ブラットジィ さん プロフィール

  •  
ブラットジィさん: 旅する写真愛好家
ハンドル名ブラットジィ さん
ブログタイトル旅する写真愛好家
ブログURLhttp://burattojii.blog.fc2.com/
サイト紹介文季節の花や風景を載せています。 山歩きも始めました。 能登の祭りは外せません。 お気軽に。
自由文写真撮影とドライブが趣味です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2013/11/03 13:47

ブラットジィ さんのブログ記事

  • 雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ鼻
  • 美ヶ原高原の最終記事です。電波塔群や王ケ頭ホテルを後に無雪期で徒歩20分の王ケ鼻とそこに向かうまでの写真です。青空に延びる雪をまとった王ケ頭電波塔群が美しいです。北アルプスや松本市街地を眺めながら団体ツアーの皆さんも王ケ鼻を目指します。横に踏み固められ歩きやすい管理用道路がありますが、皆さんスノーシューを履いて雪原を歩きます^^真っ青な空に真っ白な霧氷には心癒されます王ケ鼻の一部だと思いますが今に [続きを読む]
  • 雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ頭
  • 14日、朝の美ヶ原高原の風景を堪能し、牛伏山から王ケ頭までワカンを履いて360度のパノラマ風景を楽しみます。この写真は、既アップ済みですが牛伏山から王ケ頭までの距離感が分かっていただけるかなと再度アップです。夕陽の右に複数の電波塔群が建っているところの奥が王ケ頭という美ヶ原高原の最高点になり、直線距離でおよそ2.5kmです。薄いガスがかかるなか、朝焼け色がほんのり冠雪の山を照らし浮かびあがらせてい [続きを読む]
  • 美ヶ原高原の朝景
  • 美ヶ原高原の星景はしょぼんでしたが、気を取り直して朝の風景を撮ります^^牛伏山からです。青い空に少し雲が漂っていますが樹林越しに真っ赤なラインを見ることができました。撮影時刻5時44分(日の出時刻6時29分)近年まれにみる真っ赤な朝焼けに感動です。上の写真右のロープウェイ終点の建物をカット牛伏山ケルンとレッドライン左に噴煙をなびかす浅間山八ヶ岳方向で右端に富士山^^白いラインは、ヘッドライトを点け [続きを読む]
  • 美ヶ原高原の星景
  • 美ヶ原高原の星景です。夕方、空を覆っていた雲も消えて満天の星空が広がりました^^美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」を配して星景です。この塔は6mあり、美ヶ原は濃霧になることが多いことから遭難が多発、そこで鐘を付けた避難塔が「美しの塔」です。翌日の日中に鐘を鳴らしましたが紐を横に振っても鳴りません・・・上下運動させたらいい音がしましたよ^^こんな静かな時間に鐘を鳴らしたら怒られそう(笑)そしてお決まりの [続きを読む]
  • 美ヶ原高原の夕暮れ
  • 2月13日、14日と長野県は美ヶ原高原へ行ってきました何回かに分けて写真をアップしますのでご覧いただければ嬉しいです^^先ずは、牛伏山(うしふせやま標高1,990m)展望台からの夕景を楽しみました。ここは、2015年11月6日にも夕景を楽しんだ思い出の場所です^^右は、激しく噴煙をあげる日本百名山の浅間山(あさまやま)左は、冠雪している日本百名山の四阿山(あずまやさん)と花の百名山の根子岳(ねこだ [続きを読む]
  • 白川郷の満月の夜
  • 白川郷の最終記事になります。白川郷の中心地から10分ほど歩くと「かん町」という静かな風景に出会えます。少し青空も広がった雪原に佇む合掌造りです。雪原と言っても雪が解けたら田んぼです^^定番構図です^^手前の雪原は踏み後でいっぱい(笑)展望台から移動して、夜の定番構図です^^久しぶりに3棟とも明かりが灯っていました。ど真ん中に三脚セット・・・だって、誰もいないのです^^厚い雲から満月が薄っすらと輝きま [続きを読む]
  • 雪の白川郷はメルヘンチック
  • つづきです雪の積もった白川郷を展望台から眺めた日中と夕方の写真5枚です。茅葺き合掌造りの屋根には雪が積もって童話に出てきそうな雰囲気です。三角屋根が北欧の山小屋のように見えたりしますし、小人が沢山歩いています^^中央に光が差し込んだ瞬間です。お土産屋さんやお食事処が並ぶメインストリートですざっと感覚で9割は東南アジアの大陸の方です。和田家日中、町なかを散策した後、夕方再び展望台にやって来ました。ラ [続きを読む]
  • 雪の白川郷を散策
  • 2月10日、今季はじめて白川郷へ行ってきました。いつ以来かなと調べたら1年ぶり・・・あれだけ通った白川郷、ご無沙汰でした^^激混雑するライトアップも終わって静かかなと思ったら相変わらずの人出でしたよ。和田家少し下から煽って撮った理由は、な、なんと正面に大きな雪だるまが作られていました。それも2つも(驚)観光地だから止む負えませんね。きっと、ブイサインなんかして記念撮影してたんでしょうね(笑)春になる [続きを読む]
  • 360度の超絶景 荒島岳
  • つづきです7時30分に駐車場をスタートし、青空に輝く樹氷を眺めつつ慎重にもちがかべを乗り越えて、5時間かけて遂に荒島岳に登頂しました。バンザーーーーーイ(単独行なので心の中で静かに^^)先ずは白山を背景に標識を。立派なエビの尻尾を強調して^^余韻を楽しむべくパソコンで調べて山の名前を記入してみました。間違いがあれば教えてください(^^;無雪期は、頂上に山座同定盤があるのですがもちろん雪に埋もれています [続きを読む]
  • 荒島岳ピークまでは天国へと続く道
  • つづきです10時40分、樹氷に囲まれたしゃくなげ平を後に頂上を目指します。11時、正面に急坂が見えてきました。4人見えるけど、もしかしてあれが「もちがかべ」?スキーを置いて雪壁を這いあがってるやない@@・・「こんなとこあがるの」・・・と横にいた見知らぬ青年に聞くと右のトレースを進んだところからが「もちがかべ」で、ここより大したことないですよ・・とのこと^^ここまで背負ってきたスノーシューは、この先 [続きを読む]
  • 樹氷が美しすぎる荒島岳への道
  • 2月4日、いつかはという思いが強かった福井県にそびえる「荒島岳」日本百名山のひとつなのですが、準備が整い初めて登ってきました。標高は1,523.5mとそれ程高くはないのですが、この時期にしては登山口までのアクセスがよく特に積雪期は人気の山です。3回に分けて記事アップします。今回は、登山口からしゃくなげ平までです。ど〜〜んと横たわる白き山「白山」荒島岳頂上からの眺望です^^ということで、この風景に出 [続きを読む]
  • 物語は始まった ひがし茶屋街
  • 前記事、芸妓さんの奉納舞いと豆まきの撮影を楽しみ、天気がいいので隣接するひがし茶屋街へ寄り道です。雲は多いものの北陸の冬らしからぬ青空も覗き、ちょうど茶屋街の建物に太陽があたっていました。カメラは出さずに様子を見て帰ろうとしたのですがラッキーでした。対面する建物の窓に青空と建物の写り込みがいいい感じ植え替えられた柳の葉にも太陽の光が当たりました。光を取り入れる3階部分対面の建物のガラスの光がお土産 [続きを読む]
  • 艶やかな芸妓(げいこ)衆による奉納舞いと豆まき
  • 節分の日の3日、金沢ひがし茶屋街に隣接する宇多須(うたす)神社において節分祭が行われました。こちらの節分祭の特色は、場所柄なんといっても豆まきの前にひがし茶屋街の芸妓(げいこ)衆による奉納舞いが行われます。昨年、奉納舞いは関係者、報道機関以外は撮影禁止とアナウンスがあり(聞き間違いだったのか)残念でしたが、今年は「神殿内からは関係者、報道機関以外は撮影禁止。危険なため脚立禁止。」とのことで、沢山撮 [続きを読む]
  • 兼六園の雪景色
  • 1月15日、ようやく雪らしい雪が積もった兼六園に出掛けましたが、当日の積雪は8cm・・寂しいもんです^^降りすぎてるところの皆さんすみません^^;もう、雪国から準雪国に格下げですね(笑)日の出前の定番ポイント霞ヶ池はシャーベット状態模様を描く霞ヶ池これは、雪吊りの上を左から右に飛翔するシラサギ数羽。とっさのことでシャッタースピードを上げる対応できなく悔やみました。雪降る瓢池(ひさごいけ)噴水周りには [続きを読む]
  • 賑わう鞍掛山
  • 1月7日、木場潟で星景撮影を楽しみ、2度目の鞍掛山を歩いてきました。前回と同じく西ノ谷登山道から歩きだしますが、20台ほどの駐車スペースは一杯です。笹と杉林の道を歩きます。頂上まで後1,2kmの標識から1.0kmまでの様子モコモコの木の芽よく整備された登山道です。頂上まで500mから300m付近ここは結構急な岩を歩きますが、岩は階段状に削ってあります。頂上まで後100m頂上が見えました。三角点タッ [続きを読む]
  • 星空と白山の日の出
  • 今日から2月、早くも12分の1の時が流れました。早ぁ〜い!あれだけ通った白川郷に今季まだ行ってない・・雪が融ける前に行かなきゃ・・さて、もう少しだけ1月の写真をアップします。1月7日、この日の夜は晴れ予報そして月も半月ながら午前1時には沈み込むことから、久しぶりに星ぐるぐるを撮りに出かけました。何処にしようかと思いましたが、その後、鞍掛山に登りたかったので小松市の木場潟に決定。う〜〜ん、下の方の星 [続きを読む]
  • 新雪ハイクから眺めた風景
  • 楽しかったスノーシューデビューでの山歩き記事も最終です。取立山頂上から滑り台のような角度の斜面を下りて、右上の緩やかな雪原まで500mを雪原ハイクです。斜面の途中からパチリ雪面の波状の模様が美(超ミニ  シュカブラ)背景は経ヶ岳振り返って真っ白な取立山お一人下りてきます。下りてきた人は小屋方面かなと振り返ったら同じトレース歩いてる。私は、この青と白のコントラストに暫し立ち止まり絶句。新雪から延びる [続きを読む]
  • 360度の大展望を楽しむ 取立山
  • つづきです。今日の写真は、取立山頂上から雪を抱いた山脈を眺めた360度の大展望です。まずは、白山の主峰をパノラマでパチリ白山の主峰をズーム70-200レンズ 35mm焦点距離95mm次からの写真は、時計回りに目についた山をパチリパチリ男前の別山雪が解けたらあの稜線を歩きますよ〜なだらかな鉢伏山と右が烏岳で中央奥が赤兎山大長山は山影だと思います^^経ヶ岳中央奥は荒島岳大野市街地と銀杏峰と部子山だと思うのですが勝山 [続きを読む]
  • スノーシューデビューは取立山でしょ
  • 新鮮な写真を今日から3日間に分けてお送りします^^5日間ほど雪模様が続いた翌1月26日、ようやくこの日は待ちに待った晴れ予報。いよいよ今年初めて買ったスノーシュー履いての山歩きデビューです。どこへ行こうか。そうだ!取立山へ行こう^^;素晴らしい!!自画自賛^^今回の山歩きで眺めた白き山「白山」真冬らしくリンとした空気が澄みわたって宇宙へとつづく空色^^手前に針葉樹、その奥には広葉樹に着飾った霧氷を [続きを読む]
  • 渚を散歩 内灘海岸
  • ようやく当ブログは、今年の写真になりました^^1月4日、金沢近郊の内灘海岸を散歩した際の写真です。薄明光線がぐるり下向きを光のシャワー、上向きを天使のはしごと勝手に思ってる^^;この日は風が強く砂浜の渚に海水のプールが出来て、水面が寒そうに小刻みに揺れていた。打ち寄せる波が引くとそこには海水の泡が模様を描いていた。二度と同じ模様は描かれない。波の引き際は渚が夕焼けに染まっていた。残された泡の模様と [続きを読む]
  • 夕焼けに羽を休めるコハクチョウ
  • 12月21日、富士写ケ岳から白山の眺望を楽しみ、帰路に片山津柴山潟に寄り道してコハクチョウの撮影です。これは12月2日、取立山の帰りに寄ったときと同じパターン^^       ところが・・・飛翔どころか白鳥がいない@@周りを見渡しても一羽も飛んでもいないいつも居る水田には夕陽を受けた白山が写り込んでるのに・・・少し離れたところでコハクチョウが羽を休めていました。もう時間も遅く戻ってくるコハクチョウ [続きを読む]
  • 初めての富士写ケ岳
  • 12月21日、石川県加賀市山中温泉の奥にそびえる富士写ケ岳941.9mに初めて登ってきました。加賀市は、日本百名山の著者「深田久弥(ふかたきゅうや)」の故郷です。登山口は我谷ダムに架る朱色のつり橋を渡ります。つり橋を渡って右に50mほど進むと登山口。登山道脇は、イノシシが掘り返した跡が沢山。鉄塔下を通ります。若いブナの林を進み積雪も現れ始めました。急な坂にはロープがあります。登山道脇にはシャクナゲ [続きを読む]
  • 初めての鞍掛山
  • 12月19日、天気予報は曇りでしたが、雲が取れて平地から眺める白山が輝きだしました。朝8時も回ているので、以前から登りたかった加賀の鞍掛山へ行ってきました。駐車場に着くと20台の車がビッシリと止まっていて、噂通り人気の山だと実感。案内板を眺めていると私よりずっとお年をめしていると思われるおばちゃんがどのコースを行くのかと聞かれたので西ノ谷と答えると、じゃぁ入口まで案内しますよと・・・ありがたい、きっ [続きを読む]
  • プチ氷の世界 取立山
  • 12月12日、晴れ予報に浮き浮きし取立山に向かいました。でも予報よりは雲の多い日となりましたが、風は弱くのんびり山歩きできました。この時点、ほんと雪が降らない北陸なので、例年なら車では夏用駐車場まで上がれないのですが、道路は薄く圧雪されていますが上がれました。ちなみに駐車場の車の温度計はマイナス6度^^;駐車場に2台、途中の林道に2台すでに止まっていました。写真は左上から右へと時系列に並んでいます [続きを読む]
  • 初めての奥獅子吼山
  • 12月8日、パラグライダーで人気のある獅子吼(ししく)高原の奥にそびえる奥獅子吼山に登って白山を眺めてきました。標高928m奥獅子吼山から眺めた白山です。では、登山口から頂上までの風景写真をと思いますが、どうしても枚数が多くなるので写真をリサイズし合成しました。本来、頂上へは獅子吼高原まで運行しているゴンドラ駅の駐車場から登るのですが、今日は、登山道を横断する犀鶴林道駐車場からです。左上の写真が登 [続きを読む]