マッチ さん プロフィール

  •  
マッチさん: 選択子ナシ・専業主婦のチラ裏日記
ハンドル名マッチ さん
ブログタイトル選択子ナシ・専業主婦のチラ裏日記
ブログURLhttp://sengyo-chira-ura.seesaa.net/
サイト紹介文毒親に育てられたアダルトチルドレン廃人主婦の愚痴吐きブログ。子どものいらない専業主婦。
自由文たいした家事はしていないダラ主婦。収入ゼロ。不妊ではありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/11/06 00:06

マッチ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母親を殺したのは誰?台東の事件で思ったこと
  • 今年の母の日に報じられたニュース。女子高校生が実の母親を殺害した。スマホを買ってもらえなかった彼女は、インターネットを自由に見る環境にもなかったということだ。もしインターネットが見れてたら、こんな悪態ばかりついてる毒親育ちのブログをいくらでも見つけて、「同じような人いっぱいいるんだ」って思えたかもしれない。こんなブログは恥ずかしくて図書館のパソコンからは見れない。やっぱり手の中で読めるスマホが一番 [続きを読む]
  • 保育園の開園断念のニュース
  • 保育園は必要だと思うけど、なんで住宅地に建てるんだろう?商業施設の中とか、うるさくても誰も文句言わない場所ってもっとあるでしょ。期間限定だから我慢できる幼児の声が半永久的に毎日毎日ず〜〜〜っと続くなんて地獄でしかないのよ。開園断念するケースが相次いでるってことは保育園開園に反対してる人の方が多いってことの証なのに、テレビのコメンテーターはこのニュースに憤慨しちゃって綺麗事ばかり言ってんのが不思議。 [続きを読む]
  • 幸せな家族なんていない
  • テレビとかCMで出てくる幸せな家族っていったいどこにいるんだろう?家族の良さをアピールする人ほど性格が悪く、性格が良い人ほど家族の話をめったにしないのは気のせいなのかな。いじわるな人、自慢話が多い人、マウンティングする人は幼少期に愛されて育ってないとかよく言われてるけどさ、そんな人たくさんいるじゃん。逆にそういうこと一切しない人ってほんの一握りよね。しかも超人格者みたいな人ってめっちゃ暗い過去があっ [続きを読む]
  • 本当は子供が欲しかった
  • 少子化が進む日本社会で肩身の狭い子無し夫婦の心のよりどころにもなってる山口智子がついに子供のことについてはっきり話をされたとのこと。こういう話を有名なタレントさんがするとだいたい「本当は子供が欲しかったくせに」「嘘も方便。本当は不妊治療してたのよ。」と騒ぐ輩が必ずいるよね。どんだけ可哀想な人生を過ごしてるんだろう?うちの母も同じこと言いそうな人種だけどさ。ただのバカだから幸せそうな人を見るとムカつ [続きを読む]
  • ご機嫌な自己愛ちゃん
  • 二人目ができていろいろ安心したのか最近はだいたい上機嫌な自己愛の友人。会う時はいつも自己愛らしくプチギフトをプレゼントしてくれるのでありがたい。新しくできたお店の焼き菓子とかチョコとか。今年もバレンタインチョコもらったけどホワイトデーのお返しはもちろんしないwたぶんVERYとかで紹介されてる「デキるママと思われるためのプチギフト」なんだろう。おごってもらうのはさすがに気が引けるから断ったらプチギフトを [続きを読む]
  • 親不孝してないのに親孝行なんてしなくていいっての
  • あっと言う間に2016年になってるじゃん。たいして書くようなネタも無い穏やかな日々が続いてるのはありがたいことなんだけど、それはそれでつまらないっていうw年末年始のシーズンになるとFacebookでも帰省して親孝行してきましたって報告で溢れたりするから、それについて書いとこ。親孝行しなきゃいけないのは散々迷惑かけてきた人だけだと思うのよね。学校や警察に呼び出されるほどの非行少年が更生した感動ストーリーなんて、 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンと怪しいカウンセラー
  • 毒親ブームのおかげで今まで一人で悩んでたアダルトチルドレンの中にも救われたって人は少なくないだろう。関連本もたくさん出てるしテレビでも毒親とか母が重たいとか取り上げられることも増えて、昔よりもずっと生きやすくなったと思うよ。そんな毒親ブームと一緒に急増したのが毒親育ち向けのカウンセリングだ。ちゃんとしてるカウンセラーも当然いるんだけど、怪しいのもたくさんいる。怪しいカウンセラーに引っかかると最悪だ [続きを読む]
  • 和光堂の「ママ大好き」と感謝乞食
  • こんなことブログでしか言えないんだけどさ。言っちゃうと「子ナシだからかわいそうに・・・」って心の中で同情されちゃいそう。和光堂の五分くらいの番組「ママ大好き」で「ママに会うために産まれてきたよ」「ママありがとう」って赤ちゃんに言わせてるのが超気持ち悪い。妊娠したのも産んだのも世話するのも全部完全に大人の責任だって忘れてるの??生まれたばかりの赤ちゃんなんて誰かが面倒見なきゃ死ぬし、感謝されなくても [続きを読む]
  • 「妻でも母でもない私」でいたいのに、夫や子供の話しかしないババア
  • 私は仲間に恵まれている方だと思う。昔から仲良くしてる友達には子無し夫婦もいれば独身もいる。裕福な人もいれば貧乏な人もいる。誰かが寝込んだ時は飲み物や食べ物を持っていく。人間関係を築くのも好きな方だから、積極的に新しい場所へ一人or夫婦で出向いてみたりもする。新しい場所で出会う人はネットワークビジネス系が大半な場合もあるが、それはそれで面白い話を聞けるし、あまりにもイラついた時はブログのネタにしてしま [続きを読む]
  • 毒親のせいで子供が欲しくないわけじゃない
  • 子供の頃に虐待を受けたりイジメにあったりして幸せじゃなかったからって理由で子供を持ちたがらない人は私も含めてそれなりにたくさんいると思う。話せば長くなるから、一言で言えばそんなところだろう。世の中には、そんな人に対して「過去のトラウマからの呪縛をといてあげたい」なんて躍起になるお節介な人もいるのよね。そりゃ、中には本当に過去のトラウマの呪縛で間違った選択してる人もいるとは思うけど、たくさん考えて、 [続きを読む]
  • りぼんの思い出
  • 「りぼんの付録 全部カタログ〜少女漫画誌60年の歴史〜」発売されて、30〜40代の元少女が興奮しているとのこと。うちは子供向けの漫画やゲームは全部禁止だったから、りぼんもちゃんと読んだことないんだ。友達の家で読んだことはあるけど、毎号連続で欠かさず読めるわけじゃないからそんなに楽しめない。応募券を送れば全プレっていう付録も私には縁が無かった。クラスメイトの大半はりぼんの付録を持ってたっけ。たまになかよし [続きを読む]
  • 祖母に支配され続ける母
  • ちょっと前に、おばあさん、娘、妊娠中の孫が三人で談笑しているというCMがあった。祖母が妊娠中の娘の手を握って、「大丈夫よ」みたいに励ますような内容だ。白っぽい部屋の中で、三人とも白い服を着ていて化粧っ気が無く、私は心底気持ちが悪いCMだと思ってしまった。母方の祖母は私の実家から車で五分くらいの距離のところに、母の兄一家と住んでいた。車で五分という近距離だけど、同居してないってだけでイトコに比べれば祖母 [続きを読む]
  • 母からの電話に今でもザワつく 理由
  • 母のことをはっきり「嫌い」と自覚している私でも、時々母から電話があると胸がザワザワして、精神状態が不安定になってしまうことがあった。声を聞いただけでザワつくわけではない。じゃあ、何にザワついているのか?次に同じことがあった時に、しっかり自分を保つために考えてみた。母から電話があった時、特に何も思わない時もある。こういう時は、必要最低限の要件や、当たり障りのない天気の話だけで会話が終わった時だ。私の [続きを読む]
  • 私が独身こじらせた中年を嫌う理由
  • たまに独身の人について悪態をつくことがあるんだけどね、当たり前だけど世の中の独身全員が嫌いなわけじゃないよ。もちろん世の中の子持ち全員が嫌いなわけでもない。こんなこと、わざわざ言わなくても分かると思うけどね。嫌いなのは「独身だから」でも、「子持ちだから」でもないということは間違えないでほしい。中年の独身に警戒心を持つようになったきっかけがあるんだわ。結婚してしばらく経った頃、昔から仲良かったある独 [続きを読む]
  • <子持ち向け>子無しの友達と上手く付き合う方法
  • 子持ちと子無しの温度差で悩む人は多いだろう。同じ子持ちでもいろいろいて、子無しや独身と上手く付き合ってる人もたくさんいる。上手く付き合えない子持ちと、上手く付き合える子持ちの違いって何なのか?誰の役に立つかは知らないけど、勝手に書きなぐってみます。いつものように長いけど、子持ち向けの結論は後半の方に書いてるのでw一番気に入らないのは「他人の価値観を否定して変えさせようとすること」これに尽きるんじゃ [続きを読む]
  • 朝ドラヒロインはババア好み
  • 朝ドラっていうかお昼の再放送を時々見てるんですけどね。基本的に朝ドラヒロインって純朴な雰囲気の女子ばかりじゃないですか。中高年主婦層から受けが良いのはああいうタイプ。で、朝ドラヒロインの友達にはだいたいちょっと不良っぽい女子が一人はいるよね。朝ドラヒロインは反抗期みたいになっても理想的な範囲内でしか反抗しないけど、朝ドラヒロインの友達はけっこう激しく反抗的になることもあるよね。「まれ」なら一子がそ [続きを読む]
  • 高級フレンチ自慢!
  • 自己愛の友人の自慢話を聞いていると、他人に自慢することの恥ずかしさを思い知らされる。人のふり見て我がふり直せとはよく言ったもので、彼女のおかげで自慢話したいって気持ちがなくなったよ。最近、自己愛の友人が幼児連れで「高級なフレンチ」に行ってきたらしいんだ。いつもの「旦那が行きたいって言うもんだから。やれやれ、面倒だったわ。」って、いかにも自己愛なノリの自慢。会話の中で彼女は、店のメニューの中で一番高 [続きを読む]
  • 過去の記事 …