小夜衣 さん プロフィール

  •  
小夜衣さん: 小夜衣 575と指を折って綴る日々
ハンドル名小夜衣 さん
ブログタイトル小夜衣 575と指を折って綴る日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazenosayo-life/
サイト紹介文見たもの感じたことを写真と俳句、3行日記で。
自由文文法は後回しにして 思うままに発句!大胆にシャッターを切ることが今の目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/06 02:11

小夜衣 さんのブログ記事

  • 天神の社光らむ梅黄ばむ
  • 天神の社光らむ梅黄ばむ 小夜 みなさまは梅酒を漬けたりするのでしょうか?梅酒も数年寝かせると 琥珀色になりまろやかな味わいになりますよね。は、母が漬ける「梅シロップ酢」をいただきます。梅と砂糖と酢を1:1:1で漬けます。氷水で割ってスッキリ!着けるのは母ですが。 [続きを読む]
  • 紫陽花やうかぶよ妻の百の顔
  • 紫陽花やうかぶよ妻の百の顔  小夜 小林麻央さんのご冥福をいのります。海老蔵さんの報告会見の中で「どんな表情が浮かびますか」というような質問に「すべてです。出会った時から全て」とおっしゃっていました。シーボルトは、この花の持ち帰り日本での愛人 お滝の名をとりオタクサとつけたと云われています。Hydrangea otaksa紫陽花は妻を思い出す花なのです。 [続きを読む]
  • 水仙香小坊主一休風狂い
  • 水仙香る小坊主一休風狂い 小夜 テレビ「オトナの一休さん」一休、エロ漢詩を読む。を見ました。森女を見初め、一緒に暮らし始めたのです。その漢詩の中で森女の香りを水仙のようだと詠んでいたのです。ひえ〜一休さんといえば、とんち小坊主ですが現実はだいぶ違うようですね。季節が違うけど まあいいや [続きを読む]
  • 仙人掌咲く小姑に小言をチクリ
  • 仙人掌咲く小姑に小言をチクリ 小夜 おばさんが亡くなりました。そのおばさんは、姉さん(義母)が認知症になったのは姑も小姑もたくさんいる家に嫁に来たせいよと本人たちがいる前でチクリ姉のことをいつも気遣っていた やさしい妹は認知症になった姉より先に 逝きました。まるで 準備をして待つためのように。ご冥福を祈ります。 [続きを読む]
  • 竹の皮四方に引き裂く節白し
  • 脱ぎ捨てよ幼き日々を竹の秋 小夜 筍が成長して皮がむけたのを見たら誰でも一度は思うことですね。竹の皮四方に引き裂く節白し 小夜竹が皮に傷つけた最初を 見ることができました。サナギから蝶が出てくるみたい竹の皮脱ぐ音背中を冷たくす 小夜竹の皮の落ちる音 結構大きいんです。竹やぶで ゴソ なんて音がしたら 熊かと思ってしまいそうです。 [続きを読む]
  • 花冷えや冷めたブレンドMひとつ
  • 花冷えや冷めたブレンドMひとつ 小夜 駅前で待ち合わせをしたのですが メールがあり 一時間遅れるというので カフェで待つことになりました。本も持っていないし どうしようで、指を折って575。575をしていて良かったと思った日でした。カフェで人を待つのは 何年ぶりかしらカップを見ながら いろんなことを思い出していました。 [続きを読む]
  • 風呂敷の結び目かたし彼岸かな
  • 風呂敷の結び目かたし彼岸かな  小夜 暑さ寒さも彼岸までと、いいますがきょうは コートを着て歩いていると 暑いほどでした。お彼岸には”ぼたもち”をいただきます。私の家では、春の彼岸には、つぶし餡で大きめの”ぼたもち”秋の彼岸には、こしあんで小さ目の”おはぎ”をいただきました。あんこ好きの母の作る”ぼたもち”は大きく、ひとつでお腹がいっぱいでした。 [続きを読む]