無名弁護士 さん プロフィール

  •  
無名弁護士さん: 無名弁護士の司法革命
ハンドル名無名弁護士 さん
ブログタイトル無名弁護士の司法革命
ブログURLhttp://ameblo.jp/mumei-bengoshi/
サイト紹介文実名では出来ない弁護士の濃いブログ。争いを予防し、幸せに生きるための実験的アイディア集!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/11/05 12:10

無名弁護士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分の幸せを優先するな?!
  • (問題)次の1から5までの文を読み、正しいか誤りかを答えなさい。           1、人は与えられた今の人生がある以上、現状に満足すべきであり、それ以上幸せになろうとしてはならない。2、人は一度選択した職業がある以上、その職場での人間関係や義務を果たすべきであり、より幸せになろうとして、より自分に合う仕事を探してはならない。3、人は一度選択した恋人がいる以上、その人と結婚すべきで [続きを読む]
  • 正しい悪人と間違う善人たちへ贈るラブレター
  • この人は強い人、あの人は弱い人。この人は正しい人、あの人は間違ってる人。この人はスター、あの人は犯罪者。ちゃんと見分けてるつもりでも、人間はそんなに単純じゃないからねー誰でもどっちの面も持ってたりするよね(^^)無名はある時はとてもまともであり、かつ、ある時は救いようのないろくでなしなので、周りの人も、素晴らしさとろくでなしさが同居してると思ってるの。だから、正義を訴える弁護士が人を騙してたり、人を脅 [続きを読む]
  • 本当にやりたいことは殺人なのかい??
  • 自分のしたいことをしたら、世の中に許されないから我慢してる偉い人がたくさんいます。無名も自由に生きてるとか言いながら、小心者なので少しは世の中の目を気にして生きているから分かるのです(笑)そしたらある日、自分のやりたいことがどんなに間違ってても実行したお馬鹿さんに出会いました。そのお馬鹿さんがやったことは人を殺すということでした。世の中はいくら自由だって言ったってやっていいことと悪いことがあります [続きを読む]
  • 不倫が許せない?!
  • みんないつからそんなに正しくなったんですか?不倫はダメなことだってことは、人殺しがダメだってことと同じくらい当たり前のことじゃないですか(笑) でも、当たり前のルールでもそこを守れない人は必ずいるじゃないですか。俺は我慢してルール守ってるのに、堂々と違反してる奴は嫌いですか?私はそんなことせずに生きてるのにそれを堂々としてる人は許せないですか??自分は不倫まではしてないのにあいつはしてる?自分 [続きを読む]
  • 司法試験問題漏洩が何なの?
  • 人のものを盗んじゃいけないですよね?窃盗罪なので、窃盗をした人は処罰されます。この世から窃盗罪がなくなればいいのは当然のことです。しかし、それ以上になくさなければならない重大な犯罪が山ほどあります。例えば、止むに止まれぬ欲求のもとに人のものを盗んだ人がいたら、処罰したらいいと思いますよ。でも、鬼の首をとったかのように、この世で窃盗罪を犯す奴は絶対許せないとかこの社会に窃盗罪なんてあってはならないか [続きを読む]
  • ありだよ、それもこれも
  • 人を殺すことはいけないことです。人を裏切ることも人を傷つけることもなるべくしないほうがいいですよね。でも、奴隷なら人じゃないからいいですか?犬なら人じゃないからいいですか?間違ってる人ならまともな人じゃないからいいですか?あの人なら自分じゃないからいいですか?ゴキブリなら人じゃないからいいですか?無名は人を殺すことに反対します。生き物を殺すことに反対します。そして、そう言いながら、明日も、間違って [続きを読む]
  • 本当はたったこれだけのことなんですかね
  • 生きてるんですね、みんな、今日1日を生きたのですね。無名も今日生きていました。あんなこと、こんなこと、いろいろありました。皆さんにも、いろいろあったことでしょうね(笑)でも、共通することは一つ。みんな漏れなく今日を生きたんですよね。今日亡くなった方も大勢いらっしゃることでしょう。でも、このブログをあなたが読んでいるとしたら、あなたは今日生きていたのですし、今も生きているのですよね。無名も、生きてま [続きを読む]
  • 戦争好きな戦争反対派の戦い
  • 正論を言うときこそ言い方に気を付けないといけない、という法則があります。はい、たった今、無名が勝手に創造した法則です(笑)人は「これこそ正論」と確信しているとき、それが正論であることを疑いません。この正論を理解しない人間は敵だ。この正論に反対する人間の反論は潰さなければならない。とまで思ってしまいます。しかし、①それが客観的に正論であるという保証はありません②仮にそれが客観的に正論だとしても、人は強 [続きを読む]
  • 過去の記事 …