tokoroten さん プロフィール

  •  
tokorotenさん: 名城本舗
ハンドル名tokoroten さん
ブログタイトル名城本舗
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tamura_shigeru2002
サイト紹介文城郭を中心とした建築ジオラマの製作過程と模型全般に関するブログです。
自由文このブログは2013年春に「建築模型第10弾」としてオークション出品した「彦根城」より、作品の記録を残す意味で再開致しました。又、「建築模型」以外の記事も番外編で載せております。どうぞ暇つぶしにご覧下さい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/11/04 12:29

tokoroten さんのブログ記事

  • アクセス100000件突破に大感謝!
  • 今月に入って、「いよいよアクセス100,000件到達するかな・・・・・」そう思って楽しみにしておりました。 20日に見た時に、あと数日で達成かなと思っておりましたが、仕事が忙しく帰ったら風呂入って御飯食べたらバタンQ! 数日間は全くブログを見ておらず、常連様から祝福メールが届いて達成した事を知りました。 あれだけ楽しみにしていたのに、達成の瞬間を見る事が出来ず、いやはや何ともお恥ずかしい! 私以上に気にかけ [続きを読む]
  • 安土城11★世界最小 1/1500全景版 ①
  • たまたまガチャポンで手に入った豊臣大坂城と安土城。 ガチャポンだけにとても小さいけれど、なかなかディテールが良くつい思わず「1/5000世界最小 豊臣大坂城全景版」を一気に作りました。 まるで発作が起きたように・・・・ この5年間で一番小さなジオラマで、一番神経を集中致しました。なんせピンセットで掴めないほどの小さなパーツを造作したのですから。 そして、ガチャポンの安土城をしげしげ眺めていると、又ムラムラと [続きを読む]
  • 安土城 考察!②
  • さて内藤昌氏の安土城ですが、当方はこの復元案に賛同出来ない部分が御座います。 まず正面と北面と裏正面に出張った屋根が御座います。寺にはこう言った屋根は結構御座いますが、城郭にはあまり見かけません。この屋根がどうしても格好が悪いのです。 又、北東角とその向こうの西北角の屋根に連続性が無い事も違和感を覚えます。何度もこのキットは作っておりますが、いつもこの部分で「屋根が欠けた」様で変なのです。 [続きを読む]
  • 安土城 考察!
  • 前回は「1/500姫路城」を考察致しましたが、今回は安土城です。 やはり城郭ジオラマの中でも姫路城と安土城は一番人気です。 ただ姫路城と違い安土城は詳細がはっきりしておらず、その神秘さゆえ人気があるのかなと思うのです。 たくさんの学者が復元図を発表しておりますが、未だ決定打は御座いません。 復元図については改めて述べますが、現在購入できるプラモキットは童友社の 「1/540 ジョイジョイシリーズ」  1200円「1 [続きを読む]
  • 大阪城10(豊臣大坂城5)★1/5000 世界最小ジオラマ③
  • さて恒例のライトアップですが小さ過ぎて設置できません。いつも植栽でLEDを隠すのですが、さすがにこのスケールでは目立ってしまいます。 今回はやめておこうと思ったのですが、昔カーモデルを飾っていたショウケースがありましたので、ケースに取り付けることに致しました。 曲輪(くるわ)全体を照らすライトアップです。少しわかりにくいのですが真ん中で天守が輝いております。 さて野外撮影ですが、今回は2階の [続きを読む]
  • 大阪城10(豊臣大坂城5)★1/5000 世界最小ジオラマ②
  • さて、植栽に取り掛かろうかと思っておりましたが、ジオラマをジ〜と眺めていたらある事に気付きました。 天守に鯱(しゃちほこ)が無い! 考えてみれば当たり前です。天守屋根の棟を測ってみたら約1ミリですから、これに鯱なんて不可能ですし、仮に再現したとしても小さくてわからん(笑) でも、ヤッパリ気になるんだな・・・・・・・・・・・・・・ 何とか出来ないだろうか? (きつい老眼のくせに一体何を考えてい [続きを読む]
  • 大阪城10(豊臣大坂城5)★1/5000 世界最小ジオラマ
  • さて久しぶりの城郭ジオラマですが、昨年の2月「1/500 犬山城全景」以来実に一年半ぶりです。 何度もブログで書きましたが、この一年で城郭モノを取り巻く環境がガラリと変りました。 オークションに出品されても値段が付かず、値段が付かないので出品も減る。負のスパイラルに陥ったようです。 取り合えず神社仏閣はそれなりに値段が付いているので何とか維持している感じですが、建築ジオラマは以前の勢いが無くなりました。 [続きを読む]
  • 生まれて初めてガチャポンをやりました
  • つい先日、生まれて初めてガチャポンをやりました。 いい年こいてガチャポンなんて笑われるかも知れませんが、どうしても欲しいものがあったのです。 ズバリ、海洋堂の「日本の城名鑑」です。 海洋堂の彫刻技術はご周知の通り一級品です。よくもまああんな小さなフィギュアを繊細に作るものです。 海洋堂の城郭フィギュアと言えば、童友社の「日本の名城シリーズ」が良い出来です。 これが400円で買えたのですから値打ちが御座 [続きを読む]
  • 終戦記念日のオークションについて
  • 皆さん、お盆はいかがお過ごしでしょうか?本日は終戦記念日で世間では帰省ラッシュのピークだそうです。私はと言えば毎度の事ながら家でゆっくり過ごしました。若い時は人が集まる場所に行くのが好きだったが、年を取るにつれて人ごみを避けるようになりました。 とにかく渋滞にはうんざりです。従って盆と正月、ゴールデンウィークはできるだけ家でゆっくり過ごすようにしております。当方と家内の実家は高速で40分、地道でも1時 [続きを読む]
  • 1/250 原爆ドーム2★No more Hiroshimas ⑤電飾・フィギュア
  • さて電飾ですが、フィールド全体を満遍なく照射する為、13発のLEDを使います。街灯に電球色3発、樹木用に白色、緑色、電球色を合計8発ドーム中央と右サイド樹木用にレインボーLEDをそれぞれ1発づつ。 このレインボーLEDはゆっくりと色が変化する特殊LEDで、2年前に出品した「行水 花火 夏休み」のとは違うタイプです。 今回はたくさんLEDを使いますので少しでも長く持つようにダブル電源に致しました。 ちまちまと電 [続きを読む]
  • 1/250 原爆ドーム2★No more Hiroshimas ④植栽
  • あれだけ波が踊っていた川がおとなしくなりました(笑) 少し波頭が残って丁度良い感じです。 柵を作ります。この辺は適当にアレンジしております。 柵の周りをヒラドツツジで植栽。春になると赤い花で華やかなんですが、ジオラマでそれを再現するとどうしてもオモチャっぽくなるので順当に緑に致しました。 さて、「原爆ドーム=夏」がテーマなのですが、夏から秋にかけての色豊かな時期も捨てがたい。色のコ [続きを読む]
  • 1/250 原爆ドーム2★No more Hiroshimas ③ ジオラマ水表現
  • 少しでも早く乾くように、いつものように扇風機を使います。 同時に波紋もある程度表現できますが、風量が強すぎると悲惨な事になりますから注意して下さい。 下地塗装の時点で「うねり」をつけましたので、思った以上に良い感じになっております。 一旦乾燥しましたので、リアリスティックウォーターの二回目を流し込みます。(一度にたくさん流し込むとなかなか乾きませんので大変です) 当たり前です [続きを読む]
  • 1/250 原爆ドーム2★No more Hiroshimas ① 土台作り
  • 気が付けば八月に入りました。 毎朝セミの元気な鳴き声が聞こえます。 今年の夏はさぞかし暑いだろうと思っておりましたが、そうでもありません。 確かに暑いのですが、大阪はまだ37℃は一度もないのです。毎年37℃、38℃は必ずあるのですが、一体どうしたのでしょう。 2007年みたいに八月に入って猛暑の連続になるかもしれませんので油断は出来ませんが。 さて、長い間(2年間)リビングのキャビネットの下に置いてあった「原 [続きを読む]
  • 模型制作の照明について 演色性とは!
  • 冷蔵庫の調子が良くないようです。庫内は良く冷えているのですが氷があまり出来ないのです。15年使っているのでぼちぼち寿命かも知れません。そんな事で先日嫁さんと久しぶりに家電量販店に行きました。実は私は嫁さんとあまり一緒に店には行きたくないのです。なぜならやたら時間がかかるから。「いつまで見てんねん」と言う位、とにかく長い。これは男と女の性格の違いがあると思われる。男は欲しいものがあるから店に行く。いわ [続きを読む]
  • 1/500スケール 姫路城プラモデル考察
  • ほんと、城郭ジオラマは一体どうしたのでしょうか?ヤフオクでの出品が一気に途絶えた。現在出品されている作品も殆んどがストレート組みで値が全然付かない。数年前のあの城郭ブームはヤッパリ終わったのだろうか?かろうじて神社仏閣ジオラマが時折出品されているが、以前の盛り上がりには程遠い。その神社仏閣ですが、人気の清水寺が2500円で出品されておりましたが、無入札で終了。キットだけでも3500円、台座や素材含めて材料 [続きを読む]
  • 藤井四段連勝ストップ!自民大惨敗!久々に吼える
  • 久しぶりにテレビに釘付けになりました。(もちろん普通のテレビはくだらんので見ません。ネット中継です)「藤井」四段の30連勝がかかった一番でしたが、惜しくも敗れてしまいました。前回公式戦29連勝という新記録を既に達成していますが、将棋の話題がこんなに熱くなったのは、「羽生」棋士以来のことです。前人未到の7冠達成の瞬間は今回と同じ位、日本中が盛り上がりました。世の中には凄い若者がいるんだなと感心しきりでし [続きを読む]
  • なかなかの力作です
  • 一時期に較べ最近ヤフオクでは「これは!」と思う作品に、なかなか出会えません。そんな中、6月に入ってちょっと気になる作品がございました。久しぶりに心躍ると言うか、感心しきりです。「法隆寺夢殿」なんと回廊や礼堂、舎利殿まで再現したすばらしいジオラマです。回廊や礼堂、舎利殿は当然スクラッチですので、その苦労は手に取るように判ります。さぞかし大変だったでしょう・・・・・・・・地面、山、川などの自然物の造形 [続きを読む]
  • お陰さまで、アクセス90000件突破です。
  • 6月も半ば。皆さんお元気ですか?大阪も梅雨入りはしているのですが、まだ雨はさっぱりです。思い起こせば丁度一年前。春に右手首を骨折してようやく直った時期でした。利き腕が全く使えない不便さを身にしみて感じた次第です。又、地震で被害を受けた熊本城が、久しぶりにライトアップを再開した時期でもありました。地元の皆さんは元より、この私にも勇気を与えてくれた事を昨日の事のように思い出します。時間と言うものは、疾 [続きを読む]
  • 「城郭ジオラマオークション」について
  • 最近は日記ばかりで申し訳ございません。 なんせジオラマ全然作ってないもので・・・・・ さて、時折オークションを見ているのですが、城郭ジオラマは全然値段が付かず悲惨な状態になっているようです。正に入札ゼロのオンパレードです。 普通に作っただけでは、もうダメなんですね・・・・・・ この江戸城なんか1円でも入札がありませんでした。1円ですよ!    おまけに電飾まで付いているのに、トホホですね・・・ で [続きを読む]
  • 「Amazon詐欺」を試してみました
  • 気が付けば早いもので、2ヶ月ぶりの更新です。みなさん、お元気でしたか?ゴールデンウィークも終わり、仕事の再開です。今年ゴールデンウィークは結構ゆっくり出来ました。と言っても日ごろの疲れを取るために何処へも行かず、ただ家でゴロゴロしてただけです。それでも疲れは全然取れてません!年ですかねぇ・・・・・・・さて今年の4月に入って「アマゾン詐欺」が急増しているらしい。 入金後、注文した商品が届かないとの事で [続きを読む]
  • ブログ開始4年間を振り返り
  • 2010年の8月にこのブログをスタート。本当はホームページを作りたかったのだが敷居が高く、日記のような感覚で出来るブログに興味を持った。ただテーマも決めず取り合えず作ったブログゆえ、結局一つの記事も書かず、いきなり休眠状態。その後3年間ほったらかしだったが、今から4年前の2013年の3月に城郭ジオラマの製作記録を残す為のブログとして本格的に開始した。ジオラマ作製と同時に写真撮りしてブログにアップ。結構手間がか [続きを読む]
  • ブログ開始4年間を振り返り
  • 2010年の8月にこのブログをスタート。本当はホームページを作りたかったのだが敷居が高く、日記のような感覚で出来るブログに興味を持った。ただテーマも決めず取り合えず作ったブログゆえ結局一つの記事も書かず、いきなり休眠状態。その後3年間ほったらかしだったが、今から4年前の2013年の3月に城郭ジオラマの製作記録を残す為のブログとして本格的に開始した。ジオラマ作製と同時に写真撮りしてブログにアップ。結構手間がかか [続きを読む]
  • アクセス80000件突破! 有難う御座います!
  • 昨年11月に70000件突破してから3ヶ月。アクセスがとうとう80000件を突破致しました。 少しずつながら、まだペースが上がってきております。 1月は以前に書いた「ジオラマ水表現について」の記事を若干手直ししただけで、新しい記事はと言うと今月に書いた「ヤフオク毎日くじに当たりまくった」と言う記事だけです。 ジオラマに関する記事では無く、何やら申し訳なくて・・・・・・・ ここ半年近く [続きを読む]
  • アクセス80000件突破! 有難う御座います!
  • 昨年11月に70000件突破してから3ヶ月。アクセスがとうとう80000件を突破致しました。 少しずつながら、まだペースが上がってきております。 1月は以前に書いた「ジオラマ水表現について」の記事を若干手直ししただけで、新しい記事はと言うと今月に書いた「ヤフオク毎日くじに当たりまくった」と言う記事だけです。 ジオラマに関する記事では無く、何やら申し訳なくて・・・・・・・ ここ半年近くジオラマを作っていないので書く [続きを読む]