まりちゃん さん プロフィール

  •  
まりちゃんさん: 夢の世界にはまって(宝塚歌劇)
ハンドル名まりちゃん さん
ブログタイトル夢の世界にはまって(宝塚歌劇)
ブログURLhttp://na-chann.blogspot.jp/
サイト紹介文花組の鳳月杏さんと月組の龍真咲さんのファンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/11/06 23:49

まりちゃん さんのブログ記事

  • グランドホテルの映像化
  • ツイッターでグランドホテルのブルーレイ、DVD版が発売されると知った時!もう、すぐに予約を入れねばと珍しく、私興奮しました。昨日、雪組観劇の折にキャトルさんに駆け込み予約。隣でも予約されている方がいました。ほとんど、DVDは購入しません。買うとしたらCDの方が多い。BGMで流しながら家事ができるからです。お風呂で聞いたりもしてます。そのためにブルーツゥース対応のスピーカーを夫が購入してくれました。私のツボを [続きを読む]
  • 雪組観劇、充実した公演だった
  • マイ千秋楽の雪組観劇席も前から10列上手よりなかなか観やすかった。2週間前に観劇した以来なので、やはり、内容も充実して見応えがありました。ちぎ、みゆのこの二人のコンビがみれないのかと感慨にふけってしまった。特に、咲妃みゆ。上手い。大きな劇場で一人で歌う場面は見入ってしまう。ちぎは、相変わらずの歌唱力だけどさらに、自由奔放に動いてさらっとアドリブもする。とても楽しそう。細い体で、軽快に動く姿にあっぱ [続きを読む]
  • 遠征している間に激震
  • 7月6日木曜日、ムラへ花組を観劇のため遠征していました。6日、マチソワ後に友人と宙組のトップ娘役がなかなか発表がないのは、うらら(伶美うらら)ではないのでは?などと会話していると友人から「うららが退団!」と連絡があった。驚きました。そして、うららと同期の娘役二人(彩花まり、涼華まや)も同時退団。瀬音リサも退団抗議の退団だと思う。ここまできて、うららをトップにしない劇団への抗議なんだろうな過去にもそ [続きを読む]
  • ちぎのロミオか!みたかったな
  • 5日発売の「歌劇」友の会で定期購読していると少し、早く届きます。今月号はちぎ(早霧せいな)のサヨナラ特集。このサヨナラ特集は演出家の先生の送る言葉が掲載されます。これがなかなか良いのです。今回も、小池先生の送る言葉に「へーそうなんだ!」と驚く内容でした。稽古場で、ちぎが代役でロミオを演じた時のエピソードが載っています。稽古場での代役での前場面通しで早霧が演じたロミオは、歌唱も含め素晴らしい演技であ [続きを読む]
  • 月組のラインアップ
  • 来年の2月の月組のラインアップが発表があった。久しぶりの石田晶也先生の作品。そしてそして、上田久美子先生の初ショー物語風のショーです。どちらの作品も長〜い題名プログラムの表紙のデザインはどんな風になるのかしら?と変なことに頭がいってしまった。石田先生の作品は原作があるので楽しめるかと・・・上くみの作品解説を読んでいると舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧された [続きを読む]
  • 雪組「幕末太陽傳」を観劇
  • 木曜日、6月29日13時半公演を観劇伶美うらら、涼華まや二人、同期で観劇に来てました。うらら、大きいですね美人でしたけど・・・さて、幕末太陽傳は、面白かったです。観劇しながら、思わず、場面転換を注目してました。なぜかというと・・・花組の邪馬台国の風との違いを探ってました。雪組も暗転はしますが、例えば、暗転、下手花道から登場人物が登場、そして、本舞台へ本舞台が暗転して次の準備をしている時は下手花道で [続きを読む]
  • 花組「Sante」の感想
  • プロローグの男役5人の幕あきから舞台中央セリに乗った明日海りお。みりおちゃん、身体にぶどうの蔦と果実をまとってます。美しいです。「サンテ」と叫んで、白のマントが取れて銀橋に来て、組子たちも客席降りしてくれます。グラスは持ってないですが、持っている人には乾杯してくれます。もちろん、座席によりますけどね。1回目は、マイティ(水美舞斗)とくみちゃん(芽吹幸奈)が近くに来てくれたので乾杯!グラスを持ってい [続きを読む]
  • 花組観劇のためムラへ遠征して来ました。
  • 6月24日土曜日15時公演を観劇と25日日曜日の11時公演も観劇。邪馬台国の風うーんとね、はっきりと言います。面白くないです。眠いです。あくびを6回しました。2回目観劇の時に「なんで、面白くないのか?」と分析しながら観てしまった。舞台展開がマズイ!1場面ごとに暗転になるストーリー、説明のためのセリフばかりお稽古場みたいです。何を伝えたいのか?さっぱりわからない。邪馬台国の女王となったヒミコが、神の [続きを読む]
  • カフェブレの天華と有沙、可愛いです
  • 東京MXTVの今週のカフェブレのゲストはピー助(天華えま)とくらっち(有沙瞳)でした。出だし、くらっちがなんと演歌を小学生の頃に習っていたという話題になりました。大会で賞をもらっていたそうです。こぶしも披露してくれました。「天城越え」の最後の節を歌ってくれました。くらっちの歌がうまいのは、幼い頃から民謡を習っていたとは!知らなかった。新人公演の話で、最後の「我が家」のエピソード話しながらピー助がくらっ [続きを読む]
  • 蓮つかさ!新公主演、めでたい
  • れんこん(蓮つかさ)がやっと新人公演主演に決まった。2013年に月組で上演された「ルパン-ARSENE LUPIN-」で暗がりで、1小節だけソロで歌っていた。「この綺麗な声は誰?」とオペラでみて、プログラムで確認して蓮つかさ、97期。それから、密かに応援してました。新人公演でも二番手、三番手の役に抜擢されていたけど主演には選ばれなくて、やきもきしてた。よかった、れんこん。かれん(結愛かれん)、ヒロイン決定。めでたい [続きを読む]
  • 雪組ライブビューイングへ行った!
  • まだ、雪組本公演を観劇していないのに千秋楽のライブビューイングへ行ってきました。川崎の映画館で鑑賞しました。「幕末太陽傳」落語の話が原作なのでいろんなエピソードを一つにまとめたお芝居でした。アドリブも飛び出して面白いみたい大劇場は大受けでしたが、こちらは、初見の方がほとんどだと思う。ほとんど、笑いないです。やっぱり、本公演を観てから千秋楽みるべきだったわチギは、縦横無尽に舞台を動かしゆうみも、上手 [続きを読む]
  • ジゴロにしか見えないダイモン
  • 「琥珀色の雨に濡れて」の先行画像が出ています。パッと見て、「やっぱり、ダイモンはジゴロが似合う」顔つきがね、憂い顔になってる?私には、ジゴロかやり手の起業家に見える。「ジゴロやりたい」とJuriの宝塚音楽同好会で言ってましたよね。なのに、どうしてこの作品をするの!どうか、どうか、心配が杞憂に終わることを願う。ジゴロのルイを翔くん(彩凪翔)フランソワーズが星南のぞみかな?フランソワーズって、難しい役です [続きを読む]
  • はいからさんが通る、理想の配役!
  • はいからさんが通るの主要な配役が発表された。伊集院 忍  柚香光花村 紅緒  華優希青江 冬星  鳳月杏  ← ファンなので、青で鬼島 森吾  水美舞斗北小路 環  城妃美怜藤枝 蘭丸  聖乃あすかめっちゃ、絵になる。楽しみでしようがない。理想の配役だと噂です。華優希ちゃん、初バウヒロインおめでとう!めでたいな期待してます。ちなつが「ハンナの花屋さん」に行くのか?どうなんだろうか?と気になってまし [続きを読む]
  • ポーの一族ですか!
  • 花組のラインアップが発表があった。ポーの一族同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。   公式ホームページよりそうなんですね!あらゆる上演希望を断っていて宝塚歌劇団に許可を出したというのは、ファンとしては嬉しいです。原作読んだ記憶が無いのですが、読書 [続きを読む]
  • 瑠璃色の刻、観劇してきました
  • 今週は3回、観劇が集中してました。土曜日、晴天の中、赤坂へみやちゃん(美弥るりか)の単独主演作「瑠璃色の刻」かなと(月城かなと)の月組での初公演。色々と楽しみだなぁと行ってまいりました。旅役者のシモンとジャックがサンジェルマン伯爵の屋敷にお宝を盗もうとして入り込んだら伯爵の肖像画がシモンそっくりでそのままなりすまして、ベルサイユ宮殿へ乗り込み、貴族に取りいる話。以前、一緒にいた旅役者たちに宮廷で、 [続きを読む]
  • 星組新人公演(東京)の感想
  • かなり、期待して、日比谷へ向かいました。うーんとね・・・出来は、新人公演でしたね。やはり、本公演の方が、良かった。ピースケ(天華えま)、華はあると思う。歌唱力もまずまず、合格点。最初は緊張していたのか、足が地に着いてない感じに見えた。幼さが垣間みえる時と、そうでない時とスカーレットピンパーネルをしている使命感というのが、伝わらなかった。命を懸けてる感じが無い。メリハリが無い。残念です。くらっち(有 [続きを読む]
  • みっちゃんのコンサートの感想が届きました。
  • みっちゃん(北翔海莉)のコンサート『Alrai エルライ』に行ったムラの友人からの感想が届きました。みっちゃんはさすがでした‼退団後の初コンサート、全国ツアーだそうです。初めての兵庫県立芸術劇場は西宮北口駅近の観やすい劇場ワクワクしながら劇場へ向かいました。やっぱりみっちゃんは期待を裏切らない 。ダンスも、殺陣も、日本物の踊りも、客席登場も、手品も 全部男役で通しました。盛り沢山の内容で大満足。個人的にO [続きを読む]
  • スカーレットピンパーネル観劇 辛口です。
  • べに(紅ゆずる)のトップお披露目、観劇して来ました。友人達が、言う程、歌は、下手ではなかった!笑笑ムラの始めの方は酷かったらしいけど成長したみたい。しかし、顔で歌ってる。黙って、すっと立っていると綺麗なのに演技もワンパターンだし・・・ただ、喜劇のセンスはあるし、確かに、面白い。人気があるのも理解できる。私が観劇した回は、元星組トップ娘役の白城あやか、中山秀征夫妻が観劇に来ていてショーヴランをいじる [続きを読む]
  • ミリオンの卒業
  • 4月30日宙組千秋楽。とうとう、この日が来てしまった。実咲凜音の卒業の日です。花組時代はみてなかったので、知らなかったですが、宙組に組替え、トップ娘役就任からはずっとみていました。スカステでの番組で前のトップさんにスルーされているのをみていました。それを他の組子たち、それこそ愛月ひかる、蒼羽りく、澄輝さやとなどがミリオンに助け船を出すように話しかけたりとても痛いシーンをみていて、辛かった。本人もイ [続きを読む]
  • 宝塚歌劇初観劇の姪の反応。
  • 姪、20代前半。ほとんど、海外で生活してきた。見た目、日本人。中身は、アメリカ人。よく夜の日比谷の劇場の前を通るらしい。その折に、ファンクラブの方達が、同じものを持って、並ぶ姿を不思議に思っていたらしい。一度、写メがラインに送られて来たことがあった。『これは何してるの?異様なんだけど・・・』そうよね、知らない人にはこの光景は異様なのね。という訳で、説明するより百聞は一見に如かず!連れて行きました。 [続きを読む]
  • さきちゃん、復帰良かった。
  • さきちゃん(彩風咲奈)復帰、おめでとう。早い復帰、やはりインフルだったのかな?風の便りで三番手羽を背負って降りてきたとか!今回、肩からの羽だったらトップは難しいだろうと聞いていました。「今回の羽で将来がわかるのよ」と私よりもお姉さん、お兄さんファンの方達が口々に話していましたので、気になっていました。次回は日本青年館と梅田のシアタードラマシティの両方での主演が決まっていたので、もう、三番手は確実で [続きを読む]
  • 雪組初日ですね
  • さき(彩風咲奈)の初日前の衝撃の休演代役は、ひとこ(永遠輝せあ)。ひとこの代役がちさと(縣千)ちさとの代役がちさとの同期の日和春磨君この代役のチャンスをものにして飛躍してください。スカステの初日の映像が楽しみです。それにしてもさきどうしたのだろう?インフル?公式ホームページには怪我とは書いてない。ところで、スカステの乙女ステーションという番組が好きで、必ず見てます。娘役さんのトークも楽しみですが、 [続きを読む]
  • 宙組新人公演(東京)をみた
  • 宙組「王妃の館」新人公演を観劇総論、新人公演らしい公演だった。これって、褒めてないです。本公演の上級生がいかに上手いかということがわかった。留依蒔世(北白川右京)歌が上手い、滑舌も良く安心してみれましたよ。水を得た魚のようにのびのびと演じていた。やっと得た主演だったので、嬉しかったでしょう。今回の中ではまずまず良かった。コメディは、難しい中、一人よかった。遥羽らら(桜井玲子)声も良くて滑舌もいい。 [続きを読む]
  • 王妃の館観劇、楽しかった!
  • 4月2日、午前中は、次男の大学の入学式に行ってきました。桜はまだ、満開ではなかったのが残念。でも、これで一安心なので、観劇生活を満喫できるかなぁ(諭吉ちゃんの続く限り・・・)さて、15時半公演を観劇してまいりました。元星組トップスターの湖月わたるさんが観劇に来られていました。現役時代と変わらず素敵でしたよ!今回は9列のほぼセンターでしたので全体がよく見え観劇しやすかったです。王妃は、評判通り、出演 [続きを読む]
  • 仮面ロマネスク
  • 四月なのに冷たい雨の中神奈川県民ホールへエイプリルフールネタもあった仮面ロマネスクでした。今回は、ゆきちゃん(仙名彩世)に注目した観劇でした。センターから堂々と出てくる姿。背が低いのが、残念です。ワッカのドレスは身長がある方が見栄えがしますからね声が綺麗で滑舌も良いので、観ていても安心感があります。みりお(明日海りお)との身長差並びも良いですね。まずまずのコンビです。ダンスニー役の柚香光チャーミング [続きを読む]