコーキを撮りつつご一緒する空友さん達をお出迎えする事にしました。道連れは1DX,1DX2,5D3と8-15,16-35,24-105,70-200,100-400,Extender1.4xです。 まずは1タミに向かいますが、いつもなら羽田は200-400mm1.4X [続きを読む]
  • 遂にサウジアラビア政府専用機
  • 翌日には日本を離れてしまうサウジアラビア政府専用機、しかしその日は仕事のため見に行くことはできません。 主務機の747-300は以前飛んでいる姿を見ているので良いとしても、世界的にも希少な747-SPは知らずに見逃してしまったのでどうしても諦め切れません。そこでこの日、小雨降る中ではありますが仕事帰りに羽田に行きました。 道連れは1DX2に、100-400mm,Extener1.4Xです。まず向かったのはP3駐車場。 居ました、居ました [続きを読む]
  • 羽田で政府専用機④−その後の2タミ
  • 日本政府専用機とのコラボを撮りつつ、サウジ関連機を待ちつつ、その後も2タミ展望デッキでパシャリし続けます。 突然R/W34L降りの着陸機が2機立て続けにゴーアラウンドを決行。 同じコースのゴーアラウンドの音は自宅で度々聞いていますが、コレまでに目撃したのはつばさ公園での1回のみ。 今回はその時よりも「真下」感が高くて興奮しました。しかし2機連続という事は機体の問題ではなくA滑走路に何かあったのかも知れずちょ [続きを読む]
  • 羽田で政府専用機③−日本政府専用機
  • もしやサウジ関連の4発機が来たのか、はたまた成田に向かう機体がダイバードして来たのかとドキドキしながらテレ端でファインダーを覗いていると、やがて見えて来たのは白地に朱と金のライン、そして垂直尾翼には日の丸! 想定外の日の丸ジャンボ、日本政府専用機の登場です。昨年の休日の離着陸は早朝や夜ばかりだったので、日の丸ジャンボが飛んでいるのを見るのは実に1年以上振り。 日の丸ジャンボが空を飛ぶ姿は、いつ見ても [続きを読む]
  • 羽田で政府専用機①−朝の1タミ
  • この日はサウジアラビア国王来日当日、昨日に引き続き羽田に張り付きます。 先行してやって来るかもしれない随伴機を求めて、まずは花子が8時に羽田に到着。道連れは1DX2に100-400mm,Extender1.4xです。インドネシア出発で北風運用となるとR/W34L下りが定石ですが、前夜から頭の中に響く「王様はR/W34R」と云う神様のお告げに従って2タミに向かいました。 しかしデッキにはソレらしいカメラを持った人は全くいません・・・。すぐ [続きを読む]
  • 羽田で張り込み
  • 翌日に控えたサウジアラビア国王の大船団での来日。 前回の皇太子の来日の際には随伴機の一部が前日のうちに羽田に下りていたので、今回もそれを期待してこの日は終日羽田で張り込むことに。 太郎は土曜日定例の用事があるため昼間は花子が担当します。道連れは1DX2に、100-400mmです。 ついでにポケモン目当ての娘がくっついてきましたw。 今回は滞在中のインドネシアからの渡航なので、北風運用のこの日はR/W34L降りと張っ [続きを読む]
  • 新宿御苑③−早春の花盛り
  • 広い園内には沢山の早春の花が美しさを競っていました。とうに終わっていると思っていたニホンスイセンは終盤に差し掛かりながらも、陽が当たると真っ白に輝いていました。 ウメはかなり厳しい状態のものが多かったのですが、淡いピンクの八重のものは遅咲きの品種なのかまだ蕾が沢山ついており、量感のある花の間で面白いリズムを奏でていました。 マンサクは垢抜けない黄色い花と云うイメージだったのですが、この園に植えら [続きを読む]
  • 新宿御苑②−サクラにメジロ
  • 道草の理由はこちら、シュウゼンジザクラに集まっていたメジロの集団です。 この樹は池の淵に植えられており、枝の下に潜り込んでメジロを追い掛けることになります。 そのためメジロのオナカばかり見せられ、光は当たらず、枝が丸見えでキタナイ。花はとうに盛りを過ぎて葉桜になり始めており、メジロの羽色が引き立たない、スカスカしてる、ガクがウルサイ(涙。 その時は「わーい、わーい」と大喜びでパシャリしていたのです [続きを読む]
  • 新宿御苑①−早咲きのサクラ
  • テレビのニュースでオオカンザクラが見頃を迎えたと聞いて、居ても立ってもいられずお出掛けしました。道連れは1DX2に、24mm,100mmマクロ,100-400mmです。 この季節は早咲きのサクラが入れ代わり立ち代わりに見頃を迎えます。 どれもソメイヨシノより色が鮮やかで、花子はこの季節のサクラが大好きです。この日も新宿門を入って暫く進むと、まずはカンザクラが迎えてくれました。 盛りは過ぎていましたが、ハラハラと舞う花弁も [続きを読む]
  • 天候不順の羽田空港
  • この週末来日するサウジアラビア国王の電動タラップを運んで来たイリューシン76が前日羽田に降りたとの事なので、もうすぐ消えてしまう有給休暇の消化を兼ねて羽田に向かいました。道連れは1DX2に,200-400mm1.4X,Extender1.4Xです。 まずはイリューシンを探して2タミに行きましたが、姿は見えず。 ついでにルフトハンザA340-600の降りとタイ747-400の上がりをパシャリ。 続いて1タミに移動してここでもイリューシンを探します [続きを読む]
  • 春を待つ横浜イングリッシュガーデン
  • ウメやモモが咲いて春の気配が近づいていますが、もっと彩が欲しくて久しぶりにいつものガーデンへ。 道連れは1DX2に、24mm,100mmマクロとアングルファインダーです。横浜イングリッシュガーデンといえばローズですが、この季節の主役はローズはローズでもクリスマスローズの方。 学名は「ヘレボルス(Helleborus)」といい、クリスマスローズと云う名称は本来はクリスマスの頃に咲く「ヘレボルス・ニゲル」のみを指すものです [続きを読む]
  • 百草園②−つるし雛まつり
  • この日の本当の目的はコチラ、園内にある松連庵で行われている『つるし雛まつり』です。 近年は細かい作業をするには目が辛くて遠ざかっていますが縮緬細工は花子の隠れた趣味で、作るのも見るのも大好きです。 今回もいつも通りの華やぎを求めて出掛けましたが・・・いつもとは全く違う華やぎでした。お細工一つ一つの美しさは勿論ですが、定番のモチーフも吊るしの糸の色をテーマに合わせたりビーズなど他の素材をアクセント [続きを読む]
  • 百草園①−梅まつり
  • この日の本来の目的地はこちら、「百草園」と書いて「もぐさえん」と読みます。 江戸時代に建てられたお寺の流れを汲む名園で、この季節には約50種500本のウメが咲くそうです。 最寄り駅は京王百草園駅、園のHPで「徒歩10分」とある道筋を歩き始めるとすぐに彼方此方からウメの香りが漂い、一歩ごとにウキウキが高まります。しかしそれは束の間・・・道が徐々に坂になって行きます、しかも角を曲がる度に傾斜が急になります!  [続きを読む]