ブラットジィ さん プロフィール

  •  
ブラットジィさん: 旅する写真愛好家
ハンドル名ブラットジィ さん
ブログタイトル旅する写真愛好家
ブログURLhttp://burattojii.blog.fc2.com/
サイト紹介文季節の花や風景を載せています。 山歩きも始めました。 能登の祭りは外せません。 お気軽に。
自由文写真撮影とドライブが趣味です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2013/11/03 13:47

ブラットジィ さんのブログ記事

  • 白山を大展望 西山
  • 3月25日、晴天の予報に残り少なくなった今シーズンの雪山を歩いてきました。体調不良ということで、頂上まで僅か1時間の白峰の西山(にしやま標高857m)へ^^2月16日以来、2回目の西山ですが今回も気軽に白山大展望を楽しみました。白山、別山、三ノ峰の大展望少しズームで・・可愛い西山の表示板先日歩いた大長山、鉢伏山、取立山の皆さん^^今日はなべ焼きうどん煮込みすぎました〜(笑)食後のおやつどら焼きの栗が程よく [続きを読む]
  • 夕焼けの海
  • 足はだんだん良くなってきました^^金沢近郊の内灘海岸の夕焼けです。荒れた海の夕陽の道が波打ち際まで照らします波が黄金色に輝くときです夕陽は厚き雲に隠れます残照撮影:2017年3月22日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクに影響して更新の励みになります。ありがとう [続きを読む]
  • 梅林を散歩
  • 雪山を歩きたい今日この頃ですが、11日に雪割草を撮りに猿山岬を歩いてから右足かかとがピリピリしています。歩いたら直るかなと18日、兼六園の一角にある梅林を散歩してきましたが、症状は悪化^^;ということでブログの更新頻度が落ちますのでよろしくです。梅林は見ごろを迎え多くの観光客が散策していました。黄色が鮮やかなマンサク撮影:2017年3月18日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら [続きを読む]
  • 能登夕焼け
  • 前記事のだるま夕陽を眺め、1kmほど移動した安部屋海岸からの夕焼けです。左の構造物は簡素な木造の灯台遠浅の海も一面夕焼けに染まります。静かに静かに染まる夕焼け・・・灯台にも家にも明かりが灯ります夕焼けに染まる能登の海・・・ジーンと胸に伝わるものがあります。撮影:2017年3月11日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。これ、いいかもと思われる写真がござい [続きを読む]
  • だるま夕陽 能登半島
  • だるま夕陽に漁船が絡まった写真です。雲が多いながらもまんまる夕陽が沈んでいきます。中央少し左の遠くには漁船が一隻・・・だるま夕陽になる頃、漁船が夕陽に向かって移動^^この時、自分は持ってると思った(笑)そしてだるま夕陽と漁船が一直線に^^vでも、沖合が荒れてて光の道は見れず・・・上の写真を大きくトリミング^^まんまるのまま夕陽は足早に沈んでいきました。もっとスローに沈んでほしいよね^^撮影:2017 [続きを読む]
  • 光のシャワー
  • 雪割草を撮影した帰りは、岩場の海岸を照らす太陽を見ながらの帰路になります。景勝地の巌門(がんもん)では、雲間から光が降り注ぐ光のシャワーを撮りました。天使のはしご、とも表現されますね。雲がまったくない青空も魅力ですが、雲は風景に欠かせない要素ですね。撮影:2017年3月11日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。これ、いいかもと思われる写真がございました [続きを読む]
  • 春風に揺れる雪割草
  • つづきです。白や紫色の可憐な雪割草は、ときどき海面から吹き上げる潮風に揺れてまるでダンスをしているようにも見えました。雪割草のほかにも可憐な花が咲いています。こちらはオウレン猿山岬の離れた2か所に群れて自生しているので別の場所へはこのような山道を散策です。つばきが沢山咲いています。ふきのとうも沢山地表に顔を出しています。キクザキイチゲの珍しいブルー多くは白です3月25日(土)、26日(日) 10: [続きを読む]
  • 春を告げる雪割草
  • さて、今年はどうかなと能登半島輪島市門前の猿山岬に咲く「雪割草」を見てきました。ここは、全国でも有数の雪割草の群生地。雪割草と言っても種類があるそうで、こちらの花は比較的低い山や丘陵の落葉樹の下で3〜4月に開花するキンポウゲ科という葉の先端が丸っこいスハマソウ(州浜草)で、白、薄紅や紫など多彩な色があります。昨年は3月9日に行き、その時はまだ1輪しか咲いていなかったのですが、この日は気温が9度まで [続きを読む]
  • 大長山から無事下山
  • 大長山までの雪上ロングコースを満喫した山歩き記事は、今回で最終です。大長山山頂からこれから戻る方向の真っ白な鉢伏山を眺めます。なお大長山には山頂という標識はありませんでした。13時20分さて、帰りましょ頂上はこのようなクラックが入っています。深いもので1mはありました。かっこいい雲が現れました下山途中、標高1,530m付近、14時30分縦構図でも記念に撮っておこうっと大長山また来るよ標高1,530 [続きを読む]
  • 大長山からの眺望
  • つづきです。頂上ですれ違ったお二人も下山して、大パノラマを独り占めした写真アップです。すれ違いざまお二人にラッセルありがとうとお礼を言えてよかったです^^大長山から先ずは美肌の白山です^^大きくトリミングで室堂小屋群を確認別山、三ノ峰など別山ズーム(ケラレてる^^)フィルターは、Kenko PR01D WIDEBAND C-PL(W)77mm何だけどなぁ〜お隣の赤兎山方向経ヶ岳ズーム白山を眺めながらごちそうさまでした〜鶏とろ醤 [続きを読む]
  • 大長山まであと少しの眺望が凄い
  • つづきますこの大長山の記事は4回に分けてアップ予定でしたが、写真が多いので6回に分けます^^さて大長山まであと少しの眺望が凄かったんですよ。頂上よりこの撮影場所が少し白山に近いので、ここでも沢山撮りました。わ〜〜凄い!!何枚も撮る撮る・・・黄色枠は、南竜ケ馬場付近下に拡大ネットや地図で調べましたが多分合っています。こんなことも山歩き後の楽しみです^^さらにトリミングすると南竜山荘の屋根を確認埋もれ [続きを読む]
  • 鉢伏山から大長山への美しき雪景色
  • つづきです今回は、鉢伏山からさらに雪深い谷を登り返して大長山の登頂直前までの雪景色や眺望写真です。太陽も高く上がり白山、別山から三ノ峰につながる白き峰々が美しさを増していきます。10時40分、標高1510m付近より右の山が目的地、大長山絶景です・・・ヨネ^^上の写真にこれから歩く概念図を作成樹木には少しのなごり霧氷すり鉢状の雪景色振り返って鉢伏山あそこから下りてきました・・のは、いいけど戻りを考え [続きを読む]
  • 鉢伏山への雪原を歩く
  • つづきです。今回は、取立山から原高山、板谷の頭を経由し、冬季限定の白山の展望所のひとつ鉢伏山からの眺望です。山の名前は、自分の備忘録なので気にしないでください^^;写真は、鉢伏山登頂直前の真っ白なお山「白山」と雪と風の芸術品シュカブラです。先行者が4人居ますね。時間を戻して取立山から目指す上の写真の鉢伏山方向には4人が先行しています。この先は、カンジキを履きトレースをたどりますが雪が柔らかく10c [続きを読む]
  • 雪上ロングコースを歩く まずは取立山へ
  • 3月4日、福井県と石川県の県境にある「大長山(おおちょうさん 標高1,671m)」まで新雪の降り積もった道を歩いてきました。往復20km、所要時間12時間、標高差1,050m(駐車場が620m)でしたが視界もよく白山の大展望を満喫しました。ロングコースを沢山の写真を撮ってきましたので、4回に分けてアップします^^冬の大長山へは、取立山を経由して歩くのが一般的なようです写真は、取立山冬季駐車場前の登 [続きを読む]
  • 雪の銀杏峰を初歩き 後半
  • 雪の銀杏峰初歩きの後半ですいきなりのカップ麺です^^ガスが漂う中美味しくいただきました。鶏南ばんそば、エビ付き^^;祠と標識ガスの中頂上に近づく登山者当時の天気図実況です。高気圧の中心が少し上にずれていますが、天気図だけでは視界までは無理よね雪の芸術羊毛みたい^^ガスっているので下ばかり見ていると、何か動いた!ねずみ!ミッキーマウスと思えば可愛い?ちょろちょろ走っては匂いを嗅いで止まる仕草目が合っ [続きを読む]
  • 雪の銀杏峰を初歩き
  • 2月27日、福井県大野市街地の南に位置する銀杏峰(げなんぽ 標高1,440.7m)を初めて歩いてきました。天気予報は、一日中晴れ予報でしたが薄いガスが漂い頂上からの展望は利きませんでした。2回に分けて写真アップしますが、今回は頂上までです。この写真は、2月4日に荒島岳から眺めたもので左が今回歩いた銀杏峰で、右は部子山(へこさん 標高1,464.3m)これを見て今回歩くことにしました^^今回は名松(めいまつ)コース [続きを読む]
  • 夕暮れまで待てない 上高地
  • 長々と分割してしまった上高地の写真記事も今回でお終いです^^「やっとかい!」 な〜〜んて聞こえそうですが^^;今回は、最終バスを気にしながら大正池の畔で撮った写真です。中ノ湯(釜トンネル出口)発の平湯温泉行き最終バスは、18時20分なので余裕を見て大正池を17時20分に出ればいいのですが、日の入り時刻が17時43分なので、17時20分まで居ても夕焼けは無理そうです。少なくとも18時までは粘りたいと [続きを読む]
  • 上高地の峰々
  • 梓川沿いを散策していると迫力ある穂高や焼岳のほかにも、美しい峰々を眺めるのも楽しみのひとつです。左、六百山と右は霞沢岳梓川にはお猿さん^^六百山手前の梓川の色が美しい梓川でエサを探し歩くお猿さんたちと<中央が安房山2219.6m、左の真っ白な山は乗鞍岳3025.7m、右の真っ白な山は四ツ岳2744.6m><  >内は多分^^;足が冷たいだろうね〜地獄谷野猿公苑の温泉教えてあげたい(笑)左、六百山、右、霞沢岳穂高に負けな [続きを読む]
  • 穂高とお猿さん 上高地
  • 先に大正池からの穂高の写真をアップいたしましたが、今回はそれ以外の場所から撮った穂高です。さらに、穂高とお猿さんとのコラボも^^私が好きなフレームです河童橋から少し上流になります以前、この風景を眺めながらお昼をいただくといったステキな時間を過ごしました。今回は、この風景を眺めながらお昼を頂きました。田代橋を渡ったところからの穂高です。ここでも、以前この風景を眺めながら飲んだコーヒーは格別でしたお猿 [続きを読む]
  • 上高地を散策
  • まだまだ上高地続きます大正池ホテル前でバスが通る道路です左に下がると大正池お猿さん登場散策路には薄っすらと過日トレースがありますが、本日一番のり^^河童橋前の売店積雪は1.5mくらいかな子ざるが親ざると離れて「キィーキィー」泣いて右往左往していました。田代橋付近の東屋もご覧の雪帽子^^つづきます次は穂高を中心にアップします。撮影:2017年2月24日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激 [続きを読む]
  • 上高地からの焼岳
  • 上高地を歩く楽しみは、凛とした空気を胸いっぱい吸い込みながら美しい山を眺めたり透き通る梓川のせせらぎの音色を聴くことかもしれません。それも、この冬季となれば入り込む人も極わずかで贅沢な時が流れます。今回は荒々しくも美しい焼岳を中心にアップします。下から2枚は、静まり返った大正池の少し上流で夕方の光に期待して待った時の写真です。あわよくばダイヤモンド焼(笑)残念ながらこれといった変化なし・・その場に居 [続きを読む]
  • 静かな田代池 上高地
  • 早朝でも夕方でもない中途半端な時間の写真ですが、上高地の撮影人気スポット田代池の写真です。田代池付近から眺めた穂高草地も今は真っ白な雪原穂高に沸き上がり舞う雲田代池と言われるビュースポット正面はゴツゴツ感たっぷりの霞沢岳霞沢岳右奥の峰から雪が舞い上がる雪煙が太陽に輝き神秘的緩やかに流れる梓川支流以上の写真撮影は午前10時半頃なのですが、どうしてもフレアが入ってしまうってことで帰りにもう一度田代池へ [続きを読む]
  • 青空に映える真っ白な穂高 上高地
  • 平湯から朝一番、といっても8時50分発のバスに乗車すると、車窓から青空と真っ白な山脈が見えたので急いで大正池に向かいました。9時に釜トンネルを出発し2kmのトンネル部分を25分で通過!そして大正池には10時前に到着です。山の天気は変わりやすいと、ひとりモクモクと歩きました。青空に映える真っ白な穂高が待っていてくれました。この写真は、大正池ホテル手前の道路から撮ったものです。池はざわめいていますが、 [続きを読む]
  • 白いキャンパスに描かれた紋様 上高地
  • 今回の上高地では感動した風景が広がっていました。住人の動物ですら踏み込んでいないまっさらな雪のキャンパスそこに冬の太陽が樹木などで影の紋様を描いていたのです。次は大正池の朝の風景をアップいたします撮影:2017年2月24日鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上 [続きを読む]
  • 美しき雪の上高地
  • 2月24日、今年2回目の上高地。前回は、新雪の深さと寒さに河童橋まで辿り着けませんでしたが、今回は快晴のもと新雪も10cmくらいと美しき上高地に大満足の一日となりました。これから数回に分けて写真をアップしますので飽きずにご覧いただければ嬉しいです^^雲が躍る穂高連峰穂高連峰と梓川河童橋より焼岳とカメラマンの足跡清き梓川シーズン中、橋が揺れるくらいに賑わう河童橋もこの日は数人が行き交うのみ。つづきま [続きを読む]